この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-22 14:11:23

「岳温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

窓からは雪景色。・・・到着して早速貸切風呂に入り、疲れを癒します。思っていたとおり、とても良いお湯でした。木の湯船があたたかみを感じました。

宿に着いてすぐお目当ての露天風呂に向かいました。樹齢2,000年の檜風呂です。お湯は熱くて、最初は入るのが大変でした。

おお、41度位と、ややぬるめながら、お湯に身を沈めた瞬間は熱く感じます。しかし、その感覚も一瞬のこと。直ぐに、ほど良い温度だとわかります。

豊富な源泉から引き湯した、全国でも珍しい酸性泉の温泉なんです。みどりがかった乳白色の湯ですごーく気持ちがいいの〜♪♪♪

お風呂は坪庭に面してて、庭へのドアが自由に開閉できるから、半露天みたいな感じ〜小さく見えるけど、これで大人が足を伸ばして入っても、まだまだ余裕の広さ。

旅館の庭には露天風呂が。この露天風呂、客室の真正面にあるんで、さすがに女湯はきちんと囲われてて見えないようになってるけど、男湯は完全に丸見え (笑)。

ここのお湯は共同源泉を利用しているが、源泉温度は92度C、pHは2.48の強い酸性泉で、泉質は無色澄透で無味無臭である。

お湯は”湯の花”が混じって白っぽく濁った酸性湯。前の記事で書いたように、源泉のある山腹の”くろがね小屋”付近から7kmも引湯管で温泉を引いている。

そういえば、前回はひどい腰痛をかかえて行った岳温泉。岳温泉が腰痛に効くとは知らずに行ったのですが帰る間際に発見したものがありました。

岳温泉は、蔵王や草津と同じ酸性温泉で白く濁っていて、体に傷があるとちょっとしみるけど、すごくいいお湯だった。

皮膚の浸透がいいのでしょうか、かなり身体に染み入るような感じですね。硫黄の香りは、ほんの少しだけ香りますが、あまり強くはありません。

ここは酸性泉で慢性皮膚病、切り傷、火傷、神経痛に吉で美肌効果もあるそうです。さて…湯加減はと… あっち〜 うわわわ〜 苦手な熱湯だわ〜 相当、苦戦しつつ、入浴。

内湯は大型ホテルなので広く温度差で2つの浴槽が有る。お湯は無色透明の酸性泉、かけ流しで使用。露天はそれ程広くないけど晴れていたら眺めが良さそうなロケーション。

開湯は平安初期にさかのぼります。「岳温泉」の湯はPH.2.48の強酸性の青みを帯びた白濁の湯が特徴で、殺菌作用に優れています。

ここは、源泉かけ流しの大衆浴場です。300円也(笑)浴槽にあるのは、固形石鹸のみ。シャンプー

この温泉は全国的にもけっこう珍しい強酸性の湯質をしている。なんとビックリpH2.4だって。熱いのもプラスして肌がぴりぴりするはずだわい。

ちなみにここが、岳温泉の源泉でここから岳温泉に分湯されてずーと引湯されています。10時すぎでしたが、ぼくが一番湯ということでした、うっそー。

岳温泉という温泉街に宿泊しました.温泉は酸性で少し緑や白がかっています.ほんとうに温まる温泉でスキーとの組合せは最高でした.

入浴料300円で酸性泉が掛け流し。温泉は安達太良山の麓から引き湯しています。ここは自炊できる湯治部屋もあり、素泊まり3000円くらいで宿泊することもできます。

ほぼ透明の湯で臭いは殆ど感じられず。白い塵のような湯花が舞ってました。温度はかなり熱めで、入っていると一気にのぼせてくるような感じ。

酸性泉だということだったけど、それほどピリピリする感じはない。でも、やはり肌がスベスベになっている感じがした。

普通リゾートホテルだと塩素臭がするのですが、岳温泉の湯は酸性(PH2.5)のため消毒の必要はないので塩素は入っていません 紅葉も枡酒もあり良い温泉でした。

湯船は、10人も入れば窮屈な位の大きさだが、源泉が勢いよく投入されていた。ほんの少しだけ白濁しているように見える湯には、白い湯の花が浮かんでいる。

さて、「湯」は透明感もあり湯の花がちらりちらりちらりと見えてくる。泉質は酸性泉なそう。(成分表より)駐車場が少し判りづらく雨も降っていたので少し疲れた!

一番感動したのは、露天風呂の脇に酒樽がおいてあり冷酒をサービスで出していることろです。飲料水をおいているのかと思い、飲もうとしてビックリです。

友達6人で入っていたんだけど、内2人が入ってる途中で、「心臓がドキドキするっ」と訴えました。私も出た後、心臓に軽く負荷がかかってる感じがしました。

温泉は宿の奥にあり、さほど広くはなくこじんまりとした入浴施設でした。湯船は熱目の湯で、皮膚がジンジンとして「如何にも温泉…」といった感じ。

ニコニコ共和国(岳温泉)の国会議事堂(観光案内所)の道路の反対側にある温泉です。共同浴場らしきところですが,宿泊もできるようです。

酸性泉そのものの特徴は特に感じられなかったが、お風呂そのものも悪くはない。ただし、冬季で冷え込んだとはいえ、露天風呂の湯温が下がったのには驚き。

ホテルに着いてから休むことなく湯めぐりへ。3ヶ所回ったのですが、湯の花たっぷりお肌しっとりのイイ温泉で、各旅館やホテルによって趣が違うお風呂に大満足しました。

カテゴリ:福島県:温泉|テーマ:岳温泉|更新日時:2017-11-22 14:11:14

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>