この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-23 00:06:47

「城崎温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

最後は1時からオープンの「さとの湯」。ここの施設が1番整っています。男女入れ替え制らしく2回入ると違うお風呂場に入れるみたいです。

活気があり、浴衣姿で外湯をめぐっている人たち。頭の中にはそんな光景が広がっていた。シーズンでなく、平日だったからだろうか。だが風情がありよかった。

城崎温泉へ。夕飯なしの朝食つきで、入湯料入湯税込みで9790円。しかも外湯も無料で入れるチケットを何枚もいただけるので格安でしたね♪

要予約の貸切露天風呂 周りからは見えないようになってますが、空はしっかり見えますんで開放感あります(^^

浴室は、大きな内湯に山肌を削って作った半露天の洞窟風呂。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉。

『一の湯』です。そんなに大きくないけど、露天もありました。いきなりつかりすぎた母とアタシ(^^滝汗)。城崎のお湯は少々熱め。あっと言う間に体が真っ赤になるくらい

夕方から夕食時まで外湯めぐりへ 一番人気の御所の湯(美人の湯)へ行きましたが、かなりの行列・・・ お湯の温度といい、個人的に一番好きな外湯です

一番人気らしい御所の湯へ。別名美人の湯?いかにも女性が好みそう。なかはやっぱり大混雑。でもお風呂はそうでもなかったかな。

この2日間で風呂に10回入りました(笑)外湯7箇所(うち1箇所は2度)+旅館の内湯と露天風呂=10!

さっそく外湯巡り・・♪浴衣を来ていろいろなお風呂を周りました。そして夕飯はとても豪華でおつくりやカニ、鯛など次から次へと出てきました(^.^)

この温泉街のど真ん中に位置し、一番広く人気のある湯です。ココもジェットバスがあり、洞窟のような露天風呂は、とても落ち着く空間です♪

冬の城崎温泉といえば、カニです。これから、本格的な冬になって、雪が降りますから、雪が降る前に、行って来ました。

地蔵湯は「こじんまり」という印象を与えますが、それは城崎温泉にあるせい。「庭をみはるかす大浴場、洗い場」必要設備完備です。

大人¥600 子ども¥300 ちょっと、いや、かなり高い入浴料だ でも、内湯と露天付きなので、まあ満足 露天の庭園と山の借景があっていていい雰囲気だった

PH6.9の柔らかいお湯の質感や、温泉独特の匂いもありますので湯浴みは楽しめます。泉質はナトリウム・カルシウムなどの塩化物泉です。

外湯はいずれも、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉ではないだろうか?この手の泉質の湯は、なんとなく海のにおいに近いと思ってしまう。

この金波楼は風光明媚な海岸沿いに立地し、施設も料理もとってもGOODです!敷地内には日和山遊園がありイルカショーやセイウチ君のショーも観れます!

城崎温泉は、中心地に川が流れ、川の両側に温泉街が広がる、情緒豊かな所です。大小約50件程の旅館が建ち並び、スマートボールや射的などの遊技場もあります。

駅のそばの駅舎温泉「さとの湯」へ行きました。ここは、各種サウナと展望露天風呂が売りのようでしたが、さすがに駅に近いだけあって一番大きかったと思います。

城崎温泉にはいろいろと特徴があるけれどもそのひとつに外湯めぐりというのがある。

食事の後は2つの外湯へ.御所の湯というところと,一の湯というところ.御所の湯は最近できたというだけあって本当に綺麗.露天風呂や温泉サウナもあって楽しめました.

その7つの外湯は 駅舎温泉 さとの湯 一の湯 御所の湯 まんだら湯 地蔵湯 鴻の湯 柳湯 とあり、その中で足湯がある施設は さとの湯、文芸館、柳湯、一の湯です。

宿泊先は、「湯楽 」。これが、期待以上にイイ!城崎と言えば、「西村屋」が定番だと思うけど値段を考えれば、断然こっちの方がいいですね。

温泉に入ってきました。まずは、 ”御所の湯”二軒目は ”一の湯”三軒目は ”まんだら湯”最後、営業時間終了際に ”鴻の湯” へ!

こちらは、「美人の湯」で文永4年、後堀河天皇の御姉、安嘉門院が入湯されたお湯だということ。建物もお屋敷のような立派なもので、お風呂だと思わない建物です。

城崎温泉です。2回行ったことがあります。外湯があって、浴衣を着ていろいろなところに入りにいけます。いかにも温泉街!って感じが楽しいです。

カテゴリ:兵庫県:温泉|テーマ:城崎温泉|更新日時:2017-06-23 00:06:47

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>