この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-24 11:04:24

「多田屋〔石川県・和倉温泉〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

旅館でのお料理と言うと、とかく品数だけは多いが、お味はそれほどでも・・と言うのを今まで何回か経験してきましたが、 ここは本当に何を食べても美味しかったです。

能登のグルメ、やっぱり冬がいいんだけどね。写真はブリなんだけど、ちょっと時期遅し。奥のサヨリのカルパッチョが、結構おいしかった。

温泉大好きおけいは、まず大きな湯船へかぽ〜ん♪それから露天風呂、釜風呂、ジャグジー風呂、ジェットバス、最後にまた大きな湯船へ。お肌がつるつるに!

料理をざっと載せておきます。とにかく、盛りだくさんで、お腹パンパンになりました。どれも美味しいのですが、近海産の甘エビなどの魚介、海藻類は特に美味しいです。

大浴場の露天風呂もサイコー!本当はエステもしたかったけど、まだ腹ばいがつらいので、ヘッドマッサージと、ショルダーのみ。でも、凝り固まった体がほぐれました。

ほとんどの部屋が和室と、ベッド&ソファーのお部屋で構成されてます。普段ベッドで寝てると、こっちのほうが寝慣れててくつろげたりします。

雨ではありましたがこれが海なのかしらと思うほどに穏やかな海に見惚れとうとう宿からは一歩も出ずにその日を終えました〜!!

ブログを通してお知り合いになれた能登ノートmoonlight-fishさんが若女将です!どんな方かなあ。。。旅のわくわく度に加えてそちらの楽しみも♪

料理は、本格的な会席で、丁寧に造られた品々はどれも美味しく、特に出汁の取り方が非常に上手いと感じました。

お部屋のお風呂からは七尾湾が一望できて、ちょうど雪が降っていたのでお風呂に入りながら海に落ちて行く雪を眺め、ゆっくりとした時間を過ごしました。

チェックインしたのが16時頃だったので、ロビーでキレイな夕日が迎えてくれました。↑こんな部屋です。旅館ですが、ベッドがある和洋室ってお部屋でした。

今回宿泊するのは「多田屋」という老舗旅館。平日に泊まったせいか、お風呂はほとんど貸し切り状態。すごく広くて海がすぐ目の前に見える素敵な露天と内風呂でした♪

予約の際旅館から本 館は3階からで、新館「利休庵」1階の海辺の部屋を勧められる。宿泊料もやはり倍 近くするが折角なのでお願いしたが、これが正解であった。

15帖のお部屋に4畳半の掘りごたつ部屋、フローリングのお部屋と、7人で泊まっても広々。外にはウッドデッキがあってその下に広がる砂利のお庭に出ればすぐそこが海。

おしながきを見ると凄い沢山のお料理が。お部屋が椿庵なので、椿が描かれている和紙を濡らしてお刺身に掛けてあった。

和モダンでとってもいい雰囲気の部屋にこのお風呂!海を眺めながらゆっくり浸かっているとほんとうに幸せな気分でしたこの「多田屋」さん、Webサイトもすばらしいんです

多田屋さんのことは、フジテレビ系で6月10日に放送された、「ザ・ノンフィクション」という番組の「花嫁のれん物語 〜地震に負けるな能登半島〜」を見て知った。

若造には勿体ないような素敵なお部屋でリラックスしてきました。行き届いたおもてなしが嬉しかったです。

囲炉裏の部屋この部屋のリピーターです好座敷の奥に囲炉裏の部屋があります。海はすぐそば お部屋から魚が跳ねているのが見えました

宿泊したのは「花の館」という本館なんですけどんもーっ、お部屋のドアからしてかなり年季がはいってまして洗面所にいたっては「とても使う気になれない」ぐらいのシロモノ

夕食時に大女将が挨拶に見えて、そのようにお話されました。もっと、色々とお尋ねしたり、お話を伺いたかったが、仕事の邪魔をしてはと遠慮させてもらった。

入るといきなり広がるロケーションが気持ち良い 美しい旅館だ ギャラリーがあり陶器など作品が展示されている。

行って良かったです!素晴らしかった。皆さんも行ってください。多田屋さん最高です!連泊がオススメです。お風呂からの夕日がきれいです。

お風呂も良かったし、お料理もよかったし、何といってもおしゃれな部屋がとっても満足の私でしたが、お部屋の価値観が異なる相方の満足度はいかがでしたでしょうか???

夕陽がズドーンと部屋に差し込むなかの食事。前菜、お造り、鮑の蒸し焼きをはじめ料理がどれもこれもとーっても美味で幸せな気分。

女将がとてもキレイな方で、ここは他にはない特徴。和倉はどこも女将さんがキレイなんですが、多田屋の女将は、物腰とか雰囲気とかすごくよかったです。

そして、この旅館で何よりオススメなのは仲居さん。親切がものすごく自然な感じで、商売商売してない対応が良かった。その節は大変お世話になりました。大満足でした。

ザ・温泉旅館の夕食って感じのボリューム特大の夕食でした。ブリシャブ、カニ、などこの季節の海の幸盛りだくさん。お肉を頼んでいたので、能登牛も出てきて、満腹でした。

上げ膳据え膳でよかったし仲居さんも感じよかったけど ここは、あそこに雰囲気似てた…あの香川で泊まったところ。古くて歴史のある旅館、みたいな。

食事中、私が「さすが!」と思ったのはお箸のこと。途中で肉料理を頂くと、お箸が汚れます。その後の料理の味を損なうからと、新しいお箸を出してくれたんです。

お腹もぺこりんになったところでお食事 カニカニさんと あわび こんなにたくさんあわび食べるの初めて 白ワイン蒸しだそうです こりゃビールも進みますなぁ〜

お風呂やら何やらですぐに食事の時間に…。還暦祝いってことで全体的にめでたい演出。料理も美味しくってとっても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

女将さんが椿が好きらしく浴衣やエレベーターなどに美しく彩られており、そして料理なんか蟹まるまんま一匹でてきたし朝には温泉卵もでてきてうはうはな思いをしました。

お食事は・・・・・ お部屋で2人きりす べてがおいしかった のんがね・・・特別に「能登牛」は追加してくれたの とても、やわらかくてホッペが落ちそうでした

ホテルは多田屋。食事も朝晩ともに部屋食だし、レイがちょこっと寝た隙にでもさっとお風呂に入れるので奮発してお部屋に露天風呂が付いているお部屋に宿泊しました。

今回は多田屋というところへ行ってきたんですが、値段の少し高い部屋を選んだこともあってとてもよかったです。

カテゴリ:石川県:宿/ホテル|テーマ:多田屋〔石川県〕 |更新日時:2017-04-24 02:04:27

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>