この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:18

「兼六園〔石川県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今日は、良いお天気だったので、兼六園に行ってきました。紅葉はもう少しあとだと思っていたのですが、このもみじはとても綺麗に紅葉していました。

ということで、私は桜坂口から料金を払って庭園内に入りましたが、平日の昼間とはいえ、さすがにこれだけ有名な観光地ですと、観光客と思しき人が多かったですね^^

千取寿司の職人さんが言ってたように、ここ最近は雪吊りを施した木々に見合うような、雪に埋もれるほどの降雪はほとんど無いのだそうだ。実際、雪は少なかった。

兼六園は本当に素晴らしかったです。金沢城公園のすぐ隣に位置するこの庭園は日本三名園のひとつだそうで、とても魅力的な、神秘的な美しさを放っておいででした。

今日は朝から雪です。やったぁ!こんな日は、兼六園に行かなくっちゃ〜! この冬に備え購入していた「長靴」の出番がようやく来ました。(^_^)V

今年の冬は雪が降っても積もらない。雪づりは雪があってなお幻想的なのだが、ゆれる湖面に映る木々は実物以上に美しく、吸い込まれるようだ。

13代藩主・斉泰が琵琶湖畔の唐崎から種子を取り寄せて実生から育てたという唐崎松(からさきのまつ)の、その見事な枝ぶりに一同感嘆の声!

兼六園で最も有名な写真スポット。珍しい二本足の灯篭である。なんと、都合の良いことに鳥さんがポーズ。

時雨亭でゆっくりお茶をいただき、兼六園の美を堪能しました。池の周りでは、セキレイが飛び跳ねていました。

兼六園の桜の満開宣言が出たので、今から夜桜見物に行くよ!と夕方、お知り合いから電話をもらいました。

宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の「六勝」を「兼備」するという意味で『兼六園』と命名されたそうです。

金沢といえば兼六園。それほど有名なところ。でも、雪の季節の兼六園はまた格別でしたね。

おひさしぶりです、兼六園♪なんとかドライバ−さんのご努力により3時40分に到着。有名な石灯篭や石像、噴水など、ご説明を受けながら回ることができました。

雪吊りと呼ばれる雪の重みに負けないように枝を吊るしてる風景も趣があってよろしいでございます。

夕暮れの兼六園が青色の夜空から漆黒の闇に変わって行く中で、ライトアップされる雪吊りの松は黄金のような輝きを放ち、見る人を楽しませていた。

カテゴリ:石川県:スポット|テーマ:兼六園〔石川県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:18

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:18

「輪島〔石川県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今回念願(?)叶って『御陣乗太鼓』は見てきました。とはいうものの宿泊先のカラオケルームで行われているショーです。

町並みは、こんなに素敵でしたよ。〔朝市の場所とは別の町です) 朝市はちょっと行けなかったのですが、こんな寒い時期でも元気にやっているそうです。

御陣乗太鼓太鼓は市内の名舟町に古くから伝わる太鼓で、昭和38年に石川県文化財に指定されました。

さぁ、これが輪島の朝市です!かなり活気がある!!アワビやサザエなどの高級食材がたくさん!試食もたくさんさせてくれます!アワビが超〜〜〜美味しかった!!

輪島塗の工房は、輪島塗が出来るまでを見学でき、商品が陳列されていました。超豪華な調度品から私でも購入できる輪島塗のお箸まで売っていました。

輪島の町は、私が昔仕事で訪れた時よりもいい雰囲気になってるかも。街並みがすごくいい!魅力的!時間が無くて写真を撮れなかったのはすごく残念でした。

事前の観光計画では「ねぶた温泉」「輪島塗り」「輪島朝市」この3つは必ず見て回ると決めていました。

さて、輪島では有名な朝市を見学しました。 海産物がいっぱいです… ってほかに売りになりそうなものはありませんからね…

ものすごく迫力があり、気がついたら口をあけて見入ってしまっていました。日本の伝統。和太鼓は世界に通用すると思いました。

輪島から帰ってきました!! 大学の調査旅行で訪れた輪島、これまで縁もゆかりもなかった輪島。 たった5日だけの滞在やったけど、もーめっちゃ大好きになった

実は、輪島に来たのは本物の輪島塗りが見たかったからなんです!輪島漆器会館、輪島屋本店にて輪島塗りをゆっくり見ることができました。

まず最初に訪れたのが、今は無き輪島駅跡、その名も『ふらっと訪夢』!お察しの通り、プラットホームを捩ったネーミング!

GWで訪れた石川県でのおはなし。輪島。気に入った輪島漆器にめぐり合いました。白うるしです。両手にすっぽり納まる小振りな汁椀。名は「すらり椀」。

朝市を開く通り沿いのお店はほとんど朝8時から開いているので、朝市として通りに出ている所と共に、結構見ていておもしろいものでした。

カテゴリ:石川県:スポット|テーマ:輪島〔石川県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:18

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>