この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「湯河原温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

道路を挟んで地下源泉が噴出す塔が立っている。このあたりは源泉があちこちに見られる。湯が豊富だ。

貸切の露天風呂へ。けっこう大きくて、最後は1人でのんびり入れました^^vでも、ゆうきには少し熱かったみたい・・。

高台にある露天風呂。緑が生茂っていて、椿がきれい。遠くに山を望む。水平線にお湯がこぼれていくようなつくりになっており、なんとも気持ちがよい。

ホテルをチェックアウト後、すぐ近くの足湯【独歩の湯】に立ち寄りました。ここに来るのは2回目。痛気持ちいい足裏刺激で元気になれます(^^ゞ

お風呂シリーズ,泙困牢枡發梁舁畩譴任垢海舛蕕里湯は「ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸温泉」と書いてあります広くて落ち着いたお風呂です

お湯は熱くなったり温くなったりする時もありましたが調整もしてくれます。温泉は無色、透明、無臭の弱食塩泉、肌のあたりが柔らかな温泉です。

予約して入る貸切風呂です リクライニングのお月見台が付いています 冬は寒いですが、せっかくなので寝てみました とてもキレイな満月が見えます

無色透明でしょっばさがあります。とろみのある湯はとても気持ち良いです。施設としては内湯のみで露天はありません。24時間入れて温泉三昧できます。

着いてとりあえず長旅で疲れていましたのでお風呂へ直行!お風呂は無色透明無臭の温泉でした。ちょうど食事時間と重なっていたので広い湯船を占領できました。

温泉は小さなものと聞いていたが、ほぼ独占状態だったしそれなりに不満はない。窓の外に箱根連山と湯河原の町並みを見渡せるロケーションも良しとすべしである。

ここのお湯がアトピーに効くという話を聞いたことがありますが、私の場合はここへ一週間おきに何度も通っていたらこの春の花粉症がかなり軽くなりました。

この日は前日は男湯が広い方で、朝は狭い方に入れ替わりました。お湯は弱アルカリ性ですが、ヌルヌルするほどでもない。無色透明無臭のサラッとしたお湯。

そう、源泉かけ流しで加水もしていないので飲泉できるのです。82℃の源泉をタンクで冷ましてから加減しながら浴槽に引いているそうで、温度は適温でした。

9種類の健康回復の泉はそれぞれ個性的!まずは、平成の泉からスタート。この泉は、心穏やかになる、なごみの泉でイライラや神経系の病に効果があるとのこと。

源泉をそのまま引くと温度が60度くらいありそれを湯船に入れて、なんと小型扇風機を桶の縁において湯面に空気を当てて、温度を下げているのだ。

ちょっと熱めの、柔らかいお湯が、とても気持よかったです♪露天風呂は、夜になるとライトアップされ、幻想的な趣でした。。

早春の湯河原温泉旅行記です。老舗旅館「藤田屋」滞在記録をこれでもかと。湯河原観光も少々。

何でも扇風機を止めるとお湯の温度が60℃くらいになってしまい誰も入れなくなってしまうそうです。お湯は透明の柔らかい感じのお湯でした。

露天ですよー。夜にも昼にも入らせていただきました。気持ちよかった・・・。実は今回初めて、「混浴」に挑戦したんです。

かばちが泊まったのはこんなログコテージ

ここも、水着で入る露天風呂です。水着、着用なので男女混浴です。二人でのんびりと・・やはり、ここも寒かった!

内湯・野天岩風呂ともに源泉は無色透明無味無臭で、ほとんど特徴はない。とにかく熱いことが印象に残る源泉であった。

何故か私の中では最初から最後まで「こまどり荘」でした。離れに泊まったので、離れ専用露天にも入れました。ほかに露天は岩風呂とヒノキ風呂の2種類ありました。

おっ!思ったほどは熱くないな。43〜44℃くらい。早速入浴。湯はややトロミがある・・・かな。無味・無臭。あまり個性のある湯ではない。

息をひそめて、息を殺して、ひっそりと、じっくりと山並を分け入った静寂に佇む宿へ。

ここは、もちろん「源泉掛け流し」!お風呂の近くに源泉があり、ゴボゴボ音がしていました。弱アルカリのお湯は、入った後、はだがスベスベです。

あんまり気持ちがいいので、うたたね。目覚めたら読書。そうこうしているうちに夕飯の時間。ホタテのバター焼き、刺身、温泉玉子、天ぷらなどなどをいただく。

泊まったところは旅館グリーン荘です。ここの魅力は、まず、お食事がとてもおいしい&量がたっぷり!写真は1人前です。ご飯がおひつで来たのもびっくり。

汲み上げたばかりの純粋な源泉のみをを無循環・無加水・無加熱でそのまま浴槽へという泉質にこだわりを持つ宿で、本当に身体の心底から温まる良質な温泉でしたね〜

何と言っても露天風呂が充実していた。露天エリアは起伏があり、数種類の浴槽ではそれぞれ違う温度の温泉があるので実際の面積以上に広さを感じる。

かなり高いところから落ちてくる滝、その水しぶきがかかるくらいの場所にある露天風呂!こんなに近いの?とびっくりしながら、ずっと滝をみてました。

ココの混浴露天風呂はとても広くて、すごい開放感です。゚+.(○ゝω・)b+.゚。旅館の建物も年季入ってて、風情があってグッド!!

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:湯河原温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「小涌谷温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

新館に注がれる「小涌谷温泉」は無色透明の食塩泉で、さらりとした肌触りの良く温まるお湯でした。

ざぶーーんって 入ると お湯があふれ出て、いかにも温泉ですって感じで 良いんですけど、、、履いてきた、下駄までビッチョリです。ちと、改良の余地ありです。

お宿は小涌谷温泉の水の音(「みずのと」と読みます)です。決め手はリーズナブルな宿泊料金と全室露天風呂付き。部屋の露天風呂は温泉じゃないけど雰囲気が大事なので。

貸切露天のひとつ「黄葉の湯」。温泉じゃない部屋の露天風呂と違って、さすがに体の暖まり具合が段違いです。

温泉は貸切露天風呂を含めて7箇所もありました「小涌谷」「宮ノ下」と2種類の源泉があります。 もちろん2種類とも楽しんできました

裸足で歩いても心地よい木のベランダには露天風呂。緑に囲まれ風と川のせせらぎを感じながら好きな時いつでも入れます。

此方は明治風呂です。脱衣の棚もかごなどではなくお洒落で素敵です。 明治から受け継ぐ5本の源泉が贅沢に掛け流しされています。湯は滑らかで心地ちよいものでした。

貸切風呂が庭園内に3ヶ所。お部屋のベランダに檜の露天風呂があり 気持ちよかったです大きなお風呂も4ヶ所あり 小涌谷温泉と宮ノ下温泉の両方の源泉が楽しめます。

明治風呂の女性用屋根は唐傘天井,という明治の頃の建築だそうです この他に露天風呂付の大浴場があります貸切風呂もあるそうですが,3,000円だし〜 で止めました。

露天も内風呂もそこそこ広いのに、特に人気の露天はあんまりゆっくり入れませんでした。シャワーブースに至っては、順番待ちの人が出るような状態で・・・(-.-;)

つまり、1つのお宿で、箱根17湯のうちの2つの温泉が楽しめる〜ってワケです♪それぞれに内風呂と露天風呂があるので、本当にたくさん温泉が楽しめましたよ〜!

貸切風呂「楓の湯・紅葉」夜の11時過ぎに利用しました。やっぱり貸切は気持ちがいい。もちろん、源泉掛け流し。加温加水は一切行っていなくて、ほんまもんの温泉です。

朝は、貸切の露天風呂へ行ってみました♪少し山に入るんだけど、雰囲気あるでしょー。家族だけでのんびり快適でした。

目をつぶって寝そべっているとジワジワ〜と汗が… 誰もいなかったので、水面が鏡の様。 水の音がするだけで…静かで。 幸せ〜。

[ 泉質 ]純食塩泉[ 効能 ]神経痛・筋肉痛・関節痛・きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・虚弱体質・疲労回復・健康増進など日替わりで男女交替します。

庭園には貸切露天風呂も3種類客室内の露天風呂もあわせて、宿の中だけで湯巡りができちゃう…極楽でした。

大浴場はなかなか良かったです♪新館の方だったかな。寝湯がありました。お湯の温度もちょうどよく、結構長くボーっと入ってました。

自家源泉は無色透明。源泉温度が高い為、加水のみの完全掛け流し。先ずは自慢の明治風呂です。脱衣場の棚から明治を感じさせる、クラシックで洒落た造りです。

本館と新館に男女一つずつの大浴場。大浴場には大きな内風呂と露天風呂が一つずつ。翌日は男女入れ替わり。庭園に三つの露天風呂。そう!合計11個もの湯船があるんです。

歩くのが苦手な方・年配の方は、お部屋のお風呂でも充分に天然温泉が楽しめて、泉質も一緒なのでお部屋のお風呂をお勧めします

露天風呂のある大浴場が男女2つずつあり、貸切露天風呂も3つほどあって温泉三昧!!貸切露天風呂はライトアップされた庭園の中にありました。

大浴場は温泉循環です。大浴場、半露天ヒノキ樽風呂、明治の湯(男風呂、女風呂別)と貸切風呂3か所お風呂の数がとっても充実してます。

大浴場ですが、ここは本館と新館で温泉が違います。本館(水月の庄)宮ノ下温泉、新館(水花の庄)小涌谷温泉私は新館の方に入ったのですが、これもまたいい!!

源泉は小涌園供給温泉で68度の単純温泉。残念なことにすべて循環使用されているようだが、お湯そのものの質は良い湯であるように感じられた。

お部屋に半露天のお風呂付わぁいヽ(∇~*ヽ)(ノ*~∇)ノわぁい「水の音」は(小涌谷)と(宮ノ下)両温泉が楽しめます♪

期待の温泉は明治風呂。唐傘天井(天窓があって、唐傘の骨のように天井の梁?が広がった高い天井)の創立当時からあるというお風呂は風情がありました〜。

敷地内に温泉櫓が立っている。足元からもうもうと湯気を吹き上げ、そうとうにパワーのある泉源とみた。

男女それぞれ2箇所のお風呂を楽しめるようになっています。そして、お風呂上りには、一気に牛乳を飲み干す・・・。ぐびぐび♪冷えていて、最高においしいです。

このお風呂は「明治風呂」と言って、脱衣所とタイル貼りの湯船しかありません明治十六年の創業以来あるお風呂でレトロな感じがなんとも心地がいいのです。

続いてお隣の“黄葉”へ 紅葉と同じ位の大きさだけど、景色はこっちの方が良い感じ。2つ入ったこの時点で、もうお肌ツルツル、モチモチ。 超感動♪

内湯は石板造りの、縁だけ桧でできた大きなお風呂です。ちょっと塩素臭が気になる。一部は小さく区切られ、バイブラバスになっていた。

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:小涌谷温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「仙石原温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

そんな中にデーんと木枠の浴槽が鎮座し、やや緑がかったにごり湯がたっぷりです。早速湯に触るため湯口に向かうと、!?これが熱いの何の。

岩風呂になめらかな白濁の酸性硫酸塩泉が掛け流され、湯が気持ちよくまとわりつく。塀の向こうにはさわさわする緑の木々。風が上気したほほをなでる。湯がいいんだな。

泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉、大湧谷温泉から引き湯しているそうです。掛け流しですが、源泉温度が64.7度と高温のため、加水しているようです。

「露天」とは言っても、いわゆる「半露天」といった感じで、板張りになったバルコニーの部分に風呂があり、無双(夢想)窓で覆われています。

2010年3月リニューアルオープルのオーベルジュさすが箱根といった休前日宿泊28000円のハイクラスなお宿とっても楽しみにしてました

ただし、お風呂は良かったです。小さかったですけど、大涌谷のにごり湯で、なかなかのものでした。(内湯はにごり湯ではありません)

露天は、大涌谷から引き湯している中では、かなり白色度の高い濁り湯でした。臭いは少なめ。既に服に染み込んでいる硫黄臭の方が強いかも・・・(^_^;

客室についている露天風呂ですが、大浴場は仙石原温泉から引湯した透明の温泉と違い、客室露天風呂は大涌谷温泉から引湯した乳白色の濁り湯が楽しめます。

この日は冬至で浴槽には柚子が浮いていますが、温泉には不要だとおもうのです。この日も貸切の岩風呂はその柚子がぐしゃぐしゃにされ浴槽内に散らばっていてガッカリ。

仙石原温泉のお湯は、硫黄臭の強い白い濁り湯 これぞ温泉!といったカンジのよいお湯デス 木と石造りの湯舟があり、時間によって男女入れ替わるので両方の湯を楽しめる。

脇の水温計を見るとおよそ45℃!!しかし、怪我の功名か?蛇口から出てきたお湯は無色透明ですが、混ぜて温度を下げると白く濁る様がよくわかりました。

露天風呂付きの部屋を頑張って作られたようじゃ・・・。露天風呂付きの部屋を頑張って作られたようじゃ・・・。

お風呂は大浴場と浴場2種類あって、時間別らしいです。あたしは大浴場でした。前回は小さい方だったんですが倍以上大きさが違うのでビックリ。

色は乳白色。湯花らしい湯花にはなっていなく、細かく白い粒状のものが湯の中に溶け込んでいる感じです。

孝行したい時に親は無しという諺もありますし・・。お湯は乳白色、美人の湯だそうです。効果あるかしら?ドキドキ・・・。

硫黄臭がして、白濁している熱いお湯です。源泉は64℃ほどあります。源泉口はメチャメチャ熱いですが、ちょろちょろとしか出ていないので、冷めて丁度良い湯加減でした。

ちょっと温泉へ〜〜 ここ、温泉もあるんですよ しかも源泉掛け流し温泉 白濁のお湯、気持ちよかったです〜〜♪

露天に繋がる通路に檜のお風呂があり、ここが源泉とのこと。その白濁したお湯に源泉らしさを感じます。浸かってみると。。。こりゃええ〜♪

温泉ですが、泉質は酸性石膏泉とのことですが、濃くてしかも湯船の底には3センチくらいでしょうか、湯の華というか湯泥というか、濃い温泉エキスがたっぷし溜まってます。

内湯だけだが湯の花がたっぷりの源泉そのまま。乳白色でややエメラルドグリーン。程よい湯加減で長く浸かる。とても硫黄のにおいがする。すばらしい。

このホテルの日帰り温泉ですが、入浴料は1,600円でした。露天風呂からは男女共に富士山を眺めることができ、特に女性用露天風呂から望む富士山は絶景だそうです。

温泉は大涌谷よりひかれた源泉かけ流しの白濁の湯で元旦の露天風呂(下記の写真)を心行くまで堪能できました。

1個の浴槽が硫酸塩泉という亊で白濁し、硫化水素臭(硫黄臭)が少しあります。その他の浴槽は無色透明でした。露天風呂やサウナもあって気持ち良かったです。

内湯もありますが、こちらは地下1,000mから汲み上げで無色透明、泉質は弱酸性の石膏泉です。結構、硫黄臭いんですが外傷とか関節痛によく効きます♪

宿泊先はすっかりお馴染みのウェルテル俵石。ここの温泉が最高に気持ちがいいんです。マイベスト3に入るかな。源泉掛け流しの白く濁った湯は大涌谷から引いているそうです

入ると底に溜まっていた湯花が舞い真っ白なお湯になりました。浴槽のお湯はぬるめで、湯口からはかなり熱めの源泉がチョロチョロとかけ流されています

ここの一番のお勧めのポイントは風呂の雰囲気。たしか竹取物語をイメージして作られている。円形の風呂に傘がささっててる感じがgood。

露天風呂が乳白色のにごり湯で良い感じでした。大涌谷から引き湯の硫黄泉、けっこう濃い感じ。閉館間際だったので貸切状態で楽しめた。

今年も行ってきました 親孝行旅行今回は仙石原「湯宿 やまざき」の露天風呂付きのお部屋に宿泊してきました

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:仙石原温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「堂ヶ島温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

温泉は箱根七湯のひとつ「堂ヶ島温泉」で源泉かけ流しです 貸切温泉ねねの湯 30分貸切で利用できます 雄大な自然を見ながらゆったり入れます お肌もツルツルよ

さて、今回のプラン、貸切り露天風呂“ねねの湯”の入浴付き。本来は30分で1500円の別料金がかかります。今度はもっと明るい時間帯に入りたいな。

お風呂上りに、少しだけ散歩をしたの。下に見えるのは、ホテルのプライベートビーチ。朝の散歩は気持ちいいねぇ〜♪

対星館 花かじか細長い建物で、迷路みたい。宿泊客はいっぱいいるらしいのに、誰とも廊下ですれ違いませんでした。

ナトリウムやマグネシウムが豊富で、お湯がとろ〜ん、まったりとしているんですね。源泉自体は80℃ととても熱い湯なので、お水を入れて調整しているそうです。

スティービーワンダーさんも入ったという露天風呂は意外と小さかったです。内湯は大小2つの湯船があり湯量豊富なのか蛇口から出るお湯も源泉でした。

今回泊まったのは、箱根の一国を上がっていって、登山鉄道の宮ノ下駅を通過したところにある堂ヶ島温泉と呼ばれるところ。

箱根宮ノ下、堂ヶ島温泉の『対星館 花かじか』に宿泊。前回6月に箱根に行ったときに泊まって、とても良かったので(特にお料理が・・・)

1家族、必ず貸切露天風呂に入れる!というのが素晴らしかったです。うちは、朝8:00だったんだけど、静かな森の中、山を見上げながらの露天はすごく気持ちよかった!

通常有料の貸切露天風呂も無料で入れるお得なプランなのでさっそく入ってみたり たった30分しか入れなかったケド最高のロケーションでした(σ・∀・)σYO!!

断崖絶壁に聳え立つ旅館の構造上、坂の頂上付近がエントランスの銀水ではロビーが七階にあり、自分の部屋番は6階、お風呂は4階、全ての部屋がオーシャンビュー。

部屋からすぐのお風呂に浸かりに行った。お湯は熱いくらいだった。100%かけ流しの天然温泉だそうで、源泉の温度が81.9度と書かれていた。

源泉は宮ノ下温泉(太閤湯 台帳番号 第25、26、43、102号混合)で61度のナトリウムー塩化物泉。シャワーにも源泉が使用されているのである。

さてさて、期待のお風呂ですが、鄙びた昔ながらのレトロさを持つ温泉温泉です。時間帯で男女交代制になっており、私は「女性用野天風呂」が小さいながらも気に入りました。

はじめサラサラ、そしてツルツルの感触のやわらかな弱アルカリ性の塩化物泉。宮の下の名湯「太閤の湯源泉」と、自家源泉薬師の湯が楽しめる湯宿です。

自家源泉のお風呂も多数あり温度も適温ですが、お風呂はそれほど大きく無いですね、内湯からつながる露天風呂は、目の前に渓流が見え、とても落ち着いた印象でした。

箱根堂ヶ島温泉 対星館 花かじかなるほど宿は素敵で、渓流のすぐ横に隣接した静かなところでお湯も食事もとても満足のいくものでした。

露天は斜面に張り付くように作られた岩風呂で寒かったけれど透き通ったお湯を堪能、源泉は61.3℃でPh8.3の弱アルカリ性で総計1399mgの塩化物泉です。

今回は、箱根・堂ヶ島温泉にある晴遊閣 大和屋ホテル  をご紹介します。 今から5年程前、職場の旅行で行った宿です。

一番お安い(^^ゞ部屋に宿泊したのですが…しかも宿泊当日朝電話予約にかかわらず、サービス良し、味良し、温泉良し

そのお宿は「対星館 花かじかさん」です箱根の宮ノ下、堂ヶ島温泉のお宿です。

食事も部屋もいたって普通ですが、部屋に本格的な露天風呂があるのが凄い。川のせせらぎを聴きながら、誰に気兼ねすることもなく浸かる露天風呂は本当に気持ちが良い〜♪ 

専用露天風呂は、わたしの中では最高ですね。なんちゃって専用露天ではなく、VIPな気分を十分に味わえる広さ。2m四方近くあると思います。

そして、一行は本日の宿「堂ヶ島NEW銀水」へ。今までで、一番玄関がすごいらしいです(笑)630号室?105000円!?

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:堂ヶ島温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「宮ノ下温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

道すがら宿の案内看板などもなく、宿泊出来るのは1日8組だけという「箱根の隠れ宿」といった風情。今回宿泊したお部屋は503号室【Musigny】というお部屋。

露天風呂はフローリングの部屋からと洗面室からシャワールームを通って出れます。大浴場は時間制で男女入れ替わるようになっていて 全部で3つありました。

地下にある男湯の太閤湯は小さい浴槽で湯口の上に大理石の子供オブジェがあり清掃直後か薬品臭があった。

ここは宮ノ下温泉にある、とにかく景観が素晴らしい全室露天風呂付きの高級旅館です。予約が取りづらいのでも有名なところですよね。

館内に一歩足を踏み入れると、薄暗いロビーの上がり框にはスポットライト。琉球畳が日光に照らされて光を放ち、和の趣とアジアンリゾートのテイストが心地よく混じりあう。

まずここの旅館は全室露天風呂がついている それと食事を食べる部屋と寝室が別になっている つまり2間あるのでとても贅沢

とろみが強く、包み込まれるようなやさしい湯ざわり。浴中はほこほこと温まり、湯あがりには強い温まりのあとに充実した爽快感がでて、おだやかな湯の香が肌にのこります。

箱根吟遊は5Fがフロント、ラウンジ、大浴場になっていて、1F〜4Fに客室があります。※客室は全室露天風呂付です。

箱根宮ノ下温泉にあるお宿です。CR○Aなどの女性向け旅行誌での「部屋付き露天風呂特集」などでは必ずと言っていいほど載っています。

浴室の風情のなさとあいまって本当に温泉なのだろうかと一瞬思ってしまいますが、しばらく入っていると肌がすべすべしてキシッとしてくる感じがしっかり味わえます。

山肌の傾斜に沿って檜の露天風呂(3つ)が階段状に並ぶ。かなり開放的になります。山肌の傾斜に沿って檜の露天風呂(3つ)が階段状に並ぶ。かなり開放的になります。

浴場は大浴室と小浴室があり貸切り利用出来る。大きさ以外の同じ造りの木造浴場は天井に湯気抜きがあり床と下壁は青石の檜浴槽で、加水あり時間が経つと極薄く濁りがある。

宮ノ下にあるが底倉温泉から引湯しているので、入浴料300円で良い温泉に入る事ができる。一汗流すだけならば、高い入場料を払って大きな温泉に入る必要は無いと思う。

泉質は無色透明なナトリウム?塩化物泉 底倉温泉からの引湯とのこと 無味無臭の特徴のない湯だがわずかにツルツル感があり浴感は非常によく満足度は高い

玄関へ車をつけると、すぐに宿の方が出てきて案内してくださいます。館内は意外なことに畳敷き!なのでスリッパは履きません☆

露天は、天然温泉掛け流しの円形岩風呂を中心に、岩風呂、壷湯、樽湯、石湯、寝湯と揃っていて、岩風呂は熱め、その他は温めと温度差が設けられています。

時を越えた時空を求めて箱根は宮ノ下温泉の”時の雫”に行きました。

温泉は循環、等お湯に関するマイナス要素を私は元々温泉雑誌等で知っており、その上で箱根吟遊を予約したので、その事実は惜しい事ですが大問題ありませんでした。

全館、畳敷きっていうのも個人的に好きだったのだ〜!お風呂は無料の貸切りが3つあって、多少の時間調整はあるけど、入り放題だし、大浴場は24時間OK

太閤湯より手前にある姫之湯もかけ流しの共同浴場だが、太閤湯のほうが大きく(浴槽が二つあるので)、湯は、姫之湯のほうがが熱い。

24時間、滾々と湧き出る源泉かけ流しの露天風呂。好きな本を読みながら、ゆっくりと夕涼みをする贅沢・・・。日本人で良かった〜!

建物は和と洋の融合し文化財にも指定され、広すぎる日本庭園にはこの時期ホタルが飛びアジサイなど季節の花が咲いて、デジカメ写真ではすばらしさが伝えられないです

源泉は76度のナトリウムー塩化物泉(宮ノ下温泉 元温泉村第81号)でかけ流し。浴槽の湯は熱めであり、溢れた湯が流れる床は赤黒く変色しているという濃厚な湯であった

箱根でちょっと秘湯気分を味わいたい時に立ち寄る、楽遊壽林の貸切風呂・縄文の湯。蛇骨渓谷に自噴する自家源泉と宮ノ下温泉をあわせてかけ流しにしています。

ここの駅前に、足湯に入りながらお茶出来るカフェがopenしました。なんでもこのNARAYA CAFEさん、もともと奈良屋旅館という老舗の旅館だったそう

ロビーが最上階で客室はどんどん下がって作られています。たぶんどの部屋からも早雲山が見渡せて、景色もよく、開放感溢れている旅館です。

入り口も素敵純和風。旅館の中は全部、畳。これがまたいいさっさっ、と音がしてたたみの匂いもなんだか情緒あるし。

風呂場の手前にデカイ猪の剥製とか置いてあって。キツカッタ笑。お風呂めちゃくちゃ気持ち良かったけどね!!朝入った露天風呂なんかは最高!!目の前に川が見えて癒された

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:宮ノ下温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「塔ノ沢温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

宿泊したお部屋は「姫娑羅」和室10帖と和のツイン12帖。檜の露天風呂付き月見台のあるお部屋です。月見台というのが風情があってなんともロマンチックです。

大正時代のタイルの浴場で扇型の浴槽は湯口から投入で温め。丸い浴槽は浴槽内投入で適温茶色湯華も浮く。岩盤内に温い打たせ湯があり黒い湯華があり甘味昔は湯量あったよう

しかし、そこは昔ながらの風情があって、外国の方にも人気だそうです。温泉は左上の写真の大丸風呂のほかに、岩風呂、家族風呂などがあり、どれもかけ流しで良質です。

赤松と檜を使った大丸風呂(おおまるぶろ)こちらは岩風呂 貸切用の家族風呂もあり、とりあえず全て入湯しました。

箱根・塔ノ沢温泉にある木造三階建ての旅館、福住楼を紹介したい。早川と国道1号に挟まれた敷地に建つこの宿には、昨年(2006年)の新緑の頃に宿泊した。

山の茶屋は渓谷に架かる吊り橋を渡った先の山の斜面にあります。 この写真を撮ったとこの左側が鯉のいる池ですよ。

とっても気持ちいいです。少し熱めの と言っても熱すぎない程度のいい湯加減♪あ゛〜〜〜っ。っと声がでるいい感じの温度でした。

まずは先付「百合根豆腐」と磯盛など・・・。一口食べて「これはただ者じゃないかも?」と感じさせるこのひと品。

塔ノ沢温泉は箱根湯本から少し離れた静かなところ。泊まった旅館は川をつり橋で渡って、崖にはりつくようにして作られた宿泊施設です。

これが箱根名物 檜造り大丸風呂 おとなりに小丸風呂もあります 岩風呂と丸風呂が7:00PMで男女交代 岩風呂の写真はけむりしか写っていませんでした・・・・

早川に直接流しているためシャンプーは禁止。湯舟はこちらもかなり小さい。男湯は露天だったようだが、女湯は外に面してはいるが屋根のある半露天だった。

環翠楼は慶長19年(1614)の開湯だそうで、なんと400年近い歴史があります。

これは自分の泊まったお部屋から撮った。部屋に展望露天風呂が付いていたのですが、夜に入るのはとても勿体無いとこでした。

内湯 ざぶりとお湯を使う音が耳に心地よい。見上げれば木造のしつらえが和風情緒を誘います。まずは手始めに、この内湯から湯巡りを始められる方多し。

母親と箱根に行きました。塔ノ沢温泉 一の湯本館 どう? レトロな雰囲気でしょ。お部屋の露天風呂早川渓谷沿いの露天風呂付きのお部屋でのんびり。極楽や〜〜〜。

塔ノ沢駅の近くにある「ひめしゃらの湯」に始めて行きました。隣に「ベゴニア園」もありましたが温泉だけ入りました。脱衣所、内湯、露天風呂はきれいでなかなかでした。

塔ノ沢温泉の上湯温泉浴場に入った。いかにも共同湯ぽくて私の好きなタイプの施設である。

塔ノ沢温泉にある「山の茶屋」という小さな旅館。国道からつり橋を渡って(ちょっと冷や汗)たどりついた宿は、竹やぶに囲まれた静寂な大人の宿でした。

箱根湯本・塔ノ沢にある、一の湯本館に行ってきました。16:00自宅出発し、行きに2時間、帰りに2時間かかりました。

湯船は、大人が7人も入れば、体が触れるくらいに狭いです。しかも、目隠しされた窓の中に、この小さな湯船があるだけの狭さ。洗い場も狭いし、何より「清潔感」がイマイチ

歴史的建築が素敵な老舗旅館でした 到着してすぐに露天風呂へGO! 友人とのツーショット、浴衣の丈がチョンチョンです 露天風呂から眺める渓谷、美しかったです!

お風呂はとても良い♪貸切り露天風呂二つに大浴場と露天風呂。山の茶屋はお部屋も料理も文句なし。でもお風呂が狭くていまいち…。

温泉の質が最高で、露天風呂からは川が見えて、とても気分が良いことと、お部屋がダイナミックに広い!

ロマンスカーのポスターにもなっている大丸風呂は大小とあり、もう一つの岩風呂と時間によって男女入れ替わり制です。私が行ったときははじめ岩風呂で後から大丸風呂。

内湯はかなり大きくて、左右にジャグジーとバイブラつき。2面がガラス張りになっており、明るいし、清潔感があり、まともな施設だなという印象。

箱根湯本の少し先の塔ノ沢温泉の旅館福住楼に行ってきました。ダンナがいきたいイキタイとズット念仏のように申しておりました。行ってビックリです。

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:塔ノ沢温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「強羅温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

露天風呂が2つと内湯が4つ。そして、サウナと水風呂がありました。アメニティが素晴らしかったです。もう手ぶらでOK

強羅花壇は噂どおり、料理もおもてなしも素晴らしい旅館でした

ちょっくら箱根までプチ旅行に行ってきました。場所は強羅のすぐ駅前にある箱根強羅温泉 季の湯 雪月花というところです。

温泉は、ナントカナントカ泉・・・濁ってるけど硫黄じゃなくて、石膏?なんか粘土成分みたいなの。源泉掛け流しで、ちょっとぬるかったけど、お肌つるんつるんになっただよ

温泉は、優しい感じでありながら、しっかり入った感があります。やわらかいのに、若干重く感じるのは??気のせいかな?まあ、いい湯でございます。

加水加温一切なしの源泉は岩の隙間の湯口からしっかりと投入されており大きな浴槽なので温めで適温 浴室の雰囲気も非常にいいので何時間でも入っていたくなるいい湯だ

すごくよかったよ。箱根の強羅温泉。部屋には、露天風呂が付いてて〜。外には、岩盤浴・プライベート露天風呂(3つ)全部無料なんだよー!!よかったー。

旅館にチェックインしてから、まずはお風呂。ひとっ風呂浴びてから、超お楽しみにしていたお夕飯。 腹ペコだぜーーー!!!

はぁぁぁ〜〜〜癒された 今回はこちらにお世話になりました\"箱根強羅温泉 季の湯 \"

温泉は、程よい湯加減で、大浴場内は薄暗く、自然の温泉が掛け流しで、ゆったりとした気分で十分に癒された。

かかり湯をして湯船に入ろうと足を入れると下にたまっていた湯の華がふわ〜っと浮いてき、さらに白くなる。どうやら一番風呂だったみたいで、ラッキー(笑)

お宿は強羅の桐谷箱根荘 強羅の坂の上に建つ純和風旅館です。源泉掛け流し、循環を一切行なっていない本物の温泉です。強い酸性のためお湯が白く濁っているのが特徴です。

箱根の強羅温泉の「翠光館」に、立寄り湯で行ってきました。慰安旅行で行く感じの旅館ですが、泉質は柔らかくてよかったです。

箱根の強羅温泉に行って参りました。『季の湯 雪月花』という宿です♪昨年12月にオープンしたばかりの新しい宿。檜露天風呂付き客室です♪

17:50に… 箱根強羅温泉に到着です!ホテル名は… 紀州鉄道ホテル強羅ビラですo(^-^)o

和洋室のタイプになっています 綺麗に掃除がされていて畳の良い香りがしました

泊まった宿は、強羅温泉の『櫻休庵』。一度、露天風呂付きのお部屋に泊まりたくて、比較的リーズナブルの宿のこの宿にしました。

強羅「楽々花」お手頃な宿泊料金で美味しいお料理・白濁の源泉掛け流しの温泉・部屋から見える山には大文字の文字両親もとっても喜んでくれました

加水・加温無し、源泉100%かけ流しの専用展望露天温泉だそうです。内風呂には二回行って、この展望風呂もせっかくなので入ってみました。

ラブコリスタ:ほっこり〜な温泉旅行駅からお宿まではたったの1分。というか、本当に目の前にある好立地です。 『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花』

泉質は白く濁った強い酸性のお湯で、特筆すべきは循環式の設備を 一切用いない源泉掛け流しである事ですお食事なども 1万円少々と言う事を考えれば文句なし。

人混みをかわしながら何とか目的地の『翠光館』にたどり着きました。今回は雑誌『自遊人』の日帰り入浴無料パスポートを利用しての入浴です。

写真のとおり、部屋はきれいで、できるだけバリアフリー。シニアのリピートを期待したつくりになっています。食事は△かな。

そんなに広くないし、露天風呂もないのですが、お湯がすんげぇいい。さすが箱根強羅の湯、っていう質でした。

今宵のお宿は「箱根強羅温泉 季の湯 雪月花」 全室、露天風呂付きなんです! し〜ぷ★達のお部屋は和洋室のお部屋です。

泊まったのは 箱根強羅温泉 雪月花。新しい宿で 初めて宿泊したのですが まず部屋に案内されて大きなベッドと 部屋に付いてるヒノキのお風呂に感動〜

ジテコライフ:7月14日(土)〜15日(日)強羅温泉&御殿場そのあと、箱根強羅温泉に行きました。2時間くらいで『箱根千代田荘』に到着。

一服したところで、今回の宿に行きました。『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花』というお宿です。

R hibino-dekigoto:箱根強羅温泉 に行ってきました富士山も、窓の外の景色さえもよく見えないまま順調に強羅に到着して、お昼をどこで食べるかでちょっともめる

共同浴場にある 露天風呂はもちろん源泉かけ流し。白濁で硫黄の香りがぷぅ〜ん。お風呂のサイズは小さいですが、泉質もよく、気持ちいいと感じる適温。

毎日が能天気日和:2007女2人旅 箱根強羅温泉今年も行って来ました♪ ヒロと天使達の休日で温泉へ 今年「も」箱根へだってロマンスカーで行けて便利なんだもの。

浴場は内湯と北投石を使ったミストサウナ。広くはありません。湯船からひたひたとお湯があふれていて、どうやら、源泉掛け流しのようです。

11月3日、4日 箱根強羅温泉に行きました。強羅は2回目。1回目は8月の大文字焼きの時に。今回は紅葉と温泉・・・

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:強羅温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:11

「箱根湯本温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

展望露天風呂では夜空の月や星、まわりでそよぐ楓を見ながらお風呂を楽しめました。特につきみの湯からは月がとてもきれいに見えました。

近すぎず、遠すぎず。でも温泉がある。いっぱいある。そんな箱根、僕は好きです。今回は久しぶりの温泉&箱根。いい湯でした!

非常に雰囲気のある良い施設でお湯もサウナも良かったです。かなりの人気で平日にも関わらず沢山のお客さんがいました。ここでゆっくり入浴し着替えてそろそろお帰り。

これは部屋の窓から撮った早朝の芦ノ湖。すごくクリアだった景色が、みるみるうちに霧に包まれていくのを見てるだけでも楽しい。リフレッシュできた気がするわ。

石膏泉ならではのスベスベ感とキシキシ感が共存とした浴感もしっかり得られ、湯上りも温もりがよく持続し、お肌も表面サラサラ内部シットリで実に爽快です。

源泉は58.5度の単純泉で熱いので加水している。循環で塩素殺菌をしているので、塩素臭が気になる。もっと弱くしてほしいものだ。

選んだ温泉は「ひがな湯治 天山」理由は特に無くてガイドブックに載っててなんとなくって感じですね。でも行ってよかったです!

箱根湯本温泉の滝通りにある、天山湯治郷にいきました。今回入ったのは、その中の一つの一休に入りました☆

温泉の旅へ行ってきました。目的地は天山です。静岡に来てはじめて箱根に行って以来のファンなんです。隠れ家的な温泉で、静かにゆっくり過ごせるところが魅力的!

日帰り入浴は1,200円。お風呂は思ったより小さくて混んでたけど、湯船は大小6つで、源泉かけ流し。読書室や昼寝・休憩室もあって無料で使えるのは◎。

八角形の浴槽で源泉が豪快に注ぎ込まれてます 掛け流しでお客さんも昼は少ないのでお湯がきれい なぜかガラスには芦ノ湖の写真フィルムが貼られてます

温泉はお湯のきれいな広々とした大浴場と、お約束露天風呂があります。到着時、夕食後、早朝、朝食後の4回も入ってしまいました。

温泉は、10種類ほどのいろいろなお風呂がありいろいろ楽しめます熱いお湯とぬるい目のお湯を交互に入って、たっぷり汗もかきながらお腹もすき空き。

無色透明で、臭気は殆どなし さっぱりしながらも、柔らかいお湯 目立った特徴はないけれど、実によく温まる 脱衣室のアメニティは、逐一列挙するのを諦めるほどに充実

今回お世話になるのは、箱根湯本温泉木もれ日の宿『ふるさと』さんです。リーズナブルな料金のわりに、接客もお風呂も抜群にいいですよ。

白壁のシンプルな浴室に青タイルの浴槽が映えて、いい味を出している。浴槽底の孔から源泉を注入し、浴槽ふちからさわさわとかけ流す文句なしのかけ流しだ。

底面注入でザンザコのオーバーフローは、かけ流しかそれに近いのでは?きれいに澄み切った絶妙のぬる湯にはうす茶の湯の花が浮遊。味不明、かすかに甘い石膏臭?。

今朝も温泉は湯気で煙っていて視界が悪いよ〜。(・_・、)そして外気が冷たくて露天風呂にはいけません。寒すぎた。それでもやっぱり朝風呂は気持ちいいっすね〜。

箱根湯本温泉「箱根乃庵」…。ここは湯本駅から旧道に入ってスグの、源泉かけ流し温泉です。

円形の浴場の外には、岩風呂風の露天風呂があった。月形の浴場の外には、檜造りの露天風呂があった。檜はまだ新しいらしく、黒ずみはひとつもなかった。

箱根元湯に数年をかけて造ったと言われる新しいコンセプトの旅館だ。今はやりのデザイナーズ旅館ってやつか。

男風呂は結構空いておりました。週末はとても人がいっぱいでゆっくりできないのでいつも平日の夜を狙ってここへ来ている。内風呂はなく、すべて露天風呂です。

男湯は竹と山に囲まれて、お風呂が二つ。温度が高めの一人風呂とそこから流れるちょっと広いお風呂があり、離れ雲が8部屋しか無いため、ほぼ貸し切りで湯に浸かれます。

ご紹介する花紋へは日帰りでいってきたのですが、箱根湯本駅から近く(100円バスで3分、歩いても15分程度)とてもいい温泉でした。

特にどこへとも決めていなかったので、駅でもらった割引券の『 湯の里 』へ。ここは“ホテルおかだ”の日帰り温泉の施設のようです。

すごく考えている。古い旅館を改造して、日帰り兼、宿泊のできる温泉として営業中。腕のいいコンサルタントに経営改革をしてもらったような。そんな感じ。

箱根湯本へ出かけたので日帰り温泉に立ち寄りました。念のため、事前に電話で確認して旅館へ向かいました。

箱根旧街道沿いにある温泉旅館ですが、日帰り入浴にも力を入れているようです。ロッカー付きの更衣室が5階で、ここで浴衣に着替え2階の浴場に行きます

箱根湯本 日帰り温泉『和泉』ではなんと7つの天然温泉が楽しめるんですヽ(*´∀`)ノ特にネコリがうれしいのは弱アルカリ性(PH9.6)の美肌の湯(48 号源泉)

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:箱根湯本温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:11

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>