この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-23 06:06:53

「有馬温泉 欽山〔兵庫県〕 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

さて、お楽しみの食事ですが・・・メニューにも、我が家の名前が入っていてお肉のダメなわたし用の別メニューも印刷されていてこれまた、至れり尽せり

有馬温泉に来ています。宿は欽山 緑が鮮やかで空気も美味しいです。4Fの部屋から 望みますと屋上?を利用して小さな 石庭が施してありました。

仲居さんも行き届いているし 本当に 満足いくお宿です。毎年いくわけにはいかないけど(予算の関係上) 何かの記念のときには行きたいです

ロビーからは景色もよくて気持ちがよかったです。お部屋はこんな感じ。。。有馬はとっても近くて温泉に来たっていう感じがあまりしません。。。

欽山は夏休み、冬休み期間以外はお子様お断りなので静かに過ごせるから良いのですが、お値段が...高いんです。その割りにお料理は...だし。

やはり宿代を考えると、見た目もお味も、もう少しサプライズがあってもよかったかなぁ・・・・・というのが正直な感想ですね。さらなる”進化”を期待したいしたい宿です。

お部屋は竹葉という名前で他にも貴船など和風のネーミングがありました 室内ではお茶の御香が焚かれていてとっても良い香りがしていました

このお宿は高台にあるので、窓からは有馬の街が見渡せます。雨で煙る風景も風情があって素敵でした。

還暦のお祝いだからと旅館に告げるとサービスがあるよと、加賀屋での事を幹事さんに伝えると、交渉して下さって写真のサービスをしてくださる事に。

温泉の楽しみと言えば、お風呂とお食事 前八寸 とくに美味しかったのが、さくらんぼチーズと叩きオクラ

鱧のおだし風味ゼリー寄せ、鱧の湯びきとすずきのお刺身、稚鮎の塩焼き、黒毛和牛と夏野菜の陶板焼き、ゆずシャーベットなどなど。どれも美味しかったです。

そして・・・「山陰のかに」・・・この時期はじめてだったのでこんな素敵な、かに様にお会いでき感動です。パサパサせず、とっても水々しく、ほんのり甘い!

宿は「欽山」。早速湯に入ってくる。気持ちいい湯だった。自分の泉質の好みでは有馬>>>草津。ただの水がビックリするくらい美味しかったし。食も西日本にあり。

それに、従業員の対応もとても丁寧です。お客さんと顔を合わすと、いちいち立ち止まって、会釈をします。徹底しています。とても気持ちのいい対応です。

ここの若女将はいつも白っぽいお着物で、ときどき25ansとかに載ってる。実はこの時、産後2、3ヶ月だったらしいんだけど、誌面と変わらない美人っぷり。尊敬〜!!

結構みなさんエステって行ってるのね・・・。この旅館には「CARITA」っていうブランド(?)のエステが併設されていて、宿泊者は割安で受けることができました

欽山は初めての宿泊なので楽しみ。部屋は広々、眺めも良く、風も心ばかし爽やかな感じ。そーいえば、吉和も市内に比べると涼しかったなー。

上品で手の込んだお料理をいただきました。松茸の土瓶蒸しも出たし大根の下にはフォアグラが敷いてあって、和食で フォアグラを食べたのは初めてでした!

旅館の料理って 量はすごいけど中には「これいらん・・」というのもあったりするのですがこちらのお料理はおいしくて満足でした

従業員さんも若い人が多く対応も親切で丁寧でした。チェックインは三時にしてまずは温泉 有馬特有の金泉に浸かり日頃の疲れが癒やされる 上がって軽く一杯

名湯を楽しんだ後はやっぱりエステ♪欽山では世界を代表するCARITAのエステを受けることができますよ。

夕食はこんな感じ ↑これは『はまぐりしんじょ」 ↑牛肉の蒸篭蒸し 他にもたくさんあって、おなかいっぱい!

「欽山」という旅館のこの部屋でした。館内、すごく静か。あとから知ったけど、一定期間をのぞいて、小学生以下の子供はお断りの宿なんだそうだ。

普通泊まっている宿より、一人当たり単価が1万円以上高かったです。でも料理は何を食べてもおいしいし、サービスも至れり尽くせりで、高級旅館も良いものだと思いました。

お風呂もとても綺麗、木地目も美しい真新しい桶、温泉は赤みのあるチョット濁った金泉、透き通った銀泉、露天風呂にも満足でした。夕食もどれも美味しく充分満足しました。

朝ご飯も、全部がおいしくて、普段ならこんなに食べられないってくらい食べました。干物とのりを炭火であぶって食べられるという素敵な演出。

そしてお楽しみの夕食。ふぐとかにの競演!というプランだけあって豪華!! おいしい夕食と素敵なひと時を過ごさせていただきました。

とってもなごやかでお家みたいにリラックスできました!今回は「ハモしゃぶ懐石」をいただいて大満足でした♪ 料理長しか触れないっていうココのハモは絶品!

部屋は12畳で6畳の次の間付き。2人では十分な広さです。これで一番スタンダードになると思います。床の間と押し入れ(クローゼット)があって、ふつ〜の和室です。

お部屋や廊下に焚かれていたのがこの茶香炉 香ばしいお茶のいい香りが立ち込めていてかなりリラックス〜 お香の代わりにお茶を焚く。うちでもやってみようかな

確かに良いお宿です。「まぁしゃーないか あの料金で泊まってるし」 的な、いつもの "しゃーないか " のあきらめ感覚をもたずに 居られるところです。

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:有馬温泉 欽山〔兵庫県〕 |更新日時:2017-06-23 06:06:49

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>