この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-23 01:03:45

「摩周温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

足湯 ぽっぽ湯 屋根も付いているので雨の日でも安心♪24時間、年中入ることができます。ナトリウム−塩化物泉のお湯はぬるめだけど温まるョ

店内から気になっていた駅となりにある≪ぽっぽ湯≫でワタシだけ入浴を… 42度の熱めなんだけど、摩周温泉からの湯で気持ちよかったぁ

湯は良かったでーす(汗 前日、三香温泉で感動しちゃってるしね(笑(追記:でも、ペンション全体の雰囲気はすごく良かったです!コンドミニアムもあり、よさげでした♪)

仕組みは良く分かりませんが、加温無しで循環していてもこんなに熱いのですね。アッと言う間に汗だくになりました。熱いお湯の好きな方には特にオススメな温泉です。

浴場に入ると右手に洗い場があります。左手に内湯船があり、中ほどで仕切られていて、手前の方が中温湯、奥がぬる湯でした。

旧・鐺別(とうべつ)温泉と呼ばれていた地区にある町営の公衆浴場だが200円で入浴できる。

「子宝」と言うネーミングに惹かれ 「これは入るしかないでしょ!!」と、思い、日帰りで入浴しに寄りました。

大きな湯ぶねがありかけ流しで床にお湯が溢れています。お湯はさらっとしてるのにお肌スベスベって言うまさにさらスベ!無色透明無味無臭で気持ちのいいお湯です。

こちらが大浴場です。ホテルの温泉は湯船が大きくてイイですね。これだけ大きい湯船なのですが、加水のみの源泉かけ流しとのコトです。

少々、古びているが、スタッフの感じは良かったのである。湯もしっかりコシの据わった??コッテリ湯であった。一人旅では街中に泊まった方が何かと便利なのである。

大浴場は古い温泉宿っぽいとこでしたが、綺麗だったし充分充分♪♪泉質は柔らかめの無色透明なお湯。子供もゆっくり入れるぐらいの温度でのんびりと楽しめました。

湯底に怪しい湯穴が2つあるが、吸い込みはない。溢れた湯は湯縁からオーバーフローしている。加水かけ流しと査定。弱めのつるすべ感あり。

大きな湯ぶねがありかけ流しで床にお湯が溢れています。お湯はさらっとしてるのにお肌スベスベって言うまさにさらスベ!無色透明無味無臭で気持ちのいいお湯です。

その名も”ビラオの湯” 入浴料 大人 300円はお安いっす!お湯は、弱食塩泉・モール泉ということでツルツルの美人湯って感じでとっても良かったっす〜

夕食はビジネスプランなので温泉旅館にしては質素ですが、十分な量がありますし、チェックイン時に3種類から選べます。それで選んだのがこれ。

共同浴場 泉の湯 食塩泉で湯温が高いのですぐに体が温まり、σ(^^)は長湯出来そうにない(;^_^A アセアセ…キリッと熱いお湯で、サッパリ汗を流すのに向く温泉。

男性浴場のお湯にはコケが沢山沈んでて(露天じゃないですよ)とてもじゃないけど入れなかったと。それでも、縁起のいい温泉だから…と我慢。

摩周温泉は弟子屈の街の中にある道東最古の温泉。いくつかのホテルが並んでいるものの、残念ながら屈斜路湖畔の温泉に押されっぱなし

まさに野天風呂。さえぎるものは立てかけられた数枚の板のみで、その方向には国道があり、たくさんの観光バスも行き来していました。

JR摩周駅 ん?駅?? っと、お思いの方もお見えでしょうが この駅、足湯があるんです 最果ての地の駅にある、足湯でマターリ♪ いくない?

次に訪れたのは摩周温泉ニュー子宝。ここは明治時代から子宝湯として有名であったらしく独自の源泉を持ち、分析表を見ると源泉名は「子宝の湯」とされてある。

浴場に入ると洗い場が6箇所あり、カランのみで、シャワーはありません。しかし、カランは源泉使用でした。なお、公衆浴場のためアメニティーは設置していません。

カテゴリ:北海道:温泉|テーマ:摩周温泉|更新日時:2017-03-23 12:03:08

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>