この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-19 07:09:10

「南三陸ホテル観洋〔宮城県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

海、日の出を眺めながらの露天風呂はサイコーでした。ホテルの方も元気な方ばかり。従業員一同頑張ってるなーと感じた宿でした。

海の見えるレストランでの夕食。魚介入りハンバーグ。見た目もキレイ。あわびも丸ごと1個頂きました!!やわらかくて超美味かったよぉ

ちょうどお風呂掃除が終わったばかりみたいで、私が入ったときは人が少なかったよ。暫くお風呂につかっていたら次から次へとお風呂に入ってくる人でいっぱいになっちゃた。

このホテルは、全室海側に面しているので、部屋からの景色も綺麗です。三陸海岸なので、夕やけはいまいちですね。明日の日の出に期待です。

海見ながら露天風呂なんて初めてかもっ あまりにもでかいホテルでどーなの?と思っていたけど、お風呂で満足。。。

食事は前回友達の食事会に誘われた時より、中味が充実していた。15品前後だつた気がするが、お世辞抜きで満足のメニューだった、「生ビール」もよく進んだ。

食事を終えた後はラウンジでショータイムがありました。民話や伝説を伝える昔語りや中国伝統楽器「二胡」の演奏がありました。どれも本格的で楽しかったです。

そしてお料理は最高でした!さすが海!食べきれない程、海のものが次から次へと出てくる出てくる。あわびはやわらか〜〜〜〜くて、ああーうまー。

巨大ホテルだったので、お食事は期待していなかったのですが大満足???女性には適量ですしね?今回はレディースプラン おひとり様15,750円なり。

大広間での夕食なのであまり期待していませんでしたが、その夕食が凄かった 最初のセッティングがこんな感じ 海の幸満載

今回は「あわび、フカヒレコース」で料理&海が絶景の露天風呂を楽しみにしてたんだけど、それ以上に、お部屋も無料で見れる中国雑技団のショーもすばらしかったです

客がテーブルに誤ってこぼした爪楊枝を目前で爪楊枝入れに一生懸命戻しているのって・・・5ツ星ホテルのすることではないよなぁ。

温泉は広い!内風呂も種類がたくさんありいいのですが、やっぱり露天でしょう。露天も広く、というか横長に広く、岩の洞窟風呂っぽい感じ。

露天風呂から見る海の景色 かなり良かったですます 内風呂もガラス1面張りで海の景色こちらも絶景。でもオイラは露天風呂大好きっ子ですので露天風呂に軍配(笑)

到着して部屋に案内されると、用意されていた部屋は最上階の10階でオーシャンビュウ 部屋は南館で古かったけど、景色は最高(ノ^∇^)ノ

旅行雑誌やパンフレットには必ずこの露天風呂の写真が掲載されています。目の前が海で開放感たっぷり♪癒されるーっ♪風呂の下がすぐ海!岩にぶつかる白波が見えます。

お刺身や焼き物のなど普通の旅館料理のほかに、型は小さいもののアワビの踊り焼きやフカヒレの姿煮が付いて豪華なものでした。お昼を控えめにしたので完食。

露天風呂はもちろんオーシャンビュー(って言っても、カキやわかめの養殖場ですが)すんごい、気持ち良かった〜

部屋の写真の建物の方向から、光が少しづつ少しづつ明るさを増して真ん丸い太陽が上がってきました 海に少しづつ・・・光の線ができてきて本当きれいでした。

お料理は写真のような感じ…。ここで気になったのが、水色の器にちょっとだけ盛られた和え物。なんだかわかります?…これ、マンボーだそうですよ。

ワタクシ、観洋といえば老舗ですからして、もっとボロイ(失礼!)客室を想像していたのですが、そんなことはありませんでした。あはー。

お料理は多からず、少なからず、バランス良し。満足でした。デザートだけこれ?って感じでしたが…。

三陸の海がパノラマに広がって見下ろすように見えるのです。私も取材でいろいろな所で露天風呂に入ってきましたが、その私の中でも最高の部類に入る露天風呂でした。

小さめに見えたどんぶりですが、結構深くてお腹いっぱいになりました。たっぷりのあら汁、イカの塩辛、お漬物付きで1800円です。

従業員達の接客態度の良さには大変感心しました。皆、ホテル従業員として働いている事に誇りを感じているような働きぶりで、感じの悪い従業員は一人も見かけませんでした。

観洋に行くと、どこか南国のリゾート地にでもいるような錯覚をしてしまいます。ここが南三陸町って事を忘れちゃう感じ? これが観洋マジックでしょうか!?

中国雑伎団のショーも有り、楽しいと思い此処を選びました。娘も此処はアワビ、フカヒレ、蟹が食べられるので喜んでいました。

「いらっしゃいませェ〜!!運転大変お疲れ様です。お待ちしていました!」 笑顔で元気な声で丁寧な応対。いやあ、さすがに接客がいいですね。

夕食は、さすが三陸!海の幸オンパレード ホテルの親会社が水産会社だそうです。このあたりはフカヒレが名物ですが サメのハム なんて、めずらしいものも。

部屋からはオーシャンビューで静かな太平洋の風景が広り、海に抱かれるようです。窓際にはカモメが餌をねだって遣って来ます。

1日目の夕食は、あわびの踊り焼にフカヒレ料理やウニやカニやら膳の上は海の幸いっぱい!!まぐろの解体ショー付で本マグロもいただきました。

仙沼名物のふかひれ・・いやぁ・・やっぱり美味いわ・・♪刺身もマグロのトロが出て・・口の中で・・とろけるし・・・お腹いっぱいで全部食べれなかったのが悔やんでるわ。

カテゴリ:宮城県:宿/ホテル|テーマ:南三陸ホテル観洋〔宮城県〕|更新日時:2017-09-21 12:09:50

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>