この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「シーサイドホテル舞子ビラ神戸〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

部屋に戻ると遠くの方に雲のすき間から夕焼けがのぞいていた。それから30分もしないうちに夜の帳は下りて明石大橋のライトが点灯した。遠くにSAの光が見える。

このホテルには大浴場、溶岩浴、エステサロンがあるところも魅力。ちょうど滞在日直前にオープンした溶岩浴を利用してみましたが、とてもいい汗をかくことが出来ました。

室内は・・・ 多用された木目といい 統一された色調に 温かさを感じた。27?と 広くはナイのだけど 狭さも感じない・・・大きな窓のお陰かな。

泊まった部屋は 本館和洋室。〜和室と洋室を完備した和と洋の融合〜ということだそうなんですが、54平米ととっても広い、2人泊まるには もてあますほどの空間です

ロビーも広く、ピアノが置いてあったり、キレイなホテルhotelでした シーサイドホテル舞子ビラは洋室だけでなく、和室・和洋室もあるので小さいお子さん連れでもOK

次男が喜んだのは眼下に見えるJR!!電車や貨物列車がたくさん見られて彼は大興奮のようでした。お料理は和食。豪華で美味しかったです!!!

もともと有栖川閣下の別邸か何かだったとか、須磨離宮もそうだが今の時代では考えられないことである。それにちなんで館内には『有栖川亭』なる高級らしいレストランもある

明石大橋の目の前にあるホテルで、景色は最高でした☆チャペルも可愛い感じですね。橋のたもとでの結婚式なんて素敵〜

お部屋から明石海峡大橋が見えるホテルでのんびりと景色でも眺めて〜と予定していたのですが、12月30日-31日は全国的にお天気が大荒れの1日。

お部屋からは明石海峡大橋のライトアップがきれいです。このパフォーマンスで土曜宿泊ながら、シングルユースで5,500円とある意味破格?

ホテル内もとても清潔。ホテル特有のいやーな臭いは全くしないし、どこもかしこもピカピカで気持ちいい。もちろんホテルの従業員さん達も皆親切で感じがいいんですよ☆

神戸では、舞子の「シーサイドホテル 舞子ビラ」に宿泊しました。結構大きな入り口です。クリスマスシーズンでしたので、こんな飾り付けがありました。

夫が上層階の海側という予約をしてくれていたので、10階で、明石海峡大橋がとても綺麗に見えた(*^_^*)

4人で和洋室に泊まったのですが、畳の間があるのはまったりできていい。部屋からは明石海峡大橋のライトアップも見えて眺めもばっちりだし。

夕飯はバイキング料理。レストランからの眺めも美しく、夕暮れから夜に変わっていく様を眺めながらの夕食は楽しかったわ^^

デイユースの利用時間が最長4時間と短いのが欠点かな。でも、この絶景には代え難いって感じでした。

ホテルの中庭には、昔映画「白い巨頭」にも登場した変わった形の松が転々として、妙に日本式と洋式のマッチしたお庭になっています。

部屋からも海が一望出来るので、何度も眺めて楽しめます♪朝は、大好きなバイキング お腹いっぱいいただきました

舞子ビラのクリスマスイベントや昼間とは違う夜の舞子ビラの様子が見えますよ

舞子ビラに泊まりにいきました。今回は和室のある新館だったので2歳児ものびのびです。目の前の明石大橋が雄大!プールもあります。

神戸の旅、2泊目は「シーサイドホテル舞子ビラ」。普通の小奇麗なホテルなんだけど、昨日の宿が古めかしい昭和チックな所だったのでやけに立派に見えます(笑)

夕食バイキングは、食べるのに一生懸命で写真撮るの忘れてた〜私の大好きなデザートも豊富だったし、子供も大人も満足できる内容だった(^_^)v

ホテルの庭にはチャペル。結婚式場の設備もある。そこでの眺めは、このホテルのパンフレットにも使用されている代表的な眺めとなっている。

明石海峡大橋の見えるきれいなホテルでした。しかもホテル側の手違い?で部屋がグレードアップ。さらにうれしい出来事でした。

今日はいつもと違うベッドタイプの角部屋になりました… いつもはツインのベッドの間に空間が有るんですけどぉ 今回のぉ部屋は密着してますっ(〃д〃)

舞子ビラの客室からは、窓いっぱいの景色がとびこんできました。瀬戸内にすっと延びた明石大橋の姿が、絵はがきのようでした。

…このホテルからは、いろいろな場所で“明石海峡大橋”をセットで楽しめる工夫があり、“明石海峡大橋”が堪能出来ます。

明石海峡大橋とオーシャンビューの景色を楽しみながら バイキング料理をいただきます シェフが目の前でステーキを焼いてくれますよ! (^_-)-☆

ホテルの朝!と言えば。「朝食バイキング」です 満席にて待つことに・・・ 景色を眺めながらいただきます。和風にしてみました。

明石海峡&明石大橋を眺めながらお風呂に入れます。夜は夜でライトアップされた明石大橋を眺めながら・・・いい雰囲気ですよ 浴槽がハートなんで新婚さん向けかな?

ネットで予約したお値段は安かったのでちゃっと不安があったのですが、実際行ってみると上等でした 中は子供のことも考えて和室をしっかりチョイス!

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:シーサイドホテル舞子ビラ神戸〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「兵衛向陽閣〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

2つある大浴場は毎日男女入れ替わりで、この日の男湯は和風でした(昨日はローマ風)。子供がいないので露天風呂にもゆーっくりつかりました。あー極楽、極楽。

貸切状態の寝湯でのんびり。さすがに老舗の向陽閣、一乃湯から三乃湯までぜーんぶよかったあ。気持ちよく湯治したこの土日。

夕食前に2度温泉に入り、昨日のように懐石料理をお部屋で。これよこれよ、神戸ビーフ!霜降りからものすごい量の脂が出てきて、食べる私の唇はぎらぎら光ってたはずです。

ここはお風呂が3種類あって、一の湯、二の湯、三の湯とあります。こちらが一の湯と二の湯。男女が日替わりです。三の湯はちょっと離れたところに。

宿は、こちらにしました。 兵衛向陽閣 何はさて置き、まずは温泉でしょう。いやいやいや、遊びに来た開放感、温泉の心地よさ癒されますねえ( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン

お宿は、有馬温泉で二番目か三番目に大きいという「兵衛向陽閣」でした。ここはチェックインが14:00から、チェックアウトが11:00までなのでゆっくり滞在出来ます

お土産。日本で初めて作られたのが、この有馬サイダーらしい。左のは完成度高いキーホルダーです^^いやあ、楽しかったです。温泉も素晴らしかった。

露天風呂は三種類ありどれも気持ちいい〜 ランチは個室でゆっくりくつろいでいただけます 私たちはお食事の前に一回 お食事の後にもう一回 温泉を楽しみました〜

じゃ〜〜ん♪ 神戸牛のしゃぶしゃぶです♪♪ 口の中に入れた瞬間にとろけるぐらいお肉が柔らかかったです(^o^)

1つ問題がありました、鍵が一部屋に1つなんですよ、これは不便でしたね、今は一人に1つカードキーに慣れてきているので、不便でした!

私たちの泊まった西館は一番下が8階で16階までの建物でした。斜面に建っているためなんか非常に面白いことになってますね。

今回宿泊した兵衛向陽閣には3つのお風呂があり、いずれも露天風呂を併設した快適な造り。中でも去年オープンした三の湯は明るくて気持ちよかった。

有馬は真っ赤な温泉です。まるで、真っ赤なドロ水に入る気分です。イオウ臭さはありません。いいお湯でした。自然を見ながらの露天風呂なのが、またいい。

お風呂は一の湯、二の湯、三の湯とあって、私たちは二つ入りましたが、とって〜も気持ちが良かったです〜♪初めて入った金泉、銀泉。ホント、気持ちがいい〜♪

食前酒は「いちじく酒」。初めて飲みましたが意外とおいしいです。 これがこのホテルの名物「鯛のアラ炊き」。味付けが絶妙なんですよねー。とてもおいしいです。

ウオッシングスペースも広々として良かった。赤湯はさすがに塩分が多く「これは塩辛い」と思わずつぶやく程の強食塩泉だ。海水より辛いのでは……。

有馬兵衛向陽閣へ行った。インフルエンザ騒ぎで、ガラガラ状態だった。若女将が挨拶に出てきてくれた。風呂も貸し切り状態。あの大きな浴場に一人のびのびとしまくった!

高級旅館だ ここは温泉が1の湯から3の湯まであり、女性は1と3に入れるとのこと。1は割に広い湯舟で、和風の露天があり景色もよく良かったです。

お食事は、すんごく豪勢でした。一番安いコースだったのですが、私たち家族にとっては夢の様。神戸牛の焼き物に、焼き松茸、松茸の煮物汁物、松茸づくし。

感想としては、すごく良かったです。料理も美味しかったし、お風呂も良かったです。贅沢気分を味わえました。今度はぜひとも宿泊付きで来たいですね〜。

初めての鉄泉、こんなに赤いんだぁ〜と感激 でも本当は金泉じゃなくて、炭酸泉の銀泉がよかったんだ。。。それはまたのお楽しみにします♪

旅館も広くて部屋も広くて懐石が食前酒からとてもおいしくて大満足でした☆全部おいしかったので残す物なんてありませんでした。神戸牛は最高ですね♪とろけます♪

広〜〜〜い、温泉や脱衣所に、たえず係りの方が掃除をしてくださっていて、あっちもこっちも清潔そのものーこれってとっても大切なんですよね。

これが一流のサービスなんだと感じた瞬間でした。部屋も決して新しくはないけれど,綺麗に掃除がしてあって,清潔感がありました。満足。

温泉の撮影はNGだったので、パンフレットを接写。サービスの行き届いた旅館でした。朝食です。 とても美味しかったです。ご飯の炊き加減も自分の好みにピッタリでした。

今回は季節に応じた旬の食材を取り入れた釜めしをご紹介します。12月の釜めしは、「干し貝柱とむかご」です。

旅館は、創業650年の老舗旅館。兵衛向陽閣 豊臣秀吉公より「兵衛」の名を頂いたそうです。旅館について すぐ温泉にはいり、ゆっくりして、夕飯・・おなかがすいた〜

兵衛向陽閣には貸切露天風呂があるんです♪かなりいい貸切露天風呂でした。時間は50分間。疲れが取れましたよ(^^)

今回は、兵衛 向陽閣 という老舗に。初めてやったけど、めちゃよかったです。赤ちゃん用グッズもバッチリ、料理も、風呂も◎

お風呂も広々としてて、従業員さんが頻繁に掃除してはって、めっちゃ綺麗やった 水周りが汚いのんはほんま苦手やから、すごい嬉しかった 5回も入っちゃいました

お料理の内容はちょっと寂しかったかな〜。炭水化物が多かったような?ただデザートだけはバイキング式でおいしいシブーストがいただけてよかった!

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:兵衛向陽閣〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「有馬グランドホテル〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お湯は最高ですし、お料理もとっても美味しいんですよ〜鉄錆色の湯は「金泉」と呼ばれ、胃腸病、婦人病、神経痛などに効能があるとか。

晩御飯までに時間があったので温泉へ〜9階と地下に温泉がありまずは地下へ・・。十円玉の色みたいな温泉の色なんですよ〜有馬って。姉妹ではしゃぎまくりでした〜

いよいよ旅行のメインイベント。他にも焼き物や揚げ物、松茸御飯・松茸の土瓶蒸しなどなど。今年最初で最後の松茸の登場に、興奮して画像ナシ・・・。

夜になるとホテルの明かりが綺麗だよね. :。(。・ω-)(-ω・。)ネー゚. :。?  ここの最上階の大浴場は有馬の夜景が見えますよ。 ゚(*´∀`*)。 ゚

惜しみなく大きな湯船がどど〜んと鎮座。内風呂、そして露天風呂に金泉・銀泉をくまなく取り揃えており、規模の大きさでは有馬随一でしょうな。

昨日は気づきませんでしたが、1階の客室だったので、目の前はお庭でした庭にもすぐに降りられるようになっていたのですが、寒くて寒くて、室内から眺めるだけ

とても綺麗な建物でした。かなり高台に建っているうえ、部屋が7階だったのでとても眺望が良かったです。中庭にはプールが。夏場にまた来てみたいなぁ〜。

Kママがイチにお気に入りなのは、展望風呂です・・有馬といえば金泉・銀泉です。露天風呂にはハーブ湯があり、肌ツルツルっと卵肌になります。

薔薇風呂なるものも、ありました。撮影禁止でパンフより 新鮮な薔薇が大きな浴槽いっぱいに浮かべられてて、それはきれいでした

とても整備が行き届いていてゴミひとつ落ちていません それは館内でもいえること どこに行ってもきれいに保たれています

二日目は、大トロ、車海老、タイラギ、カンパチ、カレイ まあ、うまいこと カロリーバランス、味の強弱ついていて..さすがッテ感じですね!

お夕食は部屋食 足の悪いポンママのために ちょっと高めの座椅子も用意してもらいました リクエストによっては ダイニングテーブルも設置してくれるようです

1Fの大浴場ともども、利用して驚いたのが、備え付けのシャンプー・トリートメント・ボディーシャンプーが、ハーブ・炭・馬油の3種類

入り口のホール。ホッとするお湯の香りとアロマが。。このホテル、そこかしこに木を使っています。もちろん、内装だけなんだけれど、木の優しさを感じる事が出来ます。

食事は、お部屋で。前菜がきれいに盛られ、感動しました。量的には十分なコース。お部屋でくつろぎながら、ゆっくり食べられたのが、良かったです。

この時期は、“薔薇風呂”。お湯の中に色とりどりの大輪の薔薇の生花が沢山浮かべてあって、綺麗でした こんな綺麗な薔薇を間近に触る機会もなかなか無いので…

お部屋に家族風呂が付いてて窓を開けてお湯に浸かると夜風が涼しくて気持ちイイ フワッとした気持ちになれる癒しの時間がたまりません

神戸は有馬温泉の有馬グランドホテルに宿泊 ディナーはこんな感じでお部屋食 ワインは神戸ワインという白を頂きました。とてもいいホテルで、お風呂も綺麗で快適♪

予想外に早く起きてしまったので贅沢に朝風呂へ。昨晩と違い、脱衣所には大勢のお客さんが。お年寄りの方とかサラリーマンの方が大半でしたね。

仲居さんがとてもよく冷えた黒豆茶を出してくださいました。ポカポカになった身体に冷たいお茶がスーと入ってとても美味しかったです♪いいサービスに感無量です☆

お風呂の家族風呂、画像のものがそうなのですが、これ以外に、もう1つ湯船があり、そっちは普通のお湯のお風呂でした。

9階の展望露天風呂以外にも1階にも大浴場があって 色々なタイプのお風呂があるので、こちらもゆっくりでき ます お食事も美味しいので両方お勧めです♪

急いでホテルに帰って、急いで向かいました。時間帯が食事時のせいかほぼ貸しきり状態にテンションMAX。大浴場で日ごろの疲れを癒します。う〜ん、極楽。

有馬グランドホテルの露天風呂付きのお部屋になりました。このホテルは、お庭も大浴場も 隅々までよく整備されていまして綺麗ですし、気持ちが良いですので好きです。

有馬グランド自慢の屋上展望大浴場も満喫(#^.^#) 心まで温まりました☆☆☆ 心に栄養を与えるって、大事ですね… 明日から、また走れそうです

銀の湯。金の湯両方を露天風呂で堪能です。まだ自分には温泉の効能というのを体感したことはないのですが、旅情を味わうという意味では、冬の露天風呂は格別であります!

バブル以来の宿泊です。いやー久しぶりの贅沢です。さすが有馬という豪華なロビー 手入れされた中庭 夕食も一度にたくさん出さないところが良いですね

朝食のバイキングもすごかったです ご飯を白米・雑穀米・お粥から選べたり、漬物だけでも30種類くらいあったんじゃないでしょうか・・・

大露天風呂。 お風呂入ってたら 雪がちらほら  雪見風呂だーー。雪の降らない所に住んでる私にとって このシチュエーションは夢の様。幸せすぎて言葉を失う。

翌朝はバイキング。和洋折衷で種類も豊富で美味しかった。おかゆやブロッコリーやヨーグルトがあったので、カズ君の朝ごはんもここで済ませちゃった。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:有馬グランドホテル〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「クラウンプラザ神戸〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

クラウンプラザ神戸に宿泊。ポイントブレイクで5,000ポイントです。要は今春のCPNでホリディインに二泊すると約5,000ポイントなのでココが付いてくる感じ。

難点はトイレ。シャワートイレではあるんだけど、ウォームレットじゃない。座ると便座がひんやり〜〜〜(苦笑)。電気代節約のためかな(^_^;)

お手軽な値段だったのでここに決めました。お部屋はクラブフロアーツイン 高級感はないけれど、シンプルですっきりとした感じです。部屋でのネットは無料。

京純さんのお姉様のおかげで、お安くお得に!窓からの神戸の夜景が素敵だったのですがうっかり写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

ビックリしたのが部屋にパソコンが置いてあるとは!モニターも大きくて!!!パソコンがあると楽しめますねぇ〜滞在中、思ってた以上に使いました。

今回、宿泊した30階のクラウンプラザクラブ ダブルの室内です。窓が大きく山以外に遮る物は何もなかったので良い眺めでした。

朝食ブッフェも普通のメニューなのだが単純にひとつひとつが旨い。6:30から始まるのも早起きビジネスマンにはうれしいサービス。これで8000円は格安。

ホテルの建物1階にある、Relax 新神戸オリエンタルアベニュー店に行き、マッサージを受けました。ボディケア20分1,980円。肩がほぐされて、軽くなりました。

「クラウンプラザ神戸」に宿泊。部屋からの眺めは快晴で美しい 手前に山、向こうに海が見える眼下にはロープウエイが見える。今度乗ってみよう。

落ち着いていてきれいなホテルだし、アメニティも問題なし。19階のステイでしたが、水・お湯ともに水量はしっかりOK。パジャマも心地よかったです。

お部屋はスーペリアツインを頼みました。(スタンダードはもう少しこれより狭い感じ)白を基調にしてあるので、清潔感が漂います。

部屋へ。20階のセミダブルになっていたから、アップグレードでした やはり期待したとおりの程よくすたれたバブリーななんともいえない感じが好きです

バスルーム 部屋に比べてバスルームはかなり古い感じでちょっとがっかり(^_^;) このバスタブに洗面ボウルが出てるのが好きじゃないのよねぇ。

窓からはきれいな景色が一望。パソコン機能付き多機能液晶テレビがあり、インターネットも快適スイスイです。とっても便利。ベッドもパジャマも快適仕様。

なんとテレビの他に、大画面モニターのPCがありました!もちろんパソコン持参の際に使えるLANケーブルもあります。インターネット利用は無料!

今日は、夏の割には空気が澄んでいて、昼間も夜も景色がきれいに見えます。クラウンプラザホテルからの大阪方面の眺めは素晴らしいですね!

クラウンプラザ神戸は神戸でも2番目に背が高い、37階建ての高層ホテル。今回はお買い得なプランが取れたので、30階以上のクラブフロアに宿泊することができました。

実はこのホテル、安眠プログラム というものがあり、数十種類の中から好みの枕を選んだり、足用のピローがあったり、アロマも選べるんです。ベッドは有名なシモンズです

テーブルと椅子。フツーです。デスクとパソコン付きTV。デル製です。これは狭くてマイナスですね。ごちゃごちゃしていました。パソコン付きというのは良いですが・・・

宿泊部屋まで4階ロビーで荷物を運んでもらった同じスタッフの方に案内してもらいました。こんなかんじの部屋(ツイン)です。部屋はコンパクトですけど、気に入りました。

正直な感想としては・・・ ここのロビー階は、閑散としていました。というか、必要以上な物は置かない感じ?

ルームサービスなんで大して期待していませんでしたが、これが意外と良かったです。特にスモークサーモンのサンドウィッチは最高でした。

部屋に入って目にしたものは朝陽が起こしてくれそうなところに配置されているベット とてもいい寝心地を提供してくれました。

部屋でのネット接続は無料。ただしランケーブルは備え付けではないので自前の物がなければホテルがかしてくれる、が、長さが短いのでライティングデスクまでは届かない。

一段とオシャレになったようで、また泊まりたいですね。クリスマスシーズンだったので大きなツリーがドーンとお出迎え(^ー^)お部屋もシックな感じで私好み。

アメニティはクラウンプラザのいつものあると思っていたのですが、そのようなアメニティはなくブラシ、コットン、シャワーキャップ、ポンプ式のハンドソープがありました。

さて部屋に案内されたところ、正真正銘の「ジュニアスイート」。部屋の大きさは優に約45平米程はある。31階からは市内を眼下に一望、久々に百万ドルの夜景を堪能。

ベッドルームと書斎の2部屋にわかれていました。書斎にはデスクトップのパソコンが置いてありました。プリンターまであったのには驚きました

ここのパジャマは。ホテルのshopで販売されてあったけど。着心地よかったのお部屋もリネン類もアメニティも全部かわいかったし。

曇ってたのが残念。でも三宮、そのまた向こうの海まで見える。中央よりやや左にある赤っぽい建物がポートタワーですよ♪

部屋に入って説明を聞いて、早速部屋のチェックを始めるママ PCもあるし液晶テレビもでかいし、こんなホテルで出張したいものだ。

クラウンプラザ神戸からの夜景。新神戸駅にはタクシーがいっぱい。タクシーの明かりがクリスマスのイルミネーションみたいっ♪

潔感があり、GOODではないかと思います。そして・・・ 客室のリフォームも完全改修しただけのことはあるなと驚きです。だって、こんな感じになっているんですよっっ!

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:クラウンプラザ神戸〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「ポートピアホテル〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

部屋に入ると直ぐにちょっとしたテーブルがあります。 うわ〜テレビブラウン菅じゃないですか。クラブフロアなんですから早く薄型を導入してくれ〜

オーシャンビューのアロマポット付きのお部屋に変えて下さったんです〜。そんなお部屋はこちら。バルコニー付きで、外にも出られます。向こうに見えているのは神戸港。

お部屋ももちろんだけど、バスルームがすっごくオシャレ♪バスルームがガラス張り(*/∇\*)ポッ...ライトをつけると、またいい感じになって、素敵♪

チェックインして部屋へ。今回の部屋は28階。客室としては最上階になります。そこから見る夕景これはもうこれまでにない贅沢という感じでした。

スイートと名付けながらワンルームというのが・・・まぁ、アレですが。でも、リニューアル・1000万$の夜景・価格を兼ね合わせると文句無しです!

一般フロアの中では最上階の24階。その、ほぼ中央の部屋です。ドアを開けると、おお、広い!ツインルームのシングルユースでした。

こちらのホテルよかったですよ。お部屋も広めだし、ゆっくりできました。また神戸に来ることがあれば(絶対あるけど)泊まりたいと思います。

通された部屋は ま! まぁ〜オシャレで広いツインルーム!! 窓からは神戸空港が一望!!! 洗面所・トイレ・バスも広々快適〜。

モダンなお部屋でしたぁ 赤をポイントにしてる 久しぶりのユニットバスだったけど 湯船も広くて快適でした

ポートピアホテルすごく良いよwホテルマンの対応も最高に良いし、部屋もキレイし、アメニティーも充実してるし、レストランもおいしいし♪

去年よりも少し大きいお部屋で、なんだか得した気分♪ただ、去年は海に向いてて、神戸の新しい空港も見えて、眺めが良かったんだけど、今年はなんとも殺風景…。

部屋は広くて、ベッドもキングサイズ。バスタブも十分大きくて、なぜか鏡張りの浴槽に浸かり、常に持参のバブでゆっくりくつろげました。

どうしたことでしょう!!まあ、うれしい。 いいお部屋にランクアップしてくれていました。ロビーシャンデリア・・宇宙船を連想。エレベーター5台もあるねん。

ポートピアホテルは、国際会議場に隣接しているので選択しました。神戸空港にもポートライナーですぐなので、神戸空港の発着便が多ければ非常に便利です。

ポートアイランド博覧会の時に建てられたとっても豪華なホテルでした。お部屋も広くてきれい。リニューアルしたばかりだそう。浴室も広くて、疲れがとれそう。

ホテルの部屋はこんな感じ。IKEAビューのお部屋です(笑 たかが1泊の近場のお泊まりなのに……この大げさな荷物!おもちゃがたくさん入ってます。

金曜ということもあったのでしょうが12000円とお値段もステキ〜^^ もっとゆっくり滞在したいな〜と思わせるホテルでした〜!

ウエルカムドリンク&お菓子をソファーで頂きながら、名前書いたりって、、全然受け付けない(T-T)←超挙動不審な人たぶんお部屋も多少広くて好い感じなのだろー。。。

今回このポートピアホテルに決めた最大の理由は、ホテルから神戸中心部の三宮駅、新神戸駅まで、20分間隔で無料シャトルバスが出てること!!これは本当に便利でした。

部屋はリニューアルした改装ルームだったのですがとてもポップな雰囲気でした。なんだかオシャレなカフェ風です 窓からは景色が一望できます。

マンション並みの広々とした部屋からは大阪湾を一望することが出来、外を見ようとカーテンを開けるのは手ではなく電動であり映画館並みの装備である。

義母たちは本館のリニューアルフロアツインに宿泊 1泊で約33500円ほどします 部屋をリニューアルを強調してどちらかというと若い世代向けの内装になっている

いやー、部屋がキレイで気に入ってしまいました。前日が徹夜だったんで、すぐに寝ちまいましたけどね。また次来たときもココにしようかな。。。

27階以上のEXフロアーは 快適でした(^^)チェックインもEXフロアーで快適にできます!! 特別な記念日に利用してみては、クリスマスシーズンよさそうです

私と友達のママ+子供4人の計6人、2部屋で宿泊です。チェックイン後は、サービスされたホテルメイドのアイスクリームを食べて1部屋でワイワイ過ごしました。

今回は神戸ポートピアホテルに宿泊です。こんな感じ↓ 2人で12000円とお安いのに22Fの部屋だったよ お風呂は浴槽の横の壁一面が鏡で広く見えるようにしてたよ

ベットは3つ、さらにテーブルだけでなくデスク等もあるのに、それでもまだ広い!バス・トイレも広いし、椅子付のパウダースペースまで!今回は、家族から◎がでました。

ご飯食べに来たりしたことはあったけど泊まるのは初めて。こんなお部屋ですよ モダンなお部屋☆ 夜はおいしいフレンチを社長にご馳走していただきました♪

私がよかったのはオーバルクラブ!また泊まりたい^^専用ラウンジがあるので朝食もゆったりできますし、カクテルタイム等などサービス満載。笑

宿泊したホテルはポートアイランドにある「神戸ポートピアホテル」でした。立派なホテルでした。右は、14階のお部屋から神戸港(ハーバーランド)方面を写したものです。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ポートピアホテル〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「ホテルオークラ神戸〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

朝食バイキングはパンの種類が多くて美味しかったです 高級ホテルでデラックスな気分を楽しんできました .(o´∀`o)゜ .

ホテルスタッフの対応も満足できるものでした。ルームサービスはさほどお高くはなくお手頃価格ですし、とても美味しくて満足でした。

港の先端に建つ「メリケンパークオリエンタルホテル」よりも高さがあるため、オークラの方が低層階でも部屋からの眺めがよかったです♪

お風呂は、浴槽とシャワーブースと分かれていないのでちょっと残念な感じです アメニティは、最初から女性用化粧品が用意してくれていたのは嬉しかったです。

客室はスーペリアフロア、スタンダードツイン29平米。そんなに広くありませんが、デザインがよく練られた質感の高い部屋でした。

市街地からは少し離れていますが、その分眺めが最高。朝食(バイキング)(和食)ともに洗練されていて、とってもおいしかった!超オススメです。

末を利用してオークラ神戸に泊まって来ました。 大好きなホテルの一つにホテル オークラ神戸があります。

夜景もきれいでしたよ こちらがもうひと部屋、ベッドがある方です テレビは2台、トイレは2個、洗面台は三個ありました これでひと部屋10500円

かなりお得な格安プランだったので、6〜15階の低層階になると聞いていたのにチェックインしてみると、27階の海側!マリンタワーが目の前!

ホテルはとても良かったです!部屋はツインのシングルユースでそれほど広くはなかったのですが、景色がとても良い。港が見えて、昼は海が夜はきれいな夜景が見えました。

洗面台は こんな感じ・・・スッキリ。蛇口から 出る水は 全て 「ナノウォーター」だそうで。ぬる目の お湯でも 意外と ポカポカしたのは そのせいかな?

かなりお得な格安プランだったので、6〜15階の低層階になると聞いていたのにチェックインしてみると、27階の海側!マリンタワーが目の前!

部屋はスタンダードツイン。立地はメリケンパークのすぐそばなので部屋からの景色は良かっただよ。夜にはポートタワーやモザイクの観覧車のライトアップがキレイでした。

今回の泊まりもホテルオークラ神戸。アメニティーなんかは帝国やこ〜に比べたらちゃっちぃけど、車で来るにゃ〜便利ええし、ホテルマンの対応もええ。

ホテルオークラの良かった点は、このスリッパ。使い捨てじゃなくて、抗菌シートを貼るタイプで環境に配慮されていて良かったです。

希望していた西側の禁煙は満室ということで、眺望は譲れないので喫煙ルームで了承しました。お部屋は29階・・ん?スタンダードダブルルーム16〜27階のはず・・・。

アメニティはこちら。ロクシタンってイイ趣味。香りにうるさい夫も大丈夫なさっぱりした香りでした。お部屋もそこそこ広く、快適でしたよ。ちゃんと新聞も来たしね。

通常、ホテルって間接照明で、落ち着いていいのですが、女性2人だと、ちょっと暗くてこわいです。だけど、このホテルは、白熱灯もあり、明るくすることもできます。

ホテルの計らいで部屋を32階のスーペリアフロアにグレードアップして頂きました。写真は、お部屋の中と部屋からの眺め。ポートタワーが目の前〜。

朝食付きで1泊7750円でお安く泊まれました。夕食は予約してませんでしたが肉の鉄板焼きを安く提供してたので飛びつきました(ヘヘ;

ベッドはシェラトンがGOOD!! COOLですよね。寝心地抜群なベッドなのです。吸い込まれるように眠りに誘います。

1年前の申し込みのときから、1年後にお食事券を送りますと聞いていたので、1枚残っていた宿泊券もこの日のために残しておいた。

でもでも!そうそう、コレコレ!!ロクシタンのアメニティに充実したお茶たち〜♪♪そうよ!こういうのを期待してシャンプーとか持って来なかったのよ〜!!

ちなみにここのホテルのお水はナノ・ウォーターという特別なお水らしいです 浸透・保水・温浴作用に優れているらしいです

なぜホテルオークラを選んだかというと、朝ごはんが食べたかったからです シェフが目の前でオムレツを焼いてくれるとのこと。それはぜひ食べてみたい

ロクシタン とっても爽やかな香りなので大好きです。これを3人分用意してあるわけですが、これで足りなければお申し付け下さいってカードが添えられていました。

ホテルマンの質はとても良かったです。色々なリクエストにも迅速に感じよく対応してくれました。その他施設面:このお部屋は目の前に中庭があり、子供は大喜びでした。

帰って窓からお外を見てみれば、サイコーの夜景が!ポートタワーが見えて、観覧車も綺麗にライトアップ!良いお部屋ですね〜。夜景を見ながらおやすみー。

宿泊したホテルオークラは 35階建てでメリケンパークが目の前でした!夜になると 窓からポートタワーとモザイクの観覧車のライトアップが綺麗に見えました^^

なにより楽しみにしてたのは、前後しますけど、朝食ブッフェ。私、ホテルの朝食好きなんですよねぇ。。ゆったり、しかもブッフェでいろんなものがあって。

陣内と紀香の披露宴が行われた、あのホテルです。初めて足を踏み入れましたが、なんとも格式高そうなホテル。お部屋も、新郎さんが手配して下さいました。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ホテルオークラ神戸〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「宝塚ホテル〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

往年のモダニズムを感じられる建物で、阪神間の歴史を感じながら、たまには静かな時間を過ごすのも楽しいですね。

もちろん高級ホテルですからフロントの応対も非常に良く、アメニティも充実、老舗ホテルにしては珍しく高速ネットの対応もされており気分良く宿泊を楽しむことが出来ます。

レストランの一つ「ビアケラー」のシックな入り口。ステンドグラスのデザインも、きちんとデザインされ、本当に品格を感じるいいホテルでした。

洗面台は 昔のままなのかな・・・な、古めかしさ。水周りは 一番「時代」が出易い 場所かも 知れないね。でも・・・泡の出る「足マッサージ器」が置いてあったりした。

さすがに歴史のあるホテルらしく、クラシックな雰囲気でいい感じです。お部屋もちょっとレトロなソファーがいい感じです。

宿泊費が宿泊費だったのでディナーは正直期待していなかったのですが、ちょっとしたコース料理になっていて、めちゃめちゃ美味しかった!!

一人で泊まったのに、ツインのお部屋じゃった(もちろん値段もシングル値段)そして、このホテルには、宝塚のこんなパネル(?)があります 各組のトップスターさんズラリ

光と緑と水に囲まれた、静寂な雰囲気が魅力です 伝統と文化が息づく、ヨーロピアンクラシックな会場だから、落ち着いた優雅な気持ちで花レッスンに打ち込む事ができます。

宝塚ホテル、1926年創業の由緒あるホテルです 昨日の泊りはこちらで 中庭(1)です 中庭(2)です 川の向こうには「宝塚大劇場」

新館1階は、宝塚歌劇ミニギャラリーのよう。各組トップスターの写真がキラキラ輝いて*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆むかえてくれます。

宝塚ホテルは本当に素敵で、こういう空間ももちろんだけど、なにより働いている人たちの細やかな心遣いがすばらしい。

宝塚にある宝塚ホテルはクラシックホテルです。木漏れ日が溢れる窓辺。日本にいることを忘れてしまいそうな空間です。

食事会は宝塚ホテルのレストラン「曙」日本料理懐石でした。凄くホテルの感じが洋館で素敵でした〜やっぱり宝塚は歌劇、近くには大劇場があって風景も綺麗です

やっと連れ出して宝塚ホテルへ。何時ものレストランで食事をするが 食が細くなったな。このホテルとの付き合いも37年も経つのか・・・玄関前の楠木があるからいいな。

久しぶりにふらりと訪れてみたら、丁度ブライダルフェアが行われていた。「うちのお祖父さんもここで披露宴したんや。」見学をしていた今風のカップルの会話が聞こえてきた

宝塚ホテルの創業は1926年(大正15年)。旧館は創業時の建物そのままなのだそうです。赤い絨毯にアンティークの家具がとても素敵でした。

画像がシングルルームですが広さはシティホテル並みです。宝塚ファンにとってはこのホテルに泊まって観劇するのが夢と言われる「聖地」だそうです。。。

駐車場からフロントまでで、迷子になりそうでした。そして、お部屋まで荷物を運んでくれたのは地元の中学生。。。社会研修の一環だそうです。

館内を散策しましたが、1926年創業ということだけのことあってかアンティークのテーブルセットが中庭を見渡せる通路に配置されていたり、となかなかの雰囲気でした。

お部屋は和室でした〜 結構良かったです 洋室よりのんびりできました 広々としてたし!!! 特にお風呂は、家よりおっきかったので足伸ばしたら溺れかけました(笑)

近代的な感じじゃなくて重々しい感じの部屋です こちらも昭和を感じさせる感じです 電話がレトロで西洋な感じで可愛かったです

宝塚ホテルに宿泊しました。もちろん、タカラジェンヌの方々の復習をして就寝。翌日は、ホテル内でランチ♪素敵でしょう?!

宝塚ホテルは80年近く前に建てられた、歴史ある名門ホテルとして有名です。その通り、中に入ると赤い絨毯が敷き詰められ、落ち着いた雰囲気で、ホッと落ち着きます。

ロビーやラウンジ、歴史ある本館は散歩していて楽しかった。阪神間モダニズムを色濃く残す装飾や柱・天井・手すりなど、雰囲気のある空間。落ち着くー。

私は、ここが大好きで、用もないのに来ては、くつろぐ場所です。もぅっ凄く乙女チックなんですよね。どこもかしこも可愛いです。ここで結婚式をあげたイトコ達!羨ましい。

部屋のテレビでも24時間、宝塚のレビューを放送しています。10chだったかな。もっとも小生は別の局しか見なかったですけども。

古いホテルだから暗いのは仕方ないとして、うがいしようと洗面所にいったら、コップの横に髪の毛が。掃除、してあるんでしょうね?!少しのことで、がっかりするもんです。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:宝塚ホテル〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「佳泉郷井づつや〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

立ち寄り湯のお客までも、和服のフロントスタッフが「ご案内致しましょうか」という一声。このおもてなしの心が他ではないところ。「佳泉郷 井づつや」の凄さです。

今回は露天風呂付客室にしたので、さっそく入ってみました(♥^-゜)v もちろんお湯は、内風呂も含めすべて“天然温泉”とのこと

泊まった井づつやは日本の旅館100選にも選ばれている素晴らしい旅館でした。ご飯を食べた後 初めてのオイルマッサージもしてもらって とっても気持ちよかったです。

焼きガニは、お部屋まで調理人さんがやってきて目の前で焼いてくれますからあっつあつのカニがいただけました。

なんとこの門構え!ヒェ〜〜(つд⊂)ゴシゴシ 何度、来てもすご過ぎるどーーー!ボク達 贅沢かしら?まぁ〜いいっか!年一回だし。

立派な造りで、広々としていて 近代的なんですが 心がホッとするような 落ち着きを感じさせてくれるお宿で けっこう、気に入っています。

父親の故郷、但馬(兵庫県北部)へ墓参りに行ってきた。宿泊は湯村温泉の井づつや。両親が旅行をする機会も少なくなったので、毎年宿泊は少しだけ贅沢している。

「佳泉郷井づつや」は期待通り、優雅なたたずまいに優しい時間がゆったりと流れていた・・・満足(*^^*)

お部屋と別の個室で夕食のはじまり〜 食前酒で乾杯し・・・ビールでまたまた、カンパ〜イ 前菜・・・お造り・・・続いて、解禁になった カニ かにがぁ〜

早速、ロビーでお抹茶サービス。部屋に荷物を置いて、早速、お風呂。誰もいなかったので、ちょっとお写真を。屋上展望風呂です。なんと、畳敷き!!

このクラスの温泉旅館ではめずらしく犬も預かってくれる施設あり^^ 湯村温泉には別にペットのための施設もあってそこではペットも預かってくれるよ♪

温泉に入って夕食の時間へ! メインはカニすきです 次にカニみそ おいしく頂きました!!

それにしても 今回の夕食は美味しくなかった...。料理長が変わったんかと? と思ったけど・・・以前と同じ かの有名な 「 料理の鉄人 」でした。

通されたお部屋も広いし、お部屋からの眺めは湯村温泉街を一望できるパノラマ  まだ『井づつや』さんに入って10分程度ですが、、、アタシめちゃめちゃ気に入りました

大浴場では『湯上りのおもてなし』として午後3時〜午後6時まで冷抹茶と水菓子の甘味のサービスお茶 時間に関係なく健康黒豆茶のサービスも

露天風呂はもちろん、貸切風呂もいろいろ種類があるし、小さいけど岩盤浴もあるから夜はひたすらお風呂三昧〜 結果、指フニャフニャになる(笑)。

部屋風呂(露天のみ)温泉でゆったり 湯村では、私が思うにNO1だと思う。。。 しかし〜〜〜 やっぱり料理が肝心 と夕食へ!!いざ出陣

ここの旅館はお風呂(=温泉)が非常に充実していて、露天風呂やハーブ風呂、展望風呂、岩盤浴、打たせ湯などなど、いろんな種類のお風呂があります。

施設には沢山の大浴場。中でも檜展望風呂、岩盤浴はオススメ。料理も但馬牛をふんだんに利用した季節折々の料理で大満足な んと料理長TVチャンピオンで優勝した経験あり

中庭には日本庭園があります。滝を撮りました。写真だと怪しく?ライトアップされているように見えますが、夜実際に見ると幻想的できれいですよ

なんと目の前でカニを焼いてくれるじゃあ〜りませんかっ もうね、言う事ナッスィングです。。。。うまぃ。。。うますぎる。。。。。焼きガニヽ(´ー`)ノバンザーイ

大浴場は岩風呂で薬師如来像が岩の上に鎮座している。また隣が露天風呂で、やくしの湯「夢の湯」と書いてある。露天風呂もかなりの広さがある。

最後に 娘がオーダーした 「但馬牛ステーキ膳」 3600円くらい もう これがなんと言ってもジューシーで美味 但馬牛は神戸牛と同じなので その味わいたるやっっ

ごはんも,すごく美味しかった!カニ・但馬牛が美味しい〜!!やっぱり,日本のごはんは美味しい!!部屋の中で但馬牛をフランベしてくれて,あんなの初めて見ちゃったわ

館内は掃除が行き届いていて、従業員の方の応対は◎です。(温泉を出た後に指輪をなくしてる事に気づいて、従業員の方にご迷惑お掛けしました。)

井づつやさんは大きなお宿です。さまざまな工夫をこらした楽しい大浴場もあるのですが、さらにうれしかったのは、屋上露天風呂。

風呂には岩盤浴も併設されていて嬉しかった〜♪夕食後は“タイ式マッサージ”をしました。ストレッチのようなマッサージのような、二人で呼吸を合わせて体を伸ばす感じ。

小宴会場でのお食事でした。なんかただただ広いカンジで落ち着かん^^;;;でも、がっつりと食べさせてもらいました。カニあり〜の但馬牛あり〜の堪能しましたわ〜^^

それほど広くなかったですがお湯の温度もちょうどいいかんじで、また大きな窓が開け放ってあるので、入ってくる風が心地よく、天気がよかったので青空も見えて最高でした。

今シーズン最終のカニを食べてきました 地ガニのフルコースは、絶品の中の絶品 ただし、料金も強烈に高かった とても個人では行けませんね

やっぱり、地蟹はおいし〜。蟹の繊維が太くて、甘くて、歯ごたえもよろし。サイコー!! お部屋居心地よろし。温泉、お肌しっとり、刺激臭なし、夜までぽっかぽか

食事も美味しかったですよ!量が多くて食べ切れませんでした(T0T)私は甲殻類アレルギーなのですが、季節柄メニューにはカニが・・・。

泊まったのは『井づつや』っていう旅館で、何やけっこうええ部屋らしく、写真の洋室とつながってる和室もあって、部屋のお風呂も温泉出るとか

ロビーです。浴衣が選べますよ。荒湯にて卵を茹でているうちに、河原を散策。プールがあるので子供たち大喜びです。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:佳泉郷井づつや〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「西村屋ホテル招月庭〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

やっぱりホテルの風格、料理、接遇・・・一流でした。それに温泉も最高です。良い母への贈り物です。

招月庭の庭 今回の部屋の露天風呂ほっこり まったり ゆったり いろんな事に感謝♪

大正ロマンを感じさせるような趣あるロビー。部屋からのぞむ日本庭園も、落ち着きます。3人なのでわりと広いお部屋に通されました。

テーブルの上は蟹の甲羅の残骸ばかり はち切れるお腹とほろ酔い気分で時計を見るともう11時☆ 美味しくって楽しい時間はあっと言う間に・・・ おやすみなさい

なんとお抹茶が出てきた!!さすが!!仲居さんの接客も実に素晴らしい。夕食まで時間があるので色浴衣に着替え 外湯巡り。このまったり感がたまらない。

若い方には不向きかもしれませんが、中年以上の方には、宿泊料はちょっとお高いですが、お勧めのホテルです。宿泊客も団体客以外は、ほとんど熟年夫婦でした。

創業150年の西村屋が経営する5万坪の庭を持つホテル。お部屋はこんな感じ。なんと言っても楽しみは、お食事とお風呂。

ホテルに戻り、私たちも温泉でさっぱりした後は、待ちに待ったお夕食タイム。お部屋にずらりとお膳が並べられていました。さすが温泉街、ビールのラベルも城崎入り。

西村屋本館のゆでがには、他のところでいただくゆでがにとはちょーっと違う極上ゆでがにであります。自家製カニ酢も、これまたうまいっ。

本題のランチバイキング。なんかいろいろありすぎて…でもおいしかった◎1番おいしかったのがこれ。↓↓↓海鮮丼♪ご飯の量も、何を乗せるかも、ぜ〜んぶ自分次第♪

夕方と夕食後の送迎バスはあるものの今回の宿入り時間が遅かったため、外湯めぐりは出来ませんでした。今日は、夕食のメニューをご紹介しますね。

露天風呂もあって、優雅に過ごせました。料理も大変美味しくいただきました。食べるのが面倒なカニは、無論、仲居さんに全部剥いて貰いました。

ゆずの夏休みを利用してゆずの家族と一泊二日で城崎へ行きました。今回のホテル、『西村屋ホテル招月庭』の部屋です!なかなかきれいです♪部屋からの眺めも最高です。

お料理は、豪華で、カニ尽くしで、とっても美味しかったです〜☆ただ、普段食べない “量” のお料理が出るので、最後はグロッキー気味に...

料理は、食材の点で栗、松茸、紅ずわいと季節感のある食材、但馬牛、こうのとり郷米、甘鯛とああ山陰だねという食材が使われていました。

黒毛和牛ロース一口ステーキに、紅ずわい蟹サラダ。 ロース肉は口の中でとろける程の霜降りだったのは勿論、部屋食なのに未だ暖かさが残っていたのは上出来と言えますね。

こちらはお孫ちゃんのお料理です〜 これでも全部ではありません@@; 私たちのお料理も豪華絢爛、食べ切れませんでした^^;これはほんの一部です・・・

今回のお宿は、西村屋のホテル、招月庭。ここで、母上、姉上夫婦、姪たちと待ち合わせ。はるばる来た甲斐があったー。物凄く綺麗です。大量の緑が癒してくれます。

とっても静かで、雰囲気の良いホテルだったょ 着いたら、ちょうど雪が降ってきて良い感じでした お部屋も広くて綺麗

早速お約束の外湯へ。今回は、『御所の湯』。早い時間に行ったせいか、ものすごく空いていてゆっくり入れました。

担当してくれた仲居さん・・中国からの研修生でした。いい子だったんだけど、話(料理の説明とか)を聞くのに一生懸命になってしまってなんとなくくつろげなかったです・・

予想を遥かに上回る接待が待っておりました。カニの刺身、ボイルしたカニ、カニ鍋、カニ雑炊。。(@0@)もう当分要らない、、、っていう位食べまくりました。(^^)

お料理の後は、内湯に入りました。露天もありミストサウナもあり、城崎は外湯巡りが主流ですが、こちらの内湯は豪華でした ドライヤーなどもあり、設備もよかったです。

お風呂も広く 露天風呂もサウナも ジャグジーも付いていて ここだけで ゆっくりすることができました。 かには もういりませんと言うくらい 付いておりました。

どうにもじっとしておれず「せっかくだから庭を見に行こう」と妻を誘った。この西村屋招月庭ご自慢の庭園への興味が押さえきれなかったのである。

旅館の規模がとびぬけて大きくて館内がとても美しい。従業員のエスコートやサービス、気配りなどもかなりハイレベルな旅館でした。あきらかに高そう。

温泉は男女とも大浴場と露天風呂とミストサウナがあります。 露天風呂には高い屋根があり、まわりは木々に囲まれ風が吹くと葉っぱが目の前を飛んでいきます。

内風呂が綺麗で、最近は外湯へ行かなくてもいい程お気に入りになっています。夜は、アロマトリートメントでしばし優雅な気分を味わい。。もちろんお料理も堪能しましたよ〜

ここはあの有名な西村屋グループのホテルで、お値段もなかなかです。こんな素敵な旅館に泊まれて旦那様のご両親に感謝です☆

休憩してからお楽しみの温泉に入りに行きました♪こじんまりと落ち着いた温泉です。サウナはミストサウナなので超〜気持ちよく、汗を出してスッキリ(^o^)V

上品な仲居さん達が料理を運んでくれました。松葉ガニの刺身、松葉ガニの酢の物、焼きガニ、カニ飯、カニカニカニづくし。身がぷりぷりして最高でした。

4箇所もお風呂に入ったので喉はからからです ビールやこのマツタケの土瓶蒸しが最高!!! マツタケの香が素晴らしく私にはこの日一番の美味しさでした

お風呂あがりには湯あがり茶屋で休憩ができます。オレンジジュースやウーロン茶 お風呂上がりに何が飲めるかが楽しみな私(;´▽`A``

料理は、部屋食でしたが、もってくるタイミングがすてきでした。料理を食べ終わって,次の料理までの時間が、まのびせず、またはやすぎず、仲居さんのテキパキ。

かに!かに!かに!かに!カニ会席。茹でカニ、焼きかに、カニ数寄、カニご飯、黒毛和牛のサイコロステーキ、椀物、お食事、デザ−トなどなど。お腹いっぱい頂きました。

きれいなホテルでお風呂もなかなか良かったです。蟹のコースも食べきれないくらいの量でおいしかったし、朝食のバイキングもかなりレベルが高いと思いました。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:西村屋ホテル招月庭〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「西村屋本館〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

宿泊した部屋です。約12畳ほどあり広々とした感じでした。部屋からの外の景色です。よくも無く悪くもなくといった感じでした。

カニ腹になったあと、マッサージをお願いしました。これが、もうサイッコー。気取ったSPAのボディトリートメントより、やっぱりあんまよ、あんま。

うだうだしながら旅館・西村屋さんへ到着。前に泊まらせてもらったのは13年は前か・・・それ以来、城崎に泊まるなら西村屋さんと決めている。

晩御飯はかにかにかに! 一人で一匹かに酢です(笑) かに味噌まで・・・ 1年分食べました〜☆その後、温泉街へ行って射的やスマートボールをして就寝。

なによりお部屋の露天風呂が最高でした〜 っで、やはり気になる食事ですが… 間違いなくいままで泊まった宿の中でNo.1でした

夕食の時間に。カニ&会席料理をいただきました。写真はお料理のスタート。序の口です。次から次へと豪華なお食事が出てきて、かなり満腹になりました。

私たちが泊まったお部屋です。窓の右側の小屋風の建物はお風呂です。露天風呂ではありませんが;; お食事も 懐石仕立ての 上品な おもてなし でした

館内は全体的に薄暗い感じですが、お香がほのかに香っており良い感じ。仲居さんをはじめ、挨拶は当然出来ているし、どの方もサービスは抜群です。

城崎に来ました。とても良い宿です。西村屋は歴史のある旅館でお部屋や庭にも風雅有り、サービスは最高です。さりげない額の墨絵もただ者でない様子。

料理も(特に但馬牛は絶品)美味しくて結構宿泊客がいたと思うのだけれど、すごく静かでできるなら1週間くらい滞在してみたいなと(贅沢すぎですよ!)

蟹は地元の津居山漁港で上がった地ガニでした。前に蟹づくしを食べてうんざりしたので、次からは蟹と色々食べられる懐石にしています。お腹いっぱい食べ過ぎました〜。

お粥が優しい味でした。昨日からの食べすぎ&飲みすぎで空腹でなかったけど、お料理を目の前にしたら、意外と食べれました(笑)

私達のお部屋は初音の間です 庭園がとても綺麗です こたつに入ってお抹茶を頂きながらお庭を眺める… 心が安らぎます

信楽焼きの浴槽に 掛流しのお湯 自分だけの 露天風呂 しばし 時が過ぎるのを忘れさせてくれる 至福の 空間でした。

珍しかった料理 椀盛(栗と松茸摺り流し)栗をすり潰した汁物で甘くて美味しかったです。松茸はわずかに乗ってたけど、特に風味は感じられませんでした。

部屋も綺麗だし接客も良いです。格調の高さであれば京都の俵屋の方が上だと思いますが、温泉地としてはなかなか素晴らしい宿でした。

完全に木造でエレベーターなんかもありません!さすが!!!と思うぐらい格式高そうなでもどこか懐かしいカンジのするとっても落ち着く旅館でした(*⌒∇⌒*)テヘ♪

うまく表現できませんが。。。とてつもなく素晴らしい建築には、前にたたずんだ瞬間にオーラのようなものを感じます。それが、心を揺さぶって感動させるのかなぁ。

創業150年の老舗旅館です。庭園もお手入れが行き届いています。外湯をいくつか楽しみ、西村屋の別館「招月庭」のお風呂も楽しみました。

ロビーの調度品も、レトロな雰囲気でいい感じです。部屋も純和風、古きよき時代の旅館のたたずまい。お茶とお菓子の接待も、昔ながらの旅館です。

長い歴史を感じさせる建物。手入れが行き届いた館内、庭園。館内の至る所に焚かれてあったお香。(←あまりにも落ち着く香りだったので買って帰りました。)

部屋は隅々まで色んな気配りが行き届いていて、しかもいろんなものに西村屋の家紋(だと思う)が付いてる。なんとも重厚感のある感じ。

蟹はやはり味は別格でした。活けカニは甘く、そして歯ごたえ充分。茹でガニや焼きガニもこれでもかとばかり出てきます。カニ味噌も美味しく、カニスキのだしもうんまーい!

食事はお部屋でゆっくりと、温かく、美味しい料理が順番に運ばれてきて嬉しいw焼き蟹は私たちの部屋で炭火で焼いてくれました、なんとも良い匂い。

食事はもちろんカニずくしのコース タグ付きのカニ食べたの初めて! この日のカニは柴山港のタグがついてました。

お品書きを数えたら12品。茹で蟹は、分厚くて大きいし白味噌仕立ての蟹のお吸い物も美味すぎるし、焼き蟹は、実演でお部屋で焼いてくれて、この半生感が最高!

広大な庭園ではありませんが、散策するもよし下から、また上から覗くのもよしの見事な庭園です。散策できるように、複数の庭の出入り口にはそれぞれ下駄が用意してあります

お部屋から見えるお庭の緑、重厚な雰囲気にうっとり 隅々までピカピカで、まぢで埃ひとつないし、有名な作家さんの作品が普通に部屋に飾られてたりして、贅沢そのもの!

松葉がにと一口にいってもロシア産もあれば、いろいろ。西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。

創業150年の伝承の宝が見られる『展示室』まであるのよ♪ 金庫みたいな分厚いドアでしょっ!このお部屋の中には宝物がいっぱいよ〜んヽ(゜∀゜)ノ

今回特別メニューのかにづくしにしたんだけど、もう、食べきれないほどのカニ・・・。それもすんごくおいしい♪特にカニのお刺身は最高でした。幸せ幸せ・・・。

蟹はさすがのお味でした。日本酒がもっといろいろ揃っていたら言うことなしなんだけど〜 などといいながら、夢中で食しました。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:西村屋本館〔兵庫県〕|更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「夢乃井庵 夕やけこやけ〔兵庫県〕 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

2年ぶりのお越しありがとうございますとのお言葉。リサーチ済みですれ違うスタッフもいつもありがとうございますと声をかけてくれる。嬉しい心遣いではないか。

すべて違った造りのお部屋で全室露天風呂付きです。その中でも一番人気と言われるスイートの「山吹」(2名\57,200)に宿泊できました*^-^* 

瀬戸内倉敷で育った私にとって、カニを食べに行くというのは遠いし、大変だし…って事で以前は特別「カニが好き!」って程でもなかった。

お料理は最初のチェックインの際に「和か洋」を選べます。私が頼んだのは「和」。和食だけどなんだか新鮮なこの感じ!!!

塩釜は、全国的にも有名な「赤穂の塩」使用だそうで^^この地域だからこそこのメニューが映えますね〜。塩釜で焼いたお肉は保温力が抜群です!

ま〜実際行ってみてほんとにほんとに良かったです。一位の訳が分かりすぎるほどよく分かりました。究極の癒し宿、という感じ・・・。

この旅館で面白いのは部屋に入るとぞうりが置いてあり、自分でマジックで名前を書きます。清潔だし、これで大浴場などで間違わなくなりますよね。

最終的にはお腹もいっぱいになりましたけど・・・ もう少し、量があってもいいかな?って気もしました! こんなもんかな?味はとっても、美味しかったですよ〜

廊下を渡って、別の建物に入ると、すっかりそこは静かな大人の宿って感じ。フロントとか、部屋のつくりは、伊豆のあせび野そっくり。なんだけど、料理がかなりいいです。

お風呂へ行く途中の館内ですが、まるで武家屋敷の間を歩いている感じです。部屋の中です。落ち着きます。しかし、広いです!各部屋からは外が見えます。しかもお風呂付。

大阪から2時間弱。料理が旅館と思えないほど美味しい。従業員の接客は完璧。細部にまで心使いが伺える。・・・の割にはリーズナブル・・・etc etc

ここのエグゼクティブフロア!! 普通の旅館と違う とりあえず、セルフサービス・・・・これは、プライベートを邪魔しないための旅館の心遣いらしい

部屋に露天風呂がついているがあまりの暑さに入る気にもなれない、ヘタレ夫婦。部屋でうだうだと過ごし、楽しみにしていた夕食へ。

なんかプライバシー重視みたいで、スタッフさんは呼ばれない限り部屋には来ないそうです。当然布団の上げ下ろしをしなくていいようにベッドです。

一番楽しみにしていたのは、香住から届いたカ二。炭焼きで頂きました(量は写真の5倍ほどありました)。カニの甘みがたっぷり。

どのお部屋もお部屋に温泉の露天風呂&シャワールーム、洗い場がついています。まったく同じ作りのお部屋はないそうです。スイーツの露天風呂も部屋によって違うようです。

ベランダ(テラス)は、ウッドチェアと露天風呂♪洗い場等は中にあります。寄り道したふく蔵さんで購入した日本酒スパークリングを開封して、露天風呂〜。もー最高です☆

お食事でございますが・・ これはお部屋とは別のお食事処に参ります〜! 全室個室・・ 静かな庭に面した食事処は・・これまた素敵な場所でございました〜!

今回は、ゆかたプランコースです ゆかたは、各自選ぶことができます。着付けの説明書も付いてるので、着慣れない方にも、安心です(女性のみ)

部屋の寝室窓から見える景色、最高〜〜。ベランダ?には露天風呂(源泉かけ流し)と座り心地が意外にいいウッドチェア。この季節にはたまりませんな〜。

帰り際「にぎりめし」を手渡された。おこげがはいった白飯を握ったもの。塩加減がなんともいえない。美味しい。改めてお米の味をかみ締めた。

全室、露天風呂付きの部屋です。食事は期待以上に美味しかったです!これはヒット!「お刺身のみぞれ和え」

ここにはレコードが大量に用意されていたんですCDジャンルは問わず!私達が興味持ったのは・・・やっぱり懐かしいレコード達!時代が分かりそうな

とっても高級感のある旅館でした〜、チェックイン時に出たのはこちらの「柚子手毬」という柚子餡入りの和菓子と甘酒(←疲れた体にしみ渡る温かさと甘み)。

食事はダイニング和香葉(わかば)に移動していただきます。個室のテーブル席になってました。食前酒は壷坂酒造にごり酒のソーダ割り。ソーダで割るとすっきり飲めますね。

この旅館、豪華絢爛な高級旅館の風情はない。でも、スタッフ一人一人の心のこもった接客が心を和ませる。帰りには握ったおにぎりをもたせてくれた。

大型旅館の別館になりますが里山の中の静かなお宿 朝ごはんの後もゴロゴロできるベッドタイプはありがたい 小さいけど部屋の露天風呂からの自然いっぱいの眺めは最高

枕は 5通りくらいに 折ったり丸めたりできる『こだわり』の枕。試しに寝てみたら適当な高さだったから そのまま使用。遊んでみたら ヨカッタかな?

まず器のセンスがとてもいい。はっきりいって仲居さんをいじめているとしか思えないような、大きな器や食器が多用されており、視覚的に料理を味あわさせてくれる。

大きなホテルの離れみたいな感じで(別館っぽい?)全室こじんまりとした露天風呂付き。ものっすごい居心地のいいところでした。ごはんも美味しかったー。

お部屋に檜の露天風呂もあります!部屋のテラスからの風景!山々に囲まれていて、畑もあります!その畑で採れた野菜をいただくんですが、美味しい!

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:夢乃井庵〔兵庫県〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

楽しみにしていた外の景色がみえるバスルーム!ここには、椅子と、洗面器がおかれていました。便利だわー。本当にくつろげるお風呂ですヨ。

バスルーム〜かなり広い〜 ちょっとしたビジホの部屋くらいの広さですww ジャグジー仕様〜窓からは瀬戸内海が見えます〜 アメニティはオクシタンでした〜

泊まったのは「ウェスティンホテル淡路」淡路島にはたくさんのホテルや民宿がありますが一度泊まってみたかったココが今回の旅行の目的でした

スイートタイプの部屋はV字の下先端になるように思います。V字の右側が公園側、左側が山側(?)ですが、当然、公園側の方が眺めは良いように思います。

兵庫県淡路市夢舞台にある『ウェスティンホテル淡路』その2です。前回の記事(写真)では西側(国際会議場側)の部屋からの景色を中心としたものでしたが、

同じフロントロビーに、こ〜んな可愛いお花の椅子とテーブルがあって、そこから淡路島の海までの景色がよ〜く見えるんです。

バスルーム。海と明石海峡公園を見下ろしながら入れるジャグジーは最高。しかもバステレビつき。バスタイムは何とも至極な時間だった。

ベッドルームです。ウエスティンホテル淡路では全室ヘブンリーベッドが使われているそうですが、このベッドは妻

赤・白を 基調した お部屋と コンクリートのクラッシックな 空間。プライベートで ゆっくり満喫したいです。 ここのベッド 快眠重視し 40万以上もするらしい・・

洗面台の手前に、セイフティボックス。タオルは、厚手でふかふかです。バス・トイレは独立していて洗い場もゆったりいています。

かなり私好みでハマったホテルの部屋のひとつです寝具はヘブンリーベッドというもので寝心地が期待されましたが私には少々固めだったかな。

朝食のルームサービスでも使われていたけれども、ウェスティン淡路の食器は全てこのシリーズだった!とても、かわいい〜!

とりあえず、ヘブンリーベッドの寝心地ですが、熟睡できました。枕が替わると眠れないほうなので、ちょっと驚きかも。いたづらに沈み込まないのがいいですね。

ブルー?グリーン?のガラス天板なんですが、使っていて水しぶきなどが飛んでもあんまり汚らしく?感じなくて、いいなぁと思いました。

お部屋はデラックスルームツイン(42平米)で明るくてとっても綺麗なお部屋でした。ベットがヘブンリーベットで、これがとっても良かったです。

お部屋に入るとリゾートホテルらしいアメニティセット 4階のお部屋でした (10階建てです) 海 水平線が見えます  お天気が良かったら青い海。。。

一番気に入ったのはこれ お花の形をしたこの赤い椅子  ぱっと見 オブジェにも見えるから座ってもいいのかなぁ なんて思っちゃいました

このホテルは気分を開放的にしてくれるからお気に入り ベランダやバスルームからの眺めが特にGOOD お気に入りのビューバス アメニティがロクシタンに変更

コスモスなどが咲きほころぶ『百段苑』がホテルを引立ててます。ディナーは淡路牛のステーキ柔らかくてシンプルな味で美味しかったわ☆もちろん完食!

バルコニーには、テーブル・イスもありますので、遅めのブランチ、あるいは 黄昏時のカクテルなど、いかがでしょう〜♪想像力しだいでは、優雅なリゾートを 満喫できます!

お年玉付き(館内利用券)デラックスツインプラン。広いバスルーム。バスタブも独立してて設備も完璧 これが噂のヘヴンリーベッドね。快適パジャマ付き。

アメニティは、westinオリジナルの「white tea aloe」シリーズで、バスルームも、シャワーブースと一体にはなっているものの、清潔感がありました。

ホテル横、夢舞台のスカイ庭園 さすが安藤忠雄さんの作品 広々とした空間の中にひっそりと佇む造形的な建物。空中庭園という言葉がぴいたりな素敵な空間でした。

サッカーのワールドカップの時にあのベッカムが泊まったことで有名なホテルです。ホテルにはイングランドチームのサインやベッカムの写真などが飾っていました。

チェックインもお部屋でという至れり尽くせり(^^)寝室からは海が見えます。今回はダブルベッドルームでした。インテリアカラーがとってもカワイイです。

ベッドは「ヘブンリーベッド」。今回の旅、楽しみの一つです。むちゃくちゃフワフワとかではないのですが、寝心地はとっても良かったです〜(欲しいです〜)。

予約の際に、できれば高い階が良いですと伝えておいたので、眺めサイコーv 海の向こうにうっすらと島が見えまーす。

宿泊ホテルは、ウェスティンホテル淡路。2002年のワールドカップの時、イングランド代表が宿泊したらしく、広くてお洒落なホテルでした☆

ベッドはもちろん、ヘブンリー。フィット感がとてもよいです。開放感のあるバスルームもリゾート感たっぷり。久しぶりにのんびり出来ました。また行きたいなあ。

スイスの女性デザイナーが手掛けた室内は、カワイイ感じだよぉ〜。貝をモチーフにしたオブジェも飾ってあるよんっっ。

淡路島と言えばなんと言っても玉ねぎです。そのままオーブンで焼いたものが、とても甘くて美味しかったっす。

思ったよりマットは固めだが、しっかりと身体がホールドされて、腰の悪いうちの旦那もいい感じと絶賛していた。

まず、フロントがいきなりまっ金金です。さらにエレベーターの扉もまっ金金です。客室のフロアーへ参りますと、エレベーターの扉はピンクです。

ヘヴンリーベットやアメニティがロクシタンだという事は、事前のHPチェックで調査済み(笑)でも、やっぱり嬉しい〜

ジュニアスイートを予約してたのだけど、エグゼクティブスイートにアップグレードされましたぁ〜♪アメニティグッズはロクシタンです☆独りでもったいない(笑)!!

今回は、ふぐ鍋 コースつきの1泊2食のプランで予約。デラックス(42屐砲里部屋のはずが、なんと、お値段そのままでワンランクアップしてもらえました

街から近いのにリゾート感があります。ホテルの部屋から眺める大阪湾の風景は素晴らしい。神戸と大阪の街が一望できます。遠くには関空の管制塔らしき建物も・・。

イングランド代表選手が泊まったことで有名です。代表選手がサインを寄せ書きした、大きなイングランド代表のユニフォームのレプリカが飾ってありました。

温泉はホテルについてはいないのだが、フロントで予約することで近くの温泉「松帆の湯」に送迎してもらえます。無料でタオルセットもバス乗車時にもらえるので便利でした。

ウェステインのヘブンリーベッドは、寝心地がとっても良くて、目覚めもすっきり それに、リゾート感たっぷりのお部屋です

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「有馬温泉 欽山〔兵庫県〕 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

やはり宿代を考えると、見た目もお味も、もう少しサプライズがあってもよかったかなぁ・・・・・というのが正直な感想ですね。さらなる”進化”を期待したいしたい宿です。

さて、お楽しみの食事ですが・・・メニューにも、我が家の名前が入っていてお肉のダメなわたし用の別メニューも印刷されていてこれまた、至れり尽せり

お部屋は竹葉という名前で他にも貴船など和風のネーミングがありました 室内ではお茶の御香が焚かれていてとっても良い香りがしていました

欽山は夏休み、冬休み期間以外はお子様お断りなので静かに過ごせるから良いのですが、お値段が...高いんです。その割りにお料理は...だし。

有馬温泉に来ています。宿は欽山 緑が鮮やかで空気も美味しいです。4Fの部屋から 望みますと屋上?を利用して小さな 石庭が施してありました。

ロビーからは景色もよくて気持ちがよかったです。お部屋はこんな感じ。。。有馬はとっても近くて温泉に来たっていう感じがあまりしません。。。

仲居さんも行き届いているし 本当に 満足いくお宿です。毎年いくわけにはいかないけど(予算の関係上) 何かの記念のときには行きたいです

ここの若女将はいつも白っぽいお着物で、ときどき25ansとかに載ってる。実はこの時、産後2、3ヶ月だったらしいんだけど、誌面と変わらない美人っぷり。尊敬〜!!

このお宿は高台にあるので、窓からは有馬の街が見渡せます。雨で煙る風景も風情があって素敵でした。

還暦のお祝いだからと旅館に告げるとサービスがあるよと、加賀屋での事を幹事さんに伝えると、交渉して下さって写真のサービスをしてくださる事に。

それに、従業員の対応もとても丁寧です。お客さんと顔を合わすと、いちいち立ち止まって、会釈をします。徹底しています。とても気持ちのいい対応です。

温泉の楽しみと言えば、お風呂とお食事 前八寸 とくに美味しかったのが、さくらんぼチーズと叩きオクラ

旅館の料理って 量はすごいけど中には「これいらん・・」というのもあったりするのですがこちらのお料理はおいしくて満足でした

そして・・・「山陰のかに」・・・この時期はじめてだったのでこんな素敵な、かに様にお会いでき感動です。パサパサせず、とっても水々しく、ほんのり甘い!

宿は「欽山」。早速湯に入ってくる。気持ちいい湯だった。自分の泉質の好みでは有馬>>>草津。ただの水がビックリするくらい美味しかったし。食も西日本にあり。

結構みなさんエステって行ってるのね・・・。この旅館には「CARITA」っていうブランド(?)のエステが併設されていて、宿泊者は割安で受けることができました

欽山は初めての宿泊なので楽しみ。部屋は広々、眺めも良く、風も心ばかし爽やかな感じ。そーいえば、吉和も市内に比べると涼しかったなー。

鱧のおだし風味ゼリー寄せ、鱧の湯びきとすずきのお刺身、稚鮎の塩焼き、黒毛和牛と夏野菜の陶板焼き、ゆずシャーベットなどなど。どれも美味しかったです。

上品で手の込んだお料理をいただきました。松茸の土瓶蒸しも出たし大根の下にはフォアグラが敷いてあって、和食で フォアグラを食べたのは初めてでした!

お風呂もとても綺麗、木地目も美しい真新しい桶、温泉は赤みのあるチョット濁った金泉、透き通った銀泉、露天風呂にも満足でした。夕食もどれも美味しく充分満足しました。

「欽山」という旅館のこの部屋でした。館内、すごく静か。あとから知ったけど、一定期間をのぞいて、小学生以下の子供はお断りの宿なんだそうだ。

とってもなごやかでお家みたいにリラックスできました!今回は「ハモしゃぶ懐石」をいただいて大満足でした♪ 料理長しか触れないっていうココのハモは絶品!

従業員さんも若い人が多く対応も親切で丁寧でした。チェックインは三時にしてまずは温泉 有馬特有の金泉に浸かり日頃の疲れが癒やされる 上がって軽く一杯

夕食はこんな感じ ↑これは『はまぐりしんじょ」 ↑牛肉の蒸篭蒸し 他にもたくさんあって、おなかいっぱい!

普通泊まっている宿より、一人当たり単価が1万円以上高かったです。でも料理は何を食べてもおいしいし、サービスも至れり尽くせりで、高級旅館も良いものだと思いました。

そしてお楽しみの夕食。ふぐとかにの競演!というプランだけあって豪華!! おいしい夕食と素敵なひと時を過ごさせていただきました。

名湯を楽しんだ後はやっぱりエステ♪欽山では世界を代表するCARITAのエステを受けることができますよ。

朝ご飯も、全部がおいしくて、普段ならこんなに食べられないってくらい食べました。干物とのりを炭火であぶって食べられるという素敵な演出。

部屋は12畳で6畳の次の間付き。2人では十分な広さです。これで一番スタンダードになると思います。床の間と押し入れ(クローゼット)があって、ふつ〜の和室です。

お部屋や廊下に焚かれていたのがこの茶香炉 香ばしいお茶のいい香りが立ち込めていてかなりリラックス〜 お香の代わりにお茶を焚く。うちでもやってみようかな

確かに良いお宿です。「まぁしゃーないか あの料金で泊まってるし」 的な、いつもの "しゃーないか " のあきらめ感覚をもたずに 居られるところです。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:有馬温泉 欽山〔兵庫県〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:23

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 17:12:23

「ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お部屋からの眺めはオーシャンビューで鳴門大橋が見えます。ブルガリのアメニティーグッズが置かれていました。ブルガリの香りが好きなので、嬉しい限りです。

本館は2階建ての建物で横長く、全室シーサイドビューのベランダ付で、部屋も広く、お風呂は温泉ではないが、広めの独立した室内風呂があり、のんびりくつろげるホテルだ。

ちょっと感動したのは水回りが特に洗練されていたこと。rasslandなどお洒落な輸入メーカーのものが使われています。

ヴィラの中はツインベッドルームが2部屋それぞれに浴室・トイレがついてるから超便利!ベッドルームの間にリビングルームがありました

デザートは可愛らしく一口サイズ。女性は喜びそうですね^^デザートだけ、テラスで〜って言うのも良い感じ。海が見えて綺麗なお庭とテラスでしたよ。

夕食はカドー・ドゥ・ラ・メールというホテル併設レストラン。どの料理も淡路産の野菜や牛肉をふんだんに使い、素材の旨みを十分に生かした調理は絶品でした。

そのあとはsweetsのオンパレード ぶどうのコンポート 鳴門金時(サツマイモね)をつかったモンブラン 〆はワゴンに乗ったケーキとアイスから選び放題!!

朝もゆっくり起きてベッドで本を読んだりおいしいご飯を食べたり少しだけ、お散歩したりするのには断然アナガがお勧めです。

客の前での謙虚で恥ずかし気な立ち振る舞いとは正反対に、ラ・ベカスでいただく一皿一皿には 渋谷さんの美意識がこれでもか!と言わんばかりに溢れ出ている。

日本料理「阿那賀」さんでのお節を頂きます。やっぱりお正月は朝からお酒〜♪ちゃんとお屠蘇で頂きます・・・朝食なので、簡単だけど一通りのお節です・・・

淡路島の南端に位置するため、部屋の窓から鳴門大橋が近くに見え、その割に車どおりも少なく、隠れ家的なムードがあるんです。部屋からの眺め。鳴門海峡大橋が美しい

サロン リゾートっぽい。ベッドルーム かわいらしいお部屋でした。アメニティーグッズが豊富なので女性は嬉しいはず。

今回泊まったのは上にあるコテージのヴィラ。本館もきれいだが、こちらのほうが雰囲気が外国っぽく非日常をたのしめて、いいかんじ。景色もステキだしね。

日本では、ほとんど知られていませんが、このホテルはERLAIS & CHATEAUX(ルレ・エ・シャトー)の会員なのです。

目の前には写真を見てもらうとわかると思うけど鳴門海峡が見えます☆静かで素敵なリゾートホテルです。宿泊したのはホテルの部屋ではなく離れにあるヴィラに泊りました☆

カドー・ドゥ・ラ・メールで朝食。噂に名高い、エッグ・ベネディクトをいただきました。朝からパンチのある一皿でGOOD、ただし量が少なくもっと食べたい。

以前から一度食べてみたかった エッグ・ベネディクト があったので、それにしました。エッグ・ベネディクト 日本のホテルでメニューにあるところは 少ないです。

チェックインまで1時間あるし、と思っていたら、すぐにチェックインできまして、いい感じ。お部屋にはブルガリのアメニティ。ワクワクのホリデーのはじまりはじまりです。

ホテル中央部にはプールが御座いまして、その中心にはバーが有ります。夏の夜でしたら、このバーを使いたかったですね。

今回は07年にリニューアルされたお部屋に宿泊。庭に面したバルコニーは広くて、景色最高です もっと気温が高ければ本当に気持ちよく過ごせそうな素敵なお部屋でした

さあ〜 メインの鱧すきですよ〜!! こちらではちゃんと1匹 捌いてきてくれるので、頭から内臓まで全て、出してくれます。鱧すきはこれがないとできない鍋なのよ〜

洗面所は結構広いよーん。左側におトイレ、右側にお風呂だす。小さいけどバルコニーにはテーブルと椅子が二つ。天気がいいとすっごく気持ちいいよ

こちらのホテルは部屋に時計がありません。実にのんびり過ごせます。ホテルの方々のサービスも良く、心地良い時間を過ごしました。

「新しい美しさ」は ございませんが、リゾート地としての落ち着いた感じ。オトナな雰囲気のお部屋でした。アナガのお料理は、洋食と和食です。

アジアンリゾートっぽい作り。。雑誌でみて、憧れていました。ヴィラもあるのですね^^ もちろんオーシャンview。 お部屋も素敵です♪

お部屋からな大鳴門橋が見えますよ お天気がよければ、なぁ お料理も美味しいホテルなので夕食も朝食も楽しみッス

柔らかくてあま〜い神戸牛が。心憎い趣向です!ガル〜!大好物の鮑がワカメの絨毯に乗って登場です!!?やわらか〜い?赤だしのお味噌汁とたこ飯が、これまた合います!

淡路島の南端にある ホテルアナガ(→☆ )まで行ってきました。ラウンジでいただいた アナガプリン。1日5食限定との事。美味しかったです。

部屋の窓から海が一望できます。鳴門大橋も手に取るように‥‥この海を見ながらのワインは最高です。アメニティーグッズのロクシタンのセットには妻が大喜びです。

今回お世話になった「ホテルアナガ」さんは、この2点がバッチリでした。さすが、ルレ・エ・シャトーに登録されているだけあるなと思いました。

泊ったお部屋はリニューアル後のモダンで清潔なお部屋。鳴門大橋を一望できるサンデッキ、スパ使用のシャワー&バス、フリーのカプチーノマシーン♥

写り悪いけど、一番奥のが海です。鳴門大橋は右側に綺麗に見えました。お部屋はグレー&木目調で癒し系のお部屋です。

冬のアナガは初めて 朝ごはんは、いつもは洋食ですが、和食にしてみたよ お部屋からは瀬戸大橋が一望できます ちなみにアメニティはロクシタンだよ

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ホテルアナガ〔兵庫県〕 |更新日時:2007-12-26 17:12:23

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>