この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:49

「出雲大社〔島根県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

本殿は八足門と瑞垣に囲まれています。私どものような一般の参拝者は八足門までで、瑞垣の中には入れません。

正月3日、各町内から奉納の神輿がたてられます。その時に、今年厄年になる男の人が「ばんないさん」に扮して歩きます。

親戚の結婚式で、島根県に行ってました。結婚式は、かの有名な『出雲大社』でとても厳かに行われたのです。ここは、縁結びの神様としてとっても有名です。

御朱印をいただいて、次は神楽殿へ。 ちょーど結婚式を挙げられた方が記念撮影しておりました。 花嫁さんがとてもキレイ 素敵な笑顔でございました

いよいよ、お祭りが始まりました。神様をお迎えするご祈祷が始まり、海のほうから、木に神様が乗り移りそのまま出雲大社へと、皆で歩いて移動します。

10月は神無月と言いますが、それは日本各地から八百万の神々が出雲大社に集まっているからで、出雲地方では神在(有)月と言うんだそうです。

一説によると、ここに祀られている大国主命(オオクニヌシノミコト)が多くの姫と結ばれた故、「縁結びの神」といわれている、らしい・・

ここの注連縄はすごく大きくて、出雲大社を象徴するものだと思っています。さぁ、しっかり初詣もしたことだし、今年もいい年になるといいな!

御神座が正面から向かって左手に向かって座ってらっしゃる為拝殿、ご本殿(八足門)のあとは右からご本殿をぐるっと廻って左側からもご本殿に向かって拝礼します

大勢の参拝客でごった返していましたが、神社の係りの方が「ここ、開けてくださ〜い」と叫びつつ参拝客を誘導ながら八足門へ入る道を広げていきます。。

注連縄、でかっ!!そう、この注連縄こそ出雲大社を象徴すると言っても過言ではない日本一の大注連縄なのです。あぁもう感動♪

小さい頃から初詣は出雲大社と決まっていたけど、主人は、お正月の出雲大社は初めて!! 結納の時に、一度一緒に行って以来です(^^)

まずは拝殿で参拝しました。神社では「二拝二拍手一拝」が一般的ですが、出雲大社は「二拝四拍手一拝」です。ちゃんと説明が掲示されているのはたいへん親切です。

出雲大社は、縁結びの神様で知られています。社内恋愛片思い中の同期に、えんむすびのお守りをお土産にしました。ご利益ありますように☆

10年前、夜な夜な通った出雲大社。暗かったので、どんなところか良く分からないまま出雲を後にしましたが、またここに来ることがあろうとは。

10月は神無月ですが出雲では『神在月(かみありづき)』です。全国の神々が出雲大社の御祭神、大国主大神の御許に集まり、ご縁についての話し合いが行なわれます。

カテゴリ:島根県:スポット|テーマ:出雲大社〔島根県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:49

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>