この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 19:03:38

「指宿白水館〔鹿児島県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

温かい砂が体全体をゆっくりと包み、ソフトなサウナような不思議な感覚だ。10~15分で汗がどっと噴き出して、終了。独特の楽園感を得られる。

江戸時代の風呂文化を再現した『元禄風呂』がでてくる。部屋からは歩いて8分くらいはかかる。。しかし風呂はでかい、種類もたくさんだ。

鹿児島の地の物がいっぱい出てきてどれもおいしかったです♪旅館の料理の中ではなかなかの高評価!!結納の時のお食事よりもこっちが私は好きだったな・・(´ε`*)ゝ。

砂蒸し温泉は肌がスベスベになります。岩盤浴もあります。食事は夜食も朝食もおいしく、森伊蔵を併せて注文したくなりますよ。指宿に行くなら一度は泊まりたい宿です。

いたるところに「薩摩の歴史」に関連深いものが置いてあり、興味深いです。館内ギャラリーなどが多くありますので私のような日本の歴史好きには、大変嬉しいお宿ですね。

ホテル内の廊下です。ほんとにどこをとっても一流でした。もちろん従業員の接客もぴか一でした。ホントに満足でした。

旅館に戻り、小泉さんも堪能したという砂蒸し温泉へ。用意された浴衣1枚で砂の上に横たわり、係りの人に砂をかけてもらうと5分も経たない内に体中から汗が出まくる。

広くてゆったりした部屋は二人にはもったいない位です。夕食は「御所」の間で創作料理です。食べ切れないほどの料理でした♪

お部屋の窓からの眺めです すばらしいです 海側の部屋にしてよかったです 廊下からちらっと反対側のお部屋が見えましたがこちらの景色とは天と地の差でした

きれいな庭園や大きな温泉、砂風呂、おいしい料理、行き届いたおもてなし。スキーでいつも行くホテルとは大違いで、いろいろ世話をしてくれて逆に恐縮。

そして、温泉の後はお楽しみの夕食。ここもたくさん豪華な料理が並びました。地ビール3種。ここでもいただいちゃいました。

この季節のオススメはここです。プールサイドです。海もすぐそこなので、海も目の前です。観光へでるのも止めて、このベンチのうえでボーッとしていました。

ここは本当にお気に入りのお宿なんです。今回で3度目。

夕食がおいしかったので、どうしても朝食も食べたくて頑張りましたw 期待を裏切らない種類と味の和洋折衷バイキング。後、一時間いてゆっくり食べたかったw!!

旅館内に砂蒸し温泉があるのも便利。わたしは2回入った。1回目は家族が並んで砂蒸し体験。最初は砂が重たく感じて緊張した。心臓が、体中がドックンドックンという。

朝食にいたってはビュッフェなのよ。それも、ホテルのおしゃれなビュッフェというより、セルフサービス式みたいな感じ。和食はともかく、洋朝食の内容は、かなりひどかった

洋室の部屋の中は正直言ってガッカリなレベルだった。ベッド2つだから広さはあるのだけど、如何せん設備が古い。バスルームなんて安ホテルという感じ。

指宿白水館のおススメ度★★★☆☆ 寝具がタバコ臭くてつらかったです。もうちょっと配慮してほしいのでその意味を込めて辛口評価です。

凄くいいところでした。初めての「砂むし温泉」・・・周りの人は「熱い、熱い」言ってましたが、気持ちよくて、私は思わず寝てしまいそうでしたZzz

指宿の中でも有名な旅館で、ロシアの元大統領が家族とお忍びで宿泊されたり、最近では小泉元首相が日韓首脳会議で使った旅館です。

ホテルと言うより巨大温泉旅館という風情(廊下は浴衣スリッパOKだし) 部屋にユニットバスがあるけど大浴場が広いっ 内風呂も露天風呂も開放的だった(^∇^*)

様々なおかずの中で、一番美味しかったのがもずくの茶碗蒸し。もずくの茶碗蒸しなんて、初めて食べたのですが、もずくが意外なほど合うし、美味しかった!

中国の民族楽器 胡弓、揚琴、琵琶の演奏 胡弓の調べを聴きながらの食事です。かつおのたたき(右上)や薩摩芋の素揚げ等、鹿児島の食材がたくさんの会席料理です。

旅館に到着時も、出発時も、大勢でお出迎え、お見送りして頂き 出発時では、カーナビを設定するタイミングも掴めない雰囲気でした。

初体験しちゃいました☆ドーム型の岩盤浴は何度か受けたことがありますけど、まっ平らの岩盤浴はお初でした。でも、1,050円なんて、東京に比べるとめっちゃ安いですよ

ここはお風呂が凄かった!すごい種類!!千と千尋の神隠しに出てくる感じ。広いし、露天風呂も最高。指宿の温泉は塩辛いお湯。やわらかくってとても良かった。

小泉元首相も宿泊したという、歴史ある由緒正しい旅館のようです。お部屋もすごく広くて素敵でした!! お部屋からは海も眺めれて、おばぁちゃまも大喜びでしたよ♪♪♪

すべておいしくで感激の品ですが牛しゃぶは、お肉がおいしくておいしくてお目目がさらに大きくなるくらいおいしくてほっぺた落ちて戻らなくなるくらいでした。

だいたい10分から15分ほど入ってるんですが、血が綺麗になるそうですよー。5分経過した辺りで既に汗だく。岩盤浴より効果が高い感じですね。

お料理ぞくぞく運ばれてきました とってもおいしかったです あと、さすがに写真は撮れない大浴場。 すごかったです

海が見渡せる解放感のある敷地 リゾート感たっぷり〜癒される 私たちが泊まったお部屋はこんな感じです。広くて景色もすばらし〜〜〜〜

カテゴリ:鹿児島県:宿/ホテル|テーマ:指宿白水館〔鹿児島県〕|更新日時:2008-03-10 19:03:38

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 19:03:38

「指宿いわさきホテル〔鹿児島県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ホテルはめちゃくちゃ広いです。探検するとボーリング場に卓球場、ビリヤード場、麻雀ルームがある。なんと専用のサッカーコートもありJリーグが利用してたらしいです。

午後は敷地内にある美術館へ行き、夕方には指宿で有名な天然砂蒸し風呂に入りました 砂蒸し風呂は、温泉の4倍ほど効果があるそうです。

指宿といえば「砂蒸し風呂」です。いわさきホテルさんにも専用の砂浜があります。あいにくの雨ですがテントが張ってあるので大丈夫。寒さもしのげます。

建物とかはリゾートホテルなんだけど、温泉地ということもあって、パブリックスペースでも浴衣、スリッパでうろうろしても大丈夫。

部屋も広くとってあり、とても過ごし易かったですね。ただ、何かが足りない。それはここでは触れないことにしておきましょう・・・。

驚いたのはバスルームで、バスタブにガラスの扉が付いていました。これは珍しく、日本では始めてみました。次回指宿に泊まったら、砂蒸しや元湯に是非入ってみたいね。

お待ちかね。鹿児島名物「黒豚しゃぶしゃぶ」です。う〜ん、うま〜い!たれも美味しゅうございますよ。これは焼酎のお代わりですね。

ワタクシ初の砂湯でござる。こんなに砂が重いとは・・・こんなに砂が暑いとは・・・こんなに汗がでるとは・・・ 指宿最高!!

思ったより砂が重くて、かかととお尻が熱くて困りました。15分ほど蒸されました〜ゆかたを着て砂をかけてもらっています。地熱でこんなに熱いとは驚きです。

まずはホテル内のプール 「ジャングルプール」でスイミング 結構広く、いろんなプールがあって楽しい 温泉まであって、寒くなたら温まれる

夕飯はバイキング 一皿目 黒豚しゃぶしゃぶ・さつまあげ 二皿目 ローストビーフ ムール貝が美味しかった

鉄のスコップを持った スタッフさんが、体の脇から上手に 砂をかぶせてゆく。かなり重たいずっしりとした 砂に 埋められる感覚も加わり 少し 恐怖を感じる一瞬(笑)

全室オーシャンビューでベランダ付、広くてあたたかい、いいホテルでした。まずは名物、ホテルにある、天然の砂むし温泉へ!九州限定ぷっちょも砂むし

立ち寄り湯の料金は、大人800円。ここって、外部の人に開放している時間が短いこともあるので案外、温泉だけ楽しみに来る人は少ないのかもしれません。

砂蒸し温泉のあとシャワーだけでなく、温泉に入れるところに行きたかったので、指宿いわさきホテルの日帰りの砂蒸し温泉に行きました。

今回、私たちが「いわさきホテル」を選んだのは、砂むしと温泉の両方入りたかったから。別料金なんだろうと思っていたけれど、この空中温泉までがセットで、¥1050。

ホテル専用の砂蒸しスペースがあったので待つ必要はなかったのだけど、ひさしがなかったので、残暑の強烈な朝日をノーメイクの顔面に満面に浴びてしまいました・・・

そして通されたのは5階の鹿児島湾に面したテラス付きの部屋だった。夕食までまだ一時間あまりあるので、早速「砂むし温泉」なるものを体験してみることにした。

ホテルの部屋から錦江湾を望んだ風景です。このホテルはリゾートホテルっぽく、ミニゴルフあり、ボーリングあり、サイクリングあり・・・なかなかすごい施設でした。

夜ご飯は、ブッフェにしたのですが、盛りだくさんの内容でとてもおいしかったです。鹿児島在住の友人も、このホテルはまた泊りたいと気に入ってました!

いわさきホテルは砂風呂入浴料だけで、露天風呂にも入れます♪砂風呂って砂をかけるんでやっぱり重いんですよね。その重さが心地よく、疲れをとってくれた気がします。

19時チェックインで7500円 もしこれが、19時前だと15000円 倍も違う よっ!旅上手! 俺。。。 ただネットが使えないのが痛い。。。

指宿いわさきホテルといって超豪華!!敷地も広いし、部屋も広いし、お風呂は大きいし、食べもんは美味しいし、文句のつけどころがない感じ!

ここのプールは大人1000円、子供400円でホテルにしては値段も手頃。デッキチェアーもたくさんあって一日のんびり出来そうです。プールの横には温泉もあります。

このホテルで楽しみだったのが、指宿名物「砂むし風呂」約50度の暑い砂の中に、アタマ以外全てを埋めてもらいます。これがもう、熱い熱い

ホテルは指宿いわさきホテルです。夕食は腹一杯になりました。とても豪華でした。部屋はオーシャンビューであり、温泉は少ししょっぱい感じがしました。

カテゴリ:鹿児島県:宿/ホテル|テーマ:指宿いわさきホテル〔鹿児島県〕|更新日時:2008-03-10 19:03:38

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 19:03:38

「城山観光ホテル〔鹿児島県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

部屋はこんな感じです。落ち着いた清潔感いっぱいの部屋です。山側でしたが、窓外の景色もなかなか良かったです。

標高108mの城山山頂に立つホテルからの展望は見事です。お目当ての天然温泉“さつまの湯”露天風呂から市街地と桜山そして錦江湾を眺める・・・

昨年に引き続き最優秀賞を受賞したという城山ブルワリーのスタウトで乾杯!メニューで目を引いたのが、新黒豚伝説の「美湯豚しゃぶしゃぶ」。

クローゼットには、セイフティーボックスも完備。使い捨てスリッパ。洗面スペースは独立したつくりで、広いです。アメニティーグッズは簡易的なもの。

部屋の窓からも桜島がみえる7階のオーシャンビューを取っていた。しかし、大浴場の露天風呂から眺める桜島が一番だったなあ。

城山観光ホテルでは念願の「ミッフィールーム」に宿泊しました\(^o^)/ベッド周りとタオル、パジャマ、マットなどがミッフィーで統一されたかわいいお部屋でした♪

お部屋の中も、すごいすごい!!どこまでもてのいきとどいた清掃、いきとどいた管理、マイナスすべき点はどこにもなかったです。

ホテル内の滝の茶屋でさつまあげ、とんこつ、奄美大島の郷土料理、鶏飯(けいはん)を頂きました。ビールはホテル内のブルワリーで作られているベルギーホワイト。

お気に入りの城山観光ホテルの愉しみは、桜島を目の前に見ながら入る露天風呂と、朝日に染まる桜島を借景に4階のテラスで戴く色とりどりの朝食なのです。

温泉というとやっぱり温泉旅館の方が良い感じがするけれどこのホテルは市内からも近いし、手軽に温泉に入るのに良いホテルですね。

スーペリアダブルです。バス、トイレ一緒です。ここがちょっと残念ですが・・・温泉へ行ったら残念ではなくなります 部屋の風呂は不要です

露天風呂からも桜島を見ることが出来るのですが,どうも山頂は雲に覆われていて拝ましてくれません。見えれば極楽なんですけどね。泉質は炭酸水素塩泉で,肌に優しいです。

トンネルを下った先が駐車場です 坂を登るのか!?と思いましたがホテルの車が、駐車場まで迎えに来てくれました。急な坂なので とてもいいサービスだと思いました

チェックインしたら、まずはお風呂でしょ…。さつま乃湯へ。桜島を見ながら露天風呂に入って、ミストサウナでデトックス。う〜ん。気持ちいい…

このホテルが大好きになったのは朝食がすごくいいのです。¥2100のバイキングなのですが、ふつうのホテルの高かろう、不味かろうの朝食とは一線を画してます。

でね!!一番驚いたのがトイレ!全自動で蓋は開閉するし、水面がライトアップされてるし(^^;更に、クラシックが流れ出すの(^^;

宿泊している、鹿児島市内の城山観光ホテルは、格好のデートスポット。カップルだらけで少しむなしいですが、なぜか癒されました。

名前の通り山の上のてっぺんに大きくお城見たいに建っていてとても見晴らしの良い所です。部屋の前には桜島がド~~ンと

このホテルは鹿児島だけではなく九州でも指折りの名門ホテルです。東京で言えばホテルオークラとか帝国ホテルのような格式ある老舗ホテル。

なによりも嬉しいのはホテル内にある温泉!大きな露天風呂からは桜島が眺められ、屋内にはミストサウナまで完備されているのです。

部屋に入るとタオルに 安心安全なホテル宣言で「ふんわりしていないのは柔軟剤を使用していない」でした。こだわりですね。

バイキングで鯛の刺身をとり放題。小さな幸せだ。そんなにたくさん食べなかったけど。それと、薩摩揚げ。これも最後の朝食にいいかも。

さっそく、ここのホテルの名物温泉「さつまの湯」へ。ここはまさにホテル広告写真の通り、まさに絶景、写真にいつわりナシ。鹿児島はほんとにいいねぇ。

環境に優しいホテルアテンド シャンプーを始め、リンス、ボディーソープはもちろん タオルやシーツを洗う洗剤もエコロジィなものを使っているそうです

宿泊は駅前にしようか色々迷ったけどココにして正解でした なによりホテルマンの接客が最高でした 泊まったのは普通のツインルームですが清潔感があって非常に良いです

料理内容も豊富だし、パンは色々な種類のブリオッシュ(たぶん)があってこれもいい。食後のコーヒーはテラスで桜島を眺めながらいただけるのもいい。

レストランの店内はこんな感じ これで全体の半分くらいなんだけど、 流石城山観光ホテルの売りものの1つの 朝食バイキング会場は結構広々としたものでありました。

宿泊代は安いし(一泊朝食付きで11000円)朝食も充実してましたよ〜〜。 お薦め!さすがに桜島が見えない側ですよ。

極上黒豚ちゃんを〜鶏スープでしゃぶしゃぶ♪しますよ〜 お出汁は昆布出汁にするか迷ったけれど〜 鶏スープと黒豚、抜群のコラボレーション! これは堪らん!

カテゴリ:鹿児島県:宿/ホテル|テーマ:城山観光ホテル〔鹿児島県〕|更新日時:2008-03-10 19:03:38

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>