この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-06-19 04:06:46

「下呂温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

呂温泉街から、ちょっと外れた素敵な宿。茶香炉が焚かれ、センスのよい家具や照明それに可愛らしい陶器風呂。中庭から続く、縁側もまた素敵。

やっと下呂温泉街に到着。お宿は「山形屋」という旅館です。創業180年の老舗だそうです。12月には朝丘雪路がここでジャズライブをやるらしい。

日本三大名湯のひとつに数えられている温泉です。飛騨川の清流を望み、やわらかな湯に浸かり、心からゆっくりと堪能することができました。

水明館3つの建物で出来ています。なぜここにしたかというと、ネットでユーザーレビューを見て評判の良い旅館を選びました。

内湯は無く、露天風呂だけの施設だった。勿論、露天風呂以外にも打たせ湯や箱蒸し風呂もあるが、すべて屋外なので、冬の時期はつらい気がした。

露天風呂から飛騨川の美しい景色と下呂の夜景が眺めることができた。ただ湯の質は「あれ?」という気がした。臭いを嗅ぐと僅かに塩素の臭いがした。

この美容液のような とろみは凄いっ!さすが天下の名湯!!これが本当の下呂温泉のお湯なんだな。今まで下呂で入った共同浴場や旅館のお湯とは全然違います。

華やかさを求めると期待には沿わないかもしれません。でも、日帰り入浴客にも快く開放してくれる、やさしい旅館ばかりです。古きよき街並みという感じかなー。

銀嶺泉御影石湯桝も御影石。貸切風呂が4ヵ所あり掛け流し。不老泉は5畳の畳の脱衣場に2人分くらいのタイル張り浴室でモダン、蛇口のパイプに木の囲いがしてある。

畳の表面は化学加工してあるそうで、裏の発砲スチロールから湯が抜ける仕組み。通気性にも優れており、湿気による違和感もない小川屋さん自慢の浴場です。

この温泉旅館は 下呂でも格式があるらしい ここの露天風呂です 雰囲気があります〜〜〜 足湯が 宿の中にあります ここもまた雰囲気があります

高山の帰り道に下呂温泉に寄り足湯で疲れを取ります歩きつかれた足を、温泉で労わってやろ♪

11月16日に下呂温泉の望川館ってとこで泊まってきた。ネットで検索してて露天風呂付き客室で通常29400円のところが21000円だったんでお世話になった。

有名旅館ともなれば美術品があるのは当たり前…でもすごかったんです 横山大観・川合玉堂・上村松園・伊藤深水・杉山寧・鏑木清方・加藤東一 日本画の大家がずらり

下呂温泉は、ホント時間が止まったかのような、昭和チックの温泉街ってかんじで、「千と千尋の神隠し」のような、ノスタルジックな風景でした。

私だけか 大浴場は誰も入っていなくて、露天風呂も貸切状態。 朝からスッキリし、チェックアウト後、下呂温泉街巡り。 足湯が幾つかあったので、周ってみる。

勿論、源泉掛け流し。入った感じは「パンチのない湯」、無色透明で匂いも強烈な感じでない。ただ…じわじわっとボディブローが効いてくるような感覚になる。

下呂温泉を流れる益田川には河川敷に露天風呂がありました。 勇気を持ち、風流を愛する面々が男女が温泉タイムを満喫しています(^_^;)。

湯めぐり手形で下呂観光ホテルのお風呂に入りました。始めは冨岳の予定だったんだけど せっかく雪が降ってたから眺めのよいこっちにしました。

入湯料300円を払い二階に階段を登ると休憩所と女風呂と男風呂の脱衣所がある。脱衣所から今度は階段を下りて風呂場がある。不思議な構造だ。

お湯に入った感触は、なめらかなで、肌ざわりも良く、湯上りのサッパリした、爽快感を味わえます。湯は無色透明でほんのりとした湯の香が良かった

今回のお宿は、下呂温泉のみのり荘。僕にとって“初下呂”です。お風呂は、ヌルヌルの温泉でなかなか新鮮な感覚でした。

満腹になり、お風呂へ。こじんまりとしていますが、源泉かけながしのお湯です。アルカリ性のお湯なので、お肌がつるつるになりました。

大浴場は、露天風呂へのアクセスが少し不便でしたが(階段を上がったり一度脱衣所を通ったり)、それを補ってなおあまりあるほど、広くてゆったりとしたいいお風呂でした。

さっそく、温泉へ。なんだかキュッとする泉質。2、3度入浴したら乾燥肌の私はなんだかかゆくなってしまった。しかし、顔の毛穴がひきしまっていいかんじだ。

下呂温泉へ〜♪宿泊は「神明山荘」という旅館^^今回の旅のメインは、温泉&みんなでのんびりできる宿&飛騨牛!!この3つを兼ね備えた宿で1泊2日満喫しました〜

そして楽しみにしていた露天風呂は予想以上に大きかったです。なんでも、部屋付き露天の温泉と大浴場の温泉では泉質が違うとか・・・。部屋の温泉はサラリとしていました。

今回の年に一度のグループ旅行は下呂温泉水明館に行ってきました。何の気兼ね無く、ちょっと贅沢にゆるりと過ごしていきました。

馬篭でランチして、いよいよ下呂温泉 ※湯之島館へ〜〜〜昭和6年創業の老舗旅館!!木造の入り組んだ建物には貫禄さえ感じました。。。

でも特筆すべきはその温泉!!下呂の湯といえば知らない人はいないほど有名ですね。温泉に入ってその理由、理解できました。

湯はしっかりかけ流し。うっすら硫黄を感じ、すべすべ感もあります。源泉は集中管理のものであるけど、おそらく下呂ではトップクラスの良い使いかたをしているでしょう。

立ち寄り湯時間が過ぎてしまって(多くの温泉施設は15:00まで)16:00以降からでも入れる温泉を探して、立ち寄り湯満喫してきました☆

場所は岐阜県下呂温泉の旅館「水明館」です。日本3名湯の1つだけあって、お風呂は最高に気持ちいいですが、バイキングもあなどれません。

お湯は湯口からけっこう豊富にはいってくる。下呂独特の透明でぬるつる感のある熱いお湯だ。新鮮な源泉が掛け流されている。風呂の周りにはのんびりすずんでいる人が多い。

カテゴリ:岐阜県:温泉|テーマ:下呂温泉|更新日時:2017-06-24 01:06:01

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>