この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-07-08 20:07:29

「東山温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

大和田伸也さま、水原アナウンサーさま、のご出演で、雪見ろうそく・お風呂・御夕食をお楽しみ頂くことができました。ありがとうございました。

こちらが「さるの湯」の男湯の全景です。窓を開けると半露天感覚で湯浴みを楽しむことができ、外にはミニ庭園風の緑が覗いていて癒されます。

まず、皆で温泉へ!温泉は、大浴場&露天風呂がある。源泉は、川底から湧いており、43度と若干温めだが、ゆっくり入れて丁度良い具合です。勿論、掛け流しですよ。

お風呂はもちろん源泉かけ流しのお風呂で、「きつね湯」と「さるの湯」と3つの「家族風呂」がありました。

入浴目線では山々しか見れないが、立つと会津若松市内と東山温泉街を眼下に見ることができる。なるほど、ホテルが絶景展望露天風呂と称しているのに頷ける

温泉はいい湯です。きつね湯は、結構熱くて、最初は「アツ、アツ〜」と恐る恐る身体を浸していくのですが、浸かりきってしまうと意外にクセになったり。

かなり古ぼけた、何ともクラシックなタイル敷きの、畳半畳分も無いような小さな浴槽で、大柄な僕には正直狭かったのだが、気兼ねなく容赦なく利用できるのがいい。

こちらの方は、以前からあるらしい展望風呂。露天はベランダ状のものがありました。湯使い、、違うとは思えませんが、こちらではカルキ臭は気になりませんでした。

流石に本館の大浴場等は広く、特に露天風呂はそばに滝が流れ、木々に囲まれ、将に大自然の中に手足を思いっきり伸ばして気分は爽快でした。

お風呂は、内風呂と露天風呂があり、ともに掛け流し。源泉は57℃あり、内風呂は熱かったです。露天風呂がちょうどよいぐらい。

大浴場と露天風呂があったけどどちらも、ちょっとぬるかったかなぁ・・・よっちぁんは、熱いお湯がスキなので物足りない

次に入ったのは『きつねの湯』。昔からあった浴場で、とにかくお湯が熱いッ!!私はあまりの熱さに笑いが止まりませんでした。『うへへ〜熱いヨ〜〜〜』

雨だったし景色はそんなによくなかったけど。なんだってすげー気持ちよかった〜空に飛び出たみたいな露天風呂。寝湯(?)は夜空が見えてキレイそう・・・

造成泉で総計0.2グラム88度で加水。硫化水素臭土類臭、硫黄味がある。やや青かかった乳白色でカルシウム膜が浮く。じんじん感にややきしきし感があり暖まる。

ここが『さるの湯』だねえぇ 先ず 女風呂から入るよおおう こっちの お風呂は広いんだねええ 源泉かけ流しだから プーの お座りする場所が なかなかありません

4つあるうちの、↑は滝見の湯 ヒノキの香り立ち込める半露天。板張りの床は物凄く滑りやすく、?人犠牲者が… 楽しすぎっ

旅館に戻り さて温泉ですもちろん源泉かけ流し露天風呂は天然の滝が見える絶景でした。

有馬屋さんのお風呂は、源泉かけ流しとは言え、浴槽一つきりのごくシンプルな作り。外の景色が楽しめるわけでもないし、雰囲気的には、いま一つだった。

向瀧。行ってきました吹雪の中を。 あのね、とりあえず皆さん行ってみてください。きっと春夏秋冬、それぞれの季節で楽しめる旅館だとは思いますが、まず冬に。

お風呂は、男、女ともに、内風呂と展望風呂とがあります。どちらも、と〜っても広いし、眺望も抜群です。

温泉は源泉かけ流しで24時間入れるし、食事は美味しいし、何より 女将さんも大女将さんも、従業員の方が皆さん本当に親切でとてもよかった

温泉は無色透明のお湯で、あまり特徴が無く「本当に温泉なのかぁ」なんて感じながら入っていたのですが、次の日にはお肌がツルツルになった!?ような気がします。

残念ながら露天風呂はありませんが、寒い東北の宿、浴室が熱くて仕方がないなどと言うことはありません。のんびりとお湯に浸かることができました。

女性の露天風呂は一段高いところにあります。宙に浮いたようなお風呂があるそうです。嫁さんも喜んでくれました。男性の露天風呂より景色の眺めは良いそうです。

古いとっても趣のある旅館。でも、文化財だから旅館自体にはあまり過ごしやすく手を加える事ができないからお風呂に向かう廊下とかは、すっごい寒い。

古くは“猿の湯”と呼ばれた その温泉は、源泉掛け流しで楽しめる硫酸塩泉。さらさらとした水質で、豊富な湯量が薬湯としても用いられていたので御座いましょう。

露天風呂からは会津若松市内を一望でき綺麗な温泉ホテルで良かったですよ。観光の途中に回ってみてくださいませ 露天風呂の寝湯です。露天風呂でのトド足です。

大浴場では、ベビーチェアを貸してもらえるので赤ちゃんの体を洗うときも手で支えなくて大丈夫。

そして、貸切風呂、凄くキレイ!癒し系のCDなんかが置いてあって、滝を見ながら本当に寛げましたよ。おかげで、すっかりたまご肌!って感じ。

宿から歩いてすぐのところに、土方歳三の絵が描かれた場所がありました。川を渡って近づくと、「土方歳三の足湯」と看板がかかった場所がある。

半年ぶりくらいの温泉旅行です。着いたらケーキにコーヒー、夜は刺身に鍋、けんちん汁etc・・・温泉は5回入りました。8500円のプランでかなり満足です。

ようやく東山温泉に到着。この日に泊まった宿は、新撰組副長 土方歳三が傷を癒したという岩風呂がありました。

カテゴリ:福島県:温泉|テーマ:東山温泉|更新日時:2017-07-22 18:07:35

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>