この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:07

「十和田湖〔青森県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

青森・岩手・秋田3県の魅力的なお祭りが、ここ十和田湖に一斉に集まって行われる祭り、それが「国境祭」なんです!

夢のような時間・・こんなにキレイだなんて十和田湖は紅葉ドンピシャお天気にも恵まれ・・最高でした

毎年、氷点下10℃前後が当たり前で開催されるこのイベント。今年は暖冬で雪像が溶けたりして、補修の毎日だったようです。今日は氷点下3℃程度でした。

この後、十和田湖の湖畔のお散歩に。まったく手つかずの自然です。こんなに透き通ってる〜♪わ〜!!マリオみたいなキノコも発見!

バスの中から眺める雪景色。雪がたくさん積もって真っ白な風景っていうのはあまり目にすることがないので新鮮☆ほんと雪が白いな〜ってちょっと感動(*^_^*)

宿泊先は十和田湖の北側にある「十和田プリンスホテル」。なぜここにしたかというと、昨年定年を迎えた父親が以前勤めていたから。

想像以上の訪問客にビックリ! 湖水祭りって意外とメジャー?こりゃ花火も期待できるかも(*^。^*)・・・って思ったけど、花火はしょっぱかった(笑)

毎年開催しているのに、冬の十和田湖 それも夜は生まれて初めてです。岸の方は凍ってるんですね。星が瞬いていて綺麗でした。

湖畔では、やっぱり乙女の像(昭和26年製)が思いのほか中年太りで、御所湖、図書館と比較してつい噴出しそうな感じです・・・ククッ・・・・

この乙女の顔が妻の智恵子の顔に似ていると言われていますが、光太郎自身は「そう思うならそれでいい。」と言ったとか・・・

今日の朝、十和田湖の周りを歩きましたが、寒くて観光というより我慢大会でしたね(笑)さすがに遊覧船も運航していませんでした。

七滝を後にし、十和田湖へ向かいます。途中の展望台で一休み。ここでは十和田湖が一望できます。

「乙女の像」を目指して歩いていくと妙なものが湖に浮いていた。漁のウキなのかな?と思ったそれはバタバタ動いていた。ムクっと起き上がる。実はそれは倏鯆鮫瓩世辰拭

昨日の夕暮れの十和田湖も良かったが、朝の十和田湖も良かった〜静かで神秘的に見えました。

昨日は、旦那ちゃんが一昨日〜昨日の朝までのお仕事だったので、帰宅後に「十和田湖 湖水祭り」の花火を見に行こうという事になりましたん♪

2/2から開幕の冬物語、どこもかしこも雪不足が心配されていますが、十和田湖は例年よりは少ないもののそれでもたっぷり雪はありました。

たまたま、飛行機から見えたのがきっかけかしら。そのときに、「なんてきれいで、なんて面白い形をした湖なのかしら」って、大興奮しちゃってね。

第42回ということですから、なかなかに伝統的なイベントですね。天気予報とにらめっこして、14日の方が降水確率少ないということで行ってきました。

さぁ本日初日新しい試みでスタートした十和田湖湖水祭今日は開場が巨大な野外イベントホール、クラブに大変身是非皆さん見に来てくださいね

カテゴリ:青森県:スポット|テーマ:十和田湖〔青森県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:07

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>