この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-19 21:04:19

「湯河原温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

道路を挟んで地下源泉が噴出す塔が立っている。このあたりは源泉があちこちに見られる。湯が豊富だ。

高台にある露天風呂。緑が生茂っていて、椿がきれい。遠くに山を望む。水平線にお湯がこぼれていくようなつくりになっており、なんとも気持ちがよい。

ホテルをチェックアウト後、すぐ近くの足湯【独歩の湯】に立ち寄りました。ここに来るのは2回目。痛気持ちいい足裏刺激で元気になれます(^^ゞ

お湯は熱くなったり温くなったりする時もありましたが調整もしてくれます。温泉は無色、透明、無臭の弱食塩泉、肌のあたりが柔らかな温泉です。

貸切の露天風呂へ。けっこう大きくて、最後は1人でのんびり入れました^^vでも、ゆうきには少し熱かったみたい・・。

この日は前日は男湯が広い方で、朝は狭い方に入れ替わりました。お湯は弱アルカリ性ですが、ヌルヌルするほどでもない。無色透明無臭のサラッとしたお湯。

ここも、水着で入る露天風呂です。水着、着用なので男女混浴です。二人でのんびりと・・やはり、ここも寒かった!

内湯・野天岩風呂ともに源泉は無色透明無味無臭で、ほとんど特徴はない。とにかく熱いことが印象に残る源泉であった。

ここのお湯がアトピーに効くという話を聞いたことがありますが、私の場合はここへ一週間おきに何度も通っていたらこの春の花粉症がかなり軽くなりました。

無色透明でしょっばさがあります。とろみのある湯はとても気持ち良いです。施設としては内湯のみで露天はありません。24時間入れて温泉三昧できます。

9種類の健康回復の泉はそれぞれ個性的!まずは、平成の泉からスタート。この泉は、心穏やかになる、なごみの泉でイライラや神経系の病に効果があるとのこと。

着いてとりあえず長旅で疲れていましたのでお風呂へ直行!お風呂は無色透明無臭の温泉でした。ちょうど食事時間と重なっていたので広い湯船を占領できました。

露天ですよー。夜にも昼にも入らせていただきました。気持ちよかった・・・。実は今回初めて、「混浴」に挑戦したんです。

お風呂シリーズ,泙困牢枡發梁舁畩譴任垢海舛蕕里湯は「ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸温泉」と書いてあります広くて落ち着いたお風呂です

おっ!思ったほどは熱くないな。43〜44℃くらい。早速入浴。湯はややトロミがある・・・かな。無味・無臭。あまり個性のある湯ではない。

早春の湯河原温泉旅行記です。老舗旅館「藤田屋」滞在記録をこれでもかと。湯河原観光も少々。

予約して入る貸切風呂です リクライニングのお月見台が付いています 冬は寒いですが、せっかくなので寝てみました とてもキレイな満月が見えます

源泉をそのまま引くと温度が60度くらいありそれを湯船に入れて、なんと小型扇風機を桶の縁において湯面に空気を当てて、温度を下げているのだ。

温泉は小さなものと聞いていたが、ほぼ独占状態だったしそれなりに不満はない。窓の外に箱根連山と湯河原の町並みを見渡せるロケーションも良しとすべしである。

ちょっと熱めの、柔らかいお湯が、とても気持よかったです♪露天風呂は、夜になるとライトアップされ、幻想的な趣でした。。

かばちが泊まったのはこんなログコテージ

何でも扇風機を止めるとお湯の温度が60℃くらいになってしまい誰も入れなくなってしまうそうです。お湯は透明の柔らかい感じのお湯でした。

ここは、もちろん「源泉掛け流し」!お風呂の近くに源泉があり、ゴボゴボ音がしていました。弱アルカリのお湯は、入った後、はだがスベスベです。

そう、源泉かけ流しで加水もしていないので飲泉できるのです。82℃の源泉をタンクで冷ましてから加減しながら浴槽に引いているそうで、温度は適温でした。

何故か私の中では最初から最後まで「こまどり荘」でした。離れに泊まったので、離れ専用露天にも入れました。ほかに露天は岩風呂とヒノキ風呂の2種類ありました。

泊まったところは旅館グリーン荘です。ここの魅力は、まず、お食事がとてもおいしい&量がたっぷり!写真は1人前です。ご飯がおひつで来たのもびっくり。

息をひそめて、息を殺して、ひっそりと、じっくりと山並を分け入った静寂に佇む宿へ。

あんまり気持ちがいいので、うたたね。目覚めたら読書。そうこうしているうちに夕飯の時間。ホタテのバター焼き、刺身、温泉玉子、天ぷらなどなどをいただく。

汲み上げたばかりの純粋な源泉のみをを無循環・無加水・無加熱でそのまま浴槽へという泉質にこだわりを持つ宿で、本当に身体の心底から温まる良質な温泉でしたね〜

かなり高いところから落ちてくる滝、その水しぶきがかかるくらいの場所にある露天風呂!こんなに近いの?とびっくりしながら、ずっと滝をみてました。

何と言っても露天風呂が充実していた。露天エリアは起伏があり、数種類の浴槽ではそれぞれ違う温度の温泉があるので実際の面積以上に広さを感じる。

ココの混浴露天風呂はとても広くて、すごい開放感です。゚+.(○ゝω・)b+.゚。旅館の建物も年季入ってて、風情があってグッド!!

カテゴリ:神奈川県:温泉|テーマ:湯河原温泉|更新日時:2017-04-19 13:04:56

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>