この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「ホテル日航大阪〔大阪府〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

大阪の中心地で買い物には便利な場所に立地しています。残念ながらかなり古めかしいホテルになってしまいました。73点

11/11からの出張を当日移動から事情により前泊移動に変更したので,数日前に急遽予約。

ベットは最近流行のシモンズ社?のベット。フラットTVや高速ネット回線(無料)も完備されております。水周りはこんな程度。空気清浄機まで付いてました。

決め手は、カフェタイムのケーキセットの無料券まで付いているというサービス。オーロラの「一度くらいお茶するだろうし、それが1回分浮くって考えたら安くない?」

早速レストランに行ってみると、ビュッフェ形式になっていました。天ぷらを揚げているコーナーや和洋折衷の食べ物がずらり。。。じゅるる。。。

机の広さは、PCを持ち歩いていない身としては可もなく不可もなくといったところだが、PCを使うには狭いという印象。冷蔵庫の中身は、大変充実していた。

部屋はこんな感じです。広いというほどではないですが小奇麗な部屋です。ベッドは適度に硬くて寝やすく、就寝時ベッドに入ってすぐ寝てしまいました。

大阪の朝食バイキングでたこ焼きが初めてありませんでした。チェックイン〜チェックアウトまでホテルの従業員の方の接客や応対に大変満足することの出来たホテルです。

モノトーンを基調としたシンプルでスタイリッシュなインテリアに、赤いクッションやゼブラ柄のチェアーがアクセントになって映えてた。

へとへとになって着いた部屋がこちら 白・黒・赤でしゃれた感じです。ベッドはシモンズのマットレスだそう。シモンズ…知らなかったけど快適でした。ぐっすり寝られた

なんと今回用意してくれた部屋が28階。まぁ豊田にはない高さのビルですよね・・・。プレミアムLフロアと呼ばれる階らしく、夜景が売りみたいでした。

サービスもとてもよいです。レストランではとても気持ちのよい挨拶をしてくださいます。朝ごはんは洋食ビュッフェでいただきました。パスタが思いのほかおいしいです。

年越しを堂島ホテルで過ごしました。--料金--じゃらんで予約プラン名:【Bed&Breakfarst】

大阪で滞在した、堂島ホテルのお部屋です。スタンダードダブル【23平米】 とてもおしゃれなホテルです。

ダブルベットをシングルユースでつかわしてくれるから マイサン同伴でもへっちゃら♪ 二人で余裕で寝れたよ♪ でもってベットがシモンズの寝具やったっ♪

部屋は空調いいし お化けは出ないし 眺めは良いし 僕は腹出てるし。。。バスルームも広いので 僕のような デブゴンでも ゆったりと バスに入れました(^0^)/

アメニティはフェラガモでした。もったいなくて未だに使ってません(笑)フェラガモのアメニティなのか浴室はとってもいい匂いでした(^^)

シモンズ社のベッドや、大型液晶テレビ、重厚感のあるインテリアとほどよく落ち着いた空間。Lフロアは専用フロアなので、廊下のじゅうたんなどもちょっと豪華な感じでした

お部屋はこんな感じです。さっそく冷蔵庫とかみたりして、目指すは32Fのスカイクルーザーへ。ベイリーズのミルク割を暖めたホットベイリーズミルクが美味しかったです。

駐車場は地下で台数も完璧。(車で来てます〜)ミナミで遊ぶにはもってこい♪地下鉄直結なのでキタへの移動も楽チン。御堂筋側のお部屋やった。

まず設備が古いです。それから、アメニティもびみょー。シティホテルとビジネスホテルの中間くらいかなぁ。なんて。

今回も宿泊先は日航大阪です。前回とは違いリニューアル前の部屋なのでちょっと感じが違いますね。ベッドの寝心地も前回のほうがよかったです(笑)

思っていた以上にいいお部屋でした^^30階でほぼ最上階 31階はラウンジでしたから^^ 夜景がとっても綺麗なお部屋でした 窓から通天閣も見えたしね^^

部屋まで荷物を持って 案内してくれた女性の対応は丁寧だったしその他の従業員の方々も常に気を配ってくださるので 気持ち良く過ごせた。

プレミアムデラックスというお部屋でホテル内でも2部屋しかないお部屋だそうで、旦那さんが予約してくれました。といっても、格安で泊まれたので、ラッキーでした

ふだんは石けんシャンプーで無臭のムスメの髪が、アメニティの”ふぇらがもシャンプー”で、うっとりと甘〜くかぐわしく・・・

トイレスペースとバスタブの間が、とにかく広くて、感激的!そして、このバスタブ、2人で入っても十分の広さでございます ( ´艸`)ムフ

カナたちの部屋は、ツインルーム・Lフロア。エンジのクッションが、ステキですね。窓からの景色です。正面は、そごう心斎橋本店です。

お部屋にバスローブがついてるの嬉しかったしタオルも多いし、部屋も狭くないし、そうそう、部屋があんまり乾燥してなくてよかったですね。

お値段は、ビジネスホテルと比べたら確かに高いけれど、GWなどの特定日でシングル1万円台なので、利便性を考えると、まぁまぁと言ったところ

泡風呂になるジェルがアメニティとして置いてあったので子供たちは泡風呂初体験。甥っ子&姪っ子&娘の3人を部屋の風呂にいれ、汗だくの私・・・。(どこがセレブ?!)

29階のプレミアムLフロアー で、シンプル&モダンで大人の落ち着いたインテリアのリラックスできるお部屋でした。フェラガモのバスアイテムもおしゃれでした。

格安宿泊がとれて、35,000円の部屋が何と5,500円 プラス特典が2,000円以上ついたので実質3000円位

たかが照明!されど照明!照明でここまで感動したのは初めてっす!わたくしのこんな顔でも普段よりもマシな顔にみえるとですよ。

お薦めはLフロアツインルーム。内装がシックでなかなか良いです。以前泊まった事がある人はちょっと驚くかも。ただ水回りはあまり良くありません。

何より真っ先に目に飛び込んできたのは何を隠そうこの椅子。B'zファンなら必ず反応するであろうゼブラ柄だよ

心斎橋の駅に直結で目の前はエルエス、他ブランドSHOPだらけです 立地条件は最高ですねモダンなスタイルのお部屋 バスはビジネス、、、つて感じの簡易的なものです。

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:ホテル日航大阪〔大阪府〕|更新日時:2007-12-26 17:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「ヒルトン大阪〔大阪府〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

バスルームも改装されていました。鏡をうまく使って狭いながらもそれをあまりかんじさせないように工夫されていると思います。アメニティは、標準的なほうだと思います。

こちらはバスルーム シャワーブースはありませんでした。↑フロア専用のエグゼクティブラウンジ 朝食・ティータイムは、こちらで頂きました。

32階なので、ちょっと近くのビルを見下ろしたりも出来ます。窓辺の席に座って、窓の外を覗いてみました。ビルばっかりですが、いい眺め。ちょっと贅沢な気分になります。

35階にある「ウインドーズ オン ザ ワールド」で6月3日まで限定のイタリアンディナーを楽しみました。 席は窓側を予約してあったので夜景を見ながらの食事です。

ノートPCを触りながらの研修会だったので、時間が空いたときにヒルトンのサイトで今日の空室を確認したら、なんとエグゼクティブフロアーに多数の空室が・・・・

ホスピタリティの良さで快適だったと言うこと。特にラウンジのスタッフの方々は、慇懃無礼にならず、かと言って過度なフレンドリーさもなく、程よい対応で良かったです。

大阪ヒルトンは梅田の一等地に位置しており、現在でも非常に混雑しており勢いがあります。部屋は現在の水準から考えれば古い感じがしますが、やむをえません。

ヒルトン大阪に宿泊するとフィットネスセンターを2100円で利用できます。が、エグゼクティブフロアに宿泊すると無料で利用可能です。ラッキー!

今回はエグゼクティブルームに泊まった。障子や襖といった和風の設えとモダンな家具がかもし出す独特な雰囲気が素敵。

大阪駅前のヒルトン大阪に宿泊しました。 さすがに一流ホテルです。21階の夜景は格別です。 天気も良かったし夜景が映えます。

スタイリッシュなソファーを無理に置こうとしたのか2つのソファーの配置が少し変な気がする(苦笑)居心地は悪くなかったけどね。

液晶TV、DVD、CDもありました あまりにも居心地が良かったので、夕食の後は夜中までガールズトークで盛り上がってしまいました

ヒルトンオリジナルハンバーガーというのをお腹が減ったのでルームサービスに注文してみたらこんな立派なハンバーガーが。このヒルトンハンバーガー、正直美味しかった。

しかも『メールでも特典は1人分と案内してるはずです』とまで言い出した(それはミニバー利用だっつーの!)。前回担当して下さった方は感じよかったのに・・・。

部屋はさすがヒルトン。小生、身体が小さい方ではないので、ダブルのシングルユースで予約。ベッドの硬さ、イイ具合です。

最近大阪で宿泊したホテルよりも部屋が広くて綺麗です。20階の部屋なので眺めもいいですね。インターネットが有料なのと、滞在時間も短くて寝るだけだったのが残念。

ヒルトン大阪にお泊まり。リニューアルされたお部屋はとってもきれい。きれいな夜景が見えました。朝食は2Fのチェッカーズにてビュッフェ。

アメックスゴールドでヒルトン大阪の宿泊ですが、15階のヒルトンフロアーでしたグレードアップなしで、土日だし、朝食付きで、30,500円だからしかたがありません。

結構ゴージャスでモダンな感じの部屋です。アメニティも完璧です。サントリーのボトル入りミネラルウォーターは2本ホテルの無料サービスです。

そんなカンジでもやっぱ環境は最高やったね〜 部屋は広いしベッドも広いし まぁシングルなんてないんでダブルですからね。朝のバイキングはおいしいし。

ヒルトン大阪のデラックス以上はお勧めですよ!ヒルトン東京のように、和をとりいれていないのですが、スタイリッシュで自分的には高評価です。

ココの朝食は小学生以下は無料なのでお子様連れにはとってもいいと思います☆おいしい度5つ星 ☆☆☆☆☆ブレックファストブッフェ 2,772円

和室なテイスト(中層階くらいだったかな?2●階だった)福岡のグランドハイアット泊まった時のお部屋をこじんまりさせたような、よく似た感じのお部屋だったにょ

ダブルルーム(二人)、朝食つきで31,500円(税込み)です。がんばったでしょ?気合を入れて探せば、これくらい安く泊まれるんですね…

玄関脇の大きな丸い鏡の向かいには全面ガラス張りの無駄に大きな1つ目のクロゼット。1つ目のクロゼット?と思ったあなた、そうですクロゼットだって2つもwあるのです

ヒルトンの朝食は、力を入れているようです。和洋のビュッフェを楽しむことができます。いただきます♪種類が豊富にあり、満足な朝食ビュッフェでした。ごちそうさまでした

すごく寝心地の良かったベッド。いままでのどのベッドよりよかった!!朝までぐっすり眠ることができました。体の沈み具合がちょうど良いんですよね〜。

大阪のスタッフは、やっぱせっかち システムもちょっと違うし・・・ 朝食は、バイキングのオムレツがオリジナルオーダー出来るので、それが良かったな〜

スタッフに部屋まで案内されて、まさにいたれりつくせり エグゼクティブラウンジにて、 アフタヌーンティーをいただきました。 も種類豊富で、大満足

写真は30階のエグゼクティブフロアのお部屋とウェルカムフルーツ ヒルトン大阪はそばがら枕とパジャマ(ズボンあり)があるのが嬉しい?。

ベッドが、すごぉく良い!ヘブンリーベッドって言ったかな。とにかく寝心地がいい、包まれる感じです。ラウンジで酔っ払って、そのままベッドにパタっとでいるのも素敵。

部屋の設備で特記すべき点は、やはりベッドの寝やすさです! そしてアメニティグッズの充実、フィットネスジムの利便性

秋から冬場に掛けて宿泊する際に、「加湿器をお願いします」っていつもルームサービスで言っていたのが記録に残っていたんでしょうかね?

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:ヒルトン大阪〔大阪府〕|更新日時:2007-12-26 17:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「ザ・リッツ・カールトン大阪〔大阪府〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

廊下を通り抜けるとロビーへ。そこには本物の炎の暖炉、アンティークなソファがあり、絵と大胆な花が飾られ、もぉどこの邸宅ですかぁという重厚な雰囲気。

ここのバスは大きくてゆったりしていますが、大きすぎて出られなくなりました。やはりここは二人で入るようにできていますね。

お部屋は、ワンランクアップグレードしていただけまして、スーベリアの予約で、クラブフロアのお部屋になりました。毎度、ア●ックスのベネフィットです。

部屋に行くフロアーの絨毯は、ふかふかで靴がのめりこみそうだ。31階のエグゼクティブスイート。

お部屋はクラシックで落ち着いています。お気に入りのCDを聴きながら夜景とともにゆったり過ごした大阪の夜。

洗面所にもトイレがあるので計2個。私が「すげ〜!」とまず一番に驚いたのがコレ。分かります?トイレットペーパーにもリッツのマークが入ってるんです。

泊まったのは、角部屋のデラックスツインです。夜景がキレイなので、カーテンを開けたままで寝ちゃいました。

クラブフロアという階に泊まりました。一日6回、軽食やケーキなどが食べ放題・飲み放題というラウンジに入れます。大好きなチーズもたくさんあって、大満足です。

今回は初めてクラブフロアに泊まってみました。34Fにあるクラブフロアの宿泊客専用のラウンジではお飲み物や軽いお食事がいただけます。

リッツカールトン大阪のインテリアはクラシカル。海外に行くとよくこういうホテルに遭遇する。香港、ソウル、NYも似た感じのお部屋だったかも。

ソファの柔らかさが なんとも言えない座り心地 ベッドルームには、眺望が広がるコーナーの大きな窓 フレッテ社の上質なリネンをまとった極上の寝心地のベッド

箪笥の扉を開けるとテレビがあります。2重にシャワーカーテンのついたバスタブ。客室入口にあるコンソールテーブル。陶器の入れ物の中には、キャンディーが。

椅子にかけてくつろいでみると、テーブルにはまたお祝いのメッセージが。なんとも畳み掛けるリッツ攻撃にすっかりやられてしまった我ら夫婦でした。

夢の空間だけどロクマンエン。。ココに3連泊!! 6万は"あくまで定価"だけど〜 もうベッドなんて堂島ロールの生クリームやスポンジ生地よりフカフカなのよ

2方向を臨める窓からは大阪市内がまさに一望。左から順に見渡すと大阪城に京セラドーム、USJも見えますわ〜。しかも遠くに目を凝らすとまさかの淡路島?!

本当に、驚きました。 一流ホテルの、一流たる所以を見た気がしました。ベットだけではなく、すべてのサービスが、最高でした。朝食も、本当に 美味しかった。

目の前にビルがあるのはイヤという人が多いと思うけど、私はこの風景が好き。なんか都会的でいいなぁと思います。あとは淀川が見える向きも好き。

まずお部屋の印象は、かわいー!英国の貴族の邸宅を思わせる落ち着いた雰囲気にまとめられたラグジュアリーなインテリア。優雅な気分に浸ることが出来ます。

リッツカールトン、ほんとに素敵な思い出をありがとう〜!絶対、また泊まりに行きたいな〜( ´艸`)ウワサ通り、今まで泊まった中で一番素晴らしいホテルでした。

中に入るとリビングルーム、ピンク系の可愛い感じのお部屋で外が暗くなりかけた頃の写真です。カーテンはボタンの操作で開閉できます。

最近はあまり旅行へ行かなくなった変わりに、ホテルにステイする機会が多くなりました。

高級ホテルということで、来るまでは服装とか振る舞いとか、いろいろ悩んでいたのですが、思っていたよりも、アットホームな雰囲気で居心地の良いラウンジでした。

もっと広い空間を予想していましたが、落ち着いたこじんまりとした広さで、箱根の富士屋ホテルのような、クラシカルなホテルの雰囲気がありました。

コーヒーカップは「リチャードジノリ」、スイーツのプレゼントも バスルームも広く、シャワーブース付 洗面台も2つ有り。アメニティーグッズも充実!

リッツ・カールトンには初めて泊まったのですが、ホテルのスタッフはみんな爽やかで対応が良いですね。さすがリッツです。

緑を基調としたリビングルーム。二人でウェルカムジュースを飲んでゆっくりした後にホテルの中を探検しに行きました。

ボーイさんもなんだかフレンドリーだしフロントさんもにこやか。お部屋までのエレベーターの中も話し振ってくれたり最初からなんだかアトラクションにいるようでした。

今までで一番高い温泉に泊まったことを書きますね(^_^)。高い、と言っても値段ではないのです(笑)。地上110メートルという高〜い温泉です。

ケーキがこの上なく極上でおいしい♪ さすがリッツ!って感じ。1800円程度したと思いますが、それでも生演奏を聞けてあの雰囲気を堪能できるのは贅沢もの。

お部屋は基本的に前回とあまり変わっていないのですが、ウェルカムアメニティはクッキーだけ。以前はもうちょっとあったような?

バスルームがまた広い。アメニティも素敵。大理石でダブルのシンク。しかもバスルームのほかにシャワー室もありました。

プールでは、私と子供たちの記念撮影をしてくださり、小さなカードにして、頂いた。思い出を形にした写真、とても嬉しいプレゼントだと思った。

クローゼット!?の中は金庫とバスローブとパジャマとハンガーがあります。扉を開くとセンサーで勝手に明かりがつきます。

なんと、この至高の接客を「ザ・リッツ・カールトン大阪」に入ってほんの数分の間に目の当たりにしてしまったのです。

パナソニックのビエラの40インチくらいのとても大きな薄型が鎮座していました。大きな画面なのでテレビは観易かったですね。

リッツ・カールトンに泊まるときはいつもクラブフロアなんですよね。クラブフロアに一度泊まったら、普通の部屋よりクラブフロアがいいと思っちゃうもん。

部屋は落ち着いた暖かい雰囲気。バスルームはシャワーブースが別タイプ。広々洗面を間にして大きなバス。身長低い自分は楽々寝られる(笑)つーか溺れるだろう。

ここの朝食ブッフェは、和食が一切無し。和食好きなたぬきち君はガッカリしてましたねだからと言って洋食の品数が多いかと言うとそうでもないんですよねぇ…。

『リッツの接客態度は世界一』というのはあまりに有名な話で、食事の際にもサービス料をなんと13%も取られます。高い・・・高すぎる・・・。

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:ザ・リッツ・カールトン大阪〔大阪府〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「リーガロイヤルホテル大阪〔大阪府〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

2日前から続けてリーガロイヤルホテルに宿泊しているが,3日目(最終日)にあたる今日はタワーウイング(内の一般フロア)のダブルルーム(シングルユース)。

この部屋は‘月’をテーマにしている。ハリウッドツインタイプのベッドはタテヨコ共に大きく長身のワタシたちでも十分余るくらい。

左を 向くと・・・階段!? 予想外に メゾネットタイプの 部屋だった!下の様子も 見に行く。降りて すぐには この階の 扉があり・・・廊下に 出るコトが出来た。

フロントのあるロビーはやや薄暗い感じで歴史を感じさせる雰囲気でした。でもかえって老舗ホテル、と言う雰囲気を感じ取ることができました。

今回宿泊したのは20階「空」のデラックスルームです。ベッドはハリウッドツインタイプでミネラルウォーターとどら焼きが置かれてました。

こちらがリビング&ダイニングです。テーブルの上には「鶴屋八幡」の和菓子が置かれているのですよ。これも毎回違う和菓子が置かれていて美味しいです♪

入ってすぐはリビングスペース。大きなテーブル、ソファも3つ。テレビも大きいし、DVDもCDも楽しめます。

プレデンシャルタワーは23〜27Fに特別に設けられたフロアで、エレベーターは鍵がないと23F以上に上がれないようになっています。

アメニティは充実・・・入浴剤が3種類。“エリクシール”の基礎化粧品セットも置いております。パジャマ、バスローブも完備なので、何も持って来なくても

ホテルに入るとロビーに飾られた、竹をあしらったオブジェがお出迎え。和太鼓を思わせる側面に青々とした竹と光のコントラストがとっても印象的でした。

充実のアメニティ。子供にはバーバーパパの はぶらし。子供にまで 気使っていただけるホテルは少ないですよね。

部屋番号ではなく、「MONARCH SUITE」と書かれています。広さが実感できるリビングルーム ベージュを基調とした、クラシックなテイストです。

なだ万でも朝食が食べれるみたいです!「鉄板焼きなにわ」や「カウンター割烹みおつくし」では、2,500円分の昼食券としても利用出来る様です。

バスルームのアメニティのなかにPT女性向け特別アメニティでエルメスの香水(非売品?)が置かれてました

スィ・スィ〜〜〜スィートルーム(¥70000の部屋)ドヒャ〜〜 最初で最後の体験だろうな〜〜こんな贅沢な部屋

お〜、おまけに おけ まである。こういうのを見ると酢めしをこしらえて 寿司でも握ろうかって気になりますね。

全体としてはとてもお値打ちでありながら、サービス、食事、客室等良いものでありまして、老舗としての安心感が持てました。

大阪駅からは無料のシャトルバスが出ています。バス使うなんて不便かな・・と思ったのですが、結構頻繁に出ていて便利でした。

お部屋はプレジデンシャルタワーズフロア(略してPT)の、スタイリッシュダブルルームです。こちらのホテルは、最上クラスのPTフロアでも、ターンダウンはありません。

ウエストウイングの部屋は騒音がひどいです。廊下を歩いている人の声ははっきり聞こえるし、ドアの開け閉めはかなり響きます。

なんと久し振りにロイヤルホテル… 食事では何回かよさせて頂いていましたが、宿泊となると20年ぶり位じゃなかろうか?

せっかくなのでプライベートラウンジにて軽いウェルカムドリンクとケーキを頂きました。夕暮れの大阪市内を眺めながらちょっとリッチな気分です。

そしてスタンドなんかもあります。そしてベッドにはクッション。こんな感じで。ホテルですっかりセレブ気分を味わえたのでした。

設備が正直古いです。水洗トイレのノブに注目です。バス・トイレはかなり古いタイプの部屋でした。恐らく35年前当時の東館オープン時と変わらないかもしれません。

リーガロイヤルホテル・大阪に泊まっています。さすがに、老舗ホテルです。落ち着きがあります。

フロントのあるロビーはやや薄暗い感じで歴史を感じさせる雰囲気でした。でもかえって老舗ホテル、と言う雰囲気を感じ取ることができました

お風呂も広い。バス、トイレ別です。(これも当たり前ですね。)10階の部屋なので、眺めが非常に良好。これで7000円は最高です。

1F奥にあるメインラウンジです 窓の向こうは緑がいっぱい。滝も流れて、何とも優雅で良いムード コーヒー一杯のお値段も・・う〜ん、ロイヤルぅ。。。

壁には月が満ちていく絵が描かれていた。なかなかいいもんだと思いつつ、日本のホテルでこういうのって、あまりお目にかかったことがない……。

今回お泊りした部屋はこんな感じ。お部屋に備え付けのカップも素敵。グラスはイッタラ。洗面所のグラスもイッタラでした。

洗面と浴室まわりとです。入浴剤も充実しています 家内がこのフロアに泊まる楽しみのひとつがこれです、エルメスのコスメが何か1品あります

不満な点を2つほど。一つ目は、仕方ないとはいえ、フロントで結構並ばされるのは…。チェックインもチェックアウトも、10分ほどは待たされますね。

眺望はまるでだめだったが1人では寂しいくらいの広い部屋に広々としたバス・トイレ。充実したアメニティ、バスローブ付。まぁ、なんともゴージャスだ。。

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:リーガロイヤルホテル大阪〔大阪府〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「帝国ホテル大阪〔大阪府・天満橋〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

広々としたロビーにはエレガントでシックな調度品の数々。豪華な上、重厚感のある雰囲気と少し照明をおとした感じがステキです。

この部屋の特徴は大きな半円の窓!この大きな窓がリビングからベッドルームまで広がっており開放感があるのなんの!

部屋に戻るとのんびりくつろぎましたよ。ソファにかけたりベッドに転がったり。お風呂場は洗い場と浴槽が別という、日本人にはありがたいお風呂でした♪

広さは前日に利用したリッツカールトン大阪と同じく40平米。スヌーピールームだけにタオルや壁に掛けられた絵など、あらゆる物がスヌーピー。

しかし、ホテルスタッフの人当たりの良さには素晴らしいものがあります。どんなに外資系ホテルがやってきても、帝国ホテルに根強い人気がある理由が分かる気がします。

ミニバーも綺麗にレイアウトされていて、美しい限り。飲み物もいろいろ用意されていて・・・まぁ、飲むかどうかは別としてGOOD.

シャンプー類はアユーラで 男性用 アメニティは ミラ・ショーン。振り返ると 化粧の 出来るスペース・・・大きな 鏡と 机と 椅子・・・窓からの 採光も 十分。

今回使う部屋は、ジュニアスイート。60平米のワンルームタイプ。エントランスとクローゼットにもゆったりとスペースがあり使いよい。

バスルームにはドレッサーが設置され、洗面はダブルシンクです!こちらも バスタブと別に洗い場スペースがあるので とても使い易くのびのびリラックスできます。

今回のお部屋はレディースプラン利用で、なんとパノラマスイート(100屐法お部屋の入り口付近も広くおしゃれなのです。 

お部屋は バスローブもあるし ミニバーもありまして、小さくて可愛いので思わず惹かれましたが・・・我慢しました(笑) 部屋から眺める夜景は、都会です。

家具やベッド、アメニティなど一つ一つがやっぱり違うな〜っと実感。お風呂は流しが付いているのでとても入り易い。

私が部屋に入るなり。。。「たばこ臭い!!」と文句を言うと、すぐに部屋の変更をしてくれました。ボーイさんの応対は、すごくよかったです。

東京の帝国ホテルのロビーよりも静かな印象 お部屋は川側の16階のダブル 茶色を基調としたシックな色合いで落ちついた雰囲気です。

入った瞬間びっくりです!スーペリアって他のホテルではシングルよりちょっといい部屋って感じでしたが、これはもうスイートと呼べるくらい豪華です。

「さすが、帝国ホテルさんです!」洗面台も素敵ですね。今年行った、上海・北京・香港のホテルより比べものにならないくらいGOODでした。

本日は スーペリアよりも上のクラスのお部屋をご用意していまして、インペリアルフロアとなります。インペリアルフロア?!なんつーセレブ感たっぷりのネーミング!!

奥が吹き抜けになってるんだけど、入口付近は暗い感じ。奥の吹き抜けのデザインはちょっとお洒落な感じで好き 有名な人のデザインなのかなぁ〜?!

ホテルのロビーは、お花がドーンと ティールームは開放的 部屋の広さは、そこそこ 洗面所のアメニティはアユーラで女性は嬉しい

チェックインしてからしばらくはベッドで読書をし、ホテル内をおのぼり散策し、また戻ってきてごろごろ読書したりお菓子食べたりして過ごしました。

お部屋の一部のインテリアがスヌーピーになっていて、もっとハデハデパステルカラーかと思ってましたが、かわいくって思わず撮影しました。

「冬のインターネット限定特別プラン」でスーペリアツインルームに一人11000円(税・サ込)で宿泊出来ました^^プランには朝食も含まれていましたよ!

ここのバスルームはいい。今回はリノベーションされていないが、それでも十分に清潔で使い勝手が最高にいい。小さいけれど液晶テレビもあり、備品も十分。

一人掛けのソファーの他に2人掛けのソファーもあるのです。座り心地良かった〜(≧ω≦) 帰ってから調べたらどうやらスーペリアツインルームだったみたいです

景色は素晴らしいです。先述の北川沿いで、緑がキラキラ〜。8Fと決して高層階ではないのですが、それがかえって緑に近くて。

一休で一泊12000円でした。この金額でしたらとてもお得ですね。お部屋は少し狭いですが一人では十分です。シャトルバスもありますのでアクセスも良いです。

セキュリティーもしっかりしていて自分の部屋の階にエレベーターで行くのにはルームキーをエレベーター内で差し込まないと動かないんです。これ知らなかったのって私だけ?

このベッドは、想像よりも固め、枕もしっかりと腰のあるもの。私の好みには合っていて、ぐっすりと眠れた。

お部屋は、昨年リニューアルしたばかりという、お部屋でした。シングルで予約したのに、豪華なダブルのお部屋でした。広くて、シック、落ち着けるお部屋です。

シャンプー、リンス、ボディシャンプーはアジアな香りのAYURA。部屋からの眺めもよい。調度品も申し分ないし、冷蔵庫内にはなんとシャンパンまで入っている!

セキュリティもしっかりしていて、その各インペリアルフロア(確か3フロアあったはず)にコンシアージデスクみたいのがあって常時ホテルの方が常駐してくれます。

ホテル側の計らいで、禁煙ツインルームを シングルユースで使わせていただけることに・・・ 通された部屋の窓からは、先ほど 水上バスで移動した大川が眺められます。

ルームサービスはとてもおいしかったです。もーちんのハイチェアは用意してもらえませんでした。椅子もセッティングしていってほしかったなー。

お部屋はお風呂とトイレが別になっていました。小さな子どもがいる子連れの場合、洗い場がついているこのタイプのお部屋は、ものすごく助かります。

カーテンもリモコン!BGMも流れます(選択可、バスルームでも聞けちゃいます)。そんでソファーセットはあるしバスルームは広いし満喫です。

自称全国ホテル朝食焼き魚評論家の身として驚いたのは朝食に「金目鯛と思われる切り身」が出ていたこと。もう一品も「育ちのよさそうな鮭の切り身」だった。

ベッドも広いし、ライティングデスクの他にもいすが二つあります。お茶用の小さい机ももちろんあります。二人分のケーキ皿とコーヒーカップくらいなら十分おける広さです。

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:帝国ホテル大阪〔大阪府〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:05

「スイスホテル南海大阪〔大阪府・難波〕 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

部屋のほうですが、改装してまだ1年ぐらいしかたっていないので、非常にきれいですね。写真を見たときの印象よりも実際のほうが家具の質感などはよく見えました。 

フロントロビーは六階にあります。広々と快適な空間が広がっていて、居心地の良い照明。一日15室限定の一番お安い部屋。でも夜景は美しかった〜。

エレベーターホールもロビーも、すっごく広いです。少し前に外資系ホテルに買収され、それなりにお手入れもされたようでかなりきれい。

バスタブの真上に今はやりのレインシャワーがあります。水圧がグランドハイアット東京のと比べるとちょっと落ちるので、やや爽快感にかけるのが残念。

部屋から見えた大阪の夕焼け。なんばから、北側の山まで見えました。大阪ドームや、視点を動かせば大阪湾まで。

ただ、アメニティ類は彩りも含めてデザインが洗練されていると思いました。これはスイスホテルになってからなのでしょうか。

本日のお部屋はスイスホテルの中では1番せまいシングルタイプ(22屐望々殺風景な印象です。テレビは小さいですが、ライト付きの鏡は、女性にはありがたい。

玄関ホール。こちらもまた広い。中は想像以上に広い! シングルユースでは広すぎ!!ダイニングテーブルもあります。

ベッドルームと 云っても トビラがあって 部屋が 分かれている訳では ナイので実質 1ルームなんだけど・・・壁の お陰で 部屋が 区切られ 気分は 2ルーム。

エレベーター室からは、なんばパークスが。その上には通天閣が見えてます。左手には南海電鉄の線路が見えます。どちらかというと線路が見える側に宿泊したかったのですが。

ベッドもふわふわで、自宅のベッドの出来の悪さを痛感する羽目に…(笑)アメニティも沢山ありましたが、僕が使ったのはシャンプー・リンス・石けんだけです(笑)

贅沢し出したら切がありませんが、プランの部屋にはバスローブはなくても、パジャマがあるし、パスソルトを持っていけば、優雅に過ごせます。

このホテルのエグゼクティブルームの特徴。全客室にDVD/CDプレイヤーを完備していて、100種類以上のDVD映画を無料で貸し出してくてる。

チェックインのときからベルやフロントの対応が昨日のウェスティンよりもしっかりしています。ダブルのシングルユースで部屋もまずまずと言ったところです。

本当にただの印象ですが、なんかビジネスホテルのとても高級版という感じでした。フロント辺りの雰囲気なども、豪華なんだけどビジネスライクというか。

ベットは広めでクッションもほどよく硬く、パジャマも置いてあったのでぐっすり眠れました

枕 も 数種類 の中から 選べる し、お部屋 も リネン類 も、とってもシンプルで 清潔感 があり、使いやすかったです。

今回はすこしリッチに34階のエグゼクティブフロアの部屋にお泊り。DVDやCDプレイヤーがセットされていたり。エスプレッソがいつでも飲めたり‥。

お部屋のミニバーには、エスプレッツマシーンが完備してあるんだけど、使い方わかんないし!!(笑)DVD/CDプレイヤーも完備されています。

外国の方が多かったので、パンの種類が豊富で、いままでの朝食バイキングの中ではピカイチでしたぁ。宿泊者には、ありがたいアイロンもありました。

とてもシンプルなインテリアでした。必要なモノは揃っていますが、過剰に置くことはない感じ。ベッドは、私好みの硬めのマットレス。一般的なベッドよりも低いイメージ。

うーん・・ちょっと狭いかな??でもちゃんと角部屋やったし、エスプレッソマシーンもそなえつけやったし枕も4種類から選べたよ

ふつーのツインやったけども ねっけっこぉ広いでしょ 窓も2つあるし バスルームはトイレと一緒やったけども パウダールームが別でイスもついとるっ

雰囲気も 客層も 立地も デートにピッタリ♪さらに 最上階レストランバーをディナーに使えば、もはや最強の黒魔法です!

客室のLAN接続回線も無料で好感が持てる。アメニティグッズなどは標準的。その他、ホテル内にはフィットネスクラブやサウナ、プールなど設備も充実している。

お部屋は…やはりハード的な面では古さが感じられます。でもでもベッドはふっかふかでとっても寝心地がいいんですvvvvvこのベッド、かなり好き。。

カードキーを特定の場所に入れておくと部屋の電気が付きます。逆に無いと部屋の電気が消えます。入口すぐ脇にあるため、カードキーを持ち忘れて外出するミスを防げます。

DVDは、当日チェックインの際に先着順に有料で貸し出しあり ってな、感じだったかな〜 ミナミに泊まるなら、いい感じかなってホテルでしたん

昼チェックインして16時開演までホテルでごろごろ、窓から目の前に新歌舞伎座が見えます。おや、通天閣も見えます。

客室の様子です。客室は14階から上にあるので、どの部屋に泊まっても夜景が楽しめると思います。やはり眺めを独占できるのは嬉しいものです。

基本宿泊料金5万円以上の部屋らしい。やっぱりシティホテルはいいなぁ♪何より感激したのはポットに熱〜いお湯が入っている事。

朝食は部屋食 or 和食レストラン or バイキング形式のレストランから選べます。わたしは6Fにあるバイキング形式の カフェスイス に行きました。

こちらはバイキングの朝食でオレンジ&グレープフルーツを自分で搾って、フレッシュジュースに出来るのがお気に入り

なぜかお部屋はたたみにベッド。エスプレッソマシーンが置いてあってこれが結構気に入りました。部屋のお風呂は使用せず、スパの大浴場を使用してました。

子供のパジャマも連絡すれば貸してもらえたし、しかも歯ブラシセット、体を洗うスポンジ、スリッパまで子ども用をもらえました〜。夜景もキレイで親子4人で眺めてました

泊まった感想としはちょっと高級なビジネスホテルって感じでしたね サービス的にも内装的にもとてもシティホテルとは呼べません

カテゴリ:大阪府:宿/ホテル|テーマ:スイスホテル南海大阪〔大阪府〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:05

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>