この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「筋湯温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

こんなにダーダーとシャワーのようなうたせ湯はダイナミックでしたっ。お湯がぬるめだったけど、1人のんびりとさせていただきました。

庭園風の露天はよく清掃が行き届いており快適そのもの 加水はしている模様だが湯口からの源泉投入もしっかりあり泉温が落ちることも無く掛け流しで利用している

宿泊地の筋湯温泉に到着。泊まったのは、「九重悠々亭」。お部屋は、レトロな大正(?)風。和室の部屋と、奥にレトロなベッドルーム。

このうたせ湯なんて、改装してキレイになってるし。外を歩いていても、“ボトボト”とうたせ湯独特のお湯の落ちる音が聞えてきました。・・・懐かしすぎる・・・涙。

メインは予約時に、「豆乳しゃぶしゃぶ」か「豊後牛の溶岩焼き肉」、「馬の焼肉」から選ぶ事ができる。

「タタタタタタタタタタタタ」と、うたせ湯のお湯が床を叩く音が響き続けます。皆さん落ちてくる湯の下に座り、肩や腰などに当てています。近くはすごい水しぶき。

筋湯温泉には4ヵ所の共同浴場があります。今回は、この共同浴場めぐりに!

筋湯温泉は九重の山あい、大自然に囲まれた温泉地です。その中で『うたせ湯(うたせ大浴場)』は筋湯温泉の象徴といえる公共の温泉、300円で利用できます。

雪見風呂なんて贅沢の極みですな お湯は無色透明。ナトリウム硫化泉(と書いてあったと思う)硫黄のかぐわしいにおいがしておりました。

肩や足にうたせて、めっちゃ気持ちエエ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・温泉の質も、そんなに詳しいわけちゃうけど、かなりイイ感じです!

高さ約3mから落ちてくる源泉かけ流しうたせ湯。全部で9席。その効能というか破壊力は強烈で過去最高!そのしぶきと湯気でマイナスイオン出まくりの滝つぼみたいだ。

温泉も家族風呂が3つあり男女に分かれた露天風呂と室内のお風呂がありました(^o^)

筋湯温泉は温泉街の中心にある「うたせ湯」が有名です。宿に着くと「うたせ湯」に無料で入れるコインをくれます。

♪♪お〜エンジェルあなたのお宿はどこ〜♪♪のCMでおなじみの『九重悠々亭』、看板犬の2代目『エンジェル君』はここ『九重悠々亭』の宣伝部長、この日も玄関前で

『薬師湯』は筋湯温泉街にある薬師堂そばの温泉、『うたせ湯』と同じく公共温泉です。これまた公共温泉の『露天岩ん湯』とはすぐ近く、男女日替りで入浴できます。

行く先はいつもの筋湯温泉。本当は三連休なので予約を入れてゆっくり宿泊したかったんですが、思いつくのが遅く、既に我が家の定宿は満室でした。

旅館名は、ゆのもと荘。んで、画像の所に入浴しましたが、料金は1時間?かな1,500円となかなかリーズナブルな値段であります。

お湯はトロトロ感はないのですが源泉かけ流しなためさすが!肌にふれるとまるで潤いの膜が張るような感じ軟らかいお湯でした。

ここも湯は適温であって、非常に快適。筋湯の打たせ湯自体は当方のようにどうも効果を求めない向きにはアトラクションでしかないのだが、湯自体もなかなか秀逸。

値段も手頃な筋湯温泉の筋湯うたせ大浴場にしました。入浴料300円(小学生未満:無料)でしたが、脱衣所は狭くて細長く、風呂場は洗うところもありません。

久しぶりに温泉で一泊 三つの貸切湯を堪能 いろんな料理の中で珍しいのが有った

場所は久住山の近くの筋湯温泉 ゆったりとした露天風呂2つに室内にも大き目の風呂2つあり すべて家族風呂です。

筋湯温泉にいきました ななかまどと言う宿に泊まりました

通されたお部屋は、とても清楚な造りで綺麗でした。12畳程のお部屋には露天風呂が付いており、掛け流しの豊富な お湯が注がれています。

不思議なことに長く使っていると体がホカホカしてくるの。 どうやら筋湯温泉は、上がった後もホカホカが続く泉質らしいよ。寒いときにはもってこいの温泉ってことね。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:筋湯温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「宝泉寺温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ホテルの3階にある内湯、[げんじの湯] [ひめの湯]には、露天風呂が併設してあり掛け流しのお湯が24時間流れ込んでいます。

この内風呂も魅力的です、お風呂は全部貸切りで3つありますけど、全風呂かなり広いです、勿論、源泉かけ流しなのでお湯がずーっと流れでています。

男女別の露天付き大浴場にはそれぞれに「げんじの湯」「ひめの湯」と名前が付き、無色透明で、すべすべした感触の湯がかけ流されていました。

泉質は単純泉、無味無臭、掛け流し。ゆっくり他人の目を気にすることなく入れるので本当に気持ちよくゆったり湯を楽しめました。

岩櫃から下の広い浴槽に流れ源泉は他に1ヵ所からも投入され広いながら浅いので適温となっている。珪素臭温泉臭甘味がやや渋味弱いねっとり感じんじん感やや滑々がある。

コイン式のお風呂に行きつけちゃうとコイン式がいいんだよねぇ。新しいお湯を張った湯船につかるのって気持ちいい!

旅の終わりは鄙びた宝泉寺温泉へ。この露天風呂がたった1,000円で貸切!山間の湯をゆったりと愉しみ、旅の疲れを癒した。

右側が洞窟入り口。狭いように見えますが、これがなかなか… 狭い入り口をくぐると、表からは想像できなかった八畳間以上の空間が広がり湯気で天然サウナ状態。

泉質は透明度の高いきれいな湯で無味無臭 湯としての特徴はあまりないが肌触りがよく入りやすい湯 泉質よりもとにかく、ここの特徴は貸切によるフリー的解放感でしょうね

館内と、離れに露天風呂がありました。離れの露天風呂のまわりには枯れかけた木が数本ひょろりと生えていて、一面に枯葉が・・・。

大分県の宝泉寺温泉の家族風呂に行ってきました おぐら温泉 四季彩の湯です。下の看板が目印です。

単純温泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)が多い宝泉寺温泉で唯一の弱食塩泉 露天風呂「源氏蛍の湯」 はぬる目の湯温で、小さくこじんまりとしておりました。

壁の両側には2部屋ずつ貸切風呂がありましてそれぞれの部屋には、「星生(ほっしょう)」や「涌蓋(わいた)」など九重に聳える山の名前が付けられています。

宿泊地の宝泉寺温泉は、栄えた温泉街と言うよりも、どちらかと言えば『湯治場』っていう感じでした。

今回の宿には「洞窟風呂」と言うものが有りました。 子供達は、怖がっていました(笑) その宿には家族風呂もあって、予約すれば入れました。

今回立ち寄った温泉は大分県宝泉寺温泉郷「おぐら温泉 四季彩の湯」というコインタイマー式家族風呂(10室)です。

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉の【おやど久月】HPより先日携帯からUPした写真の露天風呂は日替わりで男性と女性が入れ替わります。

お泊りは、宝泉寺温泉の龍泉閣。何年か前に利用して、サービスが良かったので今回もお世話になることにしました。

大分の 宝泉寺温泉入りました☆私一人しかいなくて 貸切風呂みたいでした☆すごく温かくて幸せいっぱいでしたよ♪

またまた行ってきました、久月へ。好きネェ・・(笑)今月の料理もおいしくいただいてきました。もちろんみさをさんも満足です。

この共同露天風呂は別名「石櫃」の湯と言う。最初に石櫃に源泉が入り、そこからこぼれて湯船に給湯される。源泉はかなり高温なのでこうやって温度を下げているのであろう

九重にある宝泉寺温泉の湯本屋という宝泉寺観光ホテルに行きました。平日の昼間だったので貸切状態でした。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:宝泉寺温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「日田温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

なかなか風情がありましたよ!家風呂と違って、足を思う存分伸ばせるのもいいですね^^無色ですが、心なしかとろみのあるお湯で、入るとしっとりします。美肌の湯ですね〜

まるで旅館の温泉の様な贅沢な造り。ホント緑に包まれた素晴らしい露天風呂。屋根の上に生えているコケなんて歴史を感じさせる。

川魚(うなぎや鮎)で有名で屋形船が多く停泊しておりこれからの季節は鵜飼いが楽しめる。

くせの無い無色透明の柔らかな湯を、三隈川を眺めながらゆっくり浸かることができますよ。かわせみの湯(洋風) ひばりの湯(和風)

ここのお湯は浸かると体に細かい泡が付き、肌触りはヌルヌル!よく見るとお湯の中にも細か〜い泡が舞ってる極上湯。いつ来ても、いいお湯です!

そして、今夜の宿「日田温泉みくまホテル」へ。午後5時頃に到着。この後、長ーい夜が、始まるのでした・・・

縫製工場の人にお勧めのお風呂を聞き、早速ひとっ風呂浴びに「山陽館」へ。入浴料ひとり¥500払い、大浴場へ。

日田市街地からは少し山手に離れたところにある『琴ひら温泉ゆめ山水』、厳密に言うと日田温泉という括りには入らないのかも。

ついでに今週行った日田温泉の山陽館のベランダにあった、部屋風呂お見せしますね。陶器製ですよ!!!

見えてくる「日田温泉街」の看板。 ここも川がいっぱいあって、気持ちいい。 さらに川は、夜にはライトアップされて、屋形船が浮いててめちゃきれい。

湯は市営第2号温泉を利用した源泉温度37.7度の弱アルカリ性単純温泉。無色透明で際立った浴感は無いが、これだけの絶景ならばどうでもいい感じだ

温泉の入り口には、おしゃれな番台がありました ←男湯の入り口 ←露天「あうんの湯」 温泉は露天のさらっと系で、ぬるくもなく、あつくもなく私的には適温!

日田温泉一泊の旅。ひとっぷろ の後は、夕食です。屋形船(追加料金)に乗り込みます。乗り込むときはまだ明るいので、こんな感じでした。

今回の宿泊先は、日田温泉のみくまホテル。ホテルの部屋も綺麗だったけど、河もすごく綺麗でしたよ。

1湯目に選んだのは、水郷日田にある琴平温泉 川をせせらぎを聞きながらの入浴かなりの癒しですよー 湯の方も、ちょっとニュルッとした感じがたまりません

一枚岩をくりぬいたようなとても広々としたお風呂でした 問題のお湯はといいますと。。。まず とっても熱い?(−x−;)

日田温泉には三隈川が流れてます。大分県から福岡県に入るとこれが筑後川に名前が変わります。

ちょうど今宿に到着(^O^)/雑誌で紹介されたホテルで、女性好みの素敵な温泉宿♪

そうそう!最近、九州・大分の別府温泉・日田温泉へ行ってきましたよ!D-1グランプリとかいうドリフトのレースも観にいったり(行かされたり)

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:日田温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「天ヶ瀬温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

近場でかなり渋い温泉です。少し寂びれた感がいい。大きな川が宿の前にあって、鮎が採れるらしい。

朝ごはん前に川沿いを散歩しました 川をはさんで旅館があります さびれた温泉街って感じ (情緒があるってこと)

大浴場に併設した展望露天風呂からは、玖珠川に架かる橋や温泉街を見下ろすことができ、ゆったりと浸かる事ができました。無色透明のさらりとした湯です。

お風呂は、渓流露天(混浴、周りから丸見え)と、貸切が2つ・・・露天は、こんな感じ。。。私はとても入れませんでした。。。水着とか必要かな〜・・・

やはりといいますか、素晴らかったです!お湯は無色ですが、硫黄泉!湯の花もひらひらと・・・・。もっちろん源泉かけ流し!湯温もベリ〜グッド!実に素晴らしかったです。

20人は余裕で入れる広い湯船。源泉かけ流しでコンコンと溢れ出るお湯!泉温が高く熱ちっち〜系のお湯です。身体の芯まで温まり、湯冷めしにくいお湯です。

泊まりの「成天閣」は専用のつり橋を持っている。かなり年季がありそうで怖い。歩くだけでこれまたよく揺れるのよね。

間違いは、旅の前から。私が選んだ「女性好み風」のホテルを、父が勝手にキャンセルし、自分好みのホテルを予約しました。

天ヶ瀬の温泉街の川の傍にはたくさんの露天風呂が100円で入れますしかし、かなり勇気がないと入れませんね。。。

前回、「長寿の湯」へ入ったが「ながやん湯」の方が広いですね〜 今回の方がかなり硫黄のニオイが強い! 電子風呂も健在。フル稼働中でした。

湯気でこもっていたのでドアを開けたら、なんとそこには露天風呂がありました^^ 湯は掛け流しの熱め、ぬるぬるの肌さわりです。

本日お世話になる民宿あだちにチェックイン。すぐさまに温泉に飛び込む。目の前には玖珠川が見える露天風呂に大満足です。

デッキに4つの風呂と蒸し湯が配置され、中央の坪庭の木々がライトアップされていて綺麗である。源泉が掛け流されており、湯質は若干のつるつる感を持つ。

結局、天ヶ瀬共同露天風呂6つのうち、ちゃんと入れたのは益次郎温泉と古湯の2つだけ。

まあ かなり珍しい温泉のお湯となっていました それ以外の露天風の岩風呂は、アルカリ性のヌメリのある硫黄泉を掛け流しで、打たせ湯状態。なかなかいいお湯!

行った温泉施設は☆山荘 天水→自然の地形を巧みに取り入れた岩作りの露天風呂です。

温泉は完全かけ流し、源泉温度が71℃ある為加水してあるが硫黄の成分が損なわれる程温泉は劣化しておらず硫黄泉ファンも満足出来る湯を保っている心地良い温泉だ♪

湯量は豊富で源泉かけ流し☆絶えず溢れる『鶴舞の湯』浸かればザザーっと大量に湯舟から湯が溢れ流れる。これは快感??ある種温泉の醍醐味とも言えるwww

天ヶ瀬温泉の益次郎の湯へ行きました。川沿いの共同湯、少し熱かったけど、いいお湯でした。

川沿いの露天風呂に異変が!? すべての共同湯から囲いが撤去され、外から丸見え状態に。

天ヶ瀬温泉共同露天風呂巡り、ラストの5湯目は『鶴舞の湯(つるまいのゆ)』、神田湯からさらに上流へ歩くこと数分、旅館小松屋前から川原に降りたところにあります。

車道がすぐ近くを通り、脱衣所などの気の利いた設備はありません。全て混浴で、川の流れと一体化したような開放感はありますが、少々勇気が必要です。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:天ヶ瀬温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「由布院温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

なんでも由布院温泉で人気があるのは、全ての客室が露天風呂付きの離れになっている旅館なのだそうで、私たちが宿泊した「月燈庵」も、そんな旅館の一つなのでした。 

湯布院のお宿は金鱗湖へ歩いて1分かからない場所!『お宿ぬるかわ温泉』 露天風呂付きの部屋にしました!

“非日常ではなく、極上の日常を提供したい”とのこと。言っちゃってるだけあって、やっちゃってくれています。ほわわわ〜ん、が一転、文芸作品の世界。

内湯の扉を開けると露天風呂が 露天風呂は4人はゆっくりは入れるくらいの広さです。楓の小舎の泉質(何時も見にくくてゴメンナサイ)結構ヌルヌル系、泉質は好きな感じ。

次は湯布院へ向かいます。おしゃれなお店が点在しつつもそこは九州、ところどころに湯煙が立ち上っています。素朴な湯小屋もあちらこちらに見られました。

由布岳の壮大な景観をのぞみながら温泉につかる.....至福の時です。写真は大分県由布市湯布院町川上にある「柚富の郷 彩岳館」の大露天風呂と貸切露天風呂です。

由布院温泉は初めてでしたが、女性に人気のある温泉地というだけあり、モダンでステキな旅館やギャラリーも多く、歓楽街のあるよくありがちな温泉地とは全く違いました。

金鱗湖近くの「ぬる川温泉」へ。その名の通り「ぬるい」です(笑)ぬるいお風呂のいいところは「長く入ってものぼせない」。そして「肌のコラーゲンを守る」こと。

広い大きな岩を配した露天で薄いコバルトブルーの湯が目を惹く。熱い湯で湯口は白くなっている。2ヶ所からの投入で加水なしで灰析出がある。

鹿児島に向かう前にもう一箇所、由布院によることにしました。庄屋の館、こちらはTVなどでも取材がたくさん来た旅館のようです。

山のホテル 夢想園にお世話になりました。緑に囲まれた風情ある旅館でした。ところどころ色付き始めてました。

由布院温泉の中心地からは少し離れており、狭い道を登ったところにひっそりたたずむ隠れ家的宿です。日帰り入浴は500円で大浴場他、貸切風呂(1000円)も利用できます。

由布院御三家の一つで、また全国温泉旅館アンケートなどでも、いつも上位にランクされる名旅館「玉の湯」に宿泊してきましたので御紹介します。

我慢して肩まで浸かりましたが1分が限度でした、太ももから下はマカッカ(真赤々)上がっても3時間は冷めませんでしたね!。

由布院駅近くの繁華街(?)から少し離れているのだけど、ここのお風呂は「じゃらん」CMで流れたくらい有名で、かつ、否定的なクチコミがほとんどない稀な宿。

本当に浸かっちゃっていいんですか?と思うような神秘的な色。旦那が熱い!熱い!って言っていきなり加水しちゃってましたけど…まぁ致し方ないか(;・∀・)

まず立地の悪さにびっくり!!せっかく由布院温泉を楽しみにして行ったのに、なんと自衛隊の門の斜め前、雰囲気なんぞあったもんじゃない。

温泉は「単純温泉」ということで、何が「単純」なのかよくわからなかったけど露天風呂も風情があって、ここは女の子と来るところだと痛感しました!

小さいけどしっかりした素敵な作りでおうちに一個欲しいなあって思いました(笑)内湯と外湯はほとんどそばなのでどっちもどっち・・・。

、由布岳を望む由布院盆地に広がる閑静な温泉街で、多くの美術館があったり、洒落た感じの旅館も多く、その雰囲気の良さで女性に人気があるとゆーのはうなづけます。

石膏のような臭いがしてすべすべ感があります。手をつけた感じ内湯はかなり熱めでした。素朴な共同浴場の感じは癒されます。ほとりに建っている風景はマッチしてます。

由布岳の眺めを楽しみながら入浴できる「彩岳館」にした。露天風呂脇の木々は所々赤く色づき、見上げる空の青さとのコントラストが絶妙だ。

寂れた温泉場と言う感じでしたが、今は有名になっちゃって街がやたら綺麗になってましたが、すばらしい温泉です。湯布院の駅の前の道にはなぜかトトロが一杯並んでいます。

由布院温泉街から少し離れたところにある温泉旅館です。日帰り入浴は露天(由布岳の湯・鶴見岳の湯)利用可で料金は700円、15:30まで受付OKです。

「夢想園」は湯布院に来たら是非行ってもらいたいくらいお勧めできる温泉です。700円で色んな温泉に入れます。貸切のお風呂が4つと由布岳が展望できる露天が2つ。

男1女2、に加えて、貸切露天2、貸切内湯2が入り放題とのこと!女性用露天は空海の湯、弘法の湯の2箇所、男性用露天は御夢想の湯1箇所、とにかく広くて、しかも眺めがいい!

由布院駅から少し離れたところにある。広いと言うよりデカイお風呂、何よりも目の前に由布岳がデンと構えている。

建物は新しいですが、いい雰囲気ですね。浴槽です。どこまでも透明な湯に参ってしまいました かなり熱いという情報でしたが、この日は、42〜3℃ぐらいの適温でした。

温泉好きな男、つまりわたしには泉質自体にはさほど魅力を感じないのだが、生まれたての湯量たっぷりの活力ある温泉に入れるのはこのうえなく贅沢で嬉しいことだ。

浴場の半分は半露天ぶろ状態で、金鱗湖を訪れる多くの観光客の視線を浴びることにも。この日、湯布院はメッチャ寒かったんですが、温泉につかった後はホカホカになりました

お湯は単純温泉。蛇口をひねると高温の源泉がドバドバ注がれます。いつまでも入っていたくなるような、気持ちの良さ。ボクはずっと露天のほうに入ってました。

無量塔は都会が薫る旅館だ。全てが洗練されていて、全てに洒落が効いている。由布院という場所は、当然だけど田舎にある

「何度も入られて湯あたりする方が多いので、ほどほどに…」とはお宿の方。わかるわかる、何度も入っちゃいました。源泉100%掛け流し、とてもいい温泉でした。

私たちが泊った宿のお風呂も内風呂の扉を開けるとそのまま露天風呂へ 大浴場まで館内を歩く必要もなく楽チンなので昨夜は食後と寝る前に二度入浴。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:由布院温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「観海寺温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

見通しのよい窓際の席から見える日本庭園の奥には足湯が広がっています。景色もサイコーです!

お風呂は偶数日と奇数日で男湯と女湯が入れ替わるようでこの日は奇数日で、男湯が「金鉱の湯」、女湯が「景観の湯」でした。

<別府八湯 [1]観海寺温泉>棚田状に連なった広い露天風呂に、別府の空と海が写りこんで視界が青一色だ。

宿は『眺望の宿 しおり』。 名前のように部屋からの眺めがよいということで 別府の夜景を楽しみに予約をしました。

みどり湯内湯で42度pH8.9総計1.1グラムで灰色の析出があり、甘塩味まろ味やや苦み。つるつるに、ややきしきし感、ややじんじん感がある。

豪快な露天風呂が4つほど連なっていました。奥の山肌には小さな滝もあって野趣満点でした。ただ、太陽が当たらない分コバルトブルーの色はなんとなく冴えません。

でも個人的には、お風呂は棚湯よりは本館のみどり湯という温泉のほうがよかったなぁ〜 露天が岩風呂になっていて温度もちょうどいい。

入浴料が2000円。決して浸かる事が無いだろうと思っていた温泉『棚湯』。そんな『棚湯』に浸かれるチャンスが巡って来た!!

ここの湯は溶存物質が2343グラム(1キログラム中)で、泉質名は「ナトリウムー塩化物泉」ですが、 メタ珪酸が472.9グラムも含まれているのが特徴です。

泉質抜群!ここに別府ハードコアを発見。無色透明だが強腐卵臭。明礬温泉以外ならここが一番におう。なめらかでつるつる度高しの炭酸水素塩泉。

今日は「温泉本」の入浴無料券↓を使って、別府八湯のうちの観海寺温泉の杉の井ホテル本館「みどりの湯」に入ってきました。

打たせ湯と蒸し風呂があるそうです。滑らかな優しい感じがするお湯で、アトピーなど皮膚炎にも効くそうです。素晴らしい景色と、珍しい青い色の温泉を経験出来ました☆

この素晴らしきコバルトブルー!なんて美しい。奇妙と言っていいほど青さが際立っている。こんな色した温泉はそうそう無いことを理解してほしい。超レアな温泉です。

大分県 観海寺温泉 いちのいで会館 1050円(食事込み)ここは食事代込みで、食事をすると入浴できるというユニークな形式をとっている

関西ではなかなか無い、青白いお湯です。 見てるだけでもなんだかうれしくなります。

マリンブルーの湯なのに浸かるとどこまでも透明で浴槽の中で光が虹色に反射している。別府市内を見渡せる景色も素晴らしい。プールみたいでおもわず泳いでしまう。

お風呂は大浴場はなく、貸切の内湯と露天風呂があります。さてさて、お湯の方は… お湯はチョット熱めで、透明ですがほのかな硫黄泉です。う〜ん、気持ちいい

別府湾一望です 内湯、うたせ湯、外湯、外にたる湯があります サウナも完備 ホテルの風呂やから タオルも完備

さて、楽しみにしていた観海寺温泉の泉質。食後、さっそく観海荘の内湯に入りに行きました

なんといっても、桧のおけ風呂!!。ザボンっと入ると、あふれ出るお湯の量(私の体重!!)の醍醐味!、お湯を浴槽からあふれ出させる贅沢といったら、たまりましぇ〜ん。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:観海寺温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「別府温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

別府の観光名所、地獄めぐりです。あちこちから熱湯のように湧き出てくる様子があたかも地獄のように見えることから地獄めぐりと言われているようです。

この鉱泥温泉、体の痛みがあって辛かったけれど、この温泉のおかげで、とても具合が良くなったというお話を次々にお会いした常連さんからお聞きしました。

無色澄明,無臭,ほぼ無味(極薄い重曹薬味,塩味)のお湯が加水とともに かけ流しになっています。湯温45℃のつるすべした浴感が気持ち良い温泉でした。

それから同じく亀川にある【長泉寺】へ。お寺の境内の中に湯小屋があって、入湯料はお賽銭という別府でも珍しい温泉。

ドバドバかけ流し放題で入湯すると、なかなか心地良く、体がすぐにあたたまる湯であった。これなら、SORAも安心してオンセンを楽しめるし、嬉しい誤算。

ちょいと奮発して杉乃井パレスに決めました!別府温泉の大御所!老舗中の老舗!大安定の温泉宿です☆

屋外の広ーい泥湯露天風呂はなんと!混浴!!  でも露天風呂の入り口は一応男女別だし、入ってしまえば泥で濁っているので、そこまで気にはならずに入れました。

一番印象に残った温泉はいちのいで会館でしょうか。お湯が青く美しく、プールのような露天風呂から別府湾が見渡せます。しかも、食事込みで1050円。

泉質は無色透明の単純泉ほぼ無味無臭でこれといった特徴は無いが肌触りがよく、柔らかい浴感の湯だ 泉温も温めなのでゆっくりと入浴できるのも嬉しい

湯の香り立つ…というように、浴場に入るなり何とも言えない温泉のかほり♪新鮮なかけ流しの湯から漂うどぶ臭。別府でこの香りは私は初めてです、たしか。

地獄巡りの海地獄。籠には、ゆで卵が・・・。2枚目、海地獄を見るポイントから、海地獄へ降りて行ってます

赤色の池や乳白色の池、赤い熱泥、火を近づけると吹き上がる噴気口(下写真)、年に数回色が変化する温泉池(現在はコバルトブルー)ほか、大小6つの地獄があります

湯加減は熱過ぎず、ぬる過ぎずといった感じです。無色透明、無臭ですが、肌触りがとてもよくて、つるっとした感じです。

今日入った家族風呂です にごり湯でした。。温度は最初はぬるめで温泉の蒸気を配管で通しているのでそれをひねれば調節できるようになっています。。

ラムネ温泉は よいです−−。ほんとに シュワシュワが 体にまとわりつきます。でも ぬるいですよ。

その特徴は一言で言えば「赤い熱泥の池」で、当時からこの赤い熱泥で皮膚病藥(現在の血ノ池軟膏)を作つたり、布や家の柱などの染色を行っておりました。

市営の温泉施設は温泉祭り中は無料開放だと聞いたが、ここは市営なのに有料っす。この温泉は、ネットでの別府温泉ランキングで常に上位にランクされている温泉施設っす

泥湯はですね〜おもしろいですよ〜!!泥のクッションに座っているような感覚でしたね〜混浴大露天風呂もあって、とても開放的で気持ちよかったですよ☆

堀田温泉に行ってみました。ここは、平成15年に建て直されたばかりという事でめちゃくちゃキレイしかも、市営なので210円という入浴料で良心的

アーケード街の商店街からひとつ路地を入った所にある梅園温泉。初めて行く方はなかなか見つけることが出来ないと思うが、冒険気分で探して見ては…

竹瓦温泉というところに入りました。まさに「千と千尋の神隠し」に出てくる湯屋の風情!入浴料金も100円!脱衣場と浴場がひとつになっている作りも初めて。

ちょっと熱めですが、顔を洗ったときにツルツルしたので私の肌が綺麗になったのかしらと一瞬勘違いしそうになった程柔らかいお湯でお風呂場同様お湯もとても気に入りました

限りなく透明に近い湯だが、わずかながら薄い茶褐色の湯。別府では珍しいモール泉である。加水はしているものの加温、循環なしの気持ち良い温泉♪

地獄巡りに行ってきました。9カ所全て回れる券が、2000円、一カ所だと400円。せっかくだからと、全て回ってみようと思い2000円の券を購入。

巨大なホテルで、ウリは去年?おととし?に作られた「棚湯」。読んで字の如し、棚田のように段々に湯船が作られていて、別府湾が一望できる大露天風呂。

塩素の臭いはなく、芳しい温泉の匂いが漂っています。しかも、掛け流しの量も不足はない。さすが別府。湯量が豊富なためか、貧乏臭い温泉の使い方はしていないようです。

別府の湯量はすごくて、すべての温泉が流し湯だったり、「血の池地獄」「ぼうず地獄」などの地獄巡り等、温泉に関してはどこにも負けない魅力を持っています。

受付のおばちゃんから、入湯切符を渡されながら一言「石鹸をつかっちゃいけないよ!うちはお湯につかることが目的の温泉だからね!」うーむ、本格的すぎます

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:別府温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「鉄輪温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

露天の岩風呂脇には箱蒸し風呂がある 温泉の蒸気で蒸された箱の中に体を入れ顔だけ出すというもの これは非常に快適で気に入った

色とりどりの花が自然のままに咲き乱れていて、造られた庭にはない趣があり、今度はぜひ一泊してみたいお宿です。

湯口には温泉成分が付着。因みにココの湯は透明から時間が経過することで次第に青く発色していき、最終的に青白から白へと移り変わる。

鉄輪温泉の温浴施設 ひょうたん温泉。普通の温泉ですが、内湯、露天風呂とも悪くないです。中でも、瀧湯はお湯の温度、身体に落ちてくる強さともいい感じ。

青い湯には、由布院温泉の庄屋の館で入りましたが、めずらしいので別府の鉄輪温泉の「神和苑」にも来ました。

熱めのお湯になっていて、数分浸かって上がり、自然に乾くのを待つのがよく効くとのこと。これぞ怪湯!ガツンときます。

蒸し湯に入ったり、ひょうたん温泉に行ったり、鉄輪温泉って、すっごく面白い最高に楽しかったです( ̄〜 ̄*)♪

鉄輪温泉は、古くからの湯治場で、一泊2000円位のお宿に泊まり、自炊をしながら、長期滞在し腰痛や怪我の治療をする所です

湯口には白色結晶,浴槽の側面には黄土〜茶褐色の硬質付着物があります。脱衣所一体型で,浴槽は4人程が入れる大きさ。加水とともにかけ流しになっています。

泉温は温めで湯の鮮度はあまり感じなかったが湯桶の栓を抜いたら高温の源泉が浴槽に大量に流れ込み力強い泉質の気持ちのいい掛け流しが味わえた

お湯は、渋の湯などとは違い笹濁りで、タイルは茶褐色に染まっています。 浴槽の隅には木製の湯壷があり源泉が惜しみなく注がれています。

料理も懐石コース風ながらもおふくろの手料理感があり、気取らず頂けました。味も懲りすぎない素朴な味で、ボリュームも満点。

源泉温度が高いため常に大量のお湯を注ぐわけにはいかず、そのためか訪問時は若干お湯がとろみを帯びているように(鈍っているように)感じられました。

ちょっとコンセプトがずれる巨大温泉施設なんだけど、旅行雑誌の写真でよく見るチョー立派な「打たせ湯」に入りたくてここに決めた。

久々にのんびりしてます。鉄輪温泉もお客の呼び込みを頑張っており、温泉施設を作ったり昭和の感じを出したりしてるんです。

宿は別府八湯の一つの鉄輪温泉。情緒を残す小さな旅館が立ち並ぶ石畳のいでゆ坂の一角。

別府鉄輪温泉街の中でも高台の方、住宅地の中にありました。結構新しめの旅館です。この東屋の売りはなんと言っても眺めのよさ!!

家族で宿泊してチェックアウトが遅くてよかった、と感じたホテルは、大分県鉄輪温泉「鉄輪温泉 湯けむりの里 東屋 」です。

分かりにくいですが、お湯が青白いんですよー!ここは源泉は透明らしいですが、時間が経つにつれ、薄青→青→青白→乳白色とかわるそうです。

共同風呂の醍醐味だなぁ。いい感じだ。源泉に水道がぬるくするために入れられているようだ。湯温は69.9度。ほとんど無色透明。若干のしょっぱめ。それと金気臭か。

泉質は、弱酸性低張性高温泉との事で、硫黄泉の様な匂いと一緒に温泉気分に浸る訳ではないですが、かなり気に入った 泉質のお湯のでしたよ〜(^^)/

男メンバーで入る温泉はめちゃくちゃ楽しかったです。ほかにも地獄プリンおいしかったし、みんなで食べる鍋はうまかったし

必ず行くのが鉄輪温泉「ひょうたん温泉」。これはすばらしい。お湯たっぷりで、広くてしかも歴史がある。

泊まりは一泊3500円の貸間旅館中野屋。鉄輪すじ湯の広場のまん前。立地は最高。昔の建物だけど、ちゃんと掃除してあってなんとものんびりできた。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:鉄輪温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>