この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-11 16:12:11

「金比羅宮〔香川県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ところが考えが甘かった。『こんぴらさん』の愛称で知られるここ金比羅宮は本宮までの石段が785段。途中で引き返そうかと何度、思ったことか。

やっと着いた御本宮。ここまで785段。すっごくいい眺め。琴平町の町並が一望!形の綺麗な讃岐富士。その向こうには瀬戸大橋が。

奥の院まで1368段 完徹の2日目、頭はトリップ、体は妙に軽い 600段辺りから完全にランナーズハイ いくら登っても足に来ない

石段で足先が冷たくなりつつも、どうにか本宮へ辿り着きました!本宮のあるところから見える景色です。讃岐富士が大変美しく見えますね。

金比羅さんというと縁があるのが「犬」。明治時代以前、関東地方から金比羅宮に参拝に来れない人々が、飼い犬を身代わりによこしたのだそう。

参道沿いにお土産屋さんが並んでいて、無料で杖を貸してくれます(^^)お店が貸してあげるかわりに、そう、帰りにお土産買ってねみたいな(^^)しかし、階段はきつい。

そうこうしているときにようやく金比羅宮の入り口に到着。階段が延々と続く道へひた進みます。この通りにもお店がたくさんあり、その中に有名なうどん学校もあります。

今年の初仕事!琴平の金比羅宮へ初詣6時ごろ到着かなりの雪が降ってましたまずは参道の店で毛糸の帽子を買って、 本殿まで30分ぐらいで着きました

1368段の階段を必死こいて登り、なんとか本堂まで行くことができました 上にはこんなカワイイおみくじありました (背中におみくじが入ってます)

金比羅宮は海の神社らしく、船やプロペラの展示があり、何と大漁祈願のお守りなどもありました。僕も今年の大漁とアルミボートの安全祈願!をしておきました。

書院が公開され円山応挙さん、伊藤若冲さんの障壁画を見ました。優美でハイカラな若冲さんの作品は大好き。

金比羅宮へこの旅行の目的を果たす。石段を登り奥宮まで行きたかったが、本殿でお参りする。石段は非常によいトレーニングだった。

金比羅山を登って本殿に行くには、1,368段の階段を登らなければ行けません!!(>_<;)登って降りてきたら、足がガクガクして、足が笑います!(^▽^;)

結構、標高高くなります。ところが、駐車場は平地…ということは???すんげぇ段数の石段を歩いて登っていかなきゃいかんのです

最初は1368段上った「奥社」まで登る予定であったが、暑さと義母の体力を考え、785段の本宮まで登ることとした。

カテゴリ:香川県:スポット|テーマ:金比羅宮〔香川県〕|更新日時:2007-12-11 16:12:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-11 16:12:11

「小豆島〔香川県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お目当ての小豆島にある寒霞渓のロープウェイは待ち時間40分 乗る時間はたったの5分でしたよーー U~ 楽しかった (≧∇≦)♪

行ってきました!小豆島。お天気も良かったし、一番行ってみたかったエンジェルロードも、ちょうどいい具合に潮が引いていて最高でした。

小豆島にはたくさんの珍しいソフトクリームがあるんだけど、そうそうココに来たのは、小豆島名物の一つ『しょうゆソフトクリーム』を食べてみたかったから…

日本のオリーブ発祥の地である小豆島はオリーブの原産地との交流を深めるため、ギリシアのエーゲ海に浮かんでいるミロス島と姉妹都市となっています。

この記念館、入場料が210円なんだけど、もれなく小さいしょうゆがついてくるの なんか凄いお得な記念館でした

結構「しょうゆソフト」「佃煮ソフト」はヤバイ?って思ってたけど結構おいしいの。食べた後ほんのりしょうゆや佃煮の味なのよね〜

瀬戸内海のフェリーの楽しさを教えて貰いました。やはり、高松・小豆島は、船オタにとっては「フェリー銀座」だと実感しました…。

そして早速向かったのが、寒霞渓というところ。山頂からは瀬戸内海の雄大な景色を見ることができます。日本三大渓谷美の一つにもなっている絶景の場所です。

待ちに待った小豆島に上陸〜♪ 義父母が一度来たことがあるという話だったので、ナビを任せることにし、まずはお猿の国へ向かいました。

『二十四の瞳』の舞台となった岬の分教場(初期の小学校)へも行ってきました。小さな木の学校には優しい日の光が入り時間が止まったよう。とっても素敵でした。

まずはオリーブ園見学。いろんな種類の鳥が見られた。天気はよくて小一時間ほど園内を散策。珍しい形の風車を見つけた。あんな小さな帆で果たして風車は回るのだろうか?

山にはウヨウヨと猿さるサル。こっちが檻に入って餌をあげる。子供達は最初は怖がっていたが、だんだん慣れて小さいサルを狙って餌をあげるが母猿やボス猿に9割取られる。

正面に小豆島が大きく見えるようになりました(写真ァ法なんだ、これは、不思議な巨大ピラミッドかと思うような光景が広がっています(写真Α法

そして、そこから少し車を走らせると「二十四の瞳映画村」があります。こちらは文字通り、映画撮影時のセット等が展示されております。

的の輪に向かってかわらを投げました。かわらは風に乗ってめちゃくちゃ遠くまで飛びました。展望台には、観光客がめちゃくちゃいました。

エンジェルロード と呼ばれているところ。この島は、普段は海に浮かぶ3つの島なんだけど、1日2回の引き潮になると島を結ぶ道が現れて歩いて渡れるようになるんです。

カテゴリ:香川県:スポット|テーマ:小豆島〔香川県〕|更新日時:2007-12-11 16:12:11

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>