この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 16:03:57

「萬国屋〔山形県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

フロントは吹き抜けでとても気持ちいい空間です。この照明というか飾りが素敵です。上にちょっと見えるのが、大浴場へ架かる渡り廊下です。

食事は、日本海が近いので、新鮮な刺身やアワビの磯焼などが振る舞われたほか、山菜や和牛のしゃぶしゃぶなども楽しむことができ、地酒がすすみました。

温泉に浸かってゆーっくりするのも久しぶりでした。ここのところ温泉と言えば、日帰り温泉が多かっただけに、のんびりと露天風呂に浸かる気持ち良さはこれまた格別デス。

お待ちかね、本日のメイン・イベント〜♪庄内の海の幸・山の幸をふんだんに使った“萬国屋”さんの素晴らしいお料理をアテに、“燗酒楽園 at 温海”の幕が開きます。

シーズンオフだったのでお客さんはほとんどいなかったのですが、その分周りの目を気にせずゆっくり過ごせました。

ロビーは3Fまで吹き抜けになっておりとってもいい雰囲気でした〜 お部屋もモダンな感じの素敵なつくりでした

部屋に入ると机の上にはこんな漬物が。山形の人ってお茶請けに漬物食べるんですよね。最初はかなりのカルチャーショックでした。

部屋に入ると、ウェルカムフルーツならぬウェルカム漬物が もちろんお菓子も置いてあったけど、漬物が嬉しかった お茶を飲みつつ漬物を食べて、まったり〜。

料理も美味しかったです!YAHOOの旅上撰で選ばれた宿だけあって料理、お風呂、接客、すべてにおいて素晴らしい旅館でした。

AM7時から朝食。最近珍しくなったお膳での朝食だ。バイキングスタイルの朝食って、最初は豪華と思ったけど、何処へ行っても同じ内容なんだよなぁ…

この旅館には、ゆっくりくつろげる雰囲気があるんですよ。なんかこう、ホッとできるというか心から安らげる雰囲気というか・・

とにかく館内も広い。このあつみ温泉に一度来てみたかったのですがやっぱり・・・きてよかったです。。素晴らしい休日を過ごすことができました。

お風呂は男女時間入替制で3階大浴場「楽山楽水」は少し狭いですが、1階大浴場「桃源山水」は大庭園露天風呂があり広くてきれいでとても気持ちが良かったです

「今日の宿泊先は萬国屋」なんですよ〜」と言ったら、「いいとこ泊まるなぁ」とおっしゃっていただいたので、めちゃめちゃ期待大。ロビーからして豪華です。

「創業三百余年」って何かすごいんじゃない!?などとこそこそ話しつつ、入ってみると、やっぱり豪華でした。

館内のお土産やさんをのぞいてきました。みなさま、結構なお買い物の量でしたョ^^あつみかぶ・・・試食しました。いやぁ、おいしい!

温泉に入りながら一服処にあるも見れるし、ここは畳張りなのでそのままあがってちょっと休憩もできるし、ホントにリラックスしまくり

食前酒:梅とブランデーのカクテル(中央) メインディッシュ:三元豚のしゃぶしゃぶ(奥) 豚がモチモチしていてジューシーでとっても美味しかったです。

時代はかわってもお湯はかわりません。--足湯は、湯殿山のお参りを終えてでてきたところのやつが、霊験あらたかですよ。

隅々まで神経が行き届いている上に、広くてゆったりしたお部屋と迷子になっちゃうほど、ゆとりのある風呂・露天風呂・・・・そして、夕飯は部屋食よ。

赤ちゃん用の お布団・オムツとオシリ拭き・オムツ専用のゴミ入れを準備してくださいました。朝食の際は、揺りかごを用意して下さいました。

1階のお風呂はというと、ごれがまたママ好み!! 脱衣場は、「脱衣かご」だけでなく鍵付きロッカーあり 洗い場の数が多く個々に仕切りがある

ここは接客も非常によく、建物が豪華、料理が旨い、サービスがよいと三拍子揃った宿という定評を何十年も保ち続けている。

一人12600円の最低料金でお願いしたが、料理も十分でとても良かった。長男は「ここ一泊いくら?」と心配していた。なんと言っても、お風呂がいい。

今回泊まった部屋は9階で、窓から山桜とか木蓮とかが見えて、とても眺めが良かったです。また、川沿いの桜も上から全景が見える感じでとってもきれいでした。

露天風呂もスゴッ っつーぐらいいい温泉。館内も広かったしね。途中、いろいろ見て回ったけど山形県て割と物価が安いと思った。

部屋も最高。だって20畳www ほんとにいい気分でした。逆に申し訳ないくらいで。お部屋担当の佐藤さんはとってもいい笑顔でご当地話を聞かせてくれました。

お料理も満足しました。アワビのバターステーキこれ、とってもおいしかったんです。私が勝手に思うに・・香り・・焼きエビ、歯ごたえ・・アワビ。ってとこかな?

部屋食なので、他のお客さんに気を遣うこともなくゆっくりすることができました。小さい子供がいる時は、部屋食に限ります。つーか部屋食じゃないと無理です。

確かに萬国屋さんの露天風呂はすごく良かったと思います。あそこに入ると1時間ぐらい入っていたい心地よさを味わえるんですよ。(ノ∀`)σ

カテゴリ:山形県:宿/ホテル|テーマ:萬国屋〔山形県〕|更新日時:2008-03-10 16:03:57

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2008-03-10 16:03:57

「ほほえみの宿滝の湯〔山形県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

とにかく全てが至れり尽くせりで、唯一、露天が開放感が無いのが難点なだけ。他は完璧でした(笑)。

シャンプー等の洗剤を化学合成洗剤から合成界面活性剤や合成酸化防止剤、防腐剤、着色料の入ってない石鹸洗剤に替えたそうです。

温泉もゆったりできてすばらしい作りで久しぶりの温泉にココロからほぐれました。翌朝も早起きして朝風呂しちゃいました!またいつか行きたいお宿です♪

本当に素敵なホテルでした〜。Dualisオススメ宿に追加! 街中であることを忘れさせる中庭。吹き抜けの階段を下から見上げると・・・ 温泉卵を作ってくれます。

お部屋には、わたしの大好きな、天童木工のチェアや照明が置かれていて… あ〜。こういうステキな空間で見ると、やっぱり、ステキな木の椅子がほしくなっちゃいますね〜。

山形県天童温泉の滝の湯ホテルに新館が出来たので行ってみました。ここは会合などで何回も利用しているのだけれど、新しいフロアは今流行りの感じのお部屋です。

ベットがあるお部屋が間続きになっています。このちょっと高くなった畳敷きのベットは寝心地が良かった。ビーズクッションもよかったよ。

さてお楽しみの夕食です。懐石調の料理でしたが、普通のものがすごい量出て来ました。お米のうまさにビックリ、芋煮や山菜もおいしかった!

山形は「天童温泉」滝の湯に宿泊しました。その折、宿に飾ってあった「左馬」の由来は:馬は右から乗るとつまずき易く、左から乗るもの言われています。

ほほえみの宿、というだけあって、旅館の方たちが皆さんとても親切でした。息子の名前も覚えてくれて、たくさん話しかけて頂いて嬉しかったです。

同じ子連れが多いと思うと、ちょっと安心。ここは、子供の食事も、こまかく注文するとそのとおり準備してくださるので、ありがたいのです。

ステーキとか。岩塩をすりおろして食べます。アワビとか。もう、どれだけ贅沢なのかと。こちらは、メニューとは別にサービスの芋汁。これもいい感じ。

このホテル。全体的にサービスも良くて、お風呂も広めなんですが、なんと言っても料理がおいしい。魚もいいし、肉もいい。

改装したてらしく、めちゃくちゃ部屋がキレイ 部屋に入ると、自動で電気とかついてびっくり!! 今時のしゃれたお部屋で、すごい大満足

写真左の右側に写ってる黒い桶のようなものが露天風呂デス。8畳の和室に、ミニカウンターやパウダースペースがゆったりと備えられていて、ステキでした。

今回お勧めの滝の湯旅館に宿泊 琉球畳に寝やすい固めの大きいベッド 陽射しも一杯入り、気持ちのいい素敵なおしゃれなお部屋 うきうき・・・一人がちょっと寂しかったな

畳が気持ち良い湯上り処 湯上り処から見た中庭の雪景色 脱衣所から見た浴室 露天風呂 おもわず声がでちゃいます あ〜〜 外気は冷たいのにいい温度です

通していただいたお部屋は、とってもとってもすばらしいお部屋でした。ホントにびっくり。寝室、茶の間、リビングとお部屋も広々としていて調度品もステキなものばかり。

料理は個室で、朝食はバイキング。お部屋は清潔で、部屋付きの方はとても対応が良かったでした。(アメニティが少ないかな?)

大型旅館の華やかさがあり、アロマサロンやフットマッサージ、館内の居酒屋なども併設してあり、快適な宿だと思います。

9月21日から3日間休みがもらえたので、山形に行ってきた。

いろいろ綺麗な前菜がありました。山形黒毛和牛のヒレステーキです。たれは、岩塩(ヒマラヤ産)とわさび(葉山葵入り)、にんにくタレの3種です。

テーブルの上には、お花がいけられ、こうしたさりげなくお花を飾り、旅行客をおもてなしするところは、人の温かさを感じました。

【季の花】展望温泉露天風呂付和洋室で、広々としていて、あ〜たんも部屋中をハイハイで探索していました。最上階の部屋だったので、眺めも良かったです

山形名物の芋煮ってしょうゆ味なんだって事を初めて知ったよ。味噌汁みたいなものかと思ってた。それに、さくらんぼの漬物!全部おいしかった〜 幸せ、幸せ

スタッフの方もみなさん親切やし対応もよく、ホテル内もものすごくきれいで。。。私、もと花屋やからついついホテル内の活け込みの花を見てしまう・・・^^;

上品な甘さの梅ゼリーに白いんげんが入ったデザート 金箔フレークがお正月らしく嬉しいおもてなしですね♪ 部屋に入る前からリッチな気分満喫

二日目の宿は天童温泉、ほほえみの宿「滝の湯」さんでした。私、同ホテルの予備知識が全くなかったのですが、お湯よし、食事よし、お部屋よし、大満足でした。

・環境に配慮したせっけんシャンプー、リンス(←パックス ナチュロン!感激!!)・料理には、化学調味料不使用で、あっさり!・広いから、車椅子でも利用できる!

超超超〜 楽しかった 部屋も最高 露天風呂付客室 すげー広っ ワイン飲みながら入る露天風呂 そして〜 裸でおもいっきりの お叫び気持ち良かったですね

すッげ〜!部屋に入った瞬間ガラス張りの露天風呂が目に飛び込んできます。冷蔵庫の飲み物は全て無料!(季のはなだけのようです)

中庭のポイントとなる風景です。木を表す見栄えや奥に見える茶屋は昔ながらの風格ある雰囲気がでてお金をかけてメンテナンスをしているなぁと感じました。

カテゴリ:山形県:宿/ホテル|テーマ:ほほえみの宿滝の湯〔山形県〕|更新日時:2008-03-10 16:03:57

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>