この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-22 16:09:02

「上高地帝国ホテル〔長野県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

部屋は山小屋風イメージで好き。可愛い。75周年記念とかどうとかでウェルカムディッシュ、、、、微妙、、、、せっかくなのでカッパ&傘さして河童橋目指しお散歩。

そしてディナーの時間。山の旅行に初めてワンピースなんて持っていきました。地元の食材を生かしたフランス料理で、見た目よりボリュームもありとても美味しかったです。

広いバスタブが嬉しいです。ベッドルームその2も同じ広さですが、廊下に出ることなく、部屋からそのままバスルームに行けるのがいいです。

夕食は、ホテルのダイニングでフレンチを食べました。さすが帝国ホテルだけあって最高の素材、味、サービスを堪能することができました。

創業75周年を迎える上高地帝国ホテル 改装しているようで、建物自体は古くとも、お部屋はとてもきれいでした。水周りも新しい!

ホテルの営業は4月下旬から11月上旬まで 従業員はすべて日比谷にある帝国ホテルから派遣されているので、サービスはお墨付き。そしてこの山荘風の建物が魅力的です。

決して広くはありませんが落ち着いたインテリアがいい雰囲気です。REUGEのオルゴールが置かれていて初めて聞いたのですが、これが物凄くいい音♪

歴史ある建物で、高貴な感じ。凡人の私は何をするにも緊張 お部屋にはオルゴールや野鳥図鑑・双眼鏡なども置いてありました。

レストラン アルペンローゼ 松本地鶏の卵のオムライスハッシュドビーフ添えです。ちょっと高めの2835円でした。お味は濃厚で美味しかったです。

玄関を入ると、中はそれ程大きくないのが解りました。ですが、大勢のスタッフに迎えられました。また、彼らが、きびきびと仕事をこなしていくのです。

パンもジャムもなくなりそうな頃合いを見計らって、スマートにおかわりをもってきてくれました。やっぱり居心地いいです、帝国ホテル。

今回はスタンダードルームしかなかったんですが、天井が斜めっているので、これはこれで趣があってよかったです。

どのお料理もよかったですが、コンソメは本当においしかったです。それとサーロインのロースト。おいしかった もうお腹一杯だったのですが完食(笑)

夏休みの旅行で立ち寄りました・・・ 赤い三角屋根と丸太と石を積み重ねた外観が・・・ 上高地の自然と調和して・・・ すてきな雰囲気です・・・

ホテルの部屋も素敵な山小屋風外の気温0℃。ベランダから星を眺めてみると秋の星座のカシオペア座がとても近くに見えた

洋食は予約不要だったのだけど和食の場合は時間指定の予約が必要で9時しかあいてなかった。こちらのホテルは朝食のルームサービスはやっていないようです。

ずーっと前から一度泊まってみたかった憧れのホテルに、ようやく来ることができました♪夕食は、私のお誕生日前々夜祭ということで(笑)、フレンチのコースを頂きました♪

東京の帝国ホテルのように色々の施設があるわけではないが、避暑地でゆったり、のんびりと。そして優雅に。優雅にというのは、東京の帝国ホテルとの共通点かな。

食事にはサラダがついてきます。やはり値段も一流です!!それにも勝るほどのおいしさですから満足です。

スタッフの大半が東京の帝国ホテルから派遣されているだけあってクオリティの高いサービスがとても心地よかったです♪ほら。ここからも穂高連峰の冠雪が。

ハッキリ言って安くはなかったですが、メインダイニングのコースよりは安くあげることが出来ました。ボクら2人的にはビーフシチューが一番美味しかったです。

ボクらの泊まったのは「バルコニー付ダブル」タイプという部屋。よくわかってないのですが、多分一番標準的なタイプではないかと。。。

前はここのホテルは池の前にあったそうですが、天災があり、池が埋まり、周りに何もなくなってしまったそうです。それくらい古いホテルだってことですね。

帝国ホテル内でも“カジュアルレストラン”に位置し、メインダイニングは他にあるにもかかわらず、やっぱり皆“帝国ホテルだ・・・”と気負うのか中は静か。

観光客がどっと押し寄せる昼間の喧騒が嘘のように去り、静謐な雰囲気を取り戻す夕刻から本物のホテルの時間が始まるのである。その変化がたまらなく心地よい。

朝食のレストランは7時からですが、もう朝からビシッとされて昨夜と同じホテリアーの方達が働いていらっしゃる。いったい、いつ寝ていらっしゃるの?という感じ?

予約は、ホテルにチェックインする際に、メニューも含めてやっておくのがベター。18:00と19:45の1日2回転なのだが、19:45の回はほぼ満席だった。

トータル的にみて、上高地帝国ホテルはごはんはおいしぃ、しかしなんだかひとでぶそく、泊まるのもいっぱくふつか、夕食・朝食でふたりで\80.000だった。

上高地帝国ホテルの スィートルームの寝室です 二部屋ありますが こちらがメインの寝室です そんなに 凄い広さではありませんが いい感じの部屋です

ホテルには大きな暖炉があってとても素敵でした。アメニティも充実していて、特にバスローブは着心地がよくて最高でした。

大きく分けて3タイプの部屋があります。スタンダード、ベランダ付き、そしてスイート。その中で最も知られているのは、ベランダ付きの部屋ではないでしょうか。

火が入ると暖炉の匂いがホテルを満たします。最初驚いたけど、暖かみのある匂いで、暖かくしてくれているんだぁという安心感でずいぶん安らいだ気持ちになりました。

やっぱり帝国ホテル。山岳にありながらも素晴らしいもてなしで良い気分になりました。お値段も良いけど・・・^^;1泊2日、2人で8万円強〜!

帝国ホテルに到着してすぐに、まずは帝国ホテルのシンボルともいえるマントルピース(暖炉)が素敵なラウンジ【グリンデルワルト】でティータイム♪

水周りはこんな感じです お風呂場は、狭いながらも掃除が隅々まで行き届いており、とても気持ちがよかったです

サービスは非常によく、部屋も手入れされていましたよ。部屋にエアコンが設置されていないのには驚きましたが部屋の暑さもちょうどよく、心配はありませんでした。

カテゴリ:長野県:宿/ホテル|テーマ:上高地帝国ホテル〔長野県〕|更新日時:2017-09-18 05:09:43

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>