この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-08-10 06:08:35

「西村屋本館〔兵庫県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

カニ腹になったあと、マッサージをお願いしました。これが、もうサイッコー。気取ったSPAのボディトリートメントより、やっぱりあんまよ、あんま。

宿泊した部屋です。約12畳ほどあり広々とした感じでした。部屋からの外の景色です。よくも無く悪くもなくといった感じでした。

私たちが泊まったお部屋です。窓の右側の小屋風の建物はお風呂です。露天風呂ではありませんが;; お食事も 懐石仕立ての 上品な おもてなし でした

なによりお部屋の露天風呂が最高でした〜 っで、やはり気になる食事ですが… 間違いなくいままで泊まった宿の中でNo.1でした

晩御飯はかにかにかに! 一人で一匹かに酢です(笑) かに味噌まで・・・ 1年分食べました〜☆その後、温泉街へ行って射的やスマートボールをして就寝。

夕食の時間に。カニ&会席料理をいただきました。写真はお料理のスタート。序の口です。次から次へと豪華なお食事が出てきて、かなり満腹になりました。

信楽焼きの浴槽に 掛流しのお湯 自分だけの 露天風呂 しばし 時が過ぎるのを忘れさせてくれる 至福の 空間でした。

蟹は地元の津居山漁港で上がった地ガニでした。前に蟹づくしを食べてうんざりしたので、次からは蟹と色々食べられる懐石にしています。お腹いっぱい食べ過ぎました〜。

部屋も綺麗だし接客も良いです。格調の高さであれば京都の俵屋の方が上だと思いますが、温泉地としてはなかなか素晴らしい宿でした。

城崎に来ました。とても良い宿です。西村屋は歴史のある旅館でお部屋や庭にも風雅有り、サービスは最高です。さりげない額の墨絵もただ者でない様子。

料理も(特に但馬牛は絶品)美味しくて結構宿泊客がいたと思うのだけれど、すごく静かでできるなら1週間くらい滞在してみたいなと(贅沢すぎですよ!)

珍しかった料理 椀盛(栗と松茸摺り流し)栗をすり潰した汁物で甘くて美味しかったです。松茸はわずかに乗ってたけど、特に風味は感じられませんでした。

館内は全体的に薄暗い感じですが、お香がほのかに香っており良い感じ。仲居さんをはじめ、挨拶は当然出来ているし、どの方もサービスは抜群です。

お粥が優しい味でした。昨日からの食べすぎ&飲みすぎで空腹でなかったけど、お料理を目の前にしたら、意外と食べれました(笑)

完全に木造でエレベーターなんかもありません!さすが!!!と思うぐらい格式高そうなでもどこか懐かしいカンジのするとっても落ち着く旅館でした(*⌒∇⌒*)テヘ♪

うまく表現できませんが。。。とてつもなく素晴らしい建築には、前にたたずんだ瞬間にオーラのようなものを感じます。それが、心を揺さぶって感動させるのかなぁ。

うだうだしながら旅館・西村屋さんへ到着。前に泊まらせてもらったのは13年は前か・・・それ以来、城崎に泊まるなら西村屋さんと決めている。

創業150年の老舗旅館です。庭園もお手入れが行き届いています。外湯をいくつか楽しみ、西村屋の別館「招月庭」のお風呂も楽しみました。

ロビーの調度品も、レトロな雰囲気でいい感じです。部屋も純和風、古きよき時代の旅館のたたずまい。お茶とお菓子の接待も、昔ながらの旅館です。

私達のお部屋は初音の間です 庭園がとても綺麗です こたつに入ってお抹茶を頂きながらお庭を眺める… 心が安らぎます

部屋は隅々まで色んな気配りが行き届いていて、しかもいろんなものに西村屋の家紋(だと思う)が付いてる。なんとも重厚感のある感じ。

お部屋から見えるお庭の緑、重厚な雰囲気にうっとり 隅々までピカピカで、まぢで埃ひとつないし、有名な作家さんの作品が普通に部屋に飾られてたりして、贅沢そのもの!

食事はお部屋でゆっくりと、温かく、美味しい料理が順番に運ばれてきて嬉しいw焼き蟹は私たちの部屋で炭火で焼いてくれました、なんとも良い匂い。

今回特別メニューのかにづくしにしたんだけど、もう、食べきれないほどのカニ・・・。それもすんごくおいしい♪特にカニのお刺身は最高でした。幸せ幸せ・・・。

お品書きを数えたら12品。茹で蟹は、分厚くて大きいし白味噌仕立ての蟹のお吸い物も美味すぎるし、焼き蟹は、実演でお部屋で焼いてくれて、この半生感が最高!

蟹はやはり味は別格でした。活けカニは甘く、そして歯ごたえ充分。茹でガニや焼きガニもこれでもかとばかり出てきます。カニ味噌も美味しく、カニスキのだしもうんまーい!

長い歴史を感じさせる建物。手入れが行き届いた館内、庭園。館内の至る所に焚かれてあったお香。(←あまりにも落ち着く香りだったので買って帰りました。)

食事はもちろんカニずくしのコース タグ付きのカニ食べたの初めて! この日のカニは柴山港のタグがついてました。

松葉がにと一口にいってもロシア産もあれば、いろいろ。西村屋さんのカニは地元の津居山か柴山で上がった活けものしか出されません。

広大な庭園ではありませんが、散策するもよし下から、また上から覗くのもよしの見事な庭園です。散策できるように、複数の庭の出入り口にはそれぞれ下駄が用意してあります

蟹はさすがのお味でした。日本酒がもっといろいろ揃っていたら言うことなしなんだけど〜 などといいながら、夢中で食しました。

創業150年の伝承の宝が見られる『展示室』まであるのよ♪ 金庫みたいな分厚いドアでしょっ!このお部屋の中には宝物がいっぱいよ〜んヽ(゜∀゜)ノ

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:西村屋本館〔兵庫県〕|更新日時:2017-08-14 12:08:21

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>