この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-28 17:03:18

「永平寺〔福井県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

永平寺は現在、曹洞宗大本山として、僧侶の育成、信徒の信仰の源になっている所です!!とにかく規模が、半端じゃなく凄かった!!

私が、永平寺に行くのは2度目である。最初に行ったのは、夫と婚約した年の5月だったと思う。両親と一緒に夫の実家に挨拶に行き、夫の案内で観光をしたのだった。

私の2008年は永平寺参拝から始まりました。別に曹洞宗ではないのですが、数年前から元旦の初詣は此処と決めています。年末寒波によって永平寺は30センチ以上の積雪。

その名も「おみやげ 坂」ですw永平寺定番の団助のごま豆腐をお土産に買いました。なんでも団助のごま豆腐はここが元祖だそう

開講式があり、入浴、薬石(夕食)、坐禅、法話、映画、開枕(就寝)という日程でした。坐禅は、30分少々でした。私たち僧侶も檀信徒と一緒に坐りました。

福井と言えば永平寺という事で出かけてみました。

やはり、心の乱れは掃除などにも現れるといいますが、永平寺の廊下をみると、修行の跡が掃除ひとつにしてもみえたりします。

永平寺78世貫主 の遺影が飾られていました。106歳。ほとんどの時間を座禅と仏様にささげた一生。心より ご冥福をお祈りいたします。。。

柱だけの山門を見て、この永平寺のあたたかさと厳しさを改めて感じさせてくれました。

秋の観光シーズンに誘われてたまたま知った『永平寺と高山の旅』の、2泊3日のバスツアーに参加した。

大広間・傘松閣の天井画はすごかったです☆230枚の花鳥画が一面に!!「鯉」「唐獅子」各2枚、「栗鼠(りす)」1枚を探し当てると「恋愛」・「願い」が叶うそうです。

昔遠足で何度か行ったことのある永平寺に久しぶりに行ってきました。子供の頃は良さがわからなかったけど、この年になって行ってみるとすごく風情があっていいお寺でした。

市電が走る福井市内を走り抜け、約30分程で永平寺へ到着。まずは門前町で永平寺蕎麦と胡麻豆腐で腹ごしらえ♪

永平寺の見所?は、観光客が、見学している中、お坊さんが、普通に修行されてる事。そんな様子も見ながら、お寺内を回ります。

永平寺へは、パートナーと合流して向かうことにしていました。パートナーは、3年前にこの永平寺で、何かを感じて人生が180度変わっていったのです。

昨日の夜行ってきました。雪に囲まれた永平寺の山門、瑠璃聖宝閣、報恩塔、鐘楼がライトアップされる『永平寺』冬の燈籠まつり。

最初に永平寺の修行僧からお参りの心得を聞いた。「永平寺は特別きらびやかなものはありません、修業の道場なので参拝は修業するお気持ちで・・・」

吉祥閣よりへ入り、受付をして説明を受けます。修行の場である事。これといって宝物はない事。左側通行。帽子は取る。修行僧にカメラを向けない等の注意点が説明されます。

カテゴリ:福井県:スポット|テーマ:永平寺〔福井県〕|更新日時:2017-03-25 23:03:27

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>