この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-07-17 23:07:58

「伊香保温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

1000円で、これだけ広いお風呂を貸し切って使えるなんてってお得感120%って感じかな。

源泉100%の掛け流しの茶褐色のお湯に浸かりながらぼんやり空を眺める。なんともいえなず心地良い。子宝の湯として知られる名湯らしい。

黄金の湯が硫酸塩泉で、白銀の湯がメタけい酸単純泉だそうですが、どちらも入りやすい泉質で、この日はとても寒かったのですが、すごく暖まりました。

さて、白銀の湯ですが、無色透明を呈しており、特に強調しているお湯ではなかったです。肌への刺激が少ないので、子供でも高齢者でも安心して入れるものですね。

泉質は「カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉」色は茶褐色の「黄金の湯」。これは、鉄分が酸化した色だそうです。

温泉はほぼ掛け流しですし、混合湯なので「黄金の湯」が入っていないわけではないので、嘘はついていないと言うことでしょうか。

内湯のお風呂は、源泉掛け流しですから、独特な黄金色で、なめると錆びた鉄の味・・・いわゆる血液に近い味ですね。。でもスベスベして、3回ぐらい浸かりました。

宿に着くとすぐさま温泉へ直行。うわさの名湯『黄金の湯』です、本当に茶色した源泉掛け流し。しかも男湯は深さ1m程あり、さながらプールの様。

実際、浴感も井戸水の沸かし湯と何らかわらないので、『しろがねの湯』しか引いていない宿に宿泊しても、伊香保温泉のお湯の良さは分からないと思いました。

しかし、最近茶褐色の温泉はかなり貴重になってきて、出なくなった旅館もあるようだ。ちなみに、温泉は飲用ができるけど、鉄の味をして結構不味かったわ>_<

伊香保温泉、宿泊先は横手館。老舗の旅館ですごっく風情があって私のチョイスは間違ってなかった〜。源泉に近い分、温泉の色も茶色でした。

子宝にも良いとされるのは黄金の湯☆もちろん、調べていきました!ここの旅館は黄金の湯です。お湯の色は黄土色みたいなちょっと濁った感じです。

温泉街を抜けて、石畳の階段を越えて・・・さらに奥へ・・・伊香保温泉の一番上にある、伊香保温泉露天風呂・・・素晴らしいの一言・・・

しかも、温泉も改装中のため男女入れ替え制でしたが、なんと、前日から展望風呂はオープンだったため、ぴっかぴかの一番のり気分♪

入浴料は大人450円いざ中に入ると予想が的中!!なんと露天風呂だけで洗い場も何もありません。当然更衣室も無し、浴槽の横にロッカーが並んでいるだけでした。

中の浴場は清潔感のあるお風呂で無料ロッカーもありましたよ泉質は硫酸塩泉でうちみ・切り傷・火傷などなど噴出口が近くにあり湧き出るようすが見られます!

循環温泉、微次亜臭のお風呂です。ややプールの匂いといったところでしょうか。眺めはまーまー。寂れた夜景が見えます。

泉質は 『カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉』 お湯の色は緑がかった茶褐色で、わずかに鉄のような匂いがしました。

ちなみに、「千明仁泉亭」は、どこの旅館にも分湯はしていない。だからここの温泉は、どこよりも“濃い”と、常連客は語ってくれた。

今回のお泊まりは伊香保温泉階段街の老舗 岸権 ここ、お風呂充実。露天が二つに室内大浴場。うぉ〜温泉好きの血が騒ぎます。速攻でまずはひとっ風呂。

入泉料450円を支払い入場するも、冷え切った体を待っていたのは吹きっ晒しの屋外の脱衣所! 着衣状態でも死にそうに寒いのに、気温2℃の中で中で脱衣とは・・

てっきり浴槽が石段で出来ていると名前から創造していたらしく,「石段じゃなかった。」と怒っていました。ここは石段街にあるお湯だから「石段の湯」って言うんだよ!

歩いても10分ほど、先週の伊香保は本当に紅葉のベストシーズンで紅色・赤色・黄色・橙色などかすかな色の違いのコントラストが朝日に照らされ美しかったです

お風呂のすぐ隣に和室まで付いてて、ゆっくり1時間のんびりできました。ちょうど夕暮れ時だったので、お風呂に入りながら、キレイな夕焼けと夜景の両方を堪能できました。

湯は褐色に濁っており、鉄分が豊富な香りを漂わせている。伊香保温泉の中でも最も新鮮な湯を味わう事ができるのがこの露天風呂であるということを実感させられた。

この温泉はやや白濁した茶褐色で鉄分が多い感じです 湯温は自然のものと思えないほど適温でした多分熱いほうで43〜45度くらいではただひとつ難点は脱衣室が無いんです

伊香保露天風呂(OLYMPUS CAMEDIA FE-190) ここは、本当に露天風呂しかなくて、脱衣所も外なので今の時期はちょっときついです(汗)

鉄分が濃いのか、石まで錆色でした。「錆くっせー!!」ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆でも、温まりましたよ。

源泉のすぐ傍の露天風呂に入ってきた。いわゆる黄金の湯というやつだ。3連休前の金曜−土曜で行ったのと、雪が降っていたのが重なって、ほとんど貸切状態で温泉を満喫。

茶褐色の鉄さび臭が特徴的なお湯だ。熱めのお湯と温めのお湯とに分かれていたが、この時期はやはり熱めの湯がすばらしい。

伊香保温泉は茶色なんですよね(^ω^)そして露天風呂は岩じゃなくて木のお風呂やからまた違う温もりを感じました、優しく包まれたナァ

源泉かけ流しの黄金の湯 いや〜!最高でした〜!!ど定日って事もあり、貸切状態で展望露天風呂まで独り占め!!星空を眺めながらの入浴は格別でした〜!!

今回はこの温泉街の中でもっとも有名な湯と言って良いかもしれない石段の湯に行ってみました。

カテゴリ:群馬県:温泉|テーマ:伊香保温泉|更新日時:2017-07-24 11:07:00

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>