この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-09 04:11:15

「ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

バスルーム。海と明石海峡公園を見下ろしながら入れるジャグジーは最高。しかもバステレビつき。バスタイムは何とも至極な時間だった。

兵庫県淡路市夢舞台にある『ウェスティンホテル淡路』その2です。前回の記事(写真)では西側(国際会議場側)の部屋からの景色を中心としたものでしたが、

同じフロントロビーに、こ〜んな可愛いお花の椅子とテーブルがあって、そこから淡路島の海までの景色がよ〜く見えるんです。

楽しみにしていた外の景色がみえるバスルーム!ここには、椅子と、洗面器がおかれていました。便利だわー。本当にくつろげるお風呂ですヨ。

バスルーム〜かなり広い〜 ちょっとしたビジホの部屋くらいの広さですww ジャグジー仕様〜窓からは瀬戸内海が見えます〜 アメニティはオクシタンでした〜

泊まったのは「ウェスティンホテル淡路」淡路島にはたくさんのホテルや民宿がありますが一度泊まってみたかったココが今回の旅行の目的でした

ベッドルームです。ウエスティンホテル淡路では全室ヘブンリーベッドが使われているそうですが、このベッドは妻

とりあえず、ヘブンリーベッドの寝心地ですが、熟睡できました。枕が替わると眠れないほうなので、ちょっと驚きかも。いたづらに沈み込まないのがいいですね。

洗面台の手前に、セイフティボックス。タオルは、厚手でふかふかです。バス・トイレは独立していて洗い場もゆったりいています。

スイートタイプの部屋はV字の下先端になるように思います。V字の右側が公園側、左側が山側(?)ですが、当然、公園側の方が眺めは良いように思います。

まず、フロントがいきなりまっ金金です。さらにエレベーターの扉もまっ金金です。客室のフロアーへ参りますと、エレベーターの扉はピンクです。

ブルー?グリーン?のガラス天板なんですが、使っていて水しぶきなどが飛んでもあんまり汚らしく?感じなくて、いいなぁと思いました。

お部屋はデラックスルームツイン(42平米)で明るくてとっても綺麗なお部屋でした。ベットがヘブンリーベットで、これがとっても良かったです。

バルコニーには、テーブル・イスもありますので、遅めのブランチ、あるいは 黄昏時のカクテルなど、いかがでしょう〜♪想像力しだいでは、優雅なリゾートを 満喫できます!

かなり私好みでハマったホテルの部屋のひとつです寝具はヘブンリーベッドというもので寝心地が期待されましたが私には少々固めだったかな。

予約の際に、できれば高い階が良いですと伝えておいたので、眺めサイコーv 海の向こうにうっすらと島が見えまーす。

お部屋に入るとリゾートホテルらしいアメニティセット 4階のお部屋でした (10階建てです) 海 水平線が見えます  お天気が良かったら青い海。。。

アメニティは、westinオリジナルの「white tea aloe」シリーズで、バスルームも、シャワーブースと一体にはなっているものの、清潔感がありました。

一番気に入ったのはこれ お花の形をしたこの赤い椅子  ぱっと見 オブジェにも見えるから座ってもいいのかなぁ なんて思っちゃいました

コスモスなどが咲きほころぶ『百段苑』がホテルを引立ててます。ディナーは淡路牛のステーキ柔らかくてシンプルな味で美味しかったわ☆もちろん完食!

サッカーのワールドカップの時にあのベッカムが泊まったことで有名なホテルです。ホテルにはイングランドチームのサインやベッカムの写真などが飾っていました。

チェックインもお部屋でという至れり尽くせり(^^)寝室からは海が見えます。今回はダブルベッドルームでした。インテリアカラーがとってもカワイイです。

赤・白を 基調した お部屋と コンクリートのクラッシックな 空間。プライベートで ゆっくり満喫したいです。 ここのベッド 快眠重視し 40万以上もするらしい・・

お年玉付き(館内利用券)デラックスツインプラン。広いバスルーム。バスタブも独立してて設備も完璧 これが噂のヘヴンリーベッドね。快適パジャマ付き。

ベッドはもちろん、ヘブンリー。フィット感がとてもよいです。開放感のあるバスルームもリゾート感たっぷり。久しぶりにのんびり出来ました。また行きたいなあ。

朝食のルームサービスでも使われていたけれども、ウェスティン淡路の食器は全てこのシリーズだった!とても、かわいい〜!

このホテルは気分を開放的にしてくれるからお気に入り ベランダやバスルームからの眺めが特にGOOD お気に入りのビューバス アメニティがロクシタンに変更

淡路島と言えばなんと言っても玉ねぎです。そのままオーブンで焼いたものが、とても甘くて美味しかったっす。

ホテル横、夢舞台のスカイ庭園 さすが安藤忠雄さんの作品 広々とした空間の中にひっそりと佇む造形的な建物。空中庭園という言葉がぴいたりな素敵な空間でした。

ベッドは「ヘブンリーベッド」。今回の旅、楽しみの一つです。むちゃくちゃフワフワとかではないのですが、寝心地はとっても良かったです〜(欲しいです〜)。

イングランド代表選手が泊まったことで有名です。代表選手がサインを寄せ書きした、大きなイングランド代表のユニフォームのレプリカが飾ってありました。

今回は、ふぐ鍋 コースつきの1泊2食のプランで予約。デラックス(42屐砲里部屋のはずが、なんと、お値段そのままでワンランクアップしてもらえました

宿泊ホテルは、ウェスティンホテル淡路。2002年のワールドカップの時、イングランド代表が宿泊したらしく、広くてお洒落なホテルでした☆

思ったよりマットは固めだが、しっかりと身体がホールドされて、腰の悪いうちの旦那もいい感じと絶賛していた。

スイスの女性デザイナーが手掛けた室内は、カワイイ感じだよぉ〜。貝をモチーフにしたオブジェも飾ってあるよんっっ。

ヘヴンリーベットやアメニティがロクシタンだという事は、事前のHPチェックで調査済み(笑)でも、やっぱり嬉しい〜

ジュニアスイートを予約してたのだけど、エグゼクティブスイートにアップグレードされましたぁ〜♪アメニティグッズはロクシタンです☆独りでもったいない(笑)!!

温泉はホテルについてはいないのだが、フロントで予約することで近くの温泉「松帆の湯」に送迎してもらえます。無料でタオルセットもバス乗車時にもらえるので便利でした。

街から近いのにリゾート感があります。ホテルの部屋から眺める大阪湾の風景は素晴らしい。神戸と大阪の街が一望できます。遠くには関空の管制塔らしき建物も・・。

ウェステインのヘブンリーベッドは、寝心地がとっても良くて、目覚めもすっきり それに、リゾート感たっぷりのお部屋です

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕 |更新日時:2017-11-22 04:11:21

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>