この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:10

「奈良公園〔奈良県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

写真の整理をしていると、奈良公園の桜の写真が出てきました。

奈良公園というと、あまりにも普通で ・・・・ 観光地のイメージが強くて、取り立てて好きな所ではないのですが ・・・・

そうだ!今度の ”シュウマツ” は奈良の鹿さんを撮りに行こうと思いつき、行ってきました。なんて、単純な・・・ 鹿さんの写真は後にして、まずは奈良公園の写真です。

興福寺の国宝館に入る。ここでは、八部衆が一堂に公開されていた。すべてがそろうのは珍しいとのこと。特に「阿修羅」が見たかった。

大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴が柱に開いてて、中学校の時には通れたのに、大人になった今じゃとても小さくて通れなそうでした(>_<)

奈良公園の奥の春日大社では、境内に吊るした3000基の釣り燈籠に火を灯す「万燈籠」の行事が行われていました。

両脇には、おびただしい数の石灯籠。2月と8月の万燈籠の時には、これ全部に明かりが灯されるのかぁ。幻想的だろうなあ!

中学校の修学旅行以来、久しぶりに行った東大寺こんなに大きかったんですね〜ビックリマーク建物の大きさに、改めてビックリ

特に派手なものがあるわけではないけれど、美しい風景があります。是非、歩きやすい靴で、一度散策しに来てほしいな。ここを見ないのは、勿体無い気がします。

特に有名な五重塔は美しい!しかし、拝観料は一切無料!奈良公園の一部と化している。ん〜世界遺産だし、有料でも充分見る価値あり。

奈良公園は芝生が広々していてとってもリラックスできたのですが、芝生に寝転びたかったのですが、鹿さんの落し物がたくさんあったので実行できませんでした。(笑)

まず入り口を入ると、こういう風景が・・・ 右奥では音声ガイドが貸し出されています。 左の机上には、英文の新聞や会場図がおかれています。

奈良の鹿は、人間慣れしていてかなり人なつっこい。写真撮影も気軽に応じてくれる!?人間が寄っていっても一切、逃げん。

以前来た時は気づかなかったのですが、お店で売ってる「シカせんべい」は絶対近づかず、手に持った途端にシカが寄ってくる。参りますね〜。

こんな感じで《鹿せんべい》を150円で売ってるんですが買った途端に鹿に囲まれます(〃゚д゚;A

奈良国立博物館は、東大寺、興福寺、春日大社などに囲まれた奈良公園の一角に位置し、平成7年には開館100周年を迎えました。

ここは奈良公園のそばなので、遅めの昼食後、さっそく鹿に会いに出掛けてみることに。実はわたし、鹿におせんべいをあげるのをとても楽しみにしていたのです。

誰もが見覚えのある阿修羅像(あしゅらぞう)や頭は鳥で身体は人という迦桜羅像(かるらぞう)等、同時に八躯が見られる特別公開は貴重ですよ。

大仏様を見るのは中学生の修学旅行ぶり .(*´`*). ゜ 何だか、久しぶりに歴史に触れることができました♪

燈籠の銅色に橙色の灯りと模様が浮き立った黒の影絵。そして朱色の春日社殿。人々の祈願のともし火は納得美しい灯りの演出でした。

カテゴリ:奈良県:スポット|テーマ:奈良公園〔奈良県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:10

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>