この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-14 02:09:01

「人吉温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

声の可愛い番台さんにスタンプラリーが開催中と聞いて 早速スタンプゲット♪ 平成19年10月1日〜平成20年3月31日まで開催です。

日本三大急流のひとつ球磨川沿いに栄えた城下町「人吉」温泉通にとっては外湯めぐりの楽しい土地であります。

湯之谷〜は地元のお客さんが毎日通うような昔ながらの建物で、旅行人〜はとってもキレイで露天からの眺めも最高でした^^

川べりに建つこの宿は、歴史を感じさせる風情ある宿でした。モダン和風ではなく、これぞ純和風といった感じです。

お湯はちょっと熱めの、微かにトロ湯で気持ち良かったです。寝湯が出来たので、もっと時間が長かったら良かったな〜と思いました。

建物もお風呂もとっても綺麗でした♪【山】やまなみの湯殿と、【蔵】蔵の湯殿がありました。造りは同じような感じ。階が違うだけ。 

また、温泉が名物で、至るところに源泉かけ流しの公共浴場、宿泊施設があり、温泉を楽しむことができます。

湯口からは泡を立ててお湯が勢いよく注がれており、薄い紅茶色を帯びて透明、微かな金気の味、そしてモールに匂いと微かな金気の匂いが感じられます。

ここには足湯も入れると5つの風呂があるんですが、基本的にはすべてかけ流し、しかも、なんとこの旅館には源泉が2つもあるんです。

湯は、翠嵐楼の持つ3つの泉源のうちの第1号泉源泉温度43℃の「ナトリウムー炭酸水素塩泉」ツルツルとした浴感で、御影石の保温効果も加わりじっくりと温まる湯でした。

奥の小さい円の方は源泉がガンガン出てます。温度は高めの温泉でございます。ちょっとコクのある泉質でお肌がすべっとします。朝から贅沢ですね〜。

昔ながらの宿屋の風情が残っている人吉旅館に泊まることにしました。人吉温泉でも総木造の旅館は、もう2軒しか残ってないそうです。

元湯に行ってみました。凄く私好みの温泉です。源泉かけ流しで効能は糖尿病、通風、消化器病、胃腸病、便秘、疲労回復です。この温泉のお湯も飲むことが出来ます。

浴室はガラス張りで明るい。と言うよりも温室のようである。浴槽は細長い岩風呂である。大きな岩が組み合わさり野生感を出している。

脱衣所は広々で清潔、ドライヤーはもちろん、綿棒やくし等、アメニティ類も充実しております。内湯も広々、シャワーもいっぱいあって、水風呂もあります。

ガラスの引き戸の向こうが浴場です。真ん中に小さめで、深めの浴槽がひとつ。。その周囲にしゃがんで、浴槽のお湯をくんで利用します。

こういう公衆浴場が好きなんです。なんかいい雰囲気でしょ。昔ながらの番台で200円渡して入浴。中は、湯船が1つだけ。もちろん源泉掛け流し。気持ち熱めのお湯でした。

JR人吉駅から徒歩約10分、隣の「人吉旅館」経営の銭湯です。男女別の内湯には、加温された紅茶色した湯が掛け流されていました。ぽかぽかと体が暖まりますよ

純和風の佇まいは想像した通りの癒しを与えてくれました。お湯もスベスベでとっても良い感じ。3度も入浴してしまいました。

えびの高原で紅葉を楽しんで人吉温泉へ。『あゆの里』さんで昼食と温泉。ロビーにはあし湯もあり、すんごい気持ち良かった!

入浴料はなんと200円。この旅行でも、一番安い温泉入浴料となった。浴室に入ってみると驚いた。そこには真ん中に大きな浴槽が一つあるだけで、シャワーも洗い場もない。

先週社員旅行で行った旅館の部屋から撮った球磨川,朝の風景です。

カテゴリ:熊本県:温泉|テーマ:人吉温泉|更新日時:2017-09-19 23:09:37

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>