この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-07-18 12:07:46

「酸ケ湯温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

八甲田山の登山や周辺の散策時期に立ち寄りで利用する機会がとても多い温泉旅館です。

一応見えない線で男女分かれているのですが、見えます 硫黄がきつくて、目に入ると痛いです。お洋服にもにおいが付きます。でも、骨の髄までぽっかぽかぁ〜です。

お湯は白濁していて、かなり濃い泉質らしく、石鹸がききません。そのせいか、とても肌がツルツルし、とても温まります。なかなか湯冷めしません!

温泉は硫黄が強く、乳白色。なめらかな肌触りでした。千人風呂はほぼ男性で女性はおばはんがちらほら。若い方が突入するには相当の勇気が必要です(笑)

源泉は絶え間なく注がれていて放流式の源泉かけ流しです。浴槽の淵から流れ出していてヌルヌルするので注意が必要です。

平日の昼間で数人しかいませんでした。混浴なので女性用のお風呂服を買いました。かわいいデザインです。…とはいえ、女性側の端っこでコソコソしか入れなかったけど…。

私は混浴で入る勇気はないので、女性専用タイムに入りました。お湯は最高にいいです。お肌つるつるになります。旅館は古く、なかなか趣があっていいです。

酸ケ湯は文字でも分かるように、酸性の強い白濁した硫黄泉。妻は試さなかったけど、夫によるとものすごーく酸っぱかったとか。

打たせ湯も ありますが、 酸ヶ湯の泉質は、なんと PH1.9!                  目にでも入ったら 痛いの!痛くないの!そりゃ〜もう!

「ヒバ千人風呂」は広さ180畳という大きな浴場で、「冷の湯」、「熱の湯」、「四分六分の湯」、「打たせ湯」の4つのお風呂があって、流石に千人は入れない。

口に含んでみると「酸っぱ〜い」これこそ酸ケ湯である。…この千人風呂は 混浴です。ただし、早朝8時から9時、午後8時から9時は女性専用時間なので大丈夫です。

10人は優に入れる長方形の浴槽。酸っぱい白濁のお湯が掛け流し。42度くらいの適温でまったりできる。この硫黄の香りがいい!!!

また滝のように落ちてくる湯滝があります。お湯は白濁しています。少しですが硫黄の匂いがしました。疲れが取れるなという感じがする、すごく気持ちがいいお湯でした。

厳冬期の酸ヶ湯温泉はまた格別!国民保養温泉指定第一号。冷涼な気候の山岳に沸々と湧く硫黄泉は老若男女のファンを惹きつける。

今回はずっとやってみたかった 滝?のように上から温水がでてきてプチ修行みたいな場所にチャレンジ 人が少ないのをいいことに肩と背中を打たれまくった

酸ヶ湯温泉と言えば、総ヒバ造りの大きな千人風呂。千人風呂に入りたいけれど、混浴は経験がないので、入るか?入るまいか?とても迷いました。

源泉温度が高すぎますので加水はしているものの写真の通り豊富な掛け流しです。風呂場の掃除も行き届いていて清潔感あふれる内容です。

千人風呂は男女混浴(8:00〜9:00、20:00〜21:00は女性専用時間)ですが、別々の「玉の湯」という小浴場もあるようです。

お湯はとても素晴らしいものでしたが、人が多すぎて僕には、あまり居心地の良い感じはしませんでした(^^ゞ 又いつか機会があったら、ついでに来るかも位の印象です。

熱い!!!でも何度かに分けてやっと入ったら、ぴりりと刺激が。あがるとすっきり!久々にいいお湯に入れて大満足のママリンコ。

私としては混浴ってのは古来から日本に根付く特有の文化だと思っているので酸ヶ湯温泉には頑張って欲しいです。決して女の裸が見たいわけじゃあないでスよ。

オフロードな車で行ったんだけれど9時間だね。青森までは650Km以上もあって、それって東京→岡山くらいまでいける距離だから。東北って広いなと感じました。

今回は男女別浴「玉の湯」へ。青白い硫黄泉が、味ある浴槽に注がれています。いかにも、温泉らしい色は見ているだけでも気持ちよくなれますね

お風呂は混浴のヒバ千人風呂と男女別の玉の湯があり、もちろん!私は男女別の玉の湯に入りましたよ〜。気持ち良かったです!!やっぱり温泉はいいですね♪

彼が入ったところによると、湯船の周りはすぐ壁で構造上、入り口を向くしかないらしいの。で。30人位の人が入ってて、女性は3人いたそーです。うーん。

しかし、この湯船の中で、長〜く浸かるのは少々我慢が要りますよ〜硫黄の匂いが強く、それを我慢出来るかどうかです。この匂いを嗅いでる?だけでも、十分湯治になるかも。

そして酸ケ湯温泉に立ち寄る。有名な千人風呂だ。すこしピリッとくる弱酸性の風呂を楽しんでから、奥入瀬渓流に向かう。ここは、非常に良かった。

青森県は「酸ケ湯温泉」に向かう。ココはさすが有名な湯治場である、お湯良し・食事より・接客良し・雰囲気良し・料金良し(素泊まり1人3500円)の5重マル←オススメです。

カテゴリ:青森県:温泉|テーマ:酸ケ湯温泉|更新日時:2017-07-12 19:07:35

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>