この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-07 10:03:26

「蓼科ブライトン倶楽部〔長野県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

さわやかな新緑と水の流れる中庭を楽しみながら客室へ ワンフロア全て使ったリビングに階段を上ると二階にはツインのベッドルームが2部屋 なんて贅沢なんでしょ

蓼科ブライトンのお泊りの楽しみは食事〜♪昨年行って和の美味しさに感激し今回は全て和食に徹しました。

客室はすべてメゾネットタイプ。2階に上がると、森の緑が望める開放感たっぷりのバスルーム。小さなキッチンも付いているので、長期滞在にもいいですね♪

ただ、接客態度は「厳しく訓練されているんだろうなぁ」って思いました。なんだかこちらが恐縮してしまうくらい丁寧です。

部屋はメゾネットタイプで、秋葉原の我が家と同じ広さ。浴室も寝室もリビングもゆったりしていました。ほどよく涼しくて、テラスが心地いいです。

お部屋付きのお風呂。朝は窓を開けて、鳥のさえずりを聞きながらぼーっとお湯に浸かります。カッコウやうぐいすなど、BGMかと思うくらい良く聞こえるんですよ。

ここは会員制のリゾートホテルですが、部屋が空いていれば一般も宿泊できるとの事コンセプトは「至福のとき」と言うことで 40室あるお部屋はすべてメゾネットタイプ

外出する時も お食事に 行くときも 滞在中に 幾度となく田村能里子さんの壁画の前を通ります。館内の美しさと 落ち着きは 他のホテルにはないものです♪

別室のドアを開けると、ベッドルーム。ドレッサーも素敵ですし、勿論、バスルームとトイレはセパレート。滞在型のホテルですね。1泊ではもったいないです

基本的にこのホテルは部屋でくつろぐことを楽しみにくるところみたいです。今回用意された部屋は、メゾネットタイプの2ベッドルームでした。

もともと観光地なので、どこへ行っても高い! その中で、サービスのよさ、施設のよさを考えると、妥当なお値段だと思います。お勧めです。

ここのブライトンはまず建物がおしゃれ、スタッフが洗練されている。一つも落第の料理がなかった。器もよく揃えています。和食は器のおしゃれも大事です。

全室スイート!リビングルーム,ベッドルーム,バスルームもそれぞれ広く…お料理も,フレンチにしたんですけど…お野菜がとっても美味しくって・・・サービスも良く大正解

会員制のホテルでお部屋も広く、リビングが2個もあり全室にTVが付き、鳥の餌付けをしている為可愛い小鳥が餌をついばみ、鳥のさえずりに心奪われました。

ビーナスラインやメルヘン街道の景色を堪能してからチェックイン テラス付が良かったので、今回は「下に下がるType」を希望〜

超一流のサービス、料理、ロケーションがそろっていて、会計の時に「あれ?本当にこんなに安くていいの??計算間違っていない??」と目を疑うほどでした。

蓼科のブライトン倶楽部 デス。バブルの残り香漂いそうな、たいそうご立派なハコなんでありますが、とっても温かくてほのぼのとしたサービスがとっても印象に残りました。

ほてるの従業員さんらは皆親切で気が利く最高のスタッフばかり 常に先を読んでくれる心づかい、でいて一流面しないのが本物だなって思っちゃいます

昨日から蓼科にいます。私の大好きなホテル。さすが標高1300メートル、茅野駅とは比べ物にならない涼しさ。また天気も思ったほど崩れずよかったですよ。

メゾネット形式と言うらしいのですが、入り口が2階にあって、ドアを開けると左手には1階に下りる階段、向かいにはテーブルと椅子が置いてある小部屋があります。

バスルームは、以前泊まった横浜ランドマークタワーのお部屋のんがゴージャス感では勝ってましたが!(お部屋より広かった気がする)

決して大きなホテルではないのですが、一人一人のスタッフが笑顔で対応してくれ気を遣ってくれます。しかも押し付けがましいものではないので自然体で心地よいです。

チェックインして、お部屋に入ったんですがスイート・ルームみたいでビックリしました!ってくらい豪華。(ぁ 父が言うには、スイートルームとかなんたら言ってましたv

カテゴリ:長野県:宿/ホテル|テーマ:蓼科ブライトン倶楽部〔長野県〕 |更新日時:2017-03-21 10:03:36

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>