この主題テーマのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-25 22:03:57

「赤倉温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

透明な湯には白い細かい湯ノ花が浮いています。時々黒っぽいものも、殆どは湯ノ花だと思いますが、時々、杉の葉が混じっています。新潟らしいです^_^;

透明な湯には褐色の綿ぼこりのような(苦笑)湯花が大量に舞っている。はじめトゥルトゥル、その後サラサラッとした肌触りで、肌が生き返る〜って感じ。

無色澄明,硫化水素系の香ばし臭味,白い毛玉系のコロコロした浮遊物があり、ちょっとキシ感のある しっとりとした浴感が良いです。

夏ということもあり、引き湯の最中にあまり温度が下がらないのであろうか。湯温は45度以上あったと思われる。源泉掛け流しは素晴らしいのだが、熱過ぎるのはちと問題…。

新潟県とは言え、JJの所からは意外と近いんですね。黒姫高原を抜け、池の平スキー場を抜けて行くと1時間弱で到着します。途中のイモリ池から見る妙高山。

源泉の証の湯花がそのまま入っている温泉で泉質は硫酸塩・炭酸水素塩温泉とのこと。確かに湯質はなかなか良い。炭酸水素塩が入っているので肌にもいい。

微かに、硫黄臭がします。硫化水素の味はしませんでしたね。湯は少し濁っていますが、白濁というより、湯ノ花が堆積していて濁っている感じです。

内湯です。北地獄谷から引かれた無色透明の湯が、静かに掛け流されています。湯の華はありませんが、サラサラ感があり、タイヤの焼け焦げたような臭いがしています。

今回チップと一緒に遊びに行ったのは新潟県の赤倉温泉にあるペンションです!「犬と一緒に泊まれるペンション」ということで探しましたよ。

そして夕方、仕事が終わったダンナさんと合流し赤倉温泉で1泊しました。温泉旅館街には足湯公園もあるので通りすがりにちょっと寄って温まることもできますよ♪

お湯はちょっとぬるめでした もう少し温度高めでも良いですかね湯の華がいっぱい入っています なれない人は汚い風呂だと思うかもしれませんね

日本百名山「妙高山」より引湯して、「肌美人の湯」「天然化粧水」「自然が恵んでくれた絶妙な湯加減」「霊泉」など、様々な言葉でその効能が評価されているそうです。

妙高高原ICを下り、雪景色の中、到着した所は《赤倉温泉・赤倉ホテル》ばっちり予想したホテルでした。お料理も良さそうだし、温泉も掛け流し。これは期待が持てます。

ガイドブックを参考に「赤倉ホテル」へ。なかなか大規模で立派な温泉旅館。日帰り入浴1000なり〜。

私の好きな 露天風呂ではなく内湯なのでした。しかも 設備も古く 窓が開放できない浴室のため  熱気がこもってしまい 暑くて 残念ながら入る気になれませんでした。

山をどんどんと登っていくと、赤倉温泉の温泉街があり、赤倉観光ホテルはさらに山の上です。 ホテルにチェックイン後、さっそく温泉

妙高高原にはいっぱい温泉郷があるんだけどその中の赤倉温泉「ホテル秀山 七つの扉」に泊まることにしたの。温泉に入って1日の疲れを取った後の夕食♪

その妙高の赤倉温泉に行ってきたよ。山間部なのだがあくまで高原で、周りを山に囲まれてないので眺望がすばらしい所です。

「肌美人の湯」とも言われているそうで、お風呂自体は古くて小さいものの、お湯に浸かってみるとビックリ!見る見るツルツルになってきます。

同じ妙高高原温泉郷の他の6つの温泉地は、それぞれ特徴のある個性の異なる泉質で、湯巡りをして、様々な泉質の温泉を味わうという楽しみ方もできる。

ネットで見るとものすごくきれいだけど・・・多くは語るまい。しかしながらお湯はさすが源泉かけ流しやさしい良いお湯でした。温度も適温だし、子どもも喜んでいたし

源泉掛け流し(加水加温なし)の湯船がありました(^o^)/お湯は無色透明、少し硫黄の香りがします。源泉は50℃位だそうで、湯口に手を当てるとちょっと熱めでした。

大露天風呂というだけあって、広く開放感がありました。 湯船が2つ有って、小さい方は6人ぐらい入れるサイズで湯温は熱めでした。

源泉掛け流しの天然露天風呂は想像以上に温まる♪そのうちぬるさが心地よくなりゆっくり浸かれる♪今までにない感じの温泉で面白かったです♪♪

カテゴリ:新潟県:温泉|テーマ:赤倉温泉|更新日時:2017-03-24 03:03:38

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>