この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:05

「熊本城(熊本県)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

天守閣へ登りました。階段を登るとそこには、熊本市内を望むことができました。

カテゴリ:熊本県:スポット|テーマ:熊本城(熊本県)|更新日時:2007-12-12 08:12:05

この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2007-12-12 08:12:05

「阿蘇山〔熊本県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

とにかく阿蘇山ってデカイ!1時間半でこの眺め、文句なしですね。ただし・・・めっちゃ寒いです。ダウンを着てフードをかぶってグローブしてても超寒い。

そして、河口付近に到着このにおい覚えてますよ♪硫黄のにおいってやつですね。それにしてもこんなにやばい感じだったっけ?とりあえず彼女とツーショットで記念撮影

草千里の向こうにそびえる阿蘇山まだ午前中だったこともあり山頂は白くなっていますが、これは雪じゃなくて樹の枝に霜が降りていて、雪化粧しているように見えるんです。

今日は阿蘇山を一日中見ようと考えたので遅く起きました。ここは阿蘇山の駅です。バス停留場の中には火口情報が表示されています。

今日は阿蘇山だけだし軽いしということでいつもはくCW-Xは履きませんでした。これが後々後悔することとなるのです(ノД`)・゜・。

ここでも、熊本城と同じ感じで、韓国の観光客が多くて、ビックリしました。火口の底は、残念ながら、見れませんでした。物事には、運が確かにありますね。

その後草千里と阿蘇火山博物館へ。草千里。ひろーい草原?とにかくだだっ広くてなにもない。なぜか観光用の馬乗り体験がある。馬は暇そうに整列して待機していた。

博物館で説明を読んだり映像を見たりする間にも、眼前に広がる草千里を覆う霧が、晴れて湖が見えたと思ったら、すぐ真っ白になったり。霧の中は何も見えなくて怖い。

砂千里、という、火山灰や溶岩石のトレイルを歩く まだまだ上までの登山道もある様子登り70分、と書いてあったので、割と簡単に行けるのかな?

カルデラの周りに外輪山がありその途中のカルデラの中の町々の風景です。朝早かったのでこんなにしか撮り切れませんでしたーー!

路面電車は、”熊本城前”で降りました。普通の街中にあるようです。

有料道路を使って火口まで行くことにした。火口周辺には観光客がいっぱい歩いていた。わからない言葉で話す人が多く、どうやら中国や韓国から観光に大勢来ているらしい。

その阿蘇山、火口までクルマで上がる事が出来る世界でも類を見ない観光名所ではないでしょうか? しかも火口内にヒトが住んでるなんて!

硫黄のにおいがもっとするのかと思ったが意外とそれほどしなかった。熊本空港への直通便があるためか韓国からの観光客が非常に多かった。

九州といえどもまだまだ寒く雪の阿蘇山を見ることができました。お義父さんのお勧めの外輪は本当に雄大で素敵でした。

お天気は、曇りだったけど とっても綺麗でした。火口には雨水が溜まり スカイブルーの綺麗な水も見れたし(水と言うより熱湯だけど)硫黄の香りもして 凄かったですよ。

『旬のめし処佳』はわいた温泉郷地獄谷温泉地区にあるお食事処、向かいには地獄谷温泉『天句松裕花』、先に進めば岳の湯温泉、はげの湯温泉もあり、

阿蘇山へ初めて行きました。というか、山頂へ行ったのは初めてでした。硫黄というかガスが風向きによって、人体に影響をあたえてしまうぐらい火口付近は危険なのです。

熊本城の天守閣に近づいてきました。う〜ん、黒いお城ってものかっこいいですね。

竹の倉山荘は南阿蘇の桜の名所『一心行の大桜』から車で5分程、阿蘇五岳の山々と俵山の中間に位置し、抜群の環境です。

カテゴリ:熊本県:スポット|テーマ:阿蘇山〔熊本県〕|更新日時:2007-12-12 08:12:05

<< 前のカテゴリーへ | メイン | 次のカテゴリーへ >>