この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-11-21 00:11:29

「岩室温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

内湯。総ひのき造りです。内湯は残念ながら温泉ではなく普通のお湯です。岩室温泉はそれほど湯量が豊富ではないと聞くので、そのせいなのでしょうか。

実際に泊まってみたところ、着替えや荷物を置く場所が独立していて、通路やトイレ、洗面所等にそれぞれ広いスペースが確保されているので、とても快適な空間でした。

界隈でも有名な「老舗温泉旅館」だそうで…。私が泊まった金額を言ったら驚いてました。wちなみに、その金額とは入泉料まで含めて6450円!

「鉱石ミネラル嵐の湯は、15種類の薬石を床一面に敷き詰め、薬石に熱を加え温泉を蒸気化して、薬石の鉱物と温泉の鉱物を室内に大量に充満させた湯のない温泉です」

湯口の岩には重油のような黒い湯華がびっしり…。湯ざわりはやわらかくてなめらか、とても気持ちよい温泉です。

太い湯口はおそらく循環。細い竹筒の湯口からは源泉と思われる、アブラがかった臭いの湯がトポトポ投入。濃い甘塩味。ここも汗が止まらないあたたまりの湯。

夜は弥彦山の麓にある岩室温泉へ。これまた創業250年の老舗旅館に泊まった。明治天皇も宿泊されたという栄誉ある旅館。

岩室富士と呼ばれる「松岳山」のふもとにある、『富士屋』に泊まるここ岩室は、新潟県の芸妓発祥の地だそう

これがまた…いいお湯。内湯、大庭園風呂、露天風呂。それぞれに源泉があって、それぞれ掛け流し!確かになめてみても、しょっぱさも違いましたし温度も違いました。

行き先は岩室温泉の「ほてる大橋」の岩盤浴。玉砂利みたいな石を敷き詰めてあって、その上に寝転びます。45度って書いてあるんですけど、暑いです。

内湯・ジャグジー、露天、サウナ、と 施設も充実して、硫黄の匂いも ただ、お湯自体どうってこと無いのは、弥彦温泉同様で、この点は、あまり期待せずに行かれる事ですね

小松屋のお風呂は良かった!三軒の中では、ピカ一。もちろん、源泉掛け流し。アブラ臭とかすかな硫黄臭。口に含むと、塩分と酸味が入り混じる。

お湯→かなりよい。あとで聞いてみると温泉100%は岩室温泉ではここ入れて2件しかないって言ってた。あらためてここにしてよかったと思う。

お部屋も、景色、水まわり、桧風呂、ととてもグレードの高いものでした。温泉も、脱衣場、洗い場共にここまで清潔に保たれてる宿はあまり見ないですね。

相変わらず露天だけが源泉使用ですが、幾分鉱物臭が強くなったような気がしました。サウナ横のバイブラ浴槽は非加熱源泉で水風呂にして欲しいですネ。

ここは日本家屋がとても趣のある旅館で、江戸時代からの庄屋屋敷本館は、数年前に国登録有形文化財の指定を受けているそうです。

ここの特徴は、熱めのお湯。前に来たときは、内風呂は熱くて、浸かれないくらいでした。ところが、そのイメージを裏切るがごとく、今回はすっかり適温に様変わり。

とても立派な旅館で、お庭も綺麗だし、建物がしっかりしていて温泉旅館には珍しく隣の部屋の音が全然聞こえませんでしたので、ゆっくりくつろぐことが出来ました

今回は大人子供合わせて14名で3室だったんですが、部屋も広くてキレイ。年末のドタバタから抜け出し、お湯に浸かって気分は最高です♪

宿は岩室温泉の中でも中心部より少し離れたところにありました。本当に隠れ家みたいな宿です。部屋は1階で広かったです。

温泉は一見普通の湯なのに、ちょっと浸かっただけで温まり、岩盤浴は恐ろしいほどに汗が出ました。肌がツルツルに、本当にツルツルになって大満足です。

湯上りは涼み所で冷茶が飲める。さて、旦那に子供を預け私は岩盤浴へGO。宿泊者は2000円払うと何回も体験できるのがうれしい。

風呂は奥の方にある翁の湯。透明でしょっぱい、ちょっと硫黄の臭いのするお湯。脚をつけるとちょっと熱めだがすぐに体が慣れるくらいの湯加減で快適である。

贅沢な時間を過ごしたいなら新潟にある岩室温泉宿「ゆめや」さんです。岩で出来た温泉でなかなか風情のある温泉です。

お肌がすべすべ。特に顔がつるつる 夜になっても体がぽかぽか 腰痛持ちだから、これに定期的に入っているうちに直りそう。ちなみにホテル大橋の温泉も入れるので、ぜひ

カテゴリ:新潟県:温泉|テーマ:岩室温泉|更新日時:2017-11-14 08:11:07

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>