この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-10-17 12:10:21

「層雲峡温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

お目当ては露天の温泉ですが・・・この日は零下33℃を記録する寒波が来ており恐ろしく寒い〜窓のサッシも分厚い氷に覆われています(驚)

宿のチェックインを済ませ、層雲峡温泉のメインストリート(?)の商店街を散策してみたのですが、閑散として、観光客らしい人の姿をみることがありませんでした。

さらに階下に温冷の二つの大きな湯船がある。ここまで大きなお風呂にはあまりお目にかかったことがない。浴室の床は多分、ウリの大理石なんだろう。

紅葉が少し見られたりして気持ちのいいお湯を楽しめました。お部屋は…リニューアルしたばかりだそうで、とっても奇麗な10畳間でソファーもあり素敵でした。

階段を登った3階にある露天は柵で囲まれ、せっかくの景色が見えなくて残念な造り しかし、露天は内風呂に比べさらに茶色い細かな湯の花が多く舞う

全部で3つ大浴場があるんだけど、屋上7Fには露天のみのお風呂と屋内のお風呂の2ヵ所あります。雪景色を見ながらゆったりと♪でも、1番良かったのは2Fのお風呂でした

こちらのホテルの特色は湯質が異なる2つで浴槽が総ヒノキの乳白色の濁り湯と 岩風呂は赤湯と変化がが楽しめます。 どちらも丁度よい温度に保たれており芯からリラックス!

貴重な源泉100%お湯を楽しめるのは、嬉しいところ。「温泉は源泉100%掛け流しじゃなきゃ!」という温泉マニアには、この銀泉閣、お勧めです。

あまり知られていませんが唯一源泉かけ流しの湯宿です。 内風呂 この日は温度高めで管理人が一生懸命温度調整してました、 自然は大変です、ご苦労さまです。

早く起きてしまい5時半に朝風呂を入りに行き12日の朝は更に早くなり4時半に朝風呂に入り行った。露天風呂は湯は熱いのだがここは冬の北海道、寒くて入っていられない!

しかもこのホテル、湯めぐりシャトルバスと言うバスで朝陽亭と朝陽リゾートホテルの2つのホテルで温泉を2つお楽しめるらしいので・・・・・・・。

層雲峡温泉で入った温泉は、、、こちらの 黒岳の湯 シャトルバスを使って降りる時に、この黒岳の湯の割引券をもらったので、入るお風呂はここに決めてました^^

この温泉は約1キロ離れた山中から74度で湧き出る湯元『ササの湯』から引いた源泉をそのまま 温度調節用の浴槽から掛け流す源泉100%放流型の湯です

朝、まだ薄暗い5時前に目が覚めた。窓を少し開けて外を見ると、低いところに雲がかかっている。しかもその隙間から見える空は晴れているようだ。

なかなか珍しい湯の花がたくさん浮遊してました!!この辺りは渓谷で冬場はマイナス20度以下は当たり前、渓谷を眺めながらの露天風呂は最高でした!!

セレブぶってホテル大雪の若干高い部屋に一泊しました。部屋に入るとHPの画像で見るより遥かに良く大変満足でした。料理もさすが高い料金だけあって豪華でしたね。

少し湯の花も浮いている割には、硫黄のにおいもきつくなく、ちょうど良い湯加減。お肌はそれだけですべすべでした。私の中では、ベスト10に入るお湯です。

ほんのりと硫黄のにおいのする温泉は気持ちよい♪体が温まり、血液の循環が良くなるから筋肉がやわらぎ、肩こりや腰痛にも良し。

休みだし、紅葉シーズンだし、温泉に行きたいねーと当日予約。こんないい時期に空いていてラッキーでした。初めての層雲峡温泉。お湯がとってもよかったです。

加水・掛け流しで使用されているお湯は温泉分析表では単純泉となっていますが、明らかに硫黄泉独特の玉子臭がしていて以前来た時とはと違い今日は白濁していません。

天然温泉の源泉100%掛け流しです。さすがになかなかのお湯だと思うのですが、加水をしない分温度の管理が難しいようで、とても熱くてなかなか最初は入れませんでした。

お湯の温もりをじっくり感じる東館の「チニタの湯」、そして爽快さをテーマにしている大雪山荘の「天華の湯」とそれぞれ独立して3ヶ所もあります。泉質は、単純硫黄泉。

大浴場の方は、それほど広くありませんでしたが、快適に過ごせました。ただ、脱衣所に扇風機がなく体を冷ますのに、苦労をしましたね〜 それだけが 残念でした。

子どもたちは飛行機初体験.羽田は雨だったけど北海道は快晴♪泊まるのは層雲峡温泉街の高台に位置する層雲峡 朝陽亭温泉は腰痛にはよく効いた。

温泉街のど真ん中だから、普通に外が見えるように作るのは難しいのはわかるが、それなら黒岳の湯のように屋上に露天がある方式ならいいんだけど・・。

カテゴリ:北海道:温泉|テーマ:層雲峡温泉|更新日時:2017-10-21 02:10:19

| メイン | 次のテーマへ >>