この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 13:03:16

「あつみ温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

屋内の温泉。誰もいなくてラッキー では、露天風呂へ。。 テンション上がりますぅ〜音譜広々とした露天風呂温泉 他にお客がいないので、貸し切り状態です。

さくっと散策し、すぐに温泉へ。あつみ温泉の共同浴場は3箇所あるらしいのですが、またまた1箇所しか見つけられず、ここの「正面の湯」に決定

この足湯は、めっちゃくちゃ熱くて瞬間的にしか浸かれない(笑)もっけ湯には1分ほどの滞在。橋のたもとの飲泉所で一息ついて、次の足湯に向かうのでした・・・

いっぺんにかなりの人数で利用できるほどのスペース。温度は、足湯としては適温だろう〜利用者が多いのか湯は、かなり汚れていた。

のんびり川の流れに耳を傾けつつ、桜見ながら足湯に浸かってると。通りがかりのぉばちゃんが教えてくれた!「向こうに足湯入りながらぉ茶できるトコがぁったよ!」って♪

どうせだったらあつみ温泉日帰りコースを堪能。瀧の屋。入浴料600円。まあ温泉だから少々高くてもいっか。温泉はこんな感じ。

温泉街の中に何箇所も有るらしい、一番近いところを教えてもらう。「正面湯」(上の湯)に入る誰も入ってなかった、熱かったので水入れて薄めた。塩辛い湯だった。

足湯カフェ「チットモッシェ」 に行って来ました。 チットモッシェとは、方言で「ちょっとおもしろい」っていう意味でした。日本語じゃったぁ〜!

街中には、誰でも利用できる足湯温泉があって、川の流れや景色を楽しみながら、足だけ温泉につかってのんびりくつろぐこともできます

湯舟の湯は、45度はあるように感じた〜若干ではあるが、湯花も確認できた。これぞ頑固親父が我慢して入る「共同湯」の激熱風呂って感じなのだ。

畳の中にお風呂がある!!!!貸し切り風呂なのを良いことに泳いでしまいましたょ。嬉しくて嬉しくて。家にもこういうお風呂がほしいとっても幸せな旅でした。

入ったのは共同浴場のひとつ「正面湯」 入るときはここにお金を・・・ 熱々のお湯がかけ流し。あまりの熱さにちょっとだけ水を入れさせてもらいました。

30人ほどが同時に利用できそうな感じでした。湯溜まりが3ヶ所ほどあり、温泉が出てくる場所が一番温かかったです。

お宿は「たちばなや」さん。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩温泉で、無味無臭、透明です。ここは源泉掛け流し、よって、かなり熱め。

1回目は山形県あつみ温泉の足湯です。温泉街の中心の道路沿いにあり、結構広い足湯です。あつみ温泉にはもう一つ足湯があります。

大浴場 真ん中にある枕木に頭を乗せて寝湯になります 小さな事ですけど、ここのシャンプー・ソープ・石鹸は泡立ちが他のとこよりも良かったです〜。

大浴場の脱衣所に「源泉と、循環の両方を使用」と書いてあったので、純粋な”源泉掛け流し”ではないみたいだが、循環式特有の”カルキ臭”はない。

三度目の足湯です。足湯しながらドリンクもOK!もうちょっとあったこぐ(暖かく)なてからがいがものー。浸かってると店員さんが外に出てきた、ランチタイムのようです。

お湯はちゃんと温泉です!!お肌ちゅるっちゅる♪たった200円で温泉を堪能できちゃうなんて最高!!

ここの無色透明な湯は、物足りない感じも〜でも、お湯に入ると湯が肌に湯(油?^^;)膜を作った感じに、張り付く感覚♪で、私の温泉泉質評価は「並みの上」      

共同浴場は複数あり、正面湯はその中のひとつである。こじんまりとした浴室・脱衣所であるが、夕刻になると近所の方々が次々と疲れを癒しに訪れ客足が絶えることはない。

56.5℃と源泉温度が高いため加水しないと入れず、水の蛇口から自由に加水できます。それでもガンガン源泉注入があるので良い状態が保たれていました。

風呂は水道水と見分けがつかない「無色透明無味無臭」海沿いだから食塩水かと思ったけど、なにか違うようです。お湯と皮膚の密着感があります。

あつみ温泉は、古くからある温泉街、泉質は、ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩などで、わたしの肌に合い、大変よかったです(^_^)

さっそく、湯にいくと写真の様なのんびりできそうな雰囲気の湯船である。5箇所ぐらい配置されているが、何と言っても露天風呂がグッドだ。

常に人が居るわけでもなく、入浴する場合は200円を協力金として箱へ入れてます。私は金曜日の昼過ぎに行ったのですが、入浴客すらいませんで、本当の無人状態

オープンテラスの足下に温泉を使った足湯スペース「もっしぇ湯」があり、コーヒーやジュースを飲みながら足をゆっくり浸けることができます。

若干、歴史を感じさせるたたずまい。「駐車場は建物の後ろにあります」といわれたけど、ドコ?みたいな。お風呂は一つで広さもあまりないけど、泉質はまぁまぁでした。

中に入ると、脱衣所があるのみ。完全に無人の浴場らしい。朝早いこともあって、誰もいない。貸切状態。料金箱が置いてあって、その中にお金を入れるシステム(200円)。

気になる湯質は源泉掛け流しで加水などもしていない為、湯船に浸かるとかなり熱めです!長湯はできませんが、体が芯まで温まります♪

温泉は、アルカリ性で癖の無い湯です。庭園露天風呂の「桃里の湯」は、温度も高くなくじーっくり楽しむ事が出来ます。神経痛・リュウマチに効能があるそうです。

カテゴリ:山形県:温泉|テーマ:あつみ温泉|更新日時:2017-03-21 13:03:00

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>