この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-05-24 22:05:33

「門司港ホテル〔福岡県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

2基あるエレベータで予約した部屋のある5階まで上がります。エレベータ前の空間においてある家具も、電球色のライトと絶妙に合います。廊下の照明も、良い感じ。

部屋の照明は暗めで、ビジネスホテルっぽいイメージは全くないです。完全にシティホテルですね。シングルで予約してもツインにしてくれるし、広さもゆったりとしています。

エントランス入って、正面にあるレストラン フロント前 お部屋 窓からの景色 部屋が関門海峡側ではなかったのが、ちょっぴり残念。

すぐ目の前が入り江。船の汽笛がよく聞こえます。水回りも綺麗だったし、バスタブはゆっくり足を伸ばせるサイズ。小さなユニットバスを覚悟してたので嬉しかったですv

こちらは、娘と二人で利用したツインルームです スッキリして落ち着いたデザインで、窓からは海が眺められる・・・ 心身に安らぎをあたえてくれる素敵な部屋でした

早朝の海 絵の様な背景にしばらくウットリ♯ 爽やかにレッツレストラン 昨昼唐戸で味わった 同じフグ唐揚げに明太子 魚介類が美味しいよ ゆっくり朝食バイキング♪

橋を渡った下関側に見えるのは壇ノ浦です。下関の街がこんなに近くに見えるとは驚きでした。やはり門司港ホテルに宿泊するなら海側を選ぶべきですね。

なにせ部屋が良かったです。毎年行きたくなってしまった。ちょっと変形した部屋なのです。船をイメージしているのでしょうね。

門司港ホテルは、趣のあるホテルでした。海側と街側に部屋があり、それぞれ違った風景を楽しめますが、今回は海側の部屋を予約しました。夕陽がとても綺麗でした。

さらに大分や宮崎のホテルに比べて、部屋が狭い。ベッドが小さい。わざわざ頼んだ、朝食がまずい。う〜ん、デザイナーズホテルというのは、大体格好ばかりで失敗します。

ちなみにこのホテルのインテリアデザインは内田繁という日本を代表するインテリアデザイナーが手掛けているそう。

門司港ホテルのとっても安らげる空間が好き 今回は海側でなく街がみえる山側の部屋でしたが、夜になると景色がすごく綺麗でしたね〜

朝食は1Fのこちらのレストランでバイキングでした。パンもごはんもありましたが、流石、門司。めんたいこにふくの一夜干し!なんと、ふくの唐揚げまでありました。

エントランスの見え方も美しいですね。特に仰々しい雰囲気で入りにくいという感じはありません。ただ、迫力があって象徴的な見え方をしています。

言わずと知れた人気のデザイナーズで、エントランスから、イタリアのセンスに溢れてました。エントランスホール大きい!ディナーは、ポルトーネで、コース料理を頂きました

関門橋など景色を楽しめるように窓にテーブルが作りつけられている。夜景を楽しむもよし!朝の関門海峡を行き交う船を眺めるもよし!

イタリアの著名な建築家アルド・ロッシ氏の遺作という事でも有名なホテル。外観はサメをイメージしてるそうです。

翌日のチェックアウトも11時までと遅めなので、美味しい朝食をゆったりと愉しみ、海峡を眺めつつ散歩をしても十分に時間があります。

お部屋は7階。関門海峡サイドだ!ここは今回こだわったよぉ〜 思ったよりずっと良いわ〜 お部屋でまったりしたいけど、せっかくなのでレトロ地区を散策してくることに。

夕食はフレンチのコース!これはメインで豊後牛の岩塩とゆずごしょうのソース!いろいろ出てきましたよ。7〜8皿だったと・・・ビール飲みながらの夕食で最高でした。

部屋は8階だそうです。お!いいじゃないですか。部屋からは港と街の一部が見えていました。二人なら最高ですね〜9階にバーがあるそうですよ。行ってみましょう。

門司港ホテルの朝食は和洋のバイキング。一回のレストランで食事。天井が高いんですよ、このフロアは。デザインはなかなか良いです。

前回は、関門海峡が見渡せる海側でしたが今回は、街並み側に宿泊しました。なぜ街並み側かと言うと数千円安いし酩酊後の宿泊ですから夜景料金分は払えません。

上の写真で8階の一番右の丸窓の部分の室内が下の写真です。リビングルームになっていて、天井の高さは2階分ほどあるようです。

窓辺からの風景は飽きることがありません。すぐ下に見えるのは「跳ね橋」です。こんな風景を部屋の中から独り占め出来るのは最高ですね。

門司港ホテルは建って10年ぐらいたつので部屋はちょっとボロボロだったけどホント朝食は最高でした♪

予約していた部屋は、トリプルとシングルだったんだけど、ラッキーなことにツインの部屋をシングル扱いになっていたので、2人ずつに分かれて泊まっちゃいました〜。

門司港ホテルはアルドロッシ設計のホテルですが、やはりテイストは外国の方だなぁ〜と思うこと一杯です。その一つ一番大きいのはやはり色使いでは無いでしょうか。

景色を見るどころじゃないよ〜〜(涙)窓全面が薄っすらと曇った感じになっていてカビのようなのがいっぱいこびりついてる〜〜(汚)

写真とりそこなったのですが、実は、すごくホテルの朝ごはんが気に入った様子でした。大好きな納豆を食べたお陰かもしれません。

カテゴリ:福岡県:宿/ホテル|テーマ:門司港ホテル〔福岡県〕 |更新日時:2017-05-20 16:05:01

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>