この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-26 01:03:49

「宝泉寺温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

ホテルの3階にある内湯、[げんじの湯] [ひめの湯]には、露天風呂が併設してあり掛け流しのお湯が24時間流れ込んでいます。

この内風呂も魅力的です、お風呂は全部貸切りで3つありますけど、全風呂かなり広いです、勿論、源泉かけ流しなのでお湯がずーっと流れでています。

泉質は単純泉、無味無臭、掛け流し。ゆっくり他人の目を気にすることなく入れるので本当に気持ちよくゆったり湯を楽しめました。

岩櫃から下の広い浴槽に流れ源泉は他に1ヵ所からも投入され広いながら浅いので適温となっている。珪素臭温泉臭甘味がやや渋味弱いねっとり感じんじん感やや滑々がある。

男女別の露天付き大浴場にはそれぞれに「げんじの湯」「ひめの湯」と名前が付き、無色透明で、すべすべした感触の湯がかけ流されていました。

旅の終わりは鄙びた宝泉寺温泉へ。この露天風呂がたった1,000円で貸切!山間の湯をゆったりと愉しみ、旅の疲れを癒した。

右側が洞窟入り口。狭いように見えますが、これがなかなか… 狭い入り口をくぐると、表からは想像できなかった八畳間以上の空間が広がり湯気で天然サウナ状態。

泉質は透明度の高いきれいな湯で無味無臭 湯としての特徴はあまりないが肌触りがよく入りやすい湯 泉質よりもとにかく、ここの特徴は貸切によるフリー的解放感でしょうね

館内と、離れに露天風呂がありました。離れの露天風呂のまわりには枯れかけた木が数本ひょろりと生えていて、一面に枯葉が・・・。

壁の両側には2部屋ずつ貸切風呂がありましてそれぞれの部屋には、「星生(ほっしょう)」や「涌蓋(わいた)」など九重に聳える山の名前が付けられています。

コイン式のお風呂に行きつけちゃうとコイン式がいいんだよねぇ。新しいお湯を張った湯船につかるのって気持ちいい!

今回立ち寄った温泉は大分県宝泉寺温泉郷「おぐら温泉 四季彩の湯」というコインタイマー式家族風呂(10室)です。

単純温泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)が多い宝泉寺温泉で唯一の弱食塩泉 露天風呂「源氏蛍の湯」 はぬる目の湯温で、小さくこじんまりとしておりました。

宿泊地の宝泉寺温泉は、栄えた温泉街と言うよりも、どちらかと言えば『湯治場』っていう感じでした。

今回の宿には「洞窟風呂」と言うものが有りました。 子供達は、怖がっていました(笑) その宿には家族風呂もあって、予約すれば入れました。

大分県の宝泉寺温泉の家族風呂に行ってきました おぐら温泉 四季彩の湯です。下の看板が目印です。

大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉の【おやど久月】HPより先日携帯からUPした写真の露天風呂は日替わりで男性と女性が入れ替わります。

この共同露天風呂は別名「石櫃」の湯と言う。最初に石櫃に源泉が入り、そこからこぼれて湯船に給湯される。源泉はかなり高温なのでこうやって温度を下げているのであろう

お泊りは、宝泉寺温泉の龍泉閣。何年か前に利用して、サービスが良かったので今回もお世話になることにしました。

大分の 宝泉寺温泉入りました☆私一人しかいなくて 貸切風呂みたいでした☆すごく温かくて幸せいっぱいでしたよ♪

またまた行ってきました、久月へ。好きネェ・・(笑)今月の料理もおいしくいただいてきました。もちろんみさをさんも満足です。

九重にある宝泉寺温泉の湯本屋という宝泉寺観光ホテルに行きました。平日の昼間だったので貸切状態でした。

カテゴリ:大分県:温泉|テーマ:宝泉寺温泉|更新日時:2017-03-28 21:03:46

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>