この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-12-16 08:12:22

「鉄輪温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

露天の岩風呂脇には箱蒸し風呂がある 温泉の蒸気で蒸された箱の中に体を入れ顔だけ出すというもの これは非常に快適で気に入った

湯口には温泉成分が付着。因みにココの湯は透明から時間が経過することで次第に青く発色していき、最終的に青白から白へと移り変わる。

色とりどりの花が自然のままに咲き乱れていて、造られた庭にはない趣があり、今度はぜひ一泊してみたいお宿です。

青い湯には、由布院温泉の庄屋の館で入りましたが、めずらしいので別府の鉄輪温泉の「神和苑」にも来ました。

湯口には白色結晶,浴槽の側面には黄土〜茶褐色の硬質付着物があります。脱衣所一体型で,浴槽は4人程が入れる大きさ。加水とともにかけ流しになっています。

熱めのお湯になっていて、数分浸かって上がり、自然に乾くのを待つのがよく効くとのこと。これぞ怪湯!ガツンときます。

蒸し湯に入ったり、ひょうたん温泉に行ったり、鉄輪温泉って、すっごく面白い最高に楽しかったです( ̄〜 ̄*)♪

お湯は、渋の湯などとは違い笹濁りで、タイルは茶褐色に染まっています。 浴槽の隅には木製の湯壷があり源泉が惜しみなく注がれています。

鉄輪温泉の温浴施設 ひょうたん温泉。普通の温泉ですが、内湯、露天風呂とも悪くないです。中でも、瀧湯はお湯の温度、身体に落ちてくる強さともいい感じ。

料理も懐石コース風ながらもおふくろの手料理感があり、気取らず頂けました。味も懲りすぎない素朴な味で、ボリュームも満点。

鉄輪温泉は、古くからの湯治場で、一泊2000円位のお宿に泊まり、自炊をしながら、長期滞在し腰痛や怪我の治療をする所です

源泉温度が高いため常に大量のお湯を注ぐわけにはいかず、そのためか訪問時は若干お湯がとろみを帯びているように(鈍っているように)感じられました。

別府鉄輪温泉街の中でも高台の方、住宅地の中にありました。結構新しめの旅館です。この東屋の売りはなんと言っても眺めのよさ!!

ちょっとコンセプトがずれる巨大温泉施設なんだけど、旅行雑誌の写真でよく見るチョー立派な「打たせ湯」に入りたくてここに決めた。

久々にのんびりしてます。鉄輪温泉もお客の呼び込みを頑張っており、温泉施設を作ったり昭和の感じを出したりしてるんです。

宿は別府八湯の一つの鉄輪温泉。情緒を残す小さな旅館が立ち並ぶ石畳のいでゆ坂の一角。

泉温は温めで湯の鮮度はあまり感じなかったが湯桶の栓を抜いたら高温の源泉が浴槽に大量に流れ込み力強い泉質の気持ちのいい掛け流しが味わえた

家族で宿泊してチェックアウトが遅くてよかった、と感じたホテルは、大分県鉄輪温泉「鉄輪温泉 湯けむりの里 東屋 」です。

分かりにくいですが、お湯が青白いんですよー!ここは源泉は透明らしいですが、時間が経つにつれ、薄青→青→青白→乳白色とかわるそうです。

泉質は、弱酸性低張性高温泉との事で、硫黄泉の様な匂いと一緒に温泉気分に浸る訳ではないですが、かなり気に入った 泉質のお湯のでしたよ〜(^^)/

必ず行くのが鉄輪温泉「ひょうたん温泉」。これはすばらしい。お湯たっぷりで、広くてしかも歴史がある。

共同風呂の醍醐味だなぁ。いい感じだ。源泉に水道がぬるくするために入れられているようだ。湯温は69.9度。ほとんど無色透明。若干のしょっぱめ。それと金気臭か。

男メンバーで入る温泉はめちゃくちゃ楽しかったです。ほかにも地獄プリンおいしかったし、みんなで食べる鍋はうまかったし

泊まりは一泊3500円の貸間旅館中野屋。鉄輪すじ湯の広場のまん前。立地は最高。昔の建物だけど、ちゃんと掃除してあってなんとものんびりできた。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:鉄輪温泉|更新日時:2017-12-16 03:12:36

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>