この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-23 03:04:57

「ひめゆりの塔〔沖縄県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

「ひめゆりの塔」は本来、観光に来るところではなく、平和について静かに考える場所である。

塔へと向かう途中、敷地入口にて、 な、なんと・・・! ケンカ売ってんのか、コラ!! 平和を詠っておいてケンカとはこれまたいかに?

ひめゆりの塔に着きましたが、辺りは観光地の様相。塔自体の物悲しさとは対照的で、個人的には受け入れ難い景色。かといって、ひめゆりの塔と正面から向き合う事も難しい。

私が、沖縄のひめゆりの塔を訪れた時修学旅行の生徒が一杯いた。平和日本で育ったこの高校生が、この場所に立ってどの様に思ったのだろうか。

「ひめゆり平和祈念資料館」は是非行ってください。ここで戦争の愚かさ、平和であることの有り難さ等々を感じてください。沖縄に行った際には1度は訪れて欲しい場所です。

塔の手前には深い自然の穴が開いていて、そこは乙女たちが多数亡くなったという沖縄陸軍病院第三外科壕跡だと言うことです。

沖縄の戦跡を訪ねて驚いたのは、余りにも有名なひめゆりの塔が看護要員として軍務につき散っていった全ての女子学生の霊を祀ってなかったことだった。

これがかなり生々しくて、彼女たちの生活が自分の日常と重なり合い胸に迫ります。教科書の文字からだけでは伝わらない何かがここにはあります。

何も分からずに戦地の病院へ派遣され地獄絵図を目の当たりにしたのが良く分かりました 壕の中に二段ベットを作りそこで看病していたんですね・・・・・(涙

第一外科壕は、ひめゆりの塔から331号線を数百メートル那覇方面へ行った左側に看板が出ているのでそこを左折すると数十メートルのところにひっそりとある。

ひめゆり平和祈念資料館で、比較的ゆっくり時間をとってみたのですが、かなり重かったです。ずしんときました。

ひめゆりの塔のわきにある『ひめゆり資料館』を訪ねました!!すごく…鳥肌が立ったけどかなり感動するではないか・・・感動しすぎてしまいました、。

この日当時のひめゆり学徒隊の生き残られた方が 団体客の説明を担当しておりました。亡くなられた学生たちの分も これかも長生きしていただけたらと思います。

カテゴリ:沖縄県:スポット|テーマ:ひめゆりの塔〔沖縄県〕|更新日時:2017-04-29 05:04:40

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>