この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-14 00:09:27

「東郷温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今回の行き先は、鳥取県の東郷温泉。東郷湖畔の古い旅館に泊まりました。こちらは部屋からの景色です。

天気がよければ露天風呂は湖に面していて絶景だったと思います。貸切風呂も料金は無料で「空いていればどうぞ」とのこと内風呂と露天も貸切にはいりました。

今回のお宿はネットで見つけた・・・東郷温泉 湖泉閣 養生館大浴場あり露天風呂あり家族風呂ありそして平日限定格安プランあり(←これが最も重要)

この温泉、村之湯温泉の隣にあります(^_^値段は同じ¥250温泉の入り口には無料の足湯あり

15時ぐらいに松崎駅に到着しました。宿泊先は、松崎駅から徒歩1分の国民宿舎水明荘 ・・・国民宿舎だけあって、正月にしてはリーズナブルなお値段!!

鳥取県ネタ 東郷温泉・混浴露天風呂☆初の混浴露天風呂に入りました(♥ ▽ ♥)すっげー景色も良く、快適で気持ちよかった♪

蛇口からは常に温泉が注がれ、無味無臭の透明なお湯がかけ流されています。湯船はわりと深めで、温度もやや熱め。5分ほど浸かると十分身体が温まります。

70度くらいの硫酸塩泉が蛇口から、素朴なタイル張りの湯船にざんざか投入されている、人がいようがいまいが、といった感じでいつも通りであった。

屋上露天風呂だけでなく二階にも内湯があるので、露天風呂を早々に上がり内湯へ向かいました。二階にある内湯はなかなかの湯加減。じっくり浸からせてもらいましたよ〜。

24時間いつでも入浴できる「家族風呂」気持ち良かった〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:向こうに見えるのは「はわい温泉」です。旅館は東郷温泉の「養生館」です。

建物外観は普通であるが、内部は昔の素朴さがそのまま残っている。地元の人にとって今も生活の一部であるということも含めて、文化財としての価値がある。

蛇口からは源泉とおぼしき湯が止めどもなくジャボジャボ流れ出ていますよ。Tさんが飲むと少ししょっぱい湯だったらしいです。

お湯はナトリウム炭酸水素塩泉。疲労回復に効くみたいで、のぼせるくらいゆっくりしてきましたよ(^-^)洗い場も広く、脱衣所もキレイでいいところでしたよ♪

湯船を中心に浴室はあちこち補修が施されている・・・ 手を加えながらできるだけ原型をとどめようとするのがイイ。

この日は雪。。。さすがに露天風呂は寒く、独り占めしてきました。源泉掛け流しとあって、この日は一日中ぽかぽかしてました。温泉っていいですよね〜!!

またもや貸しきり状態である。しかしながらここの湯も熱かったので少し、うめさしてもらう。 ここには、浸かるだけでなく、シャンプー、石鹸、歯ブラシを持ち込んだ。

少々 狭苦しい感じのお風呂ですが、こちらはその塩素臭も感じられず、本来のお湯の掛け流しの様に感じられますが、お湯は同じただ、内湯と同様 眺めは抜群で、言う事無し

10時のチェックアウトぎりぎりまで居座って、旅館を後にしました。いい旅館でした。こんなにお風呂が充実している旅館は初めてです。

お宿は鳥取県東郷湖のほとりの養生館という古い旅館。部屋はとても広くて、ハイハイし放題でした。

夕方こそ熱めの湯だったが、それ以降は全く適温の完全掛け流し。見かけは普通の湯だが、浸かってみると「体喜ぶ」大変に気持の良い湯だった。

今回泊まったのは「東郷温泉」にありました。鳥取県です。東郷湖が見える所でした。お風呂が2つあって、露天風呂と大浴場です。

お昼前に、東郷温泉ゆったり館に行って来ました。といっても、お風呂では無くて、仕事なんですが(*^_^*)

東郷温泉!無料の足湯でのんびり浸かってたら、とっても古い温泉だということを発見!(創業明治28年!!)しかも、地元の人ご用達のとこみたい。

カテゴリ:鳥取県:温泉|テーマ:東郷温泉|更新日時:2017-09-24 08:09:15

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>