この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-05-19 13:05:25

「洞爺湖温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

パノラマ大浴場と洞窟風呂があり、洞窟風呂は天然湯かけ流しで温泉の泉質を楽しむ事が出来ます。人工的な洞窟で一階にあるパノラマ大浴場側とはぜんぜん違う作りです。

湯元であり当然 源泉100%かけ流ししかも洞爺湖の漁業権を持つ老舗ホテルでもあります。夕食時 ぎりぎり到着し一時間後にサムを迎えた夕食はこんな感じでした。

お湯は黄土色をしていて良い香りがしました。泉質は含重曹石膏食塩泉で、洞爺湖温泉利用共同組合により集中管理されている源泉を利用しています。

洞爺健康館からの眺めは、建物の裏手を上ったところに建立されている良能神社からが最高です。聖徳太子の像が祀られている浮見堂越しに中島が一望できます。

洞爺湖温泉にある1971年創業のホテルグランドトーヤです。玄関前の駐車場には、無料のあし湯・手湯があり思わず、ここでもくつろいでしまいます。

国道230号線沿いにある「定山渓温泉 観光案内図」。ちょうど絵馬が掲げられている場所の隣り。これで温泉街の名所が早わかり!?かっぱがなまらめんこい♪

そこら中に湯の華が堆積しています。泉質的には二股らじうむ温泉に近いです。こちらが露天風呂。庭園風の造りです。景色は見えないですけど充分に満足できます。

お風呂はいいお湯でしたよ。ここは無色透明なお湯で、お肌ツルツルです^^男湯と女湯が入替え制で、次の日入ったお風呂は写真通りのお風呂でした^^

洞爺湖を臨める「洞爺パークホテル天翔」の大浴場に立ち寄り湯をしました。洞爺湖や遊覧船を眺めながらちょっとヌメリのある温泉と寝湯を楽しめるのも素晴らしいです。

北海道の美味しい食べ物やびっくりした食べ物、観光、日帰り温泉などを紹介

やや黄褐色かかった濁りの湯。特徴的な浴感は ないが、肌になじむ良い湯。浴後はほくほくと快く 暖まり充実した気分です。

泉質はナトリウムカルシウム-塩化物泉。温泉的な効能はほとんど感じられないが、内湯、露天ともに洞爺湖に面していて眺望はよくとても広い。

内湯船の前面が格子窓のような感じのガラス張りになっています。ひょうたんを半分に切ったような湯船で、無色透明・無味無臭の湯がオーバーフローで掛け流されています。

湯温の異なる浴槽が2つあり。冬だけに、「熱め」の浴槽が適温、「適温」の浴槽はぬるめに感じるかしら。長湯できますね。

温泉は循環ろ過なしの源泉かけ流し。源泉の湯温が低めのため加温あり。内湯はやや迷路のようで、まず右と正面に洗い場が配置されていて、浴槽はみあたりません。

温泉の温度は約70℃となっておりますので火傷等には十分お気を付け下さいという注意書きもありました。横には温泉分析書も掲示されています。

洞爺湖温泉「湖畔亭」に宿泊。泉質は塩化物泉・硫酸塩泉・炭酸水素塩泉の混合泉。深夜男女の風呂は入れ替わります。サウナは3人程度。露天にかけながし湯があります。

大浴場など綺麗にしてありフロントの対応も良い感じです。。シャンプーなども「墨シリーズ」と普通タイプが置いてあり、大手とは違いしっかり、やってるなと感じました。

看板に「源泉100%かけ流し」と書いてあるだけあって良い泉質でしたよ!泉色は、薄茶色で、お湯は、サラサラした感じで身体が温まりましたぁ。

しかもこの空中露天のみ、源泉掛け流しの浴槽なのだよ 内湯や檜じゃない露天の浴槽も、源泉掛け流しでは無いものの塩素消毒は最小限に抑えられてる。

ヒノキのお風呂の方は、私には適温で長湯が出来ましたし、岩風呂の方は、露天風呂に腰掛け、くつろげる浅い所があり、そちらの方も感激でした。また利用したいです。

誰かが拉致されても気づきゃしません。しつけの悪いガキが全速力で駆け回ってテーブルに激突しています。料理の品数も和洋中まんべんなく揃っていて圧巻です。

ここの温泉、貸切みたいでよかったなぁ^^ 「洞爺湖、壮瞥地区で唯一独自源泉を持っている宿。流行の岩盤風呂もあり、女性客に人気がある。

湖畔に面しており景色の眺めが良いお部屋でした 夕食を頂いた後は、温泉に入りました 泉質は「ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉」だそうです。

そして今回はなんと言っても洞窟風呂が目当てだったが、今までの浴室の奥から続く造りで、もちろん本当の洞窟ではなく張りボテだ。

カテゴリ:北海道:温泉|テーマ:洞爺湖温泉|更新日時:2017-05-25 18:05:54

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>