この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「水上温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

一番お気に入りの露天風呂、「子宝の湯」です。ぬるーいので、ずーーーっと浸かりっぱなしです。4つの露天風呂を挟んで、中央には結構な流れの川が。そして周りは緑一色!

大浴場や11個ある貸切露天風呂等は源泉掛け流しと循環の併用なんだけれど、客室露天風呂は完全掛け流し。だから、お湯が濃い。お湯のあたりがとてもいい。

部屋付けの露天風呂としては、とてもゆったりしており、木立をうまく利用して外部の視線を避けながら、景色も楽しめるようにくい演出がされておりました。

訪れたのは水上駅から徒歩10分ほどの日帰り温泉「ふれあい交流館」です。浴室はかなり狭く、泉質もほぼ特徴無しでした。誰もいないので気持ちよく入浴できましたけど。

水上駅からシャトルバス温泉ぶらり号乗り降り自由500円で湯の小屋温泉へ。 そこからタクシーを奮発し照葉峡、奥利根水源の森へ。 水源の森が素晴らしい紅葉で感激!

男性風呂と比べて、女性風呂はシャワー六つしかなくて狭く感じますが、かけ流しのお湯じは熱くて気持ちいいです。結局三回もお風呂に入ってきました。

ドアを開けて露天風呂へ入ると、本当にひろぉ〜〜〜〜いヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!しかも、この時は雪見風呂&貸切状態でサイコ〜でしたよ!!

温泉は無色透明。効能は神経痛、リウマチ、胃腸病、冷え性、美肌効果など。温泉に浸かると肌がキュっキュっキュてな感じでした。

利根川の源流にある渓流露天無料の貸切風呂が21もあります2番目に広かった「天女」広さは椅子から想像して一番広いところは後日紹介

泉質は弱アルカリ性単純温泉、無色無臭でやさしいお湯でした。アルカリ性温泉なので少しとろっとした感じです。泉温もちょうどいいあんばいでついつい長湯したくなりました

お部屋の露天は夜に入ることにして貸切の露天風呂へ。この露天風呂がかなりいい感じ。広さも十分だし、温度もちょうどいいですね〜。ま、ここは加温ですが。。。

お湯はぬるめで、無色透明なのに硫黄の匂いがぷんぷんする。湯船は混浴の物が一つだけ。脱衣場は別々だけど、どちらも湯船から丸見えなので女性は入りづらいかもしれない。

なんと広さは100平方メートル。脇に川が流れていて、お湯は透明で湯の花が浮かび硫黄臭が漂います。また温度も低めでいつまでも気持ち良く入っていられます〜p(^^)q

今年は暖か〜殆ど雪はありませんでした。 雪見のお風呂もいいかなあ〜なんて思っていましたが・・・ 良い骨休めができました。

数分おきにお湯が噴き出して浴室に注がれています。掛け流し風になっていて期待はしたのですが、それとは別なところからも常にお湯が出ていて源泉掛け流しではないです。

これが内湯の不動の湯。(脱衣場には鍵付ロッカーもありますが100円。)写真右上部のガラス戸から外階段(木製てすりがみえてますが)を降りれば露天風呂です。

劇団一人の年賀状のCMの温泉水上温泉 天狗の湯 きむら苑 に行ってきました〜この温泉、自家源泉をかけ流しだし、広いし!!!!でも、ここ。。。。混浴なんですゎ。

旅館に到着するとひたすら温泉を満喫。。。内湯の他に露天風呂が3つ100畳、200畳の広さの露天風呂に感動。。。山の中なので周りは一面雪景色だし。。。

そして、お気に入りの露天風呂つきの部屋に泊まります。1年間頑張ってきたご褒美として、ちょっと奮発してこの部屋に泊まります。

この宿を選んだ理由の一つが、無料の貸切風呂が4つある、ということ。妊婦なので、大浴場よりもゆっくり人目を気にせずに入れるお風呂が良かったので。

ここは無料貸切風呂が2個、ちいさな健康ランドみたいなお風呂8個、水晶風呂3個、牧水の湯2個とお風呂がいっぱい。

男女とも内湯が1つずつ、5・6人でいっぱいになるくらいの小さめの浴槽ですが自噴している源泉が掛け流されていてオーバーフローの湯量もまずまずです。

じゃじゃ〜ん。部屋に露天風呂付き!!!そんなわけで、この時間に、部屋露天風呂へ。深めの桶で、肩までゆったり。あったかかったぁ〜。気持ちよかったぁ〜。

合計20ヶ所のお風呂を全て制覇、2、3回入ったところもあったので一泊で25回、お風呂に入ってしまったのでした。はい、さすがにちょっと疲れましたです…

ここの一番の特徴は、源泉か3つあること。そのため内風呂は3つあります。メインはアルカリ性単純温泉の「不動の湯」で内風呂のほぼ半分を占めています。

昨夜の ひのき風呂には無かった洗い場がある・・・ このホテルの隣に源泉があるので こちらのホテルのどの風呂も24時間かけ流しとのこと

利根川上流の切り立った崖の下が源泉だそうだ。その崖の上に立っている。もちろん源泉掛け流し。46.2度の毎分700L。良い温度でそれなりの湧出量だ。

貸切風呂はお宿の部屋数が 8に対し3箇所。そして 8部屋のうちの3室には 露天温泉が付いてます。部屋数の少ない旅館の良さが分かりますね〜

今回お世話になった旅館は、『だいこく館』さんです。古くてこじんまりした旅館ですが、ワンコ連れにやさしい感じ。お犬様用の露天風呂もありました。

水上温泉(群馬県)へ行ってきました。紅葉は1300m地点くらいが見ごろで、宿のあたりでは来週あたりが最高に美しい見ごろを迎えるといった感じでした。

1階にワンコ用露天風呂があります 天然温泉掛け流し ワンちゃんが気持ち良さそうに入ってました〜 なのでQOOも入れてみました

なかや旅館さんです。こちらはベビープランというのがあって、お風呂の貸し切りをしてくれます。貸し切りしてくれるのは木、石の露風呂と洞窟風呂の3種類。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:水上温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「磯部温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

露天ではきもちツルすべがありました。これだけの構成だったら「な〜んだ・・・ (-_-)」でおわってしまいます。が、源泉風呂はものすごいものです。

源泉がとても濃厚なため、源泉そのままではお肌に刺激が強すぎる為の加水循環ということで、循環でもアルカリ性温泉らしいつるつるする感覚は味わえます。

今日は、かなり人が少なくて、良かったな〜。ここの温泉は、塩泉で、匂いはほとんど無いが、ややねっとりとした感じで、これが湯冷めしにくくて、なかなか良い感じだな〜。

内湯は循環しているためお湯のパワーが減少 掛け流し&一部循環。新湯注ぎ口付近はお湯が新鮮 遊離炭酸561mgを含み、湯口に手をいれると気泡がつきます^^

磯部温泉の一角にある大型日帰り施設。内湯と露天風呂はかなり大きく、20人ほどは入れる。無色透明の湯は塩分と苦味を感じるが、循環。

季節によって、無色だったり濁ったりもするそうだが、今夜のお湯は、ほんのり黄色味がかった透明 わずかに硫黄臭もある、やわらかいお湯だ

砂風呂に10分くらい入ってから、特製のお茶を飲んで、たくさん汗をかきました。水分をこれほど摂った事はありませんでしたが、汗もこれほどかいたこともありませんでした

舌切り雀のお宿として知られている「磯部ガーデン」温泉 とても広いのですが少しずつ足し増しをしているようで行きたいところに行くまでに迷子になりそうでした。。。

ジョッキ一杯のびわ茶を飲み、着替えて砂風呂へ。私はいつもだいたい10分位入ります。砂の中では限界までただひたすら耐えるべし。

成分の濃い、いい温泉ですよ。^±^ノ泉温52.6度です。「含銅・鉄(?)・ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉」です。泉質、ナガーx±xそれだけ効き目もありそう・・・

群馬の磯部温泉 磯部ガーデンにお泊り♪ 立派な外観!! 今回は、露天風呂付き客室に泊まりました 露天風呂〜〜 体洗うとき寒かった

久しぶりに磯部温泉 恵みの湯へ。今日の目的は「砂塩風呂」。以前、一度だけ体験した事がありましたが、とってもスッキリとして気持ちよかったので、リピートすることに。

磯部温泉・恵みの湯です。いい湯ですよ。お湯がしょっぱいです。で、入浴すると、肌がつるつるします。ただ、足元が滑りますからお気をつけて・・・・。

お湯は「含銅・鉄(供-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩強塩泉」という複雑で珍しい泉質だそうです。こういう施設だから加水・消毒は仕方がないとこでしょう。

内風呂、露天風呂ともに狭く感じるケド、他に人が全く入ってくる気配もなく"貸し切り"状態の2時間でした。温泉は無色透明なアルカリ性炭酸泉。ニオイもしません。

前日予約を入れておいた【砂塩風呂】を堪能。『あたたかな砂に包まれて、心も体もときほぐされる心地よさ』とあるセールスコピーに偽り無し。

泉質は含銅・鉄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩強塩泉で、微かに茶色っぽく見えます。味は少しコクのあるしょっぱさです。成分的には食塩と重曹が主成分です。

強塩泉でお肌がスベスベになる上に、身体がポッカポカに温まる。お風呂出てからしばらくは汗をかくほど。お湯を舐めると海水ほどの塩辛さ。

浴衣に着替えて砂を全身にかけて横たわっていると、大量の汗が!(この砂、ミネラルをたっぷり含んでいて血行促進、冷え性などにいいらしい)

ちょっと残念なのは、消毒用の塩素が強めなのと、露天風呂のすぐ隣が道路なので、車の音が結構聞こえて、興ざめでした・・・。

この源泉はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩強塩温泉(天然のふくらし粉が成分)中性高張性高温泉の効能・・・疲労回復、関節痛、冷え性、皮膚病等です。

ここの日帰り施設は比較的新しい施設で、料金も3時間/500円と手頃です。昨日の夜7時過ぎに行ったのですが、入館時は結構賑わっていました。

新しくて綺麗な施設。大きな内湯と打たせ湯に露天風呂があります。大きな日帰り入浴施設ですが、黄色のお湯にはぬめりがあり、なかなか良い湯でした。

温泉もすごくよくて、ちょっと湿疹で荒れていた肌の調子がよくなりました。おまけに風邪気味だったのも、よく温まったせいか解消。

数年前に出来たばっかりらしく、中も小綺麗で。石風呂系なのと、檜風呂系なのがあって、日替わりで男女が入れ替わるそうな。

まだ新しいようで、なかなかきれいでした。お湯は少し黄かかった透明。循環で加水されているものの塩分は強いようです。

広い開放感のある露天風呂が特徴で、この日は獅子脅しが動いていないのが残念であったが、岩の隙間から流れ出る暑い湯はなんとも風情がある。

こんな感じで10から15分、ミネラルたっぷりの塩を含んだ砂で蒸されます そして出てきた後は、タオルで包まれて薬草茶を飲みながらリクライニングシートでリラックス

このホテルのお風呂がご機嫌!露天風呂もゆっくり入れるし私が好きなのは・・・・源泉の湯船があるの!鉱泉なのでぬるいのですがとっても肌がつるつる!本当に美人の湯です

あいにく私が入浴したのは、翌朝で雨が降っていました。雨音を聞きながらというのも風情があってよいものです。

磯部温泉の足湯に入りました。最近あちこちで見かける足湯、気軽に入れるのも良いですよね。気温9℃の中、足湯に入りましたが10分も経つと全身がポカポカしてきました。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:磯部温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「伊香保温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

さて、白銀の湯ですが、無色透明を呈しており、特に強調しているお湯ではなかったです。肌への刺激が少ないので、子供でも高齢者でも安心して入れるものですね。

源泉100%の掛け流しの茶褐色のお湯に浸かりながらぼんやり空を眺める。なんともいえなず心地良い。子宝の湯として知られる名湯らしい。

黄金の湯が硫酸塩泉で、白銀の湯がメタけい酸単純泉だそうですが、どちらも入りやすい泉質で、この日はとても寒かったのですが、すごく暖まりました。

1000円で、これだけ広いお風呂を貸し切って使えるなんてってお得感120%って感じかな。

実際、浴感も井戸水の沸かし湯と何らかわらないので、『しろがねの湯』しか引いていない宿に宿泊しても、伊香保温泉のお湯の良さは分からないと思いました。

子宝にも良いとされるのは黄金の湯☆もちろん、調べていきました!ここの旅館は黄金の湯です。お湯の色は黄土色みたいなちょっと濁った感じです。

宿に着くとすぐさま温泉へ直行。うわさの名湯『黄金の湯』です、本当に茶色した源泉掛け流し。しかも男湯は深さ1m程あり、さながらプールの様。

しかし、最近茶褐色の温泉はかなり貴重になってきて、出なくなった旅館もあるようだ。ちなみに、温泉は飲用ができるけど、鉄の味をして結構不味かったわ>_<

内湯のお風呂は、源泉掛け流しですから、独特な黄金色で、なめると錆びた鉄の味・・・いわゆる血液に近い味ですね。。でもスベスベして、3回ぐらい浸かりました。

伊香保露天風呂(OLYMPUS CAMEDIA FE-190) ここは、本当に露天風呂しかなくて、脱衣所も外なので今の時期はちょっときついです(汗)

中の浴場は清潔感のあるお風呂で無料ロッカーもありましたよ泉質は硫酸塩泉でうちみ・切り傷・火傷などなど噴出口が近くにあり湧き出るようすが見られます!

伊香保温泉、宿泊先は横手館。老舗の旅館ですごっく風情があって私のチョイスは間違ってなかった〜。源泉に近い分、温泉の色も茶色でした。

泉質は 『カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉』 お湯の色は緑がかった茶褐色で、わずかに鉄のような匂いがしました。

入浴料は大人450円いざ中に入ると予想が的中!!なんと露天風呂だけで洗い場も何もありません。当然更衣室も無し、浴槽の横にロッカーが並んでいるだけでした。

温泉はほぼ掛け流しですし、混合湯なので「黄金の湯」が入っていないわけではないので、嘘はついていないと言うことでしょうか。

今回のお泊まりは伊香保温泉階段街の老舗 岸権 ここ、お風呂充実。露天が二つに室内大浴場。うぉ〜温泉好きの血が騒ぎます。速攻でまずはひとっ風呂。

泉質は「カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉」色は茶褐色の「黄金の湯」。これは、鉄分が酸化した色だそうです。

しかも、温泉も改装中のため男女入れ替え制でしたが、なんと、前日から展望風呂はオープンだったため、ぴっかぴかの一番のり気分♪

循環温泉、微次亜臭のお風呂です。ややプールの匂いといったところでしょうか。眺めはまーまー。寂れた夜景が見えます。

温泉街を抜けて、石畳の階段を越えて・・・さらに奥へ・・・伊香保温泉の一番上にある、伊香保温泉露天風呂・・・素晴らしいの一言・・・

ちなみに、「千明仁泉亭」は、どこの旅館にも分湯はしていない。だからここの温泉は、どこよりも“濃い”と、常連客は語ってくれた。

入泉料450円を支払い入場するも、冷え切った体を待っていたのは吹きっ晒しの屋外の脱衣所! 着衣状態でも死にそうに寒いのに、気温2℃の中で中で脱衣とは・・

源泉のすぐ傍の露天風呂に入ってきた。いわゆる黄金の湯というやつだ。3連休前の金曜−土曜で行ったのと、雪が降っていたのが重なって、ほとんど貸切状態で温泉を満喫。

茶褐色の鉄さび臭が特徴的なお湯だ。熱めのお湯と温めのお湯とに分かれていたが、この時期はやはり熱めの湯がすばらしい。

伊香保温泉は茶色なんですよね(^ω^)そして露天風呂は岩じゃなくて木のお風呂やからまた違う温もりを感じました、優しく包まれたナァ

鉄分が濃いのか、石まで錆色でした。「錆くっせー!!」ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆でも、温まりましたよ。

てっきり浴槽が石段で出来ていると名前から創造していたらしく,「石段じゃなかった。」と怒っていました。ここは石段街にあるお湯だから「石段の湯」って言うんだよ!

今回はこの温泉街の中でもっとも有名な湯と言って良いかもしれない石段の湯に行ってみました。

歩いても10分ほど、先週の伊香保は本当に紅葉のベストシーズンで紅色・赤色・黄色・橙色などかすかな色の違いのコントラストが朝日に照らされ美しかったです

この温泉はやや白濁した茶褐色で鉄分が多い感じです 湯温は自然のものと思えないほど適温でした多分熱いほうで43〜45度くらいではただひとつ難点は脱衣室が無いんです

お風呂のすぐ隣に和室まで付いてて、ゆっくり1時間のんびりできました。ちょうど夕暮れ時だったので、お風呂に入りながら、キレイな夕焼けと夜景の両方を堪能できました。

湯は褐色に濁っており、鉄分が豊富な香りを漂わせている。伊香保温泉の中でも最も新鮮な湯を味わう事ができるのがこの露天風呂であるということを実感させられた。

源泉かけ流しの黄金の湯 いや〜!最高でした〜!!ど定日って事もあり、貸切状態で展望露天風呂まで独り占め!!星空を眺めながらの入浴は格別でした〜!!

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:伊香保温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「老神温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

源泉かけ流し【金龍園】の露天風呂でのほほ〜んと疲れを取り。。。ここは混浴ですが、湯浴みが無料貸し出しなので大丈夫!

泉質はアルカリ性単純温泉 源泉温度40〜65℃肌に対する効能から「美人の湯」「傷治の湯」の異名を持つ。柔らかな温泉で老神の伝説を思う。

畳敷きにする事で、 滑りにくくなるため、年配の方やお子さんに安全 冬は暖かい等、メリットはあるようですが、私も女房も違和感を感じます。

一応、源泉掛け流しということ。塩素消毒している雰囲気はなく、その手のにおいもしない。あったまる。湯切れがいい。

噂どおり、浴室はご主人の手作りということ。女湯はこじんまりしていて、男湯はL字型で浅い部分もあるつくり。お湯はとにかく熱い。

しかし来て良かった〜^^ 混浴露天は灯籠もありなんか良い雰囲気で、湯温40℃の熱くもなく、ぬるすぎる事もない湯でゆった〜り 岩風呂ふう男女別内湯も良かったです。

少〜し湯の花が舞う、透明で柔らかい肌触りの湯です 僅かに泡付きもみられました ここは飲泉もできるので、湯口付近にコップが置いてあります

【第9湯】は、老神温泉・金龍園 (地図)湯めぐり最後の旅館。ここも歩いて3分ほどなので、さすがにバテバテ。こちらは、内湯と露天で泉質が異なるのが特徴。

混浴風呂が露天と内湯の2つあって、内湯と貸切露天風呂はアルカリ性単純硫黄泉(ph8.5)露天岩風呂は単純温泉(ph7.2)と2種類の温泉を堪能できます。

満天の星空がキレイで、この露天風呂の名前どおり、たしかに「月待ちの湯」でありました。これ以上の贅沢はないぐらいサイコーのお湯でしたね。

残念ながら、写真が撮れたのは内湯だけでした。露天風呂は2つあって、1つは林檎が沢山浮かんでいました。とてもいい香りがしました。

源泉も2つ有るようなので訪問しました〜尋ねたら(薬師の湯 )はカランなどに使われているとの事2種類の源泉に浸かることは出来ません〜残念・・・・

温泉の熱さ故でしょうか。温泉はパイプによってバイパスされ半分以上がそのまま外へと出て行っている、贅沢な状態でした。「ん〜、もったいない・・・」

古びた浴室は窓も大きく明るい造り L字型の大きな浴槽からは湯がふんだんに溢れ 古びた丸タイルの敷かれた床を湯が流れる 非常に雰囲気のいい造りだ

湯元華亭はあまり大きな施設ではありませんが、清潔で快適なお風呂でした。お湯はやや熱め。効能としましては…、私は肌がつるつるになった気がしました。

3年前から神経痛&運動機能障害のある私は単純泉&弱アルカリ性低張性温泉が嬉しいのですが、ここも皮膚病やリウマチ、婦人病などに効果があるといわれてます♪

片品渓谷の川沿いにあり湯には湯花が舞っておりました。露天風呂も2個あり、そのうちの一個には林檎が入っており良い香りがしました。

このお宿は、露天風呂が 大変有名なんです。全国の 露天風呂百景!にも選ばれているんです ただ、お年寄りや 足の悪い方には少々辛い部分も・・・

男湯は内湯と大小温度の違う露天、打たせ湯、老神温泉の源泉50.2℃、単純温泉、残留成分470mg/Kg、透明で無臭、成分は感じない。

日帰り温泉湯元華亭さんの温泉に入りました。建物は、綺麗で内風呂1露天風呂2が有りました。泉質は、以前は、硫黄泉が出たようですが今は無色透明単純泉です。

源泉かけ流し、と言うとっても贅沢なお風呂。着いたその日も、翌朝もチェックアウト前にも入っちゃった♪もうお肌すべすべ&つるっつるですよ〜〜^^ 女性には最高☆

今回も露天風呂付きのお部屋。ちょいぬるめなおかげで、のんびり読書が出来ました。極楽極楽w

温泉はまぁまぁかな。普通。でも部屋の風呂はよかった!風呂入りながら月見酒やった!!いやー気持ちよかった。

こちらは何と言っても露天風呂が素晴らしい。露天入り口の暖簾を分けた瞬間、向かいの渓谷に接する様に露天も段になっており、嬉しくて目が眩みます。

無色透明で淡白なお湯と思いきや、半身浴していると足が熱くなってくる。椅子に座って陽を浴びて、更に温まってきました。露天には見事な枝振りの桜が2本。春先も良さげだ

日によって男風呂と女風呂が入れ替わる。今日は前回とは逆だ。なんと、林檎風呂だ〜 湯船にたくさんのリンゴがプカプカ 浮いている〜微妙だw ゆず湯以来の果物湯!

老神温泉にある老舗旅館伍楼閣は広々とした庭園風露天風呂が気に入っています。お湯は若干ぬるめで真冬はきつそうですが夏でも楽しめる温泉です。

宿はヒノキ風呂と露天があって、母の為に(私の事はさておき)貸切にしてくれて、2度も二人で大きなお風呂にゆっくり入ったお湯は熱めだったけど、泉質は良かった

片品川の対岸縁で2源泉ポンプアップして集湯槽に落とし川を渡り対岸の老神観光ホテル付近から7,8箇所の利用施設に配湯していると…ご主人がしっかり教えてくれました

内風呂の浴槽は、古代ヒノキを使用しているそうです。大きさは、20人は入れるほど。無色透明の湯が溢れていて、勿論かけ流しです。

内風呂で面白いのが「しぶつの湯」。お湯にかわいらしいカタチをしたバラの花を浮かべたお風呂です。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:老神温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「草津温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この合わせの湯の湯殿はノスタルジック感も満点で隊長は大大満足でした。特に打たせ湯のコーナーの透明なお湯はなんとも言えず心地よいものでした。

泉水館は自家源泉「草津12湯 君子の湯」を持つお宿です。草津の他の源泉とは違ったお湯が楽しめます。

にごり湯だいすき!にごり湯じゃなくてもだいすき!極楽館というお宿に泊まりました。ここに泊まるのは二度め。なんといってもごはんが美味しいのです。

ここは大浴場(内湯)、露天の他に、地下に「合わせ湯」というお風呂があります。ここでは源泉を自然冷却させる100%ピュアなお湯に浸かることができます。

「泉質の素晴らしさ」「ちゃんと温泉街がある」「情緒もある」・・・欠点の少ない温泉地は少ないので、改めて素晴らしい温泉だと感激して帰って来ました。

奈良屋のこだわりは、お湯! 湯船にそそぐ湯は「白旗の湯」の源泉から自然流下させ、敷地内の漕で適温に冷ましています。

極楽館の自家源泉大日の湯は、草津では珍しく低めの湧出温度。そのため、その豊富な湯量をドンドコ掛け流しにしても湯が熱くならないのが特徴。

入るやいなや底に溜まっていた湯の花が大量に舞い一気に白くなりました。泉質は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉、飲んでみると予想通り酸っぱかったです。

着くやいなやお風呂へ・・・無色透明のとってもなめらかなお湯。平日とあって誰もおらず、贅沢にもこの大露天風呂をひとりで満喫できてしまったのでしたうしし。

大滝の湯は、草津温泉でも好きな立寄り湯の1つです。まずアクセスが楽です。昼間はちょっと混みますが、それでも駐車場が完備されています。

草津の標準的な共同浴場です。標準的というか、外観を見る限り量産型というほうがごまちゃんにはしっくりきます。だって、草津の共同浴場は外観が似ているの多いですから。

10月26日(火)の夜から、草津温泉では雪が降りました。今シーズン初めての雪情報です。そして、紅葉もキレイなので、紅葉情報とダブルでご案内いたします。

日帰り温泉施設の 大滝乃湯 内湯は、ぬるめから熱い温度のお風呂まで幾つかあり、露天風呂も2種類の源泉の合せ湯があったりと長時間楽しめる温泉施設です

*** 凪の湯 *** ここの湯は狭いしパスしようかと思ったんだけど誰もいなくて勿体無いし入ろうと思って湯を触ったら・・・あぢぃ〜!!!!!!!!

奥にあるにが草津館さん自慢の「若の湯」。草津温泉では、ここのお宿でしか入浴できないレアな源泉です。色はエメラルドグリーンで、軽く白濁しています。

湧き出たお湯が木樋を通り、滝となって流れ落ちる『湯滝』滝壺は、淡いエメラルドグリーンのお湯が輝き魅力的である。

酸性の強いお湯で最高でした!塩素臭もなく泉質が良い。さすが天下の名湯。思わず1時間近くも浸かってしまい、手の皮がふやけてしまいました。

一番奥から源泉が出ており、奥に行くほど熱くなります。熱い風呂の好きな小生でも、さすがに一番奥は熱くてそんなに入ってられません(^^;

大滝乃湯です。入湯料は大人800円。広くて、お湯が白濁色のお風呂ですげぇー良いですよ!! 露天風呂もあります。800円出して入浴する価値はあると思います。

「奈良屋」という老舗旅館に泊まりました。「徳川将軍汲上の湯」として「白旗の湯」と称されるお湯。薄い白色のとろりとした感じでお肌ツルツルになりました。

湯揉みもやってみたかったんでショーを見つつ体験にも希望してやってみた。 意外に難しい。 ショーのおばちゃんがやってるようには全然いかないもんなんですね。

よわい酸性泉系のレモン味にしぶ焦げイオウ臭。酸性硫黄泉らしいヌルするとした湯ざわり。湯畑系共同湯のなかではわりにおだやかなお湯のような気がします。

露天風呂から地下に続く階段があり、男女時間交代制の『合わせ湯』があります ココは総木造りの浴槽が5つあり、源泉がそれぞれを順に巡っているそうです

最初に湯畑のところにある白旗の湯に入浴。ここは無料。熱めの湯が気持ちが良かったです(^^)実は草津温泉に入るのは初めて。

古代から愛されている緑がかった青色の透明の湯。匂いの割にマイルドで、じんわりと体に染み入る感覚は唯一無二のもの

すごく広くて開放的で、ちょっと熱いお湯と積もった雪の上を流れてくる冷たい風が気持ちよかったです。

でも何より泉質が上質ですね!やっぱ、こういうこゆい温泉がいいわぁ。なかなか住んでるそばには温泉がなく、あってもスーパー銭湯の循環系だし…。

硫黄の香りがうっすらと漂う温泉は白濁のお湯である。酸性硫黄泉だから、貴金属を装着して入浴するのは禁物だ。

辺りには硫黄の匂いが立ち込めていて温泉に来たっ!て実感させてくれる。夜になると湯畑がライトアップされて幻想的な景色に変わって別の国に来たような錯覚に陥る。

もちろん、湯も申し分ない。硫黄臭に肌の弱い部分にピリピリと刺激ある強酸性泉は全ての細菌を死滅させるという。目に入れると痛くて開けられないくらいだ。肌はすべすべ。

草津温泉の外湯(共同湯)めぐり、源泉の話など。

例のお湯もみの体験や見学も出来ます足湯も至るところにあるのですが手湯、にはびっくりしました飲むのではなく、あくまで手を洗う温泉です

駿河屋さんは湯畑から徒歩約2分 西の河原から徒歩約3分と言う便利な所にあり、わたの湯源泉と湯畑源泉を引いてあって、それぞれ1つの浴室があります。

源泉は万代鉱で草津温泉のなかでは、最も強い(つえぇ〜)温泉。酸性なのに、ぬるぬるするという、温泉マニアにはたまらない源泉のひとつです。

木造の浴槽や浴室が風情いあります。38度から46度まで5つの浴槽があります。指定された順番に1分ずつ入ります。46度って効きます。

湯畑をバックに紅葉の写真を撮ってみました。今日は、気温が15度くらいまでとなり、昨日よりは過ごしやすい1日となりました。

給湯口からはちょろちょろとお湯が出ています。給湯口には黄色い湯ノ花がしっかりついています。見たとおり、白く濁っていて、微かに黄緑色っぽい感じがします。

草津 温泉らくごの1周年記念と(社)落語芸術協会の80周年記念として「草津温泉特別寄席」の開催が決定しました!

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:草津温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「万座温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

内湯 泉質 酸性硫黄泉 乳白濁色 源泉は透明ですが,空気と触れると参加して白濁色に。ビバ材で作られた内湯は天井が高く雰囲気があります。

薄暗い内湯。その雰囲気も、白濁のお湯も好みです。てっきり万座温泉は硫黄なんだと思っていたら、豊国館は「酸性含硫黄・ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉」だそうです。

スキーで一汗かいてから、いよいよ温泉温泉へ万座温泉ホテルは9つのお風呂があって、湯治宿の雰囲気たっぷり。

私が訪問した時は内湯と混浴露天が弱い白濁、男性用露天風呂の二つが強い白濁をしていた。また、全ての浴槽で強い硫化水素臭を感じ、舐めるとレモンのような味がした。

深さ1mもある広い露天風呂に入っていたら〜あまりの寒さに1時間も出る事が出来ず、まるでおサルさん状態。全く風呂から出れませんでした。

地表から湧き出る自然噴出の湯は、硫黄成分の含有量日本一。1800Mを超える高さでの露天風呂は空が近く見え、高原の風が爽快

台風4号が接近している7月の3連休。天候状況があまり良くない中ではありましたが、豊国館に宿泊してまいりました。

もちろん源泉かけ流し。旅館は古くて湯治場っぽく炊事場とかある。でもお湯は最高。朝からのんびりした〜〜ふぅ〜〜温泉から出たら雨が降ってきた・・・

姥湯。ココが源泉100%掛け流しの湯船。狭いけど。姥湯のお向かいに苦湯。ここは100%ではないようです。源泉の温度が高いので、加水してるけどいいお湯。

メインの長寿の湯・硫黄の臭いがプンプンし木造建築のいかにも湯治場って言う感じ。

日帰りで入浴しますと、長寿の湯と、展望浴場「極楽湯」を利用できます。今回は、長寿の湯のみ入りました。源泉80℃の酸性硫黄泉で、おなじみの乳白色です。

ご飯が美味しい。お風呂が良い。鄙びて味のある宿。3拍子です!

万座温泉には何度か立ち寄り湯をしています。この日も万座温泉ホテルで、長寿の湯と極楽湯を楽しみました。

浴室にいってみると、とても素敵な湯船です。まず、浴室のほとんどが木製なのですが、浴室床が放射状に敷き詰められており、五色温泉を思わせるような造りになっています。

男女とも浴槽が内湯で4つ、露天で2つあって、姥湯と苦湯という2つの源泉が楽しめます。お湯は、源泉が高温のため、一部を除いて加水後掛け流ししてるようです。

私の大好きな白濁の湯。ただ、硫化水素の香りが少し薄いかな。湯口からの湯の量は加水しているからか結構多い。その為に香りが薄くなっているのかも知れません。

標高1800メートルの高所温泉です。白い硫黄の香りがするお湯で、好きな部類です。帰ってきたあとも、体中から硫黄のにおいがして、しばらく幸せです。

どこから入ろうか迷っていたら、バスキャップにバスタオルを巻いた女性が前をスーッと通っていった。ありゃりゃ、混浴だったのね。。。

温泉は超がつくほどいいです!飲めますが味はすっぱいし、おいしくありません。お肌はぴりぴりする感じ、いつまでもほっかほっかです。

標高1800m、自家用車で行ける日本最高所にある温泉です。眺めも最高〜!この開放感、他の露天風呂では味わえません。

こんなにいい泉質の温泉なのに聞くと、2割の温泉しか使用出来ないとのこと。8割は使い切れず捨てるしかないようです。

急遽、泉質重視で「湯の花旅館」に変更しました。料金は700円。内風呂と混浴の露天があります。ここは、猿のこしかけ風呂で有名です。

台風のおかげで、万座温泉ホテルに連泊しました。本当にのんびりとした一日を過ごせました。すすきが見事に咲いています。ここでは、もう秋です。

白濁した湯はややエメラルドグリーンの色にも見え、なんとも神秘的だ。浴槽の縁には湯の成分がびっしりとこびり付き、指でなぞると牛乳のような乳白色の成分が溶けて漂う。

どのお湯も非常に気持ちが良くって、すべすべになります。今もお肌はつ〜るつる!!!入っても入っても、また入りたくなる素晴らしい泉質。

温泉でのんびりし、その後昼食。御膳は思っていた以上に豪華で感激!刺身、地場の魚、野菜、いのしし鍋など和食創作料理です。

標高1800mの絶景雲上露天風呂!! なにも見えないけどね まぶしい・・この色! 硫黄の香りと乳白色がしあわせ〜

入りすぎ!!!とか思ったけど、それくらい良かったのよ。白い温泉に入りたかったのもあるし、なんてったって露天風呂が最高景色(・∀・)イイ!! 

万座温泉のホテルに向かいました。ホテルのお風呂はとても大きく、快適でした。

ここの日帰り温泉には内湯はありません。女湯に女性専用の露天がありますが、男性は嫌でも混浴風呂です。8つの湯船があって、温度、泉質がみな違うらしいです。

露天風呂が山にある遊歩道から丸見えで(かなり距離はあるけどさ/笑)幼なじみがその人に手振ってみたら、山登ってた人(女性)が振りかえしたの(爆)爆笑だよ(笑)

私は質素倹約、地で勝負!ってーのが好きだから、この温泉が好きなんだろうな。サービス過剰で、でも教育がいきとどいてなくてその場しのぎっぽい対応って、スゴク嫌。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:万座温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「四万温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この元禄の湯だけ、立ち寄り湯として宿泊客以外でも利用できます。いやもう、ホントここだけでも泊まった甲斐があるってもんですよ。

泊まった旅館は「豊島屋」でした。http://www.tosimaya.co.jp/旅館の外観を撮るの忘れますた。wwwまぁ、仕事じゃないし…ってことでお許しを…。(^^ゞ

夜中午前1時頃に利用しましたが、お湯の温度がすごく低かった。38〜9度くらいだったんじゃないかと思う。1時間以上浸かって、どうにかあったまった。

由緒正しいお湯四万温泉発祥の地だそうだ泉質  石膏泉  と書いてある脱衣場から階段をおりると浴槽があるなんとなく木造の建物に似合わない浴槽

「四万温泉に来て良かった〜」としみじみ感じる素晴らしい温泉であり、平日の昼間であったため、貸切状態で堪能できたのが非常に幸運だったと思います。

風呂は間違いなく最高!(^_^)友人や親兄弟、海外からのお客様など誰に紹介しても絶対に間違いはないと思うしかし宿泊したいか?と聞かれたらNOと答える

歴史を感じる最高のお風呂でした♪人気も高く、夜遅くまで人が絶えなかったけど、さすがに夜中は誰もおらーず一人、まったりと湯に浸かりました ( ´∀`)

国の登録文化財に指定されている「元禄の湯」は圧巻 アーチ型に切り取られた窓、美しいタイル張りなど、大正ロマンそのもの

浴槽は2つあり,写真手前が温くて,奥が少し熱い湯でした。雪が降る中での入浴は,静かでリラックス出来てとても気持ちよかったです。

温泉成分表によると、泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉でした。こんなに素晴らしい共同浴場を無料開放しているなんて、四万温泉は太腹ですね。

温泉はカルシウム・ナトリュウム 硫酸塩泉でやわらかいお湯でした。注がれる源泉の静かな音を聞きながらのんびり浸かるのもいいものです。

温泉三昧です。源泉かけ流し。スタンプラリーが楽しいです。まずは展望露天風呂の「森のこだま」へ。滝を眺めながらの入浴です。ちょうどよい湯加減。

そんなわけで、蛇口の湯口からは熱々源泉、そして、湯船の底からは温度調整をした源泉がぷくぷくと入り、ここちよいやわらなかお湯が楽しめる湯船になっているわけです。

創業は元禄時代。300年の歴史を持つ老舗だ。もちろん源泉かけ流し。日帰り温泉では対象ロマネスクなデザインの「元禄の湯」と混浴の「岩風呂」に入れる。

それぞれ泉質は「ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩温泉」。浴場ごと若干の濃さの違いはありますが、やわらかく、しっとり、纏わり付く感じのお湯です。

腹ごなしに「麻耶の滝」を見に小雪まう山道をハイキング。落ち葉を踏みしめながら登って登って・・・ドドドドとおおきな音を立てる滝になんとか到着。

貸切状態だった「元禄の湯」。こういうお風呂は初めてみた!アーチの窓にタイル張りの床で大正ロマンあふれた造りということですが、楽しかったです

露天はとにかく広い。何十人単位で入れます。奥のほうからは熱い源泉が流れています。真ん中あたりが一番適温の41〜42度くらいになっているかな。

普段は使うことの少ない五感のすべて使いながら温泉に浸かる。草の匂い、水の音、湯に触れる肌の感覚から五感のすべてが蘇ってくるようだ。

なにもしない幸せ。川沿いにある"山口共同浴場"がなかなかよい。無料なのに。無料だから?四万温泉はひっそりとした感じでいいですな。

昭和5年に作られた大正ロマン風の内装と、アーチ窓がとっても乙女。窓ガラスの格子の形もキュートです。こちらも国の登録文化財、群馬県の近代化遺産になっているそう。

ここのお湯は熱くて好き。もちろん源泉掛け流しです。泉質はナトリウム泉。源泉は55度くらいあります。熱好きにはたまらない温泉です。

ここは、元々、湯治場であったらしく、その当時の宿がそのまま保存されております。自前の温泉を持ち、その湯量は毎分900Lだそうです。

派手さはなく、しみじみと温泉を楽しめる、落ち着く温泉街です。自然が豊かで、流れる四万川は水が青く透き通っていて、ほんとうに心があらわれるようでした。

鶴屋さんは、独自で引いているらしく鹿覗きの湯(入れ替え制の大露天風呂)はアルカリ性単純泉です。内湯のみ四万温泉の源泉と同じ硫酸塩泉。

無色透明の泉質。においもあまりしない。初めはぬるいかなぁ〜、と思いましたが、風呂からでると、意外に汗だくに・・・。

湯の温度は熱すぎずはいりやすい温度です。露天は外という事もあり、外気との関係で湯の温度はぬるめ・・・私には物足りない熱さでした。

今回の四万温泉は泉質も良く 源泉の温度が高いのですっごく気持ちが良かったです。

檜風呂の「御夢想の湯」、蒸風呂付きの「岩船の湯」、露天風呂「甌穴」と、風呂巡りが楽しい。もちろん食事も。朝のバイキングは蒟蒻や山菜料理が豊富で美味だった。

1階の大浴場が広くて観音様がある場所は入浴する方は少ない。貸切の露天と内湯が8階にある。飲泉場もあり胃によいというのだが、残念ながら飲みそこなった。

蒸湯は1人用で石造りの椅子があります。そこに温泉を掛けて、扉を閉めるのですが電気もないし、狭いし、私は怖くて扉をしめられませんでした。

玄関を入って右手の「元禄の湯(上の右側の写真)」には源泉かけ流しの湯船が5つあって、ちょっとづつ湯温が違ってます。 流し入れる源泉の量で温度調整してます。

群馬県の四万(しま)温泉に行ってきました。ちょうど雪も降ってきて、四万川沿いの露天風呂最高でした。今度は泊まりで来たいと思います。

四万温泉柏屋旅館に新しいお部屋が仲間入り!工事を進めていました、新ルーム「デッキテラス付きシングルルーム 明(あかり)の間」が、本日オープンしました。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:四万温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「猿ヶ京温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

大浴場はとても広かったです。どこからどうやって運んできたのかと思わされる岩がごろごろ。露天風呂も、パンフレットなどで見る以上に広めの庭園風。

木造りの深い浴槽からは、ざわわぁと源泉が掛け流されていく。これがまた気持ちいいの極みっ。その小さな湯の川を眺めるのが好きなのだ。

湯は少しキシキシっとした浴感があるくらいで臭い等はないものの、地味にジンワリ温まる湯。毎日入っても湯疲れしないような、ゆっくりのんびり入れる湯で気に入りました。

猿ヶ京温泉街は、利根川の支流である赤谷川をはさんでV字状に点在するのですが、まんてん星の湯は、丘の一番上に位置するため、さえぎるものが全くないのです。

まんてん星の湯は、その中心部にあるモダンな日帰り入浴施設。20人以上は入れる内湯も広々としているが、魅力は、4つの岩風呂が並ぶ露天風呂。

別館万葉亭のお風呂は総檜造り。檜のいい香りが漂う。洗い場は3つ。湯船は4、5人も入ればいっぱいになるような大きさだが、5部屋しかないから混むことはない。

湯温がちょうどいいのは場所が限られていて、折角広いのに他はぬるくて、とても浸かっていられる状態ではなかったので、もったいないような気がしました。

外はムチャクチャ寒かったけど、源泉かけ流しで湯温も超適温にのんびり長湯モード。自分自身が漬物気分(!?)を味わえる大樽がマジでデカくてビックリでしたよ!!

リニュ−アルした時に、露天の名前を公募した所、お風呂に入った後に、トコロ天が無料で食べれるサ−ビスをやってる事から、トコロ天風呂となったのです。

泉質はカルシウム,ナトリウム硫酸塩,塩化物温泉です。源泉温度59.7℃。加水なしの循環併用の掛け流しです。ph7.6と、ほぼ中性よりなので、サラッとした湯です。

こちらのホテルのお湯は無色透明で、味も特にしないし、肌触りもサラッとした感じで刺激も特にないかな。切り傷には沁みたけど(苦笑)

いい評価もある一方 温泉としては物足りないとか そんな評価もある施設ですが私は 静かですし 赤谷湖を渡ってくる風を感じながら入浴出来るので 好きな施設です。

当日は雨でしたが良い雰囲気で良かったです。三十路過ぎると温泉が好きになって来ましたwww塩ボディーソープがあってお肌スベスベになりました(#^.^#)

成分はそれなりにあるはずなのですが、無味無臭微かに塩素臭という感じです。一つくらい源泉のままの浴槽にすればいいのに。

泉質はナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉で、成分もしっかり入ってます。無色透明の温泉で、共同湯ですから当然、源泉掛け流しです。

カニ食べ放題で、無料送迎バス付きの一泊旅行に申し込んでみたのでした。タラバは少量だという出し惜しみは有りませんでした。

『四万たむら』といえば、かなりの老舗部屋も広く、弁天の滝を眺めながらの露天風呂は最高でした。夜は満天の星空で何度も夜中にベランダに出て眺めてました。

この宿は、大露天風呂もあるのですが、私のお気に入りはこの、檜木の部屋風呂です。なんといってもこの景色が最高!

「野天風呂」は比類無き物であり本館脇の急な長い階段を降りると目前には緑に包まれた天然岩石で造られた広い風呂が有り眼下には清流のせせらぎが・・・・

露天のジャグジーは初体験でとても気持ちが良かったです。お湯は無色透明で、あまり温泉らしくはありませんでした。

温泉成分はカルシウム・ナトリウム - 硫酸塩温泉。肌に優しく良く暖まる泉質である。露天風呂は循環だが、内湯は掛け流し。源泉温度が高いので加水しているとのこと。

お風呂は別棟にあったんだけど広々してるし露天から湖が見えて景色も抜群!露天にぬるめ、熱めと2つの湯があるのもいい

この時期は露天に入る人の出入りで 洗い場がとても寒い!湯船の温度も40℃ないかもくらいのぬるめです。

源泉掛け流しです。この日はゆず入り。明日は冬至だったんですね。ゆずの香りでお湯の香りがよくわかりませんでしたが、たぶん元々クセの無いお湯なのでしょうね。

泉質は無色透明な硫酸塩泉で硫酸塩泉特有の石膏臭がしっかりある源泉57.7℃ 加水なしの掛け流ししばらく入浴客が居なかったようで浴槽内の湯はものすごく熱い

〆て、2600円の“たかいの湯”になってしまった。でも、近くの循環湯に500円出費するより、泉質主義の私にとって満足度は高い。やっぱ、本物は違う!!

一見普通なんだけど、ちょっと変わっていて面白い。まず、洗い場が畳敷きになっているところ。最初はすごい滑りそうな感じだったんだけど、実はグリップが良くてビックリ。

5〜6人は十分に入れる広めの浴槽です。お湯は大浴場のお湯よりも温泉の成分が強いような気がします。かけ流し感がたっぷり味わえるし、においも強いような気がします。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:猿ヶ京温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-11-09 16:11:15

「湯檜曽温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

川のせせらぎ音を聞きながらの露天風呂を堪能。駅から歩いて行ける大自然のホテルということで、ここはお薦めです!離れの絶景露天風呂(混浴)は格別の贅沢を堪能できます

加温・循環・塩素ありの湯は、無色透明。湯檜曽温泉の泉質は、単純温泉であるが、循環であることで、さらに湯の個性が失われている印象だ。

↑はホテルの敷地内にあるもうひとつの絶景露天風呂 ホテルを出て1分ほど歩くと絶景露天風呂に到着。上は初日に借りた貸切檜風呂!50分でたったの1000円でした。

源泉100%セント 掛け流しです。24時間入浴可能。※ 実際は午前10時〜12時ぐらいは毎日掃除のため不可です。

温泉は掛け流しの温泉で加温・加水・循環なしのお湯でした。久々の温泉!さらっとした泉質を堪能してきました!

群馬県の湯檜曽温泉へ行ってきました。温泉への最近のこだわりは、源泉掛け流し、加温加水なし、消毒なしです。今回、私が泊まった林屋旅館もそのような温泉宿でした

ここまで来たからには\(◎o◎)/雪だるまも作っていい気持ちで もお湯がぬるくて源泉が流れ込むところにしばらくいて温まらないと出られません\(◎o◎)/

露天風呂も広くてかけながし、内風呂も流しから出るお湯やシャワーまでもが温泉かけ流しと言う温泉三昧♪。

ゆびその湯、という足湯があったので入ってみることにしました。もちろんお客さんは私一人。にゃんこに見送られてゆびそを後にし、バスで水上へと向かいました。

この温泉のお湯に入ると、娘のアトピーがきれいになる感じなのですよ。今回も体は変わらずでしたが、顔に出ていた赤い湿疹が減ってつるつるに。やっぱり効く気がします。

「赤ちゃんも安心の宿」を謳ってるだけあり、露天風呂に赤ちゃん専用浴槽があります(奥の方に見えますか?)。

湯の沢・川の音など。湧出量毎分300リットルの天然温泉を客室にも引いている。循環システム等は使用していないということだ。

旅館の設備やサービスは?て感じでしたが、このお風呂の大きさで掛け流しはすごいな〜弱アルカリ性の単純泉なのでお湯の特徴はあまりないのですが。

見てください、このお風呂は脱衣場は男女別ですが、囲いもなく大きな石の向こうはお互い丸見え、この平らな石をくぐって行けば男女一緒に混浴となります。

"湯舟"は六角形で、手摺りも付いています。源泉そのままの掛け流しでGood!源泉は、写真のお堂(薬師如来)のすぐ裏手とのこと。料金は寸志でOKです。

46度の無加工泉がL字型湯船に50L/minほども多量投入。湯船で44度と熱めで、本の20秒ほど浸かっただけなのに汗が止まらなくなる。キシキシ。かけ流し。

地元の有志が集まり、平成17年に新設された足湯スポット。六角形のあずまや風で、外側と中心部両方に腰掛けて足湯に浸かれる。

湯桧曽温泉は、静かな温泉地です。温泉街とかないので、ちょっと寂しいかな?赤ちゃん連れで、旅館でゆっくりしたい人たちにはいいかも。

こちらのお風呂は、夫婦交代でそれぞれ入ってきました(*^^*)お湯の温度も適温で、体が温まって気持ちが良かったです〜。ベビー専用のスペースもついていました。

日帰り入浴としてはややお高めの980円、でも洗いタオルとバスタオル付き、女性用の風呂にはアメニティーグッズが充実しているそうな・・・・

雰囲気もあり、できたばかりというのもあって清潔でとても気持ちのよい温泉風呂でした。ちなみに、手前にちょこっとついているのがベビー専用のお風呂です。

ここ、湯檜曽温泉湯の陣という宿はTVチャンピオン全国大工王選手権〜露天風呂付き離れの宿決戦!〜 で優勝した「岳麓庵」という離れの露天がある。

露天風呂もちょうど良い湯加減。赤ちゃんサイズの岩風呂にも入れてみました。お風呂好きなゆーたんは終始気持ち良さそうで、パシャパシャして楽しんでくれて良かったです。

有料の貸切風呂や絶景露天風呂なんてのもありましたこの露天風呂TVチャンピオンの作品らしいですかなり開放的で男女の仕切りなどないも同然 見る気になればまるみえです

ここはベビープランがあるお宿で、常設のキッズルームもあり貸切専用洞窟風呂(ベビー専用浴槽付き)もあってとてもよかった。また、ロビーが掘りごたつでいい感じ。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:湯檜曽温泉|更新日時:2007-11-09 16:11:15

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>