この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:59

「河口湖〔山梨県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

河口湖の花火のポイントにお詳しくて、私が「これこれどういう感じで撮れる場所に行きたいんです」と言ったら「う〜ん、場所は判るんだけど説明するの難しいなぁ。

富士山と河口湖とラベンダーを全部見られるし、観光バスが入ってこないから結構すいてる♪現地の農産物や、ラベンダーブルーベリーなども販売しているのをみるのも楽しい。

これが私たちがのった船「アンソレイユ号」名前の由来が気になったので調べてると、フランス語で「陽当り良好!」だとか

東名高速を走っているとキレイな富士山が見えてきました〜? 雲も霞もない、澄み渡った秋晴れ。 紅葉日和ですな!(^0^)

今年はこの通称”くじゃく”去年よりでかい!!初めて見た時は失敗!?不発!?なんて思いましたけどこうゆう花火なんです。

今のシーズンの富士山は見た事がなくとても綺麗でした。雄大で雪がかかっていて・・午後になると雲がなくなり富士山の雪に太陽の光が反射してキラキラ輝いていました。

クースクースさんを10時にチェックアウトしてから、のんびり湖一周のドライブ。まず、近所にあった少々派手な建物「宝石の森 」に立ち寄ってみました。

富士山の雪化粧が、薄化粧だったので、ちょっとさみしいなぁ…なんて思いつつも、とってもステキでした♪

河口湖の観光、2日目です。1枚目、遊覧船に乗ってぐるっと景色を眺めました。湖きれいでした。2、3枚目、かちかち山ロープウエイで山上の景色を眺めました。

そして、後ろを向くと富士の霊峰。今ひとつ中途半端にいい天気だったんであれですが、富士山の壮大さを肌で感じ取れしばらく口ぽかんと眺めてましたよ。寒かったけどさ。

河口湖 冬花火湖上の舞に行ってきたw冬に花火なんて寒ーーーーって感じだけど空気が澄んでてめちゃキレイに見えるw

河口湖の駐車場の脇にかっぱがいました!駐車場の横には「石ころ館」がありました。様々な石やアクセサリーが売られていたり、お茶も出来ます。

このまま帰るのも寂しかったので河口湖に行ってきました。こちらは『光のファンタジア(PC)』開催中で、イルミネーションを見ることができました。

こうちゃんと河口湖へ紅葉狩りに行ってきました ちょうど河口湖紅葉まつりの最終日。 紅葉は見ごろでとってもきれいでした〜

到着した時の駅の気温は5.6℃。天気予報は雨。なんかやーな予感がしたんですよね。そしたら、案の定降ってきました。雪。

カテゴリ:山梨県:スポット|テーマ:河口湖〔山梨県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:59

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:59

「富士山〔山梨県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

15:22 須走口、吉田口頂上 この日はまだ山開きしたばかりで登山客も少ない中で、日本人より外国人の登山客を見かけるほうが多かった。

皆さん〜〜富士山に行って来ました〜〜。今日はですね、目的があっての登山です。以前、富士宮口八合目医療救急施設の床が誰かさんが燃やしてしまいました。

富士山は『登らぬバカ、二度登るバカ』と言います。 なんと、二度登っちゃったんです〜〜。。 一昨年、富士宮口から、そして今年は吉田口から登りました〜。

電通は毎年、新入社員を含めて500人くらいで富士山の清掃や傷ついた鳥居の修復、須走り登山口から小御岳神社までの山道の改修工事をやりました。素晴らしい会社ですよ。

料金所を出ると正面に富士山。車の姿は当然なく、さえぎるものはない。料金所手前よりは少しきつくなった勾配の坂を登り始める。誰もいないって気持ちいいぞ〜。

富士山、登ってきました。はっきし言って、やられました!!あっしは富士山で死にました。山をなめちゃいかん!!

例年のように今年も初日の出を撮りに出かけました。今年は 雪もなく穏やかな天気ですので、怖い思いもせずに行くことができました。

昨日、富士山より無事帰ってきました。今回は天気は申し分のない最高の天気に恵まれ山頂でもほとんど風もなく剣ヶ峰に全員無事登ることが出来ました。

2日間かけて登った富士山をなんと約4時間かけて下山します!帰りは、砂利道が続くそうです。 この時、初めて山登りの下山の大変さを気づきました^_^;

八合目をすぎると、急に様子が変わる富士山にびっくりします。地面が赤茶というか、真っ赤なんです。

本宮浅間神社 徳川家康が造営し二重の楼閣造の構造は他になく大変珍しく重要文化財になっています。神社の脇に富士山御霊水の汲み場があります。

さて、いよいよ帰り道。<馬の背>という尾根の部分を降りてゆく。そして、次の私の目的、郵便局で<登山証明書>をもらってくること。

5合目から7合目までは、 実は、馬や馬車で移動することができます 少々高いけれど、 一生の記念に、いいかもしれない・・・

ご来光。ううむ、朝日がマブシイ。綺麗だ・・。ここは日本か、と思われるほど澄んだ空気で驚く。とはいえ、日差しがキツイ。日焼け止めを塗った方が良さそうだ。

御殿場や河口湖は雲に覆われたお天気でしたが三合目辺り雲を抜けたあと、黄色の落葉松林の向こうに冠雪の富士山が姿をあらわしました。

出迎えてくれたのは、鹿さん達〜〜 この鹿は首をシンクロさせて不思議でした 鹿って神々しい動物ですね・・・ それから、この巨木・・・すごい迫力です!!

登りはじめて  8時間くらい・・・ 通常こんなにはかからないですが・・ 友達が くたばったのと  9合目でのご来光で・・・

まず富士スバルラインをドライブして富士山5合目へ。到着するとまずそこにある売店でのお買い物。↓そこで見つけたのがコレです。「富士山の空気」という代物。

カテゴリ:山梨県:スポット|テーマ:富士山〔山梨県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:59

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:59

「昇仙峡〔山梨県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

3時間近いハイキング…けっこう大変でしたが、是非車を下にとめて全部歩ききってほしいと思います。山は、頂点にいくまでの過程が面白い☆ これにつきます(笑)

この奇岩は、覚円峰と呼ばれるもので、昇仙峡の名所です(写真?)。折からの雨に煙り雲がかかり、まるで水墨画の世界です(写真?)。

花崗岩が風化水食をうけてできたもので、急峻で直立約180メートルあり、この峡谷中奇勝の最たるものです。

能泉から仙娥滝までは徒歩でハイキングしながら往復する。覚円峰と仙娥滝は見応え充分、名残の紅葉も堪能することが出来た。

ガンガン階段を下って来ています。さらに下って来て行きます。 すると… 目の前には、大迫力の滝が♪ 雨の影響もありもの凄い水量ですよ。

渓谷沿いを歩いていて思ったのが、異様にでかい岩がごろごろしてること今までこんな大きな岩がごろごろしている渓谷はほとんどみた記憶がありません

道がなだらかな上りのせいか、あっという間に足に疲れが出てきた。朝食をとらずに出てきてしまったため、早くも休憩したい病が・・・

巨大な花崗岩に囲まれた「石門」。石の上の石が寄り添って乗ってるだけ。。しかも先っぽがわずかに離れてて。。

ここは世界的な影絵の巨匠といわれる藤城清治(ふじしろせいじ)さんの作品が展示されています。影絵に近づいてみるといかに細かい作業なのかが分かります。

ロープウェイに乗り山頂を堪能したあと、遊歩道を散策。平日にも関わらず、人出はそれなりに多く、休日だったら写真を撮りながら悠長に歩いている場合ではなかったかもね〜

この景色を見たいが為に・・・・1時間もアタイ達を歩かせた父様 ココを登ったのだ お馬さんに乗りたいなぁ〜 ほら・・・ 楽しそうだよ

仙娥滝 高さ30mあるそうです。遊歩道のコースの中では一番の撮影スポットになっていて、四六時中たくさんの人が群がってました。

ちょっと、遅くなりましたが11月中旬に ちょっと仕事の合間に・・・ そろそろ紅葉かなと思い、昇仙峡に足を運びました。

羅漢寺橋を渡ったところに五百羅漢のある羅漢寺がポツリと建っていると昇仙峡マップに載っていたのでそれを拝んで引き返すつもりでした。

カテゴリ:山梨県:スポット|テーマ:昇仙峡〔山梨県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:59

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>