この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-14 19:12:11

「湯原温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

体が冷えたので宿のお風呂で温まって眠りにつきました。宿のお風呂は貸切風呂と暖簾を入れ替えて男女交代制の岩風呂大浴場があり源泉掛け流しです。

今回お世話になった宿は↓↓↓(松の屋 花泉)もぉ〜我慢できん!!早速、温泉へGO〜ε=ε=┏( ・_・)┛  やっぱり大きいお風呂は最高〜〜〜♪♪

きのうから社員旅行で岡山県の湯原温泉に行って来ました。湯原温泉といえば温泉番付で西の横綱に番付されるほどの温泉です。

熱さの順番は「美人の湯(水みたい)」「子宝の湯(ぬるい)」「長寿の湯(普通)」で、冬の寒い中入る風呂としては、全然暖まらないので長時間入らなければならない。

旅館は、お風呂が充実してて、昼間でもありほとんど貸しきり状態で、のんびりできました。お肌もつるっつるになりました。ここ湯原温泉は42度の温泉が湧いているとか。

久しぶりの砂湯は気温が低い為なのか?ぬるま湯気味。長時間入るには丁度良い感じです。

旅館【八景】の部屋から正面に見える砂湯この寒さでも入湯している人は結構いますね私も男だったら入るかな?(笑)

こちらの露天風呂は無料にも関わらず、とても綺麗に整備されていて、とても気持ち良く入ることができました。

白いもやは温泉の湯気と川にかかる霧。 夕方には向かいの旅館が軒並み明かりをつけ始めるのですごくムードがあります。

?宿泊した旅館の露天風呂 山の谷間からの風が心地いい。貸切風呂みたいにずっ〜と浸かっていた。?宿泊した旅館の内風呂。檜を浮かばせてあって気持ちが落ち着く。

入浴中は源泉を流しっぱなします。そして入浴後はお湯の抜き 入る都度 新しくお湯を入れ直すのです。贅沢な温泉です。浴槽も深く 二人でゆっくり入れました。

湯原温泉は無料露天風呂!!良い風呂〜お勧めです!!真ん前がホテルで丸見えです^^気合い入れて入ってください(笑)

湯船は石とコンクリで造られたものが3つ。それぞれ湯温が違います。一番熱いのだけ屋根付。底は砂利というか小石が敷き詰められていて、湯が自然噴出しています。

両親の還暦祝いで湯原温泉にいってきました。宿泊先は”輝乃湯”という旅館です。

美作3湯の一つ「湯原温泉」河原の露天風呂の「砂の湯」が有名な所だ。宿泊先はその湯から一番近い宿で「かじか荘」という一番高くて1万2千円のところだ。

浴感はツル、キュッとした感じ。温度がちょうど良すぎてウトウトと眠くなってしまいます。これはとても心地よいですよ。

久しぶりの湯原温泉の無料露天風呂 砂湯 だ。 3つの湯船がある。 美人の湯、子宝の湯、長寿の湯だ。 それぞれ温度が違う。

『砂湯』に行ってきました。無料の混浴露天風呂なのだ。朝6時半に到着したが、すでに地元の人や湯原温泉に宿泊している人でいっぱいだった。

温泉は、ヌルヌルする感じで、美人の湯に近い泉質かと思いました。宿の人も親切で、食事も美味しく、寛げる宿です。

泉質も足元の岩の間から、ぷくぷくとお湯が湧き出しているのが分かります。とろみのある、その泉質はよく分かり、これぞ湯原の泉質ですね。

一湯目【湯原温泉 砂湯】つ・つ・ついに〜!!本格的な混浴露天デビューしちゃいまいたぁ

湯船は2つありまして、ジャグジーの泡が。おいおい温泉でしょ〜ジャグジは無いよね。案の定、源泉掛け流しではなく、循環で塩素殺菌でした。

湯原温泉といえばダムの下の露天風呂である。これは今だ健在で、混浴もそのままだった。洗い場がないので浸かるだけであるが、けっこう温もった。

そして有志6名が集まって、宿の主人と湯原温泉へ。ダムの下にある無料の混浴露天風呂です。前行った時より人が多かった。

ご存知ですか? 湯原温泉って・・・大自然の中の川が露天風呂になっているのです。それも男女混浴ですよ! もちろん全裸状態・・・

カテゴリ:岡山県:温泉|テーマ:湯原温泉|更新日時:2007-12-14 19:12:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-14 19:12:11

「奥津温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

そして、なんと、、、その場で電話して、1泊3万円ぐらいする、奥津温泉一の、素敵な旅館の、しかも”離れ”に泊まった。

うゎー 湯気で見えませーーん。カーブしている浴槽の縁からは、大量の湯が流れ出て、あたり一面湯の海。例のごとく、桶と椅子が周りを取り囲む様に綺麗に配置されている。

奥津温泉は「美人の湯」とも呼ばれていて、そのお湯はコーセーの化粧水にも使われたほど泉質がよいのだそうです。おかげでお肌がツルツルになりました!

そういえばこの界隈の温泉は手形を発行していて3軒までは1100円で入れます。記念になる木製手形だと1300円なり〜道の駅・温泉宿で購入できます。

「花美人の里」という日帰り温泉施設。少々値も張りますが、キレイです♪数種類のお風呂に 露天風呂もあり、ゆーったりくつろいできました〜!

湯船は2〜3人でいっぱいの脱衣場に湯船。そして額ほどに狭い洗い場。快適に入るには2人が限界かな。深さが腰くらいまである湯船は完全な岩風呂です。

澄んだアルカリ単純泉なので、トロトロのお湯ですね〜 それがこの規模での源泉かけ流しなのだからすごい泉質だ。そして足元湧き出しのお湯ですからね〜

100%源泉かけ流し、ラジウム入りのアルカリ性単純泉、pH9.2の温泉マニアにはたまらない名湯です。

まずは大好きな「奥津荘」に入浴しました。ここの温泉の素晴しいところは、足下から源泉が湧き出ていること。沸きたて源泉のお湯は、とっても気持ちがいいんです。

一番右が上の湯、そこの端っこから源泉が注がれております 次が下の湯、もちろん上の湯から流れてきた温泉水がオーバーフローしております

こちらの売りは何と言ってもお湯でしょう。ちょっと加温しているようですが、源泉掛け流しで、トロ〜っとしてて全く刺激を感じません。

温泉は風情のある格式ある感じの名泉鍵湯「奥津荘」にしました この説明書きのように有名な鍵湯は男湯です

昨日、結婚記念日のお祝いに日帰り温泉に行ってきました。場所は、岡山県の奥津温泉花美人の里(おくつおんせん)。

先日、岡山の3大名湯(湯原・湯郷・奥津)の一つ奥津温泉の花美人の里へ行ってきました。その前に作楽神社へ寄りました。

ここの温泉は、大・小および露天の各浴場が時間帯によっての入替制で、夕方の大浴場は男タイムです。この大浴場も決して豪華ではないが、実にセンスがいい。

内湯ふたつと家族風呂ひとつ、露天風呂もあります。湯気で見えにくいけど、お湯が溢れてるのわかるかな? タイミング良く貸切状態。ちょうどいい湯加減で、ついつい長湯〜

川には 露天風呂もあって♪ あの有名な足踏み洗濯の湯の場も〜〜〜 それにね♪ 美人のお湯のスタンド販売もしてあるんだよ 面白いーー

ツルっとした浴感は気持ちが良い。底の塩ビパイプから水面に向かって盛り上がる様に湧き上がる湯。少し経つと泡がいっぱいくっついています。

浴槽はこぢんまりしてたけど、さすがに源泉かけ流しの名湯・・・あっという間に温まり、額からはじんわり汗。この汗、お風呂から上がってしばししてもなかなかひきません。

全国温泉旅館番付に岡山県で唯一入っている旅館であり、また 全国でも珍しい 湯船の底から温泉が湧いている足元湧出温泉である。

最近よくある温泉施設みたいで、風情には欠けますが、紅葉を眺めながらの露天風呂は良かったですね。

早速お風呂に・・・、源泉掛け流しで、噂どおりの肌触りの良いお湯(^^)/その源泉は 足下から湧出しており岩盤の割れ目からポコポコと沸き出していました。

奥津温泉の河鹿園に宿泊した。20数年前に一度宿泊した老舗の旅館。部屋は角部屋の川の見える部屋だった。

ということで、靴を下駄箱に預けて、受付でバスタオルを1枚いただいて脱衣場へ。思いはすでに露天風呂だ♪

温泉に入る準備はしてなかったんで、足湯くらい入ってみようかなあと思って花美人の里 というところに行ってみたんですが、以外とこじんまりとした足湯でした。

先日家内他全員で5人、奥津温泉辺りをぶらり日帰りの旅をした。昔の奥津を知っている人には、その様変わりに驚かされる。

カテゴリ:岡山県:温泉|テーマ:奥津温泉|更新日時:2007-12-14 19:12:11

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>