この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-13 20:09:33

「吉岡温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

吉岡温泉「上湯(吉岡温泉館)」(200円)へ。源泉かけ流しの湯はとても熱い(加水での温度調整はなし)設備はタライのみ。湯上りのスッキリ感 クセになりそう

帰りに吉岡温泉の町営共同浴場に入ったんですが、綺麗でさらりとしたいい湯だったのですが・・・・お湯がとにかく肌に食いつくような熱さで・・・あちぃ〜!!!

鳥取市の西にある吉岡温泉もなかなか良さげでした。温泉街というにはとっても小さいけれど、素朴な宿ばかりでローカル色たっぷり。

「やすらぎ湯」です。 かなり熱いお湯でした!雨が降ってきたし、主人が待っているのでささっと浸かって出ました! 短時間だったのに、足がぽっかぽかです〜

内風呂は、石造りになっています。深さもそこそこあり、首までゆったりと浸かる事ができます。湯温は熱いかなと思っていましたが、調整されているのか丁度良い感じです。

朝は恒例の吉岡温泉にて、メッチャ熱い朝風呂に行ってきました。 恐ろしく熱かった 嫌がらせか!と思うくらい(−−;)

吉岡温泉には共同湯が二つ、「上湯(吉岡温泉館)」「下湯(下湯温泉館」、あります。今回は下湯の方に。大人200円!えー、まっ透明のキンキン熱めの湯。良いお湯です。

なんとも素朴な共同浴場。風呂以外には何も無いのも魅力と言えなくも無い。静かに流れ出る湯は源泉温度50℃、飛び出るほど熱い弱アルカリの単純温泉。

ワン連れOKということで、電話の対応も、もっても感じよかったのと、砂丘からいちばん近い温泉だったので、ここに決めました

入り口で受付のおじさんに入浴料金200円を払って、入った湯です。湯船には無色透明なお湯が満たされていますが、これが結構な熱さです。

参拝した興禅寺は、鳥取藩主池田家の菩提寺である。そして吉岡温泉は池田の殿様が湯治場として通っていた湯。ここで目にとまったのも何かの縁ではないか。

そんな吉岡温泉を、久しぶりに訪ねてみた。うれしいことに静かな佇まいは、かすかな記憶とイメージのまま。

どんな所かワクワクしながら行ってみたら、昔の温泉街でした。町は凄く小さいのですが、足湯の場所もあったりとのどかな町でした

吉岡温泉に行くことになり、時間が空いたので吉岡温泉の共同浴場で未湯だった下湯温泉館、通称下湯に行くことにしました。

地元の方が次々と来られていましたが そんなに混雑する事もなくゆったりと入られて 懐かしい雰囲気も味わえてほっこりと癒されました。

建物は古く脱衣場も狭いので、休憩室は3時間300円と有料ですし、あまりゆっくりとは出来ないように私には思えましたが、ひなびた感じが好きな人ならオススメかも。

お湯はお子ちゃまの肌を持つ男としては非常に熱く感じる温泉じゃ。熱くて長湯はできないが、体の芯から温まるぞ。案外、夏はきついかもしれんな。

共同浴場の吉岡温泉館に入ってみます。確かに熱いお湯だが、浸かれないことはないかな。匂いも味もない素直なお湯だが、評判どおり実に熱い。

共同湯を訪れると4時からとの事なんで、近くの吉岡温泉に向かう。訪れたのは 下の湯。温泉街に佇む共同浴場。200円、ゆうほど風情はなかった。近くに足湯あり。

蛇口を閉めても塩ビのパイプからは適量の熱湯が常時でていて、縁の一部の切り欠きから溢れています。無味無臭で、さらっとした浴感だと思います。

極めて新鮮な源泉が使われているという証拠でもある。ガツンという熱さより、びりびりした感じで、いかにも効いているなあという実感が伴ってくる

町営の吉岡温泉館は浴槽が一つあるだけでそれほど大きくもありませんが、200円で入れるのが最高!湯加減もちょうどよく(やや熱め)、疲れた体にしみわたります。

入浴料は200円。かなり古めかしい建物ですよ。更衣室でネイキッドに変身。浴場に入ると先客が1人……。浴槽は底に真っ青なタイルが敷き詰めてあって綺麗ですよ。

9時ごろ『吉岡温泉』に着きました。今時、200円 いい湯でしたァ〜朝風呂に入るなんぞ〜 この上ないゼイタクでっせ〜!

カテゴリ:鳥取県:温泉|テーマ:吉岡温泉|更新日時:2017-09-19 16:09:17

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>