この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-30 00:11:32

「秋保温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

手前から41度、奥は43度と温度差のある内湯。これにもう一つ38度くらいの小さな湯船があります。部屋数からすると湯船がこれだけでは宿泊客であふれるのでは?

大浴場は大きな窓から緑を眺めながらジャグジーを腰に当ててゆったり〜。加水なしですが循環ろ過・消毒有り(←秋保温泉では殆どそうです)、透明湯で42℃と適温です。

一旦外に出て階段を下りた所にある「川原の湯」ここは名取川に面した源泉かけ流しの湯との事です。混浴だったけど、今回は時間制で男女入れ替わりになってました。

北海道の「カラカミ観光」が経営をしているこの温泉は豪華なバイキングが売り物。北海道らしい料理も並ぶ。食べるのが 精一杯で 全貌はお見せすることはできませんが。

前は、川になっていて、せせらぎを聞きながらの入浴。男風呂になるのは朝から午後何時かまで。。朝一の人がいないときに入ってみる。気持ちいいっすね、やっぱ。

そんなに広くはないのですが、源泉かけ流しのお湯で、目の前には名取川が広がり、開放的なお風呂です。湯上りの小部屋まで貸切、ちょっと贅沢な気分。

ホテルニュー水戸屋のすぐ近くにあるのがこの共同浴場です。あくまでも、観光目的で作っていないため、とても簡素なものです。駐車場も約1分ぐらい歩いた所にあります。

大規模ホテルが立ち並ぶ秋保温泉街の中で、佐藤屋旅館は全16室とこじんまりした旅館。

岩沼屋に行ってみました。・・・熱いお湯好きの私には嬉しい限り。露天の湯も熱めで寒い外気とのマッチングがとても気持ちよかった。

お湯はなかなかよかったです。一番に入ったので、私一人で貸しきり状態だったしね。・・・別館せせらぎの方もいつか行ってみたいと思います。

内湯も露天も、湯船の淵が幅広にできており、なかなか座りやすいです。浴槽の中はタイル張り。滑りにくいタイプになっているのが良いと思います。

お風呂はたくさんあるのですが、お湯は基本一緒です。ほぼ透明のお湯ですが、甘みも感じるお湯ですね。循環しているため、塩素臭がどうしても気になります。

男湯と女湯で天下取りの湯/月下美人の湯と名前が違う、渓流沿いの露天風呂が趣きがあって良かったな。ちなみに、こんな景色を見ながら温泉に入れます(*´Д`)

階段をもっと下りていきます。やっと着きました。なかなか風情があります。ゆったりとお風呂に入りました。「うー」と唸り声が自然に出てしまいます。

降リ続ける雪が寒すぎてちょっと抵抗がありましたが 露天風呂から眺めるお庭、紅葉中のもみじの木々が素晴しかったので 十二分に内湯で温まってから入りました

温泉に入って身体がぽかぽかになった後、佐勘の1階にある『1/f のゆらぎ』というサロンでアロマトリートメントを体験してきました。

温泉自体がナトリウム・カルシウム塩化物泉だそうで、硫黄のにおいがしないと温泉に入った気がしないという人にはむかないかもしれません。

受付でで500円を払って入浴。立ち寄り入浴は10:30〜14時までですよ 内湯です。確か、海水に近い成分だったっけ?42℃くらいの、丁度良い湯加減です。

日帰り900円にはちょっとビビリましたが。ちなみにタオル代+100円でした。風呂は館内の3ヶ所楽しめますから時間が許せばお得かもしれません。

東北新幹線やまびこ号に乗って秋保温泉に行ってきました。泊った宿は篝火の湯「緑水亭」大宮駅から仙台駅までは2時間かからないで行っちゃうんですね、

秋保温泉の「きよ水」です!高級で素敵なところでした〜。お風呂も本館と別館両方にあって源泉かけ流し〜の露天風呂あり〜の洞窟あり〜の癒されました〜〜〜

佐勘に、もし行く機会があったら、ぜひ行ってみたいと思っていたのが、ホテルのラウンジ。「おかみの紅茶」っていうカフェになっていて、紅茶がとても美味しいと聞いて…

源泉の香りがほのかに感じられる新鮮で掛け流しの熱いお湯は、秋保内の他の旅館ではまず味わうことの出来ない浴感だと思います。

今回のお宿はホテルニュー水戸屋。16趣ある温泉のうち、14趣に浸かりました。整えられた庭園、滝、池、錦鯉、露天風呂、涼やかな秋保のそよ風。全てが大満足でした♪

泉質・効能は ナトリウム、カルシウム・塩化物泉。神経痛・筋肉痛・関節痛・切り傷・火傷に最適とありました。お湯はキュッキュと言う感じの軽いお湯。

ホテルはとてもキレイで雰囲気がよく、浴室もとてもキレイでした。 わたし達が行った時間は女風呂が2箇所で男風呂は1箇所になっていました。

秋保温泉は「あきうおんせん」と読むそうです。蘭亭というところに泊まりました。お値段がお手ごろな割に、料理が豪華でしたよ。海老がぷりぷりでした!

帰りに温泉に入っていけというので、一人で入ってきました。入る時にドアが閉まっていてビックリ。暗証番号で開けるんだよ。すごいなー。

夕ご飯食べる前にお風呂に入って ご飯も凄かった個人的にはあんずが美味しかった..笑食べ終わってからまたお風呂へぇー。露天風呂にも入って大満足

ちなみに今回お世話になったのは「蘭亭」さん。初めて利用したんだけど、とにかく女性向けでした。部屋に入って着替えようと思ったら、浴衣がピンクでカワイイ!

秋保温泉自体もとっても古くからあって、有馬温泉・道後温泉と並ぶ、「日本三大古湯」と言われているんだそうおーそんな「佐勘」には、いろんな種類のお風呂があるんです。

ここの旅館の名物は大きな露天風呂とお風呂の傍らに立っている篝火。真っ暗な空にパチパチとともっている篝火はなんとも情緒があってよかったです。

その1つ緑水亭には、かがり火をたいた露天風呂があります。 私が訪れたのは初夏の頃でしたが、なかなか気品のある宿でした。

友達…張り切って「あきほ温泉行くよ〜!」と言ったものの、 それは「あきう」って読むんだよ〜〜!!(笑) 温泉郷入る手前にBIGこけしを発見☆

カテゴリ:宮城県:温泉|テーマ:秋保温泉|更新日時:2017-12-14 02:12:36

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>