この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-13 16:09:06

「ホテル古賀の井〔和歌山県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

朝日の顔を出す頃に起きだして、朝食は普通のバイキングでした♪ 朝風呂を浴びていざアドベンチャーワールドへ(v^-^v)♪

硫黄臭が強く軽めなヌルトロ系、結構塩分は強いが色はついていない、いかにも白浜の湯!と言う感じのとても良い温泉。ふはー、全身伸び伸びで良い気分。

建物は老舗ホテルだけあって、古さが目立つ部分もありますが、見た目を新しく豪華にするのではなく、実用的な部分できっちりお金をかけて整備した、という感じを受けます。

ホテル古賀の井はそこそこ古いと思うんですが今時あまり見かけない、広いロビーや重圧な作りの応接セットが古きよき時代を思わせました。

温泉にも、ゆっくりつかり、おいしい、御馳走もたらふく食べ、あ〜〜〜つつぴょん、しあわせ〜〜〜ひとりだったら、もっとしあわせ〜〜〜〜

いやあ〜実によかった(゜∀゜b)b温泉.かなり気持ちいい〜露天風呂.最高やあ〜ずっとおりたかったわ(・Δ)ノ

それからは、夕食のバイキング こちらは、サザエあり、牛ステーキあり(柔らかだったわぁ)お造りのハマチもコリコリしてて おかわり〜しました

今回の白浜への日帰り旅は南紀白浜古賀の井ホテルで大衆演劇を見て温泉に入ると言うもの お昼は、松花堂風弁当 その食事の後で岬勘太一家の演劇と歌謡ショー

これでもか!ってほどの料理が、次から次へと運ばれてきました。写真はほんの半分ぐらい。海の近くだから、魚介類が美味しかった。かなり苦しかったけど。

広いお風呂入ってきました〜 あたしはドコに行っても何よりお風呂の景観をいつも覚えて帰ることができません…なぜならメガネがないからさ、ベイビー…。

部屋は広めの洋室で、ツインのベッドに、エキストラベッドを入れてもらったが、そのエキストラベッドもセミダブルサイズで広く、とても寝やすかった。

まー川久に比べると、ランクはかなり落ちますが・・・でも、無料ですし〜〜〜温泉には、3度!!お肌もスベスベになりました源泉かけ流し やはりよかったです

こちらのホテルは、古さは感じるものの食事もおいしく、スタッフの方の接客もよく なによりコストパホーマンスと温泉がよかったです。

旅館は少し古いものの 温泉の湯はサイコーでした。わりに過敏なこのお顔の肌、ひりひりしてしまうときもあるのだけどここの湯は しっとりとしてよかったです。

白浜では3本の指に入ると言われるホテルだけあって、いい感じ♪ロビーの中庭の前のインコに興味津々の凜 お部屋も広くて綺麗(多分ベイスイート84屬良屋)

予約では安くあげる為に8畳にしてたのね、でも案内された部屋は8畳+6畳!!!ラッキー!団体さんが入ってその部屋が使われたらしく私達は得したよ!

一抹の不安を感じたけれど、お風呂はとっても気持ちよかった!ここの温泉は、塩分が含まれてるからか、なんだかお湯がまとわりつくよう。お肌すべすべになりました。

うん、これこれ。純和室。スーファミ(有料)ついてる。大阪から直通で出てる送迎バスの到着が夕方だったので1日目は温泉と食事を堪能

温泉は、個人的には古賀の井ベイホテルよりも、こちらの古賀の井の方の温泉がいいと思いました。嫁さんもそう言ってました。なんか、温泉に来たって感じがするんですよね。

温泉は白浜では5本の指に入るほど良いそうです 食事は朝夕バイキング 好きなほど食べ放題(身体には宜しくありません)ほど程にされると良いと思います

このお風呂にはシャワーチェアが常備されており、またそのチェアに座ったまま、スロープにて湯船までつかることができるんです。もちろん源泉かけ流しとのこと。

ぽかぽかの湯にある車椅子に乗り換え、スロープを下り、いざ湯船に浸かるのですが、、、一番深い所まで行っても、車椅子に乗っているとお腹くらいまでしか浸かりません。

部屋の押し入れの戸は壊れかけだったし、息子は大浴場が不安だったので部屋風呂を期待していたら、深さや広さがかなり期待との差が激しく落胆。

食事は文句なし。だって、海だもん。山(群馬)から来た人間にはもったいないくらい。1日目がアワビ1つずつ。2日目がヒラメ1匹(4人で)。

エレベーターで車椅子(バギー)ごと移動できて浴槽にも専用の車椅子のまま入れます。ちゃんと洗い場から浴槽までもスロープが付いていました。広さも大浴場と変わりません

カテゴリ:和歌山県:宿/ホテル|テーマ:ホテル古賀の井〔和歌山県〕|更新日時:2017-09-08 22:09:07

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>