この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-24 05:09:16

「下部ホテル〔山梨県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

石原裕次郎の写真等が飾ってありました。裕次郎は昭和36年志賀高原でスキーをしていて骨折したとき、6月3日から7月27日までこの下部ホテルで療養をしていました。

正面入り口には下駄が置いてあります。何となく可愛いので撮ってみました。平日だったせいかそんなに混んでいませんでした。だから気分的にはゆったりー♪

「全国飲み湯番付東横綱」らしく、ここのお水であの有名な「富士ミネラルウォーター」が創業されたそうです。水もモチロン美味しい&ここで飲むcafé、もう最高でした♪

さてタ食がまた楽しい。ミニ懐石に「おばんざい」のバイキングという組合せ。素朴な故郷の味でお腹が一杯になるだろう。

全国飲み湯番付で東横綱に選ばれていて、美味しいっ 体に有益なミネラルを豊富に含んでいて、浸透力が高く体内に給水されやすいそうです

歴史を積み重ねているホテルなんだなあ〜古いホテルだが改装が繰り返されているのだろう、部屋の化粧室はシャワートイレだし温泉浴室の設備も小奇麗で新しい設備だ。

ホタルの観賞ツアーをしていて参加してみました。2〜3秒黄色く光ってまた消える幻想的な光景を目にすることができ初めてだったので感動しました!!

ここに泊まるのは2度目ですが、本当に素晴らしくいいところです。今回案内されたのは「松風」です(多分スィートルーム) こんなに広い部屋を3名で貸切です

ここから左に向くと、足湯が ここは、さすがホテル座椅子までついていてゆったり、しっぽり足湯に入れます。体も足もポカポカになり、温泉を楽しみました。

オリジナル源泉の泉質は、硫黄泉で効能は、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病に効果があるそうです。大浴場で使用してます。

アジサイが咲き乱れとっても綺麗お風呂は大浴場と、源泉湯、そして露天風呂には、ひのき風呂、岩風呂、釜風呂など、源泉風呂はイオウのような匂いがしてつるつるする感じ

丁寧な接客に加え、館内のロビーやお部屋に生花が飾られていたりと、とても気持ち良く過ごすことができました。何といってもお風呂がよかった〜

お食事も よかった このあと あと一品 プラス デザート もでた ごま豆腐のことを 裕次郎豆腐っていうらしいよ 

正面入り口には下駄が置いてあります。何となく可愛いので撮ってみました。平日だったせいかそんなに混んでいませんでした。だから気分的にはゆったりー♪

週末、嫁と下部ホテル(下部温泉)に行ってきました。この周辺の温泉郷では別格のスケールのホテルです。写真は1Fの足湯の出来るスペースで、とても風情がありました。

そういえば、まだ一度も“部屋で食事”と云う旅館に泊まったことがありません。ちょっとうらやましいです。テレビとか観てると、皆部屋で食べていて、豪華な食事ですよね。

こちらは掛け流し。が、ぬるい(^^;まぁ、じっくり入れるからいいんですが、あんまり入りすぎると肌が荒れます。てゆーか、俺は荒れました。肌の弱い方はご注意を。

石原裕次郎が骨折した時に温泉治療で滞在したというホテルで、とてもいい温泉でした ホテルの中には足湯もあって庭園を望みながら入ることが出来ます

☆ 部屋は角部屋の10畳プラスソファのある広々した部屋付き☆ 部屋についてから、大皿にのったフルーツが届く☆ 夕食時には、なんと、720mlの白ワインが届く

ホテルの浴場には露天風呂があるのですが、息子を連れて露天風呂に浸かったと思ったら「中に戻る」と言われて露天風呂に浸かったのは1分間。

従業員の方達は、みんな、にこやかで、とっても親切でした 温泉も、身体にス〜っとなじんでくる感じで、でもちょっと硫黄の匂いもしていて、とっても入りやすかったです。

夕食後のロビーでは、従業員の方達による太鼓の演奏と餅つきでのおもてなしに。その中で、餅つきでは、衣装とフェイスペインティングも楽しませて頂きました。

テーブル料理がコースで出てくる料理 おばんざい料理、かまど料理はバイキング方式で食べ放題 っことでコースとバイキングが合体した面白い仕組みの食事でした!

夜はロビーで、和太鼓の演奏と、宿泊客参加の餅つき大会がありましたよ。この日は、たくさんの宿泊客が泊まったいたので、盛り上がりました。

何よりも豊富な 源泉量(敷地内より湧く源泉)を誇る 大浴場とお風呂 大小10箇所にのぼる 数の多さが古い湯治場の名残を 感じさせます。

GWだというのに料金も飛び抜けて高い訳ではなくいいホテルでした。温泉も陶器風呂、檜風呂、岩風呂の露天があって楽しめます。

下部ホテルは、石原裕次郎がケガした時、療養し泊まっていたんだって。私たちが泊まった部屋は、最上階です。裕次郎の部屋は、祐林亭と名付けられていて別館です。

よかったわーーー このホテル。お風呂は まるで “ お能の舞台 ”。ヒノキの香りが大変によく漂いとてもよかったです。 洗い場が少ないのが ちと、残念。

朝も、朝食前と朝食後の2回温泉に入りました。 朝食は、和食のバイキング。お粥大好きです。朝のお粥って良いです。チェックアウトまで足湯でのんびり。

今回は、下部温泉の下部ホテルの温泉へ。なかなかいい温泉だったですよ。武田信玄が湯治に使うだけのことはあります。

下部ホテルの風呂は大浴場に二つの浴槽があり、小さい方のみが源泉掛け流しのようでした。温泉そのものにはそれほど特徴的なものを感じませんでした(しかし名湯です)。

ほたるの湯/檜露天です。開放感があって、清々しい雰囲気です。ほたるの湯/岩風呂です。せせらぎの湯/露天風呂です。お風呂の種類が沢山あり、迷ってしまいます。

カテゴリ:山梨県:宿/ホテル|テーマ:下部ホテル〔山梨県〕|更新日時:2017-09-20 05:09:56

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>