この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 16:12:27

「ホテル志戸平〔岩手県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

川沿いの露天風呂で、滝を眺めならがの入浴お湯は無色透明で、けっこう熱め宿泊客はけっこういたと思ったんだけど、ほぼ貸し切り状態 (^^)

ちょっと高いんですが・・・なかなか良かったです。25mの大きめの浴槽があります。すごいです。シンプルに長いです。夜中に平泳ぎしているお父さんがいました。

じいじが何故ここにこだわったかと言うと、友達が日帰りバスツアーで、よくこのホテルを利用するんだそうで、その話を聞き、自分も来て見たかったらしい。

何回か立ち寄り湯したけど、今回初めて“日高見の湯”の方に入りましたまた、以前は混浴の浴場だった “千人風呂”が、“天河の湯”といっしょになったようです 

お料理は豪華でおいしかったです 量が多くて 食べ切れなかったら デザートを快く包んでくれて 湯上りにお部屋で頂けました

待ちに待ったホテル【志戸平(しどたいら)】に↑↑ ホテルなんで、ロビーがすっごい綺麗♪ ホテル【志戸平】はロビーが5階で、女風呂は3階なんデス!!!!

風呂もたくさんあってより取り見取り、貸切風呂も予約して満喫してきました、又機会があったら行ってみようかなと思う温泉でした。

とにかく館内、駐車場が大きい 100台以上は止めれそうな駐車場に館内は迷路のように広い 温泉も12種類の趣向を凝らせた温泉です。

しかしながら今回の目玉がコチラ↓前沢牛の鉄板焼き (*´∇`*)びっくりするほど柔らかかったです。なんか仕事とかどうでもよくなった。

部屋からの眺め。写ってないけど,下には川が流れていて,いい感じ♪部屋は和室でした。温泉は色々あって最高

中はどれを取ってもすご〜く良くて・・・従業員の方々の接客もイイ! ホテルならではの乾燥とわたしの鼻水のすごさを除けば、ほぼパーフェクトだった♪

うちのほのちゃんがホテル志戸平を大好きになった原因「森のゴーシュ・オーケストラ」です。9:00、12:00、20:00の3回上演される人形劇です。

三人以上の部屋ならば「いい部屋に泊まれるよ!」と楽しみにしていました。それが、案内された部屋は、ひどかった・・・・・・。

日高見の湯は、お風呂場の中に階段があって、裸で露天風呂に上っていきます。あはは!お風呂場の中なので階段でも恥ずかしくないですよ。

お風呂の数の多さでヒロの選択(^^; ホテル志戸平 さてさて 眺めは良し しかし全員近眼( ̄Д ̄;)

1階と3階に十数個もの温泉。混浴もあるYo☆さらに家族風呂や1階には商店街のような売店及び居酒屋、スナック、ラーメン屋。個人的に注目は、1階にある卓球場。

お料理も普通だったけどこの程度のお料理で、サービスだったら鳴子のほうが数段いい。でも偶然最初で最後になっちゃったけど、入れてよかった

ホテル志戸平 お部屋は南山館の7F 窓からの景色も抜群 広いお部屋に二人 贅沢にのんびり ごはんの時間までは お風呂を楽しみます

どのお風呂に入っても景色が眺められます。露天風呂、ジャグジー、サウナなどもあります。大浴場ではバリアフリーになっているので、お年寄りの方でも安心です。

このホテルは朝・夜ともバイキング形式。この写真は夜のメニューですが、食べきれないぐらいの種類がありました。餅つき体験やチョコホンデュもあって子供達は大喜び〜。。

お風呂も広く、ゆったり入れました。また露天風呂からも渓流と紅葉が眺められて、夜にはライトアップされるため幻想的で時間を忘れてしまいそうになりました。

途中、ガラス館に寄って、今回の宿泊先「ホテル志戸平」へ お風呂も広くて 食事も美味しくて みんな大満足してくれたので良かった

バイキング・・気づいたら1時間半くらいいた^m^ その後は〜またお風呂に入って、息子はいつもどおり8時半には就寝し、またまたわたしはゆっくり入浴タイム。

宿泊はホテル志戸平さん♪2007年に会社の旅行で行ったことがあって、とても良かったのでここを選びました。子供も楽しめそうなホテルだと思ったので。

いざ温泉へ。ちなみに日帰り入浴は800円のようです。男湯と女湯は階が別れてて、日替わり(もしくは時間帯ごと?)で交替。今日は、女湯が3階、男湯が1階でした。

まずはお風呂…と、行きたいところでしたが、激込みでご飯に。バイキング形式でスゴい種類です。海老の料理がたくさんあって幸せです。

温泉は良かったのですが、料理は最低ですね。ほとんど口をつけませんでした。そのせいで夜中にお腹がすいて、なかなか眠れませんでしたよ。

ロビーからは広い温水プールが見えるし本館別館合わせて5つもあるしお風呂も広いしとても立派なホテルでした。

部屋からは、素晴らしい景色が見えました。川も流れていました。クマとか、うさぎとかは。。。。いませんでした。あ、川でカモ?が二羽、泳いでいました。

部屋が広くて、風呂場もあり、ほのちゃんは楽しそうの部屋の中で遊んでいましたよ2世帯で旅行に行くなら、おすすめの部屋ですよ!

さあ!温泉も堪能して、いよいよ夕飯です!どうですか!このボリューム!一流シェフの料理なので、とても美味しくいただきました!

カテゴリ:岩手県:宿/ホテル|テーマ:ホテル志戸平〔岩手県〕|更新日時:2007-12-26 16:12:27

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 16:12:27

「ホテル森の風鴬宿〔岩手県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ここはのんびりしたり遊んだりよかったですよ 毎日毎日ご馳走三昧(笑) 温泉にエステ、マッサージにプール ゲルマや岩盤浴も!!!あ〜〜楽しかった〜〜

地ビールが、まろやかで美味しかったです。ビンが綺麗だったので、お願いして持ち帰りました。最終日には、荷物が重くて後悔しましたけど、思い出になりますね。

「けんじワールド」という室内プールがあるので、あちこち動き回って観光しなくても大丈夫だし、雨が降っても遊ぶ場所には困りません。

風が強かったため、すき間?の音がはんぱない!たてぶえ吹いてるのか?いうぐらいね 寝れませんでした…良いとこもあるんですよ、朝飯!バイキングですが、種類が豊富!

フロントでバスタオルとフェイスタオルも貸してくれます。(フェイスタオルは持ち帰ってOK!!)だから。。。手ぶらでふらぁ〜と行っても大丈夫なんです(^^)v

予約していた貸しきり露天風呂に入り(風呂は湯の花が浮いていて温度もちょうどよし。いい風呂でした)、お待ちかねの食事。予想よりも豪勢で満足いたしました。

子供と温泉へ!大きいお風呂は気持ち良く「お外のお風呂にまた入ろうね」と、喜んでました!ホテルに入ってすぐも、迫力あってよかったです!懐かしいポストもあり・・・

ホテルについたら、でかかった けんじワールドのすぐ隣にあります なんか秋保とかにてる なんか違和感あるなあ

カナリ賑やかできらびやかなホテルでした 内風呂と露天風呂二種類。露天は風が気持ちよくて景色も壮大でした

ホテル「森の風 鶯宿」のロビーです。 けんじワールドの世界とプール、多彩な温泉はさわやかで涼やかで心が躍るようなもてなしでした。

館内にはお祭り広場があったり、階段の飾りなど細部にこまかな装飾があって、キレイです。今度はケンジワールドで常夏気分を味わいつつ、お泊りしたいな〜★

お部屋には、こんな嬉しいウエルカムメッセージもありました。こういうちょっとした心遣いって感動しますよね☆おかげでこのホテルで過ごす時間がとても楽しみとなりました

温泉も大変広くて気持ちがいいです。露天風呂からも、内風呂からも美しい岩手山が見られました。温泉のお湯はまぁまぁですが、施設がきれいなので気持ちいいです。

「ホテル森の風」は元からある鶯宿温泉の鄙びた雰囲気とはまったく違うかなりバブリーなホテルで、その豪華なロビーなどにはちょっとびっくり。

ホテル森の風は、露天風呂から岩手山も見えて満足したが、夕食のバイキングはイマイチ。

客室も広くドライヤーや子供用の浴衣も用意してあってなかなかサービスは充実していました。少し部屋で休んだ後は隣接している施設の『けんじワールド』にGO!!

実はこのホテルには数年前の正月にも宿泊したことがあります そのときに母親が気に入ったらしく今回もこの提案をしたのは母親でございました・・・

毛蟹や舟盛りのついた三陸コースと牛肉のとうばん焼きや豚しゃぶのついた奥羽コースか選択できて、各コースを一つずつ頼みました 冷麺もついて岩手づくしです

ここは、「空中露天風呂」があり、岩手山などの眺望や開放的な気分が楽しめるというので、とても楽しみにしていました。

森の風では、毎日楽しいイベントがあります。大太鼓の演奏や民謡、餅つき、出店など… 子供さん達も、大喜びですね〜!

「森のしずく」という温泉棟があり、まさに温泉三昧明るい内に、露天に入って空を見上げるのもいいし白い息を吐きながら星空を見上げるもよし。。。

部屋からの景色〜 滑りたい!って思った!子供用の浴衣もあって、娘は大満足!この写真ウケる(笑) そして一旦温泉に浸かり「はぁ〜!良い湯だな〜!」としみじみ。

女湯の脱衣場に私が必要とするもの全てが揃っていたのでかなり嬉しかった。化粧水・乳液・ドライヤー・くし。これらは私にとって入浴後の必須アイテムである。

こちらは鶯宿温泉の玄関口にあり、けんじワールドやお祭りひろば、エステにカラオケ、露天風呂付き離れなどお楽しみがいっぱいつまった宿で宿泊は223部屋あります!

夕食は11品の会席膳、朝はバイキングでどちらも十分満足できる食事だ。朝のトマトジュースが特においしかったので、ちょっと飲みすぎた。

高級感あふれる一階のフロアー内には滝があり川の中には鯉さんが泳いでおります。高級な所でなかなか宿泊できないのが残念ですが、いいお風呂です

驚いたなぁ〜! 鳴子ホテルより大きいな。 ぉ隣には けんじワールドという屋内プール施設がある。 大きさは感じとしては、豊島園の波のプールだね。

さあ待ってました夕食タイム バイキングでしたがどれもうまい!通常の1.5倍のアルコール料金も物ともせず飲みます食べます

カテゴリ:岩手県:宿/ホテル|テーマ:ホテル森の風鴬宿〔岩手県〕|更新日時:2007-12-26 16:12:27

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-26 16:12:27

「浄土ヶ浜パークホテル〔岩手県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

じゃらんネットで予約した浄土ヶ浜パークホテル。クチコミ情報どうりで良いホテルだった。お世話になった中根さん。 東北弁が良いですね〜!

館内はとてもきれいで、清潔感もありましたね〜。 私、この頃毎日呑んだ暮れなので、この日も早々に沈没の予感が漂ってます

とにかく食事がゴージャス!船盛りでしょ、鮑の踊り焼きでしょ、寿司でしょ、牡蠣の釜飯でしょ、いちご煮でしょ、でね、でね、活きたウニ!!

部屋からの眺めはいうことなし。月山〜閉伊崎まで重茂半島を一望。料理は宮古の海の幸がドドン!!! こんなご馳走はいつ振りだろう?

「オイ、見てみ! 朝焼けだぞ!」ホテルの部屋から おおお〜キレイだ 日本海側の私たちにとって、何だか夕焼けを眺めてる気分で、チョッと不思議な感じでした

浄土ヶ浜パークホテル 部屋から夕食雲丹いっぱい!ごはん・お吸い物 アワビそば・デザート  とても良いホテルでした.

三陸名産・松藻 (まつも) と葛打ちした牡蠣のお吸い物。牡蠣のつるっと感と松藻の歯ごたえが対照的でおいしいです。

アワビの踊り焼きなどなど宿のかたには失礼ですがこれといって美味しいというものがなく極々普通のお料理だったのがちょっと残念。

アワビの踊り焼きなどなど宿のかたには失礼ですがこれといって美味しいというものがなく極々普通のお料理だったのがちょっと残念。

窓が大きくとられていて、開放的で広く感じることができました。あいにく、小雨が降っていたのが残念でしたが、それでも素敵すぎる眺めでした。

諸事情により日の出に間に合わなかったのだ。涙 せっかく日の出時刻もチェックして、日の出前、6時前には起きて、寒〜い中を外にまで出て、余裕だったはずなのに…

オーシャンビューでなかなか♪お風呂は前の日の方がよかったかな?御飯は海の幸てんこ盛り〜♪アワビの陶板焼は写真撮ろうと思ったらふたに張り付いていました(^_^;)

日帰り入浴で一汗流しましました。内風呂と露天風呂からの景観です。露天風呂で一人旅をしている学生さんに会い、旅行談議に花が咲きました。

浄土ヶ浜パークホテルの日帰り温泉に入ってきました。申し訳ありません、独り占めです。林の向こうには浄土ヶ浜が見え隠れする露天風呂もあり、とても快適なお風呂です。

海側のお部屋で、お部屋からの景色がきれいでしたー。普段は早起きしない私も、この日は早起きをしてお部屋から日の出を見ました。ちょっと曇っていたけどね。

結構綺麗で快適なホテルでした。ただ、地域的にで寒かったので、ホテル内のエアコンがガンガンに効きすぎていたのが難点ですかね。無茶苦茶暑くて寝苦しかったです。

お夕飯のウニが私の楽しみ。あと、苦手なホヤも、ここのだけは食べられるんです。生臭さがほとんどなく、他のところで出会うホヤと違う気がします。

このホテルのいいところはロケーションの良さだね。右画像はホテルの露天風呂。大きさは大人が5人でいっぱいになるぐらいかな。でも内湯は大きい。

浄土ヶ浜に近いロケーションにありますのでご来光の時間には歩いて浄土ヶ浜に降りて、カメラを構えて待つ訳ですがご来光を見るまでは、わくわくするものです。

ここは本州最東端、日本一早く朝日が拝めます♪5時過ぎから紫色に空が変わり始めた。5時13分頃、めでたくご来光。眼福!眼福!

息子の一番の目的、「温泉」へまず。(温泉じゃないけどね)そして夕食は、まってました「かにまつり」 部屋食は部屋がくさくなるかなーと思ってレストラン食にしました。

通された部屋は、大きな結婚披露宴ができるほどのとこです^^ テーブルの上に用意されたお弁当です脇には、イガイガの、そうですウニでした。

ロビーからの景色が素晴らしいヽ(*´∀`)ノ お風呂からの景色も良かった (女湯はね) けれどロビーからは更に素晴らしい!

カテゴリ:岩手県:宿/ホテル|テーマ:浄土ヶ浜パークホテル〔岩手県〕|更新日時:2007-12-26 16:12:27

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>