この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-13 17:06:04

「宇奈月温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

宿泊は『宇奈月温泉・ホテル黒部』です。お部屋は12畳の和室・バス・トイレ付でごく普通タイプ。

絶景の露天があるという とちの湯へよって帰ることにしました 内湯は小さいものの自慢の露天はこの風景

1日目に入った風呂は41度で温めで、外の露天風呂は寒い感じがしました。翌日朝入れ替わった風呂は50度で今度は熱かったです。

大浴場から抜けて露天風呂へ。良いですねのんびりゆったり心も体もほぐれていく備え付けのシャンプーやボディソープなどなどのアメニティグッズが豊富。これは嬉しいよ

貸切風呂はとっても広くて開放感がありました。右の写真は露天風呂の中に大きくくり抜かれた石が入ってて、寝湯状態ではいれるお風呂になってたんですよ。

「ホテル貴泉」の露天風呂、実に良い温泉です、単純泉ですが湯の花がすごいです、黒部渓谷の源泉から引いてます、ほんといい温泉でお勧め

宇奈月温泉は黒薙温泉からお湯をひいているので、源泉かけ流しではありません。赤ちゃんには、清潔で設備もいいのでいいかもしれませんが。

宇奈月の街中には「足湯」が2ヶ所あります。我々はそのうち1ヶ所に行きましたが、これまた江戸っ子仕様な熱さなのでご注意を。

湯温は高めで熱く感じる。そして、そぞろ露天風呂へ移る。温泉が身体を、景色が心の、疲れを取ってくれる。癒してくれる。

お湯は宇奈月らしい透明なすっきりしたお湯だ。このホテルは、シャンプー類のアメニティが充実している点が良い。特に高価な馬油のシャンプーやリンスまで使い放題だ。

宇奈月温泉のお湯は、湯量88℃、日量3,000tで無色透明のアルカリ性単純泉。期待してホテル桃源のお風呂に入りましたが、入った瞬間なんか塩素臭が・・・

大浴場は実に20m!左側から43℃、42℃、41℃という温度設定になっており、ひとつの浴槽で、違う温度を楽しむことができるというもの。

宿泊先富山県 黒部峡谷 『延対寺荘 』 与謝野晶子、川端康成、竹久夢二…多くの文人墨客が愛した風光明媚な日本の宿

通常15時チェックインのところ14時過ぎに入ったので、ホテル内は他の宿泊客の姿も見えずノンビリした時間が流れています。旅館の配慮で30分以上早くチェックイン

黒部川を上流へ約7km進んだところにある、秘境感たっぷりの「とちの湯」。内湯と露天のみのシンプルな造りで、入浴は大人1人500円。宿泊施設はない。

さて、冷えた身体を復活させなければいけません。ここはやっぱり宇奈月温泉!日帰り湯の「とちの湯」に行きましたよ!

お風呂はこじんまりした内湯のみで、お湯が熱いので加水して入りましたが浴槽が小さいためすぐに熱くなる掛け流しのとてもいいお湯でした♪

温泉も素晴らしかったです。女性専用の露天風呂からは絶景が臨めました。大露天風呂ではオロロ(小さい虻)の襲撃に遭い、3分でギブしました。

もう、ほぼ銭湯です。中も、小さな浴槽があるだけ。洗い場も5人分しかない。でも、表示によると源泉かけ流しらしい。泉質は、アルカリ性単純温泉。

露天風呂からの眺めもこんな感じです。対岸にトロッコ列車が走ってます。この距離だと手を振っても見えなそうでした(>_<)

お風呂自体はまあまあといった感じです。露天風呂も、こんなもんでしょう。良くも無く、悪くも無く、透明な綺麗なお湯でした それと、夜中でも入れるの嬉しかったですね。

この辺は富山県最大の温泉地なんですね1924年、上流の黒薙温泉から引っ張ってきたのがこの宇奈月温泉なんです

日本でも有数の湯量、湯質、湯温を誇る宇奈月温泉!!今回のお宿は、この温泉街でもイチバン大きなところに泊めさせてもらいます☆

源泉が流れ込む場所から離れると、丁度良い湯加減 源泉が流れ込むその場所に、生卵でも置いときゃ、温泉卵が出来上がるわと確信に近いものを感じる程、熱湯でした(笑)

さて、今日は、宇奈月温泉(黒部市)から奥に入った「とちの湯」に行ってきました。平日では、ここまで入る人が少ないのでしょう。

あいらぶ湯を使って延楽に入浴してきた。流石は、一流ホテル、まず、宿泊客を出迎えていた係りの人に、あいらぶ湯が使えるか聞いてみると快く受けてくれた。

カテゴリ:富山県:温泉|テーマ:宇奈月温泉|更新日時:2017-06-18 01:06:41

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>