この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 19:03:22

「八景〔岡山県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お昼前についてまずはお宿で昼食です。今日のお宿は八景さん♪山里なので豪華ではないのですがひとつひとつ工夫された滋味あふれるお料理。

ここは前から お世話になっているお友達から 「料理がいいよ〜〜」と勧められていた所。やっと、来れました・・・ ロビーにとっても綺麗なオブジェ、春らしいね〜

で感想は・・・「最高ですよ。ここによったら恥ずかしがらずに入浴する事をお勧めします」後から知ったんですけど、ここは露天風呂番付の西の横綱で有名らしいです。

毎月替わるメニューで、4月は山菜やお野菜をメインとしたコースでした。シンプルだけど、とても品と奥行きのある味付けが最高に美味しかったです!

チェックアウト。おくどさんの中で茹でられていた地玉子と焼きたておかきがなんとおみやげに。湯で卵用に小さな塩も添えられていました。なんという心遣い。

しかし、輝かしい経歴に見合う料理か?と少し首を傾げたくなる。確かに美味しいが、焼物と煮物が平凡。秀逸だったのはデザートで何とまぁ焼茄子アイスクリーム

あぁ〜、美味しかった♪しあわせ♪ お野菜のフルコースとはこのことじゃ〜 ええもん(野菜)食べさしてもろうたわ〜

案内された10畳露天風呂付きのお部屋。眺望はちょうど砂湯が目の前に望める、開放感のある落ち着いた客室。うさぎの柄の丸いこたつも置かれていた。

八景と言えば、なんてったって、野菜料理 1泊2日で50種類以上の野菜が献立に組み込まれてる 野菜好きには何よりの楽しみ

そして、待ちに待った夕食(お食事処へ移動)の山里料理。今回、ここの旅館に決めたのは、お風呂が良さそうだったのと、野菜のたくさん入った料理が気に入ったから・・・。

西の横綱湯原温泉の大露天風呂砂場を目の前にする抜群のロケーション。良質の温泉と地のものを活かした身体にやさしい料理はとにかく素晴らしいの一言。

これは感動の一品です。海老のかきあげ。天ぷらですよ。衣なんだと思いますか? なんと山芋の千切りです。さくさくとした歯触りと、山芋の香りがそしてプリッと海老です。

露天風呂のあとは、お待ちかねの… 定評のある八景の夕食。濃い蒜山ジャージ牛乳もついてます。野菜のお料理が本当に美味しかった。大満足

素材の味を大事にしたやさしい味付けで、関西人の私たちにとっては完璧でした食べ終わって、すごく気持ちよかった"あ〜 おいしかった〜 ほんま最高〜”

うさぎは、八景さんのトレードマークです。館内も和うさぎのお雛様が、飾ってありますし、いたる所にうさぎ登場します。こたつぶとんも藍うさぎでした。

今回は宿泊期間を延長して二泊三日。更に前回贅沢だった部屋露天風呂をやめて食事を部屋で食べる「部屋食仕様」とし、食事の内容も活け蟹を別途手配した。

玄関、ウサギのロゴが ロビーは洋風。そして今回の部屋はちょっとリッチ部屋に。5人だから割安感が^^ベッドルームと小さな和室も 窓からは川向こうに露天風呂が丸見え

夕食に出てきた鮎の塩焼き美味しかったです。夜は露天風呂でビールを持ち込み飲みながら夜景を楽しみました。

野菜料理が中心なのですが 体にやさしい〜っていう かたぶん 地元のとれとれ野菜を使っているらしく 野菜本来の味を生かした 非常に美味しいお料理ばかり^^

泊まったのは湯原温泉の八景。お湯が良かったのでお風呂三昧。旅館の方はさりげない親切が素敵な方ばかり。主人も子供達も喜ぶ料理が出てきました。

大浴場が旅館案内の写真と同じとは思えないくらい地味だったりと、イマイチなところもあるのだけれど、それ以上に泊まってよかったなと思えることがたくさんあった。

長靴、エプロン姿で動き回るおかみさんを筆頭に、スタッフの方々は優しく、心身ともに温かくなりました。おかみさんの人柄は、コチラでも拝見できます。

更に感動したのは、アメニティの充実っぷりでした。まず、浴衣は2枚支給だし、お部屋についてる小袋に、女性には髪留めとネイル落としが入っていましたぁ☆

まずは、貸切風呂は無料で1時間借りれます。私が大好きな檜風呂!.....もう制限時間ギリギリまで楽しませてもらいました。空間のほとんどが桧で、心が和みます。

夕食は手の込んだ八寸に始まり、かにの酢の物ジュレがけ 牛肉の朴葉焼き、海老芋のあんかけetc... どれも手が込んでいて繊細なお料理に感激!

カテゴリ:岡山県:宿/ホテル|テーマ:八景〔岡山県〕|更新日時:2008-03-10 19:03:22

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>