この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-12-04 18:12:20

「ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お部屋からの眺めはオーシャンビューで鳴門大橋が見えます。ブルガリのアメニティーグッズが置かれていました。ブルガリの香りが好きなので、嬉しい限りです。

本館は2階建ての建物で横長く、全室シーサイドビューのベランダ付で、部屋も広く、お風呂は温泉ではないが、広めの独立した室内風呂があり、のんびりくつろげるホテルだ。

ちょっと感動したのは水回りが特に洗練されていたこと。rasslandなどお洒落な輸入メーカーのものが使われています。

ヴィラの中はツインベッドルームが2部屋それぞれに浴室・トイレがついてるから超便利!ベッドルームの間にリビングルームがありました

日本料理「阿那賀」さんでのお節を頂きます。やっぱりお正月は朝からお酒〜♪ちゃんとお屠蘇で頂きます・・・朝食なので、簡単だけど一通りのお節です・・・

カドー・ドゥ・ラ・メールで朝食。噂に名高い、エッグ・ベネディクトをいただきました。朝からパンチのある一皿でGOOD、ただし量が少なくもっと食べたい。

そのあとはsweetsのオンパレード ぶどうのコンポート 鳴門金時(サツマイモね)をつかったモンブラン 〆はワゴンに乗ったケーキとアイスから選び放題!!

デザートは可愛らしく一口サイズ。女性は喜びそうですね^^デザートだけ、テラスで〜って言うのも良い感じ。海が見えて綺麗なお庭とテラスでしたよ。

チェックインまで1時間あるし、と思っていたら、すぐにチェックインできまして、いい感じ。お部屋にはブルガリのアメニティ。ワクワクのホリデーのはじまりはじまりです。

夕食はカドー・ドゥ・ラ・メールというホテル併設レストラン。どの料理も淡路産の野菜や牛肉をふんだんに使い、素材の旨みを十分に生かした調理は絶品でした。

朝もゆっくり起きてベッドで本を読んだりおいしいご飯を食べたり少しだけ、お散歩したりするのには断然アナガがお勧めです。

客の前での謙虚で恥ずかし気な立ち振る舞いとは正反対に、ラ・ベカスでいただく一皿一皿には 渋谷さんの美意識がこれでもか!と言わんばかりに溢れ出ている。

今回泊まったのは上にあるコテージのヴィラ。本館もきれいだが、こちらのほうが雰囲気が外国っぽく非日常をたのしめて、いいかんじ。景色もステキだしね。

日本では、ほとんど知られていませんが、このホテルはERLAIS & CHATEAUX(ルレ・エ・シャトー)の会員なのです。

目の前には写真を見てもらうとわかると思うけど鳴門海峡が見えます☆静かで素敵なリゾートホテルです。宿泊したのはホテルの部屋ではなく離れにあるヴィラに泊りました☆

以前から一度食べてみたかった エッグ・ベネディクト があったので、それにしました。エッグ・ベネディクト 日本のホテルでメニューにあるところは 少ないです。

こちらのホテルは部屋に時計がありません。実にのんびり過ごせます。ホテルの方々のサービスも良く、心地良い時間を過ごしました。

ホテル中央部にはプールが御座いまして、その中心にはバーが有ります。夏の夜でしたら、このバーを使いたかったですね。

淡路島の南端に位置するため、部屋の窓から鳴門大橋が近くに見え、その割に車どおりも少なく、隠れ家的なムードがあるんです。部屋からの眺め。鳴門海峡大橋が美しい

サロン リゾートっぽい。ベッドルーム かわいらしいお部屋でした。アメニティーグッズが豊富なので女性は嬉しいはず。

「新しい美しさ」は ございませんが、リゾート地としての落ち着いた感じ。オトナな雰囲気のお部屋でした。アナガのお料理は、洋食と和食です。

洗面所は結構広いよーん。左側におトイレ、右側にお風呂だす。小さいけどバルコニーにはテーブルと椅子が二つ。天気がいいとすっごく気持ちいいよ

淡路島の南端にある ホテルアナガ(→☆ )まで行ってきました。ラウンジでいただいた アナガプリン。1日5食限定との事。美味しかったです。

さあ〜 メインの鱧すきですよ〜!! こちらではちゃんと1匹 捌いてきてくれるので、頭から内臓まで全て、出してくれます。鱧すきはこれがないとできない鍋なのよ〜

お部屋からな大鳴門橋が見えますよ お天気がよければ、なぁ お料理も美味しいホテルなので夕食も朝食も楽しみッス

部屋の窓から海が一望できます。鳴門大橋も手に取るように‥‥この海を見ながらのワインは最高です。アメニティーグッズのロクシタンのセットには妻が大喜びです。

今回は07年にリニューアルされたお部屋に宿泊。庭に面したバルコニーは広くて、景色最高です もっと気温が高ければ本当に気持ちよく過ごせそうな素敵なお部屋でした

アジアンリゾートっぽい作り。。雑誌でみて、憧れていました。ヴィラもあるのですね^^ もちろんオーシャンview。 お部屋も素敵です♪

柔らかくてあま〜い神戸牛が。心憎い趣向です!ガル〜!大好物の鮑がワカメの絨毯に乗って登場です!!?やわらか〜い?赤だしのお味噌汁とたこ飯が、これまた合います!

泊ったお部屋はリニューアル後のモダンで清潔なお部屋。鳴門大橋を一望できるサンデッキ、スパ使用のシャワー&バス、フリーのカプチーノマシーン♥

今回お世話になった「ホテルアナガ」さんは、この2点がバッチリでした。さすが、ルレ・エ・シャトーに登録されているだけあるなと思いました。

写り悪いけど、一番奥のが海です。鳴門大橋は右側に綺麗に見えました。お部屋はグレー&木目調で癒し系のお部屋です。

冬のアナガは初めて 朝ごはんは、いつもは洋食ですが、和食にしてみたよ お部屋からは瀬戸大橋が一望できます ちなみにアメニティはロクシタンだよ

カテゴリ:兵庫県:宿/ホテル|テーマ:ホテルアナガ〔兵庫県〕 |更新日時:2017-12-10 18:12:54

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>